2019年ワイモバイルおすすめの学割を解説!学割料金と適用条件

2019年ワイモバイルおすすめの学割キャンペーンである、ワイモバ学割を解説します。1年間1000円割引になるワイモバイル学割の料金や適用条件、ワイモバイル学割の注意点をまとめました。18歳以下の学生の方、Y!mobileの学割が気になる方も必見です。
Y!mobile1,080円~ 2019年ワイモバイルおすすめの学割を解説!学割料金と適用条件

これから進学を控えている、もしくは既に進学しているお子さんがいらっしゃるご家庭の中には、お子さんのスマホデビューをお考えの方も多いはず。

そんな方には、ワイモバイルの学割がおすすめです。

今回は、ワイモバイルが提供する学割サービス「ワイモバ学割」について徹底的に解説していきたいと思います。

【在庫限り】たったの500円!?ワイモバイルがiPhone 6sを緊急値下げ!

ワイモバイルでスマホを購入したい方にビッグニュースです!

2019年1月18日(金)~iPhone 6sが緊急値下げされ、機種代金が一括500円(税抜)になりました!iPhone 6s 32GBは9,800円→500円、iPhone 6s 128GBは19,800円→9,800円となり、約1万円も値引きされています。

新規契約・乗り換えの方は一括払いで500円で購入でき、機種変更の方は24分割にすると、購入時の支払い金額が500円になります。

さらに、料金プランを最安のスマホプランSにすれば、月々2,138円(税込)~(※)という破格の値段でスマホを使うこと可能です。

そろそろスマホを買い換えようと思っている方は、ぜひ在庫がある内にワイモバイルでiPhone 6sをゲットしましょう!

iPhone 6sを540円で購入する!

※新規契約もしくは乗り換えの方が、スマホプランSを契約した場合の金額です。

ワイモバイルの学割「ワイモバ学割」とは?

ワイモバイルが提供する「ワイモバ学割」とは、ワイモバイルと利用する学生とその家族を対象に、月々の使用料金を割引するというサービスです。

お子さんにスマホを持たせたいけれど、料金が気になるというという場合に持ってこいのサービスといえます。

それでは、具体的なサービス内容について詳しく紹介していきましょう。

ワイモバイル学割の特典内容

ワイモバ学割の特典とは、月額使用料金が契約月から最大13ヶ月間1,000円割引になるというものです。

ワイモバイルのスマホプランを契約した場合、契約翌月から1年間「ワンキュッパ割」(月額1,000円割引)という割引がされることになっています。

そのため、ワイモバ学割と合わせて月額料金が2,000円割引されることになります。具体的な料金は以下の通りです。

料金プラン Sプラン(3GB) Mプラン(9GB) Lプラン(21GB)
月額基本料金 2,980円 3,980円 5,980円
ワンキュッパ割適用後 1,980円 2,980円 4,980円
ワイモバ学割適用後 対象外 1,980円 3,980円

表を見ると、スマホプランMを実質スマホプランSと同じ価格で利用できることがわかります。

つまり、ワイモバ学割を使えば、月間9GBのプランをワイモバイルの最安値で利用でき、とてもお得であるということがわかります。

家族割を併用すればさらにお得に

ワイモバイルでは、ワイモバ学割のサービスと併用できる割引サービスが2つあります。

その1つが「家族割」です。家族割とは、ご家族にワイモバイルの利用者がいる場合、2回線目以降の月額基本料金が500円割引になるというサービスです。

家族グループに属していることがサービス適用の条件となり、1年間のワイモバ学割の期間を終了した後も、500円割引を受けることが可能です。

ワイモバイルが定めている家族の定義は「血縁関係」「婚姻関係」「同住所」であり、これらの条件を満たしている場合、最大10回線までが割引の対象となります。

おうち割光セットもワイモバ学割と併用可能

ワイモバ学割サービスと併用できる、もう1つの割引サービスが「おうち割光セット」です。

おうち割光セットとは、ソフトバンク光もしくはソフトバンクAirのインターネットサービスを利用することで、月額料金が割引になるというサービスです。

ワイモバイルのホームページによると、ワイモバ学割とお家割光セットを併用した場合、割引金額は合計1500円になるとのこと。

つまり、家族割を適用した場合と同じ金額になるということです。

家族割とおうち割光セットは併用できない

ワイモバ学割と併用して割引を受けられるこれらのサービスですが、残念ながら家族割とおうち割光セットを併用することはできません。

つまり、ワイモバ学割の期間に受けられる月額割引額はワイモバ学割、ワンキュッパ割、家族割もしくはおうち割光セットを合わせて、最大2,500円ということになります。

ワイモバイルの学割に入る

ワイモバイル学割の対象者と料金プラン

次に、ワイモバ学割を受けられる対象者について説明していきましょう。

ワイモバ学割が適用できる学生(=使用者)の対象年齢は、5歳以上18歳以下と定められています。

ちなみに、便宜上「学生」と呼んではいますが、いずれかの学校に在籍している必要はありませんので、対象年齢であればワイモバ学割の適用を受けることが可能です。

ワイモバイル学割は家族にも適用される

ちなみに、ワイモバ学割は学生だけではなく、「学生と家族割を適用した家族」の方にも適用することが可能です。

学生の家族の方がワイモバ学割の適用を受けるための条件は以下のようになります。

  • ワイモバ学割の期間中に、新規契約もしくはMNP転入すること
  • ワイモバ学割を適用した学生と家族割に加入すること

つまり、ワイモバ学割を申込む時点で既にワイモバイルと契約している人は、ワイモバ学割の適用を受けることができません。

あくまでもワイモバ学割適用期間中に、ワイモバイルと新規契約を結ぶか、MNP転入することが条件となりますので注意が必要です。

ワイモバイル学割の対象となる料金プラン

次に、ワイモバ学割が適用されるプランについて紹介します。ワイモバ学割が適用されるのは、「スマホプランM」もしくは「スマホプランL」のどちらかです。

スマホプラン最安の「スマホプランS」はワイモバ学割の対象外となりますので、注意してください。その他にも、スマホベーシックプランやガラケー用の料金プランは同じく対象外となります。

ワイモバイルの学割に入る

ワイモバイル学割の申込み方法

それでは、実際にワイモバ学割に申込む方法について紹介していきたいと思います。

ワイモバ学割は、全国各地にあるワイモバイルの店頭、もしくはワイモバイルの公式ホームページから申し込むことができます。

店頭まで出向くことが面倒な場合や、時間が無い場合は、手軽に申込みができるオンライン申込みが便利です。

ワイモバイル学割申込み時に必要となる書類

次に、ワイモバ学割の申込む際の必要書類について紹介していきます。店頭で申し込む場合でも、オンラインで申し込む場合でも、必要書類は同じです。

ちなみに、ワイモバ学割の申込みをする学生(=使用者)の名字が、親権者と同一であるかどうかによって必要書類は異なりますので注意が必要です。

学生と親権者の名字が同一の場合

学生と親権者の名字が同一の場合は、以下の書類が申込み時に必要となります。

  • 契約者(親権者)の銀行口座もしくはクレジットカード
  • 契約者の本人確認書類
  • 使用者(学生・18歳以下)の本人確認書類
  • 親権者の同意書

学生と親権者の名字が異なる場合

学生と親権者の名字が異なる場合は、以下の書類が申込み時に必要となります。

  • 戸籍謄本など、契約者(親権者)と使用者が家族であることが証明できる書類
  • 契約者(親権者)の銀行口座もしくはクレジットカード
  • 契約者の本人確認書類
  • 使用者(学生・18歳以下)の本人確認書類
  • 親権者の同意書

契約者が親権者ではなく、未成年後見人の場合も戸籍謄本が必要となります。

また、契約者が施設関係者である場合は、施設関係者であることが確認できる書類、さらに施設入所者(使用者)と施設関係者の関係が証明できる書類が必要になります。

ワイモバイル学割の申込み期間

続いて、ワイモバ学割を申込むことができる期間について紹介します。申込み期間は「2018年12月5日~2019年5月31日」となっています。

ワイモバ学割は、加入したい時にいつでも加入できるものではありません。申込期間を逃すと加入することはできず、翌年の加入期間まで待たなくてはいけません。

これまで、2017年の「ヤング割」、2018年の「タダ学割」とワイモバイルでは学割サービスを提供してきています。

しかし、来年もサービスを提供するかは年末のプレスリリースで発表されるので、確実にあるとも言い切れるものではありませんので要注意です。

ワイモバイルの学割に入る

ワイモバイル学割の注意点や知っておきたいこと

最後に、ワイモバ学割を申込む際の注意点について紹介していきます。

ワイモバ学割では、「スマホプランS」が割引対象外であること、「家族割」と「おうち割光セット」が併用できないことは、先述した通りです。

この他に、注意しておきたいことや知っておきたいことがいくつかありますので確認していきましょう。

契約から2年目以降は月額料金が上がる

ワイモバ学割は、契約から13ヶ月間の割引サービスとなるため、その期間が終了すると割引されなくなるため、月額料金がアップします。

また、同時に加入しているワンキュッパ割も契約翌月から12ヶ月間の割引サービスですので、ほぼ同時期に割引サービスが終了することになります。

そのため、契約14ヶ月目からは、スマホプランM・スマホプランLともに、月額料金が2,000円アップします。

ただし、家族割やおうち割光セットは適用されますので、スマホプランMが月額3,480円、スマホプランLが月額5,480円になります。

アップするというよりかは「元に戻る」と表現した方が正しいのですが、ちょっと損した気分になることもあるでしょう。

各割引サービスが始まるタイミングは異なる

ワイモバ学割やワンキュッパ割、家族割を併用すれば、月額料金を抑えることができますが、それぞれの割引サービスが開始となるタイミングは異なりますので、注意が必要でしょう。

具体的な割引サービス開始のタイミングは以下の通りです。

ワイモバ学割 契約初月から
ワンキュッパ割 契約翌月から
家族割 契約初月から

つまり、契約月の割引額は、ワイモバ学割と家族割を合わせた1,500円、2ヶ月目から13ヶ月目までが2,500円ということになります。

SIMカードのみの契約でも学割が利く

ワイモバイルでは、SIMカードのみでも契約することができ、その場合もワイモバ学割が適用になります。

現在、ワイモバイルではSIM単体契約割引という割引キャンペーンを行っており、ワイモバ学割と併用できるのでさらに月額料金を抑えることができます。

プランMでもプランLでも600円×24回で14,400円の割引が適用されるので、プランMで月額880円、プランLで月額2,880円と大変お得になります。

選択肢の1つとして、検討してみてはいかがでしょうか?

ワイモバ学割の詳細はこちら

ワイモバイルの学割はとてもお得!

ワイモバイルの学割サービスは、学生にとってとてもお得なサービスです。

お子さんのスマホデビューを考えているなら、ワイモバ学割をぜひおすすめします!

ワイモバイルの学割に入る

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年01月19日

山本将弘 ― ライター
山本将弘 ― ライター

京都在住のフリーランスライター。スポーツと音楽とダーツとDIYを愛する。いつか海外に移住したいと企んでおり、投資の勉強中。左利きだが右投げというややこしさ。血液型がA型であることがすぐにバレる傾向にある。