JCOM_iPhone7

1月21日再入荷!ドコモのジョジョスマホ「JOJO L-02K」が648円に大幅値下げ!

NTTドコモは2019年1月18日より「JOJOスマホ」として人気の「JOJO L-02K」を大幅に値下げします。端サポ対象の本端末は端末代648円で購入することができます。ジョジョスマホのスペックや詳しい料金を解説します。
【公式】カシモWiMAX 1月21日再入荷!ドコモのジョジョスマホ「JOJO L-02K」が648円に大幅値下げ!

NTTドコモは2018年3月に発売された「ジョジョの奇妙な冒険」30周年モデル「JOJO L-02K」の端末実質負担額を648円まで値下げします。

このモデルは1万台限定で発売され、発売当時から話題となりました。

割引開始は2019年1月18日より。限定の端末となりますので、台数がなくなり次第終了となります。

JOJO L-02Kを購入する

ジョジョスマホ「JOJO L-02K」のスペック

「JOJO L-02K」のベースとなっているモデルはLGエレクトロニクスの「V30+(L-01K)」というモデルです。

データ容量や機能のスペックは全く同じですが、もともとインストールされているアプリや端末のバックデザインがジョジョに関連するデザインとなっています。

サイズは約75×152×7.4mm、重量158gと薄型軽量を実現しているので、どなたでも持ちやすい端末です。

デュアルレンズを搭載したカメラが特徴

ジョジョスマホはデザインの他にカメラが特徴的で、デュアルレンズを搭載しています。

120度の広角レンズ、暗所にも強いF値1.6など性能も十分高い水準を誇っています。

内側カメラも標準・広角と切替が可能なので、自撮りの幅も広がります。

VR対応コンテンツが楽しめる

GoogleのVRプラットフォームである、「Daydream」に対応しているため、dTVなどのVR対応コンテンツを楽しむことも可能です。

音声もチューニングとノイズ低減にこだわった「Bang&Olfusen」を採用。

高音質で映像や音楽を楽しむこともできます。

ファン必見のジョジョ仕様な機能

さらに壁紙やアプリのデザインだけでなく、ジョジョファンにはたまらない様々なジョジョ仕様が搭載されています!

例えばジョジョに登場する名言や固有名詞を登録した専用の予測変換辞書が搭載されており、実際の世界でも名シーンや名言の再現ができてしまいます。

その他にも万歩計の機能とジョジョがコラボした、「STEEL BALL RUNレース」のコースをカウントできる歩数計運動アプリや、セリフや画像を組み合わせてオリジナルのコマを作れる「JOJOエディター」など遊び心溢れる世界観になっています。

ジョジョ仕様なスペックをもっと見る

本体価格12万越えが端サポで648円まで値下げ!

2019年1月18日より、以前から端サポの対象として入っていたジョジョスマホですが、割引額が増減します。

その額、なんと約12万5000円割引の648円です!

月額ではなく、端末代が648円になります。

今回は新規契約、他社からの乗り換え(MNP)、ドコモユーザーの機種変更とすべての方が対象になります。

端末台数はなくなり次第終了なので、発売当時欲しくても高くて手に入れられなかった!というジョジョファンの方は必見ですよ!

JOJO L-02Kを購入する

画像参照:ドコモオンラインショップ

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年01月16日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード