BIGLOBEモバイルの解約方法・違約金・注意点|電話解約・SIM返却タイミング

BIGLOBEモバイルの解約方法・違約金・注意点や、電話での解約方法・SIM返却タイミングを徹底解説します。格安SIMのBIGLOBEモバイルの解約・退会と違約金・解約金発生タイミング、解約時に必要なものと注意点をまとめました。格安SIMを乗り換えたい方も必見です。
BIGLOBEmobile20190724_desc BIGLOBEモバイルの解約方法・違約金・注意点|電話解約・SIM返却タイミング

大手キャリアでは、利用にあたって一定期間の縛りを設けており、期間中に解約すると違約金がかかります。また、格安SIMであるBIGLOBEモバイルも同様に、契約内容に応じて違約金がかかるので注意が必要です。

本記事では、BIGLOBEモバイルを解約する際のポイントや、おすすめの乗り換え先について解説していきます。

BIGLOBEモバイルの解約は電話のみ

解約手続きを行う場合、多くのキャリアでは店舗だけでなく、公式ホームページや電話など、数種類の方法で受け付けています。

しかし、BIGLOBEモバイルの場合、カスタマーサポートが設置してある電話のみの受付になっているので、注意が必要です。また、問い合わせする電話の種類によって、以下のように連絡先が異なり、受付時間が設けられていいます。

  • 固定電話・携帯電話:0120-923-402(通話料無料)
  • IP電話:03-6327-1632(通話料有料)

カスタマーサポートは、9時から18時まで年中無休で対応しているため、土日や祝日にも連絡できるので便利です。なお、電話する前にBIGLOBEのIDを準備しておくと、手続きがスムーズに進みます。

ただし、他社に乗り換えるためにMNP転出を希望する場合は問い合わせ窓口が異なり、「0120-983-028」に電話することになっています。こちらの窓口もカスタマーサポートと同様に、9時から18時まで年中無休で対応しています。

セレクトプランを解約する場合の料金

BIGLOBEモバイルでは、自由に通信料やオプションを選べる「セレクトプラン」という料金プランを設けています。音声通話とデータ通信がセットになった「音声通話SIM」と、データ通信のみの「データSIM」から選べます。

音声通話SIMの解約違約金と期間縛り

セレクトプランの「音声通話SIM」を解約する場合、最低利用期間が設けられているため、最低利用期間中に解約する場合は、違約金がかかるので注意が必要です。

具体的な最低利用期間は、サービスの利用をスタートした翌月から12カ月となっており、12カ月未満に解約した場合は、8,800円(税込)の解約金がかかります。

データSIMを解約する場合

セレクトプランの「データSIM」を解約する場合、「音声通話SIM」とは異なり、最低利用期間が設けられていません。そのため、サービスの利用をスタートして1カ月以内に解約したとしても、違約金はかかりません。

なお、1カ月以内に解約したとしても料金が日割り計算されるわけではなく、1カ月分を支払わなければならないので覚えておきましょう。

スマホまる得プランを解約する場合の料金

BIGLOBEでは「セレクトプラン」のほかに、音声通話SIMと「BIGLOBEでんわ通話オプション」がセットになった「まる得プラン」という料金プランが設けられています。

音声通話オプションの場合

BIGLOBEでんわ通話オプションは、最大90分の国内通話が無料の「通話パック90」と、10分以内の国内通話がかけ放題の「10分かけ放題」の2種類から選べます。

これらの音声通話オプションは、サービスの利用をスタートした翌月から12カ月という最低利用期間が設けられています。そのため、最低利用期間中に解約した場合、8,800円(税込)の違約金がかかります。

なお、オプションのタイプを変更する場合は最低利用期間が継続されるため、違約金はかからないので安心です。

2年契約の場合

「まる得プラン」では、「通話パック90」などの音声通話オプションの最低利用期間だけでなく、料金プラン自体に最低利用期間が設けられています。

この料金プランでは、サービスの利用をスタートしてから、24カ月という最低利用期間が設けられています。そのため、最低利用期間中に解約した場合、6,600円(税込)の違約金がかかります。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

MNPを転出するときの料金

BIGLOBEを解約して他社に乗り換える場合、他社の多くのキャリアと同様にMNP転出手数料がかかります。この手数料は、利用期間によって料金が異なります。

具体的には、サービスの利用をスタートしてから3カ月目までは6,600円(税込)、4カ月目以降は3,300円(税込)となっています。

BIGLOBEモバイルを解約する際の注意点

BIGLOBEモバイルを解約する場合、最低利用期間以内の解約で、違約金やMNP転出手数料などの費用がかかります。このほかには、SIMの返却や接続コースの解約などに注意が必要です。以降で詳しく見てきましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

SIMカードの返却

BIGLOBEモバイルでは、au回線の「タイプA」とドコモ回線の「タイプD」のどちらかを選べます。このうちau回線の場合は、SIMカードの返却は不要で各自で破棄することになっています。

一方でドコモ回線の場合、SIMカードがレンタル扱いとなっているため、指定されたSIMカード返却センター宛てに郵送で返却する必要があります。なお、SIMカードの返却に伴う送料については、ユーザー負担となっています。

解約月の料金について

一部のキャリアでは、契約している料金プランによっては、月の途中で解約すると月額料金が日割り計算になるケースもあります。

しかし、BIGLOBEモバイルの場合、その月の末日までの契約となるため、月の途中で解約しても日割り計算にはなりません。なお、月の途中で解約した場合でも、解約した月の末日まで使用できることになっています。

接続コースの解約もすること

BIGLOBEモバイルを利用する場合、各料金プランと同時に、メールアドレスなどを利用するための「接続コース」への契約が必要です。そのため、BIGLOBEモバイルを解約する際には、SIMの契約と同時に接続のコースも解約しなければなりません。

万が一接続コースの解約を忘れてしまった場合には、SIMの解約後も料金を支払わなければならないので気を付けましょう。

MNPで他社への乗り換え方法

BIGLOBEモバイルを解約する場合電話のみの受付となっていますが、MNPで他社へ乗り換える場合、電話だけでなく公式ホームページからも手続きができます。

なお、MNPの転出を申請後、MNP予約番号が発行されるまでに1~2日かかるため、解約の手続きをする前に申請するようにしましょう。

BIGLOBEモバイルからおすすめの乗り換え先を紹介

BIGLOBEモバイルから他社に乗り換える場合、どこに乗り換えるか悩みがちです。この項では、お得な料金プランやキャンペーンを実施している、おすすめの乗り換え先を紹介します。

\初回限定3ヶ月無料!/

おすすめ格安SIMの紹介

格安SIMは、大手三大キャリアよりも月額料金が安いことが、最大の魅力だといえるでしょう。ここでは、おすすめの格安SIM3社を紹介します。

UQモバイル

出典:UQモバイル

※ 2021年2月1日よりauからUQモバイルへのMNP転出に限り10,000円キャッシュバックは対象外となります。

UQモバイルは、大手電気通信事業者である、KDDIグループが運営する格安SIMです。UQモバイルでは、他社から乗り換えを含む新規契約者を対象に、最大10,000円キャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

キャッシュバック額は、3GBのくりこしプランSが6,000円、15GBのくりこしプランMと25GBのくりこしプランLが10,000円です。

割引ではありませんが、お得に契約できるチャンスなので、この機会を見逃さないようにしましょう。

BIGLOBEモバイルからUQモバイルに乗り換える

ワイモバイル

ワイモバイル 出典:ワイモバイル

ワイモバイルは、ソフトバンクのグループ会社が運営する格安SIMで、ワイモバイルと契約すると、ソフトバンクが運営する「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」の利用でポイントがお得に貯まる仕組みになっています。

また、オンラインで契約すると、最大10,000円相当のPayPayボーナスがプレゼントされるキャンペーンを実施中です。5のつく日または日曜日に申し込むと特典が増えるので、対象の日にちに申し込んでみましょう。

BIGLOBEモバイルからワイモバイルに乗り換える

楽天モバイル

楽天モバイル 出典:楽天モバイル

楽天モバイルは、各種オンライン事業を手掛ける楽天グループが運営する格安SIMです。

楽天モバイルの料金プランは、データ使用量に応じて月額料金が変動する「Rakuten UN-LIMIT VI」のみとなっています。

データ容量が1GB未満の月は0円、20GB以上使っても3,278円(税込)とお得な料金プランなので、この機会にチェックしてみてください。

また、楽天モバイルで通話SIMプランを契約すると、大手ショッピングサイト「楽天市場」の利用で付与されるポイントが、いつでも2倍になるのでお得です。

BIGLOBEモバイルから楽天モバイルに乗り換える

▼こちらの記事では、人気の大手格安SIM9社の料金を比較しています。ぜひ参考にしてください。

ドコモに乗り換える

スマホが普及して以降、頻繁に新たなモデルが発売され、最新端末発売日には、店舗に行列ができるほど話題になっています。しかし、スマホユーザーの中には、頻繁に機種変更することが面倒で、一つの端末をできるだけ長く使用したいという人もいるのではないでしょうか。

このような人におすすめなのは、ドコモが展開するサービスの「docomo with」です。こちらは、一つの端末を長く使用する人を対象としていて、対象の端末を使用することで、基本料金が継続して1,500円割引されます。なお、ドコモの通信環境やサービスエリアはそのままなので、お得な料金で高品質なサービスを受けられます。

BIGLOBEモバイルからドコモに乗り換える

▼こちらの記事では、ドコモのキャンペーンを使ってお得に乗り換える方法は、こちらの記事をご覧ください。

ソフトバンクに乗り換える

近年は電子書籍や動画アプリなどが流行し、小さい画面のスマホよりも、タブレットを使用したい人も増えています。このような場合、ソフトバンクの「タブレットずーっと割」がおすすめです。

このサービスは、対象のタブレット端末の購入と、データシェアプラスに加入した人を対象として、タブレットの基本料金が期限なく割引される仕組みです。

なお、料金プランには数種類あり、スマホとタブレットのデータをシェアする場合は月額1,078円(税込)、もしくは15,000円のキャッシュバックのどちらかを選べます。

BIGLOBEモバイルからソフトバンクに乗り換える

▼こちらの記事では、ソフトバンクの代理店を使って格安で乗り換えをする裏技をご紹介しています。

auに乗り換える

auでは、テレビCMや広告で頻繁にキャンペーンが告知されており、初めてスマホを使用する人や学生、60歳以上の人など、様々なニーズに合ったキャンペーンを実施しています。他社から乗り換える場合、「iPhoneおトク割」がおすすめです。

このキャンペーンでは、機能が充実しているiPhoneの対象機種の購入と同時に、対象のプランに契約すると、端末代金が最大10,800円(税込)割引されます。なお、他社から乗り換える場合も、キャンペーンの対象となっており、「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」から選べます。

BIGLOBEモバイルからauに乗り換える

auの乗り換えでキャッシュバックを受け取りたい方は、こちらも合わせて読んでみましょう。

タイミングを見計らってBIGLOBEモバイル解約を

BIGLOBEモバイルを解約する場合、契約内容によって最低利用期間の有無が異なり、違約金がかかる可能性があるので注意が必要です。また、「接続コース」の解約を忘れてしまうと、継続して料金を支払わなければなりません。

そのため、BIGLOBEモバイルを解約する前には、最低利用期間や契約内容を、きちんと確認しておくことをおすすめします。

なお、他社に乗り換える際には、MNP予約番号に有効期限があるため、MNP予約番号が発行され次第、速やかに他社と契約するようにしましょう。

▼以下の記事では、格安SIMの最低利用期間と解約違約金を比較しています。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年09月01日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード