【2020年最新】iPhone 8の価格を徹底比較 | ドコモ・au・ソフトバンク・Apple

新機種発売で大幅値下げされ、iPhone8の値段が安くなっています。ドコモ・au・ソフトバンクやSIMフリー版のiPhone8の価格比較をし、どこで買うのが1番安いか、おすすめかをまとめました。iPhone8に機種変更を検討している方必見です。
新作iPhone先行予約方法 【2020年最新】iPhone 8の価格を徹底比較 | ドコモ・au・ソフトバンク・Apple

2019年10月、iPhoneの新モデル発表・発売と同時に、iPhone 8の値下げが決定しました。

今現在、最新機種として販売されているのはiPhone 11 Pro/Pro Maxシリーズ、そして廉価モデルにあたるiPhone 11シリーズです。

他機種を圧倒するスペックの高さが人気ですが、それだけ値段も高くなります。

たとえば、iPhone 11の512GBモデルだと157,800円と、ハイスペックなノートパソコン並の本体価格であるため、気軽に手を出せるとはいえないでしょう。

そこで、今注目を集めているのがiPhoneの型落ちモデル。中でも、iPhone 8はバランスの取れたスペックが高く評価され、現在でも人気が根強いです。

本記事では、iPhone 8の魅力をもう一度おさらいすると同時に、各キャリアで購入した場合の実質負担額についてご紹介しましょう。

中でも、iPhone 8をドコモオンラインショップで購入するとお得がいっぱいなのでぜひチェックしてくださいね。

公式オンラインショップでiPhoneをお得に機種変更!
docomo
公式サイトで機種変更
au
公式サイトで機種変更
SoftBank
公式サイトで機種変更

【乗り換えで2万円】最新iPhone11シリーズ/Pixel4もキャッシュバック!

最新のiPhone11シリーズ/Pixel4に乗り換えて現金20,000円キャッシュバックを手に入れよう!

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.comでソフトバンクへ乗り換えると、なんとすぐに現金20,000円がキャッシュバックされます。

取り扱い機種の中には最新のiPhone 11シリーズまで!ぜひこの機会にソフトバンクへ乗り換えましょう。

  • au,docomo端末からの乗り換え:20,000円現金キャッシュバック
  • 機種変更:5,000円現金キャッシュバック
  • ソフトバンクでんき契約:追加で最大10,000円の現金キャッシュバック
【月額料金例】
<iPhone11 64GBの場合>
通信プラン:ウルトラギガモンスター+(データ定額50G+)
  • 通話基本プラン 1,058円 ※通話料21.6円/30秒
  • データ定額50GB+ 7,020円
  • 端末代金 1,860円(48ヶ月)
  • 1年おトク割 -1,080円×12
  • おうち割  -1,080円
  • 下取りプログラム -900円(24ヶ月)※iPhone8下取りの場合
  • ------------------------------------------------------------

    合計 6,878円~

【対象機種 機種代金】

  • iPhone11 64GB 1,860円×48(89,280円)
  • iPhone11 128GB 1,980円×48(95,040円)
  • iPhone11 256GB 2,250円×48(108,000円)
  • iPhone11 Pro 64GB 2,650円×48(127,200円)
  • iPhone11 Pro 256GB 3,040円×48(145,920円)
  • iPhone11 Pro 512GB 3,590円×48(172,320円)
  • iPhone11 ProMax 64GB 2,970円×48(142,560円)
  • iPhone11 ProMax 256GB 3,370円×48(161,760円)
  • iPhone11 ProMax 512GB 3,910円×48(187,680円)

複数台購入の場合は「みんな家族割+」適用で上記からさらに最大月額2,160円割引となります。

人気のiPhone11シリーズでキャッシュバックが手に入るなるなんて、今回のキャンペーンを使わない手はありません。

キャンペーン価格で購入するには、以下の条件を満たす必要があります。

    【キャンペーン適用条件】
  • ドコモ・au・格安スマホ(au・ドコモ系回線)からの乗り換え(MNP)であること(※1)
  • ウルトラギガモンスター+(データ定額50GB+)の加入(翌々月10日以降に変更可)
  • データ定額&携帯自体の契約を1年間継続(データ定額は翌々月10日以降に変更可)
  • 基本パック(初月無料、以降月540円)への加入(※2)
  • 複数ある保証のオプションの中からいずれかひとつのご加入(648円~1,252円/月)(※3)
  • 割賦24回の契約は対象外となります。

ソフトバンクに乗り換えてキャッシュバックをもらう!

【キャリア別】iPhone 8の値段と実質負担額を比較

キャリアによってiPhone 8の販売価格は異なります。そのキャリアに特別なこだわりがなければ、販売価格を基準に選ぶのもよいでしょう。

2019年11月現在、Apple公式での販売価格はiPhone 8が52,800円、iPhone 8 Plusは62,800円(税別)からとなっています。

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアに関していうと、販売価格そのものに違いはありません。

しかし、様々な値引きが適用されるため、実質負担額を抑えることができます。各キャリアの実質負担額(最安値)を以下にまとめたのでご覧ください。

なお、今回はキャリア毎のキャンペーンや割引プログラムにはあえて触れず、純粋な実質負担額を列挙しています。

この金額で比較すると分かりやすいはずです。

※実質負担額は2019年1月現在の情報

ドコモ

    【新規契約/機種変更の実質負担額】頭金0円
  • iPhone 8(64GB):58,520円(月々2,438円×24)
  • iPhone 8 Plus(64GB):43,416円(月々1,809円×24)

ドコモでiPhone 8を購入する際は、新規契約と機種変更の価格が同じに設定されているのもポイント。既存のドコモユーザーであっても、機種変更時の選択肢に入れやすいのが魅力です。

他キャリアに比べると、トータルの実質負担額もかなり抑えられており、どこよりも買いやすくなっています。

ドコモでiPhone 8を購入する

au

    【新規契約/機種変更の実質負担額】
  • iPhone 8(64GB):69,120円(月々2,880円×24)
  • iPhone 8(256GB):105,408円(月々4,392‬円×24)
  • iPhone 8 Plus(64GB):98,784円(月々4,116円×24)
  • iPhone 8 Plus(256GB):117,504円(月々4,896‬円×24)

実質負担額だけ見ると、他キャリアよりも高額な印象です。

純粋な実質負担額は、アップグレードプログラムNX適用時となっています。続いて、ソフトバンクの実質負担額も見ていきましょう。

auでiPhone 8を購入する

ソフトバンク

    【新規契約/MNPの実質負担額】
  • iPhone 8(64GB):74,880円(月々3,120円×24)
    【トクするサポート適用時の実質負担額】
  • iPhone 8(64GB):74,880円(月々1,560円×48)

新規契約およびMNP、機種変更の実質負担額が最安となるソフトバンク。各キャリアを実質負担額だけで比較した場合、トクするサポート適用時が最もお得なことがわかります。

ただし、上記金額はキャンペーンや割引プログラムを適用したものであるため、様々な縛りが発生します。

「本当に4年間も使い続けられるのか?」、「明らかに不要なオプションは無いか?」を吟味し、金額だけに捕らわれず、キャリアを選ぶようにしてください。

これから新規契約や機種変更、MNPを検討している方は、上記金額を参考にしてみてくださいね。

ソフトバンクでiPhone 8を購入する

SIMフリーモデル

iPhone8には、格安SIMなどで利用できるSIMフリーモデルも存在します。

Apple公式サイトで購入できるので、格安SIMへの乗り換えを検討している方は、値段もチェックしておきましょう。

    【新品購入時の価格】
  • iPhone 8(64GB):52,800円(月々2,420円×24)
  • iPhone 8(128GB):57,800円(月々2,649円×24)
  • iPhone 8 Plus(64GB):62,800円(月々2,878円×24)
  • iPhone 8 Plus(128GB):67,800円(月々3,108円×24)

一括購入ならともかく、分割購入時には金利が発生します。その際、Appleが定期的に行っている金利0%のキャンペーンを利用するとよいでしょう。

他キャリア同様に24回払いとなっており、年に1回買い換える方にとってはお得です。

新機種のリリースと同時にiPhone 8が大幅値下げ!

iPhone 8の値段をチェックしたところで、今後の動向についてお話しましょう。発売当初はiPhone 8も相当高価でした。

ストレージの容量によって価格が異なるものの、最大容量の256GBモデルは、実売価格で10万円オーバー。より大きなディスプレイを採用したiPhone 8 Plusになると、AppleStoreでの価格は11万円を超えていました。

そんなiPhone 8ですが、2019年10月に新モデルが発売されて、大幅な値下げが決まりました。実際どれだけ値が下がり、今後どれだけ安くなっていくのでしょうか。

iPhone 8の値段はどのくらい下がった?

具体的にiPhone 8は、どの程度安くなったのでしょうか。iPhone 8の中で最も安価な64GBモデルの価格は、52,800円です。

AppleStoreでも、新型iPhone 11シリーズ発売の影響によって大幅値下げが行われています。

もちろん、各キャリアでもiPhone 8の値下げが行われました。キャリアやショップによって値下げ幅は異なりますが、いずれにしても相当お得でしょう。

70,000円前後というと、まだまだ高価な印象は拭えないかもしれませんが、スペックを考慮した際のコストパフォーマンスは抜群です。

iPhone 11 Proシリーズが十数万円オーバーであることを踏まえると、十分に安く感じられるでしょう。

iPhone 8はまだ購入することができる?

iPhone 8は、発売してからすでに1年が経過しています。その上で新機種が発売されている以上、どれだけスペックが優れていても型落ちに過ぎません。

一般的にスマホは、古いモデルになると製造が終了します。新品での入手が困難となるわけです。では、iPhone 8の場合はどうなのでしょうか?

実は、新機種が登場して以降もiPhone 8は、平行して製造・販売が続けられています。2019年1月現在でもAppleStoreや、各キャリアのショップなどで購入可能です。

ドコモ・ソフトバンク・auなどの大手キャリアでもレギュラーラインナップに入っています。まだまだ新品が手に入りますので、乗り換えを検討中の方は、候補に入れてみましょう。

今後iPhone 8の値段はさらに下がる?

iPhone 8は、まだまだ現役で使用できるスマートフォンです。気になるのは、さらなる値下げ。

過去に大幅な値下げが行われた上、型落ちモデルである以上「もっと安くなるのでは?」と考えるのが普通でしょう。

スマートフォンの価格は常に変動し続けており、今後の動向を押さえることも大切です。iPhone 8に関しては、今後さらに値段が下がる可能性が十分にあります。

とはいえ、他機種に比べると、値下げ幅はあまり期待できません。元よりiPhoneシリーズは人気が高く、大々的な値下げを行わなくても売れるからです。

iPhone 8は型落ちとはいえ、この先数年は使用に耐えうるスペックを誇ります。「まだまだ使える=需要がある」ことから、大きく値下げするのは時期尚早と考えられます。

つまり、今がiPhone 8の買い時ということ。より値段が下がるのを待つのも手ですが、並行してコストパフォーマンスが低下する恐れもあります。

IT技術の進化は日進月歩です。スペック不足といわれる時代が到来する前に、iPhone 8を使い倒してみましょう。

なお、現在購入できる型落ちモデルは、iPhone 8だけではありません。さらに1世代前のiPhone 7も平行して販売されています。

値段もかなり安く、50,000円前後から購入可能です。値段的にはお買い得ですが、2世代前のモデルにあたるため、iPhone 8と比較するとスペック面が物足りない印象。

とはいえ、より安価なiPhoneを探しているのであれば、選択肢に入れてもよいでしょう。

最新モデルではなくあえてiPhone 8を選ぶべき?

iPhoneの最新モデルはもちろん魅力的です。しかし、コストパフォーマンスを考えると、iPhone 8も引けを取りません。

そもそもiPhone 8は、発売当初からオーバースペック気味といわれてきました。新しい11 Proシリーズおよび11が登場したところで、この先数年は耐えうるスペックを誇ります。

スマートフォンは2年単位で機種変更をする方が多いでしょうが、2年程度なら間違いなく、最前線で使っていけるでしょう。最新のアプリケーションも難なく動作するはずです。

また、ホームボタンやTouchIDなど、新型iPhoneでは廃止されてしまった機能などが残されているという点もiPhone 8の大きな魅力。

ホームボタンがある安心感はこの機種ならではです。同様にiPhone 7以前のモデルにもホームボタンはありますが、やはりスペック面が心配でしょう。

「最新機種にしたいけど、扱いに慣れているiPhoneを選びたい」という方は、ぜひiPhone 8を手にしてみてください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年11月25日

佐藤麗華 ― ライター
佐藤麗華 ― ライター

格安SIMでスマホ代を節約中。大学時代は軽音サークルでベースを担当。カフェラテの摂取量に定評のあるカフェイン中毒。

関連キーワード