2022年最新おしゃれなスマートウォッチおすすめ7選

おすすめスマートウォッチを紹介中!新型Apple Watchなど、話題のスマートウォッチやスマートウォッチでできることを解説しています。
【公式】カシモWiMAX 2022年最新おしゃれなスマートウォッチおすすめ7選

今何かと話題を集めている「スマートウォッチ」。元々はAppleが発売して話題になり、支払いや電話の応答、タスクの確認等、色々なことが手元でできると評判な製品です。

最近はで各社から発売され、中には10,000円以下で購入できるものもあるのだとか!

本記事では最新のスマートウォッチや、スマートウォッチでできることなどについてご紹介します。

話題沸騰中!最新版スマートウォッチで何ができる?

最近話題のスマートウォッチ。そもそもスマートウォッチでは何ができるのか、チェックしてみましょう。

メールやLINE、SNS等の通知が手元でできる

iPhoneやスマートフォンをポケットやバッグから取り出して、いちいち通知を確認する。意外とめんどくさいなと思うことはありませんか?

かといって確認せずに、大切なメールやLINEの連絡に気づかないということがあっても困りますよね。

スマートウォッチがあれば、メールやLINEの差出人やタイトルや簡単な内容を確認することができるので、すぐにチェックしなければいけないものか、そうではないものかをきちんと判断することができます。

不用意なチェックでのスマートフォンやiPhone本体の電池消費を防止することができるのも便利です。

日付や曜日、天気等の知りたい情報がすぐに目に入る

スマートウォッチの便利な点として、日付や曜日、天気など様々な情報が手元ですぐにわかることが挙げられます。

日付・曜日を表示する腕時計を持っている人は不要かもしれませんが、仕事で使うアナログ時計やレディースの時計にはあまりないですよね。

スマートウォッチであれば日付や曜日はもちろんのこと、天気予報や風向、為替レートや株価といった欲しい情報がすぐにチェックできます。

また、海外旅行などに行った時にも便利です。世界時計をさっと開いて希望の地域をタップするだけですぐに現在時刻を確認できます。

通常の時計にはない豊富なコンテンツを確認することができるのが、スマートウォッチの素晴らしい点ですね。

スポーツのお供に!万歩計や脈拍計としても使える製品も

スマートウォッチはスポーツのお供にも最適。

万歩計はもちろんのこと、心拍計がついているモデルでは脈拍を図ることができたり、GPSのついたセルラーモデルであれば、外でのランニングの経路やコースを記録して、どのくらい走ったかなどを詳細に出してくれます。

また、デスクワークであまり立たない人には「そろそろ立ちましょう」とスタンディングを促してくれる機能も。普段意識しないことも意識させてくれて、健康に導いてくれることでしょう。

Bluetoothイヤホンと合わせて手ぶらで音楽や通話ができる

Bluetoothイヤホンとスマートウォッチのコンビは、最強といっても過言ではありません。

今までスマートフォンやiPhoneをポケットやバッグから取り出して耳に当てて電話をしたり、いちいち音楽のスキップなどをしていたと思いますが、スマートウォッチがあればそんな必要は全くありません。

かかってきた電話をスマートウォッチで受けられるので、スマートフォンやiPhoneを出さずにそのままBluetoothイヤホンを通じて電話ができたり、音楽のスキップや再生などもすべて手元でてきてしまいます。

ひとたび手元でできる便利さに慣れてしまうと、もうスマートウォッチなしには戻れなくなってしまいそうです。

支払いもこれ1つ!キャッシュレス生活にぴったり

FeliCaを搭載しているモデルでは、クレジットカードやSuicaを取り込むことで手元をタッチするだけで支払いができてしまいます。

わざわざ携帯や財布を取り出すことなく、手首をタッチするだけ。とても簡単な支払い方法ですね。

スマートウォッチのデメリットとは

今までスマートウォッチでできることやメリットについてご紹介してきましたが、スマートウォッチのデメリットについて簡単にご紹介します。

毎日充電が必要

スマートウォッチは携帯電話類と同じで、毎日の充電が必要です。ですから、充電を忘れてしまった次の日には使えなくなってしまうこともあります。

アナログ時計やデジタル腕時計などは毎日充電する必要がないので、わずらわしく感じてしまう人もいるかもしれません。

電池が切れたら使えない

上記のデメリットにも通じる部分ではありますが、1日の途中で電池が切れてしまうと使えなくなってしまいます。

電池持ちが改善されているとはいえ、GPSや通信を使えばどうしても電池の減りは早くなってしまいます。

かといって、通信を切ってしまうとスマートウォッチのメリットは半減してしまうので、難しいところですよね。

最新のスマートウォッチをご紹介!あなたはどれがほしい?

このトピックでは、最新のスマートウォッチを3つのタイプ別にご紹介します!ぜひチェックしてみてくださいね。

スマホと相性のいいスマートウォッチ

iPhoneを使っているならば『Apple Watch』

iPhoneをご利用の方であれば、やっぱりおすすめは『Apple Watch』。iPhoneやMac、AirpodsなどApple製品と合わせての利用を考えて作られていますので、シームレスな使い方ができるのが特徴です。

iPhoneのアプリとの相性もよく、色々なアプリをApple Watch上で使うことができるのも魅力的です。

FeliCa搭載なのでこれ1つで買い物もできますし、心拍計やGPSもついてるので運動にも最適。バンドはラバーのタイプからHermesとのコラボなど、種類が豊富なのも嬉しいところですね。

Galaxyを利用しているなら『Galaxy Gear』

円形のリアルなデザインで、ビジネスの場でも気にせず使えるのが『Galaxy Gear』。まるでアナログ時計のようで、色々なファッションにも合わせやすいと評判なのがこちらです。

ベゼルをくるくると回すだけでアプリを選べ、ボリュームなどを調節できるのでシンプルで簡単な操作が魅力的。バッテリーの持ちも改善し、使い方によっては2日~3日使えるのだとか。

もちろんデザインも、メンズ用だけではなく、ピンク色がかわいいレディース用などもあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

XperiaやiPhoneなどで幅広く使える『SONY went wrist pro』

これぞ「シンプルイズベスト」なデザインの『SONY went wrist pro』。

FeliCa搭載で、さっと簡単に支払いができるのが魅力的。もちろん電話や通知の確認もできます。専用アプリで歩数や消費カロリーなどもチェックできますよ。

何より魅力は「電池の持ちがとてもよい」ところ。1回の充電で1週間持つと言われています。シンプルイズベスト!なデザインが好きな方はぜひこちらをチェックしてみてください。

ブランドにこだわりたい!デザイン◎なスマートウォッチ

老舗の高級時計屋「TAG Heuer」が作る『コネクテッドモジュラー』

老舗の高級時計店「TAG Heuer」が作るスマートウォッチ『コネクテッドモジュラー』。

高級感のあるデザインはそのままに、機能が充実したスマートウォッチは人気があります。Androidのアプリなどを入れて使うことができますよ。

何よりストラップやモジュールなどを自分で選択して、自分好みの時計を作れることも魅力。

デザインなどにしっかりとこだわりたい方はぜひともTAG Heuerのスマートウォッチを検討してみてくださいね。

オシャレ女子にピッタリ「kate spade」の『タッチスクリーン スマートウォッチ』

女性らしいデザインといえばこれ、「kate spade」の『タッチスクリーン スマートウォッチ』。

毎日の気分に合わせてウォッチフェイスを変えることができます。もちろんkate spadeのデザインのものがたくさん入っていますよ。

女性ブランドということで、色々なファッションに合わせやすいのが特徴です。

安さ重視!スマートウォッチ初心者におすすめ

1万円以下なのに機能が充実!「HUAWEI」の『HUAWEI Band 2 Pro』

1万円以内で買えちゃうのに機能が充実しているのがこちら。通知や電話機能はもちろんのこと、GPSや心拍計機能がついており、スポーツにも利用できちゃいます。

防水機能もついているので、スイミング中などでもつけっぱなしでも大丈夫です(温水には対応していませんので注意してください)。

初めて使ってみたい方や、スマートウォッチをとりあえず使ってみたいという方にはおすすめの商品です。

4,000円で買えちゃう!?「Xiaomi」の『Xiaomi Mi band 3』

なんと4,000円以下で買えてしまうのがこちら。

各種SNSの通知確認から、リマインドの通知、天気予報を見ることができます。さらには睡眠計測なども可能!自分の睡眠の質などを調べることができちゃいます。

また、電池の持ちも使い方にもよりますが最大約20日間といわれています。充電する手間も少なく、また機能も豊富、そして何より安い!3拍子揃った製品です。

最新版スマートウォッチを買ったらぜひ入りたい保険とは?

スマートウォッチですが安いものから高いもの、色々な価格帯がありますよね。

スマートウォッチは性能がよいものも多く、いざ壊れた時に修理をしようとすると高くなってしまうことも。

そんな時に入っておいて損はないのが「モバイル保険」です。モバイル保険の特徴としては、大まかに以下が挙げられます。

  • 月額700円で3台までの無線機器が加入可能
  • 購入から1年以内であればいつでも加入OK
  • 1年間で3台合わせて10万円までの修理費用を負担
  • 免責金一切なし。回数制限もなし
  • 修理不可でも最大25,000円を補償
  • メーカー修理だけではなく、街中の修理店での修理代金も補償!

読んでいただければわかる通り、いいことづくめの保険です。

スマートウォッチはお手持ちのiPhoneやスマートフォンと併せて使うことが多いでしょうし、ぜひ両方加入してみてはいかがでしょうか。

モバイル保険を申し込む

モバイル保険について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は最新のスマートウォッチをご紹介しました。

当初は種類が少なかったスマートウォッチも、今では機能性やデザインにこだわったものなど色々な種類の製品が発売されています。

ぜひ気になった商品はチェックしてみてくださいね。

モバイル保険を申し込む

公開日時 : 2022年01月01日

Remi ― ライター
Remi ― ライター

関連キーワード