Androidおすすめ

モバイル保険の対象トラブルと各社料金比較!メリットや口コミ・評判も調査

モバイル保険のメリット・デメリットを比較し、モバイル保険の特徴や加入条件等の注意点をまとめました。格安スマホやパソコン・タブレット、ゲーム機やカメラ等に保険をかけることができるモバイル保険ですが、加入すべきなのでしょうか?スマホの故障や修理費用が心配な方も必見です。
新型ihone12噂 モバイル保険の対象トラブルと各社料金比較!メリットや口コミ・評判も調査

スマートフォンやiPhone、パソコンやスマートウォッチ…WiFiなど無線を通すガジェットを使うことが多い現代。

ですが皆さん、今使っている電子機器が壊れてしまったことを想像したことはありませんか?

何事もデジタル機器に依存してしまうことが多い今日、一度使えなくなってしまったら大変なことになってしまうことも多いのではないでしょうか。

さらに、高性能なデジタル機器は修理に出すと修理代金がかさんでしまうことも…。そんな時のためにぜひ入っておきたいのが「保険」。

本記事では、編集部イチオシの「モバイル保険」について特集していきます。

モバイル保険を申し込む

モバイル保険(さくら少額短期保険)に入っておくべき3つの理由とは

ここではさくら少額短期保険株式会社のモバイル保険に入っておくとよい理由について3つほどご紹介いたします。

修理代を年間最大10万円まで負担してくれる

まず1番の理由は、「修理代を年間最大10万円まで負担してくれる」ところです。

例えば、日本で所持率が高いiPhoneは、新しい製品を出すたびに性能が上がっていき、どうしても修理代も高額になりがちです。

最新の「iPhone XS Max」の場合、修理内容によっては修理費用が最大75,000円と、そこらの電子機器を買うよりも高い金額を払うことになってしまうことも。

モバイル保険であれば、年間で最大100,000円の補償を受けることができます。高額になりがちな修理でも安心ですね。

しかも、免責金(補償を受ける際に保険会社側に支払うお金)が一切ないのもお得な点です。

保証期間無期限!何度でも補償を受けられる

キャリアやメーカーの保証、購入した家電量販店の保証には、当たり前ですが保証期限があります。

保証期間は大体1年、延長しても2~3年ということが多く、実際壊れてしまうのは期限が切れてからのことが多いです。そうすると修理代金も高くなりますし、いきなり買い換えるのは簡単にはいかないことも。

モバイル保険であれば、保証期間が無制限。購入から何年経っていても、保証登録済のデジタル機器であれば無期限で補償してくれます。1つの製品を大切に使っていきたい方も安心して使用できます。

好きな場所・好きなお店で修理が可能

キャリアやメーカー、購入した家電量販店の保証であれば、メーカーや正規代理店、家電量販店を通しての修理など、面倒なことが多いです。

特にAppleの正規代理店は常に混雑。予約必須であったり、修理に数時間待ちであったりすることがほとんどです。

大体どの保証に関しても「正規店」以外の修理は補償対象外。そうすると、その時支払った金額は実費になってしまいます。

しかし、モバイル保険に加入しておけば、いわゆる「街中の修理店」での修理代金もすべて補償の範囲内!

旅行中にスマホが壊れて、その土地にある修理店に持ち込んだとしても補償対象内なんです。それだけしっかりと補償してくれるのであれば、安心ですよね。

モバイル保険を申し込む

モバイル保険の対象トラブルと対象端末

結局、どこまで保険が効くのかというのは気になるところです。モバイル保険では、どこまで取り扱いが可能なのでしょうか。

対象トラブル一覧
破損、水没、盗難、メーカー修理が対応できないもの
対応機種一覧
スマホ(iPhone、Android、Windows)、タブレット(iPad、Android、Windows)、パソコン、カメラ、ゲーム機、Bluetoothイヤフォン、プリンター

全損でiPhone本体の交換も可能?

電話で担当者に尋ねたところ全損の場合も、対応可能とのことでした。修理店や購入元のサポートから戻ってきた請求書などをモバイル保険側に送ると、それが受理される仕組みです。

スマホの盗難や紛失の場合も対応可能?

スマホの盗難の場合は警察署の証明書があれば受理できます。しかし、本人の不注意による紛失の場合には対応はできないとのことでした。

中古端末も対応可能?

中古端末については、販売元の3ヶ月以上の保証がついているものに関しては保証が効きます。

モバイル保険はどこがおすすめ?安さで比較

ここでは、他社とモバイル保険の料金や対象トラブルを一覧で比較しています。価格でいうと、モバイル保険の方が少し高い場合もありますが、補償内容は最大10万円まで出ますので、修理代金が実質0円というのが嬉しいですね。

商品名 モバイル保険 AppleCare+ ドコモ「ケータイ補償サービス」 au「故障紛失サポート」 ソフトバンク「あんしん保証パック」
月額料金 700円/3台まで 550~990円/1台 330~1,000円/1台 380~630円/1台 500円/1台
修理代金 実質0円 画面の損傷:3,400円
修理:11,800 円
故障:0~3,000円で修理 水濡れ・全損を除く故障:最大5,000円まで 故障:11,800円で修理
補償内容 最大10万円まで 5000~11,000円を補償 3,000~8,000円で新しい端末を支給 盗難・紛失:11,800円で補償
画面割れ
破損
水濡れ
盗難 ○(紛失も対応) ○(紛失も対応) ○(紛失も対応)

モバイル保険を申し込む

モバイル保険について下の項で、詳しく見ていきましょう。

無線搭載機器ならすべてOK!おすすめの「モバイル保険」

1契約で3台まで保証してくれるという充実の補償内容を誇る「モバイル保険」。

月々たったの700円を支払うだけで3台まで保証、年間最大10万円まで補償してくれるという嬉しいサービス内容です。

なお、モバイルという名前でも、パソコンやゲーム機、スマートウォッチや無線ヘッドホンなどでも加入OKなんです。それでは、モバイル保険に関して詳しくチェックしていきましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

モバイル保険のメリット(1)修理時のご負担金額0円!

修理に行き、その後キャリアやメーカー保証などで補償を申請しても、実は負担金がかかるのはご存知ですか?補償となると全額負担してくれると思っている方も多いと思います。

しかし、実際は端末の金額が上がっていくごとに負担金が発生してしまうんです。

例えば、パソコンやBluetooth搭載機器などは、家電量販店の保険に加入していても◯年以上は実費での修理、iPhoneだと種類によって値段は違うなど、わかりづらいというデメリットがあります。

そもそも毎月きちんと補償のためにお金払ってるのに、補償金を支払うだなんてなんだか損した気分になりますよね。

モバイル保険ならそんな心配ありません。モバイル保険ならば負担金は一切なし!10万円以内であれば、その時支払った金額をそのまま補償してもらえます。

モバイル保険のメリット(2)何年経っても大丈夫!一度機器登録すれば永年補償

デジタル機器の保証期間に関しては、メーカー保証は1年間、購入先の家電量販店の保証に入っても2年程度であることがほとんど。

一説によると、デジタル機器は毎日使っていると劣化して壊れやすくなってしまうからと言われています。

スマホならキャリア補償・その他デジタル機器のメーカーですと、加入できるのはもちろん購入端末のみ、そして期限は伸ばしても2年間だけ…なんてこともありますよね。

モバイル保険であれば、何年使っても一度の登録で永年補償。せっかく買ったデジタル機器を長く使いたいという方でも安心です!

※機器の更新にはマイページからの切り替えが必要です。詳しくは公式ホームページを御覧ください。

モバイル保険のメリット(3)好きなお店・場所で修理OK!

スマートフォンやパソコン、Bluetoothイヤホンが壊れてしまった時、どこに修理を依頼すればよいのかご存知でしょうか。

ほとんどは正規代理店やメーカーでの修理になってきますが、そういった正規修理店での修理はどうしても時間がかかってしまう上に高額になることも。

そんな時に使うのが街中の修理店ですが、街中の修理店は非正規店。スピードと安さはピカイチですが、そういった非正規店での修理はもちろん保証の対象外になってきます。

モバイル保険ならそのような心配はありません。メーカーや家電量販店、キャリアはもちろんのこと、街中の修理店での修理でも保険金をもらうことができます。

非正規店での修理代を補償してもらえること自体が非常に珍しいこと。また、修理した翌日からすぐ、簡単にマイページで申請できるのが嬉しいですね。

モバイル保険のメリット(4)月々700円、無線機器3台までを補償します!

保証というものは、その買った製品のメーカーもしくはキャリア、家電量販店で加入するのが当たり前。もちろん保証だって、1台につきの保証です。

しかし、保証だって1つ1つのデジタル機器で加入していけば、それ相応の値段になってきてしまいますよね。

モバイル保険であれば1契約で3台まで、無線機器(無線電話・WiFi・Bluetoothのいずれかを搭載している製品)であれば月々700円で補償してくれます!

例えば、iPhoneはキャリアの補償だと月々700円前後であることがほとんど。故障の場合は月々の費用に加えて免責金がかかってきます。

モバイル保険は月々たったの700円で、3台まで保証。免責金不要のとてもお得な保険です。

お手持ちのスマートフォン、パソコン、ゲーム機…などの組み合わせで加入しても700円!ぜひこれを機会に加入を検討してみませんか?

モバイル保険のメリット(5)購入から1年以内ならいつでも加入可能

キャリア補償や家電量販店の保証は、購入時でなければ加入することができないことがほとんどです。

しかし、「その時は断ってしまったけど、やっぱり後から入りたい!」と考え直すこともあるのではないでしょうか。

モバイル保険なら、WiFi・Bluetooth・無線電話などを搭載した無線機器であれば、購入後1年以内であればいつでも加入することができます。

後から考え直して入りたい、そんな時でもOKなのが嬉しいですね。

※加入には条件がありますので、公式ホームページにてご確認をお願いします。

モバイル保険のメリット(6)無線機器ならなんでも保険加入可能!

モバイル保険なら、無線電話・WiFi・Bluetoothを搭載した「無線機器」であればすべて加入が可能です。

スマホやパソコンだけではなくBluetoothイヤホンやスピーカー、DSやPS Vita、スマートウォッチ…と、様々な機器で加入できます。

モバイル保険のメリット(7)修理不可の場合でも最大25000円補償!

デジタル機器を修理依頼した時、修理可能であればその値段を補償してもらえますが、修理不可の場合ですと一切補償が受けられないことが大半です。

例えば、原型をとどめない大幅な損傷、生産終了してから数年経った製品などが例にあげられます。ところが、そういったときにも補償をしてくれるのがモバイル保険

修理不可でも最大25000円を補償してくれます!(端末の購入金額と補償額で比較し、低い方の金額を補償をすることになります。

修理不可になってもこの手厚い保証内容。とても嬉しいですね。

モバイル保険を申し込む

モバイル保険の口コミや評判

モバイル保険を実際に契約している人の満足度はいかがでしょうか。

よく持ち運ぶ端末を複数台ある場合に、1つの保険で3台までの適用があるのは、ここで比較した他社にはない内容なので非常に使い勝手もよく満足度も高いようです。

また、水没させたときの自己負担金には驚きです。実際に私もiPhoneを水没させたことがありますが、その時にキャリアの保険に入っていたものの、修理代金がかかるという点に驚きました。モバイル保険であれば月額料金はかかりますが、実質の修理代金は0円なので心理的にも金銭的にも嬉しいでしょう。

モバイル保険を申し込む

モバイル保険の加入要件

ぜひ加入していただきたいモバイル保険ですが、加入には条件があるので、ぜひお持ちのデジタル機器を確認してみてください。

  • 購入から1年以内の端末であること
  • 無線通信が可能であること
  • 今現在正常に作動する製品であること

この3つが揃っていなければ、残念ながら加入ができません。

ですが、逆にこの3つの条件だけ揃っていれば加入することが可能です!

「モバイル保険」で対応できない内容は?

色々なデジタル機器および修理内容に対応しているモバイル保険ですが、紛失に関しては補償対象外となっています。あくまで製品が手元にあることが前提となっています。

もし、紛失に関しても心配なのであれば、スマートフォンやiPhoneであればキャリアの保証などでは対応してくれることもありますので、ぜひそちらも検討してみてください。

モバイル保険を申し込む

モバイル保険に加入して、安心のデジタルライフを!

いかがでしたでしょうか。

モバイル保険は他の保険や保証には見られない魅力がたくさん詰まっています。毎月700円で、ここまでの「万が一」を保証してくれる保険はなかなかありません。

ぜひ今回加入して、安心のデジタルライフを送ってくださいね!

モバイル保険を申し込む

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年01月15日

Remi ― ライター
Remi ― ライター