iPhoneのホーム画面を使いやすく!効率のいい整理方法をご紹介

iPhoneのホーム画面を整理したいと考えている方に向けて、便利な整理方法や整理のポイントをご紹介します。これらの方法を活用することで画面が見やすくなるだけでなく、よく使うアプリがさらに使いやすくなるので、ぜひ参考にしてください。
新作iPhone先行予約方法 iPhoneのホーム画面を使いやすく!効率のいい整理方法をご紹介

「iPhoneのホーム画面がアイコンばかりで見にくい」「使いたいアプリがなかなか見つからない」 そんなストレスを抱えている方のために、ホーム画面をスッキリさせて使いやすくする整理方法をご紹介します。 どれも簡単ですぐに行える方法ばかりなので、一度試してみる価値ありです!

iPhoneホーム画面を整理する

iPhoneのホーム画面がアプリのアイコンなどでゴチャゴチャしてしまい、いざ使おうと考えたときに使いたいものがなかなか見つからない…という経験をしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ホーム画面にアイコンがあふれていると横スクロール画面が何ページも続いてしまい、本当に使いたいアプリが隠れてしまいがちです。そこで今回は、iPhoneのホーム画面を効率よく整理する方法をご紹介します。

ホーム画面のアイコンを移動させる

最も基本的な整理方法は、アプリのアイコンを見やすく使いやすい場所に移動させるという方法です。

アイコンを長押しして震えさせると編集モードになり、ドラッグ&ドロップによる移動ができるようになるので、よく使うアプリを優先的に移動させてホーム画面の正面に持ってきます。

この時、よく使うものから順に並べたり、アプリ名の順で並べたり、あるいはアイコンの色で並べる場所を分けたりと、規則性を持って並べていくのも有効です。 非常に単純な方法ではありますが、そうすることで見慣れたアイコンだけが視界に入るので、頻繁に使うアプリが限られているという方の場合はこれだけで一気に使いやすくなります。

日常的に使うものだけが一か所に集まるので、全体のアイコン数が多い方の場合でも格段に見やすくなります。

ホーム画面のアイコンをフォルダでまとめる

続いておすすめするのが、複数のアイコンをフォルダでまとめるという方法です。

「SNS」や「ゲーム」、「カメラアプリ」など、カテゴリ別にフォルダを作ることで見た目的にもわかりやすくなり、結果的にアイコン数が減るのでゴチャゴチャとした印象が軽減されます。

また、フォルダ分け後にフォルダ名を入力する際は、カテゴリに合わせた絵文字をつけるようにするとフォルダ名が強調され、より見やすくなります。文字だけの場合よりも視覚的に認識しやすくなり、画面上もスッキリとまとまるのでおすすめです。

ちなみにフォルダ名の編集は、アプリ編集モードの状態でフォルダ名をタップすれば行えます。

iPhoneホーム画面を整理するときのポイント

整理方法の次は、ホーム画面をより使いやすくするためのポイントをご紹介します。ポイントを踏まえた上で整理を行うと、その後の使いやすさもグッと向上するはずです。 ゴチャゴチャのホーム画面に悩んでいる方だけでなく、「普段から整理しているはずなのに、いまいち使いにくい…」という方も、ぜひ参考にしてください。

よく使うアプリは片手で操作しやすい範囲に配置

まず、普段よくiPhoneを操作する側の手でiPhoneを持ち、いつものように親指でタップやスワイプを行ってみましょう。そうすると、片手でiPhoneを持った時に簡単に触れやすい位置があることに気付くのではないでしょうか。

親指が無理なく届く範囲といえば、具体的には右手なら右下から左下、また右上にかけての斜めの範囲です。逆に左手の場合には左下から右下、そして左上にかけての斜めの範囲が操作しやすいはずです。

その位置によく使うアプリを持ってくることで、より使い勝手のいいホーム画面を作り上げることが可能となります。

ホーム画面最下部の「ドック」を活用する

ホーム画面の一番下には最大4つのアプリを常駐させることができ、この場所を「ドック」といいます。

最下部は右手でも左手でも親指で操作しやすい場所なので、よく使うアプリを置くにはもってこいの場所といえます。そのためこの場所を使わない手はありません。 日常的に使っているアプリを最大4つまでに絞り、積極的にドックへと移動させましょう。使うアプリが限られている方こそ、使い勝手の良さが実感できるはずです。 移動は通常のアイコン移動と同じように、アイコンを長押しして震えさせ、編集モードにしてからドック部分の任意の位置にドラッグ&ドロップします。

壁紙を活用してアイコンを並べる

iPhoneの壁紙にはさまざまな種類があり、中には本棚風のものや、アイコンの大きさに合わせて横ラインが入れられているものもあります。 そうした壁紙を活用することで画面がさらに見やすくなるほか、もしかしたら整理が楽しくなるというメリットがあるかもしれません。

あまり使わないアプリを削除する

最大15ページという横スクロール機能によってホーム画面に大量のアイコンが置けるのは便利でもありますが、それによって本当に使いたいアプリが見つからなくなってしまっては本末転倒です。

横スクロール画面の数は必要最小限におさえ、無駄に増やさないようにすることが、見やすく使いやすいホーム画面を維持するためには重要なポイントです。 そのためあまり使わないアプリは思い切って削除し、スペースを空けるとともに横スクロール画面を減らしていくのがいいでしょう。

元々ほとんど使っていなかったアプリなどは、一度思い切って削除して、また必要になった時に改めてインストールし直す方がかえって便利ということもあります。 また、どのアプリを削除すればいいのか悩んでしまう方は、削除するアプリの基準を設けておくのも有効です。iOS7以降、アップデートから使っていないアプリには青い丸印が表示されるようになったため、たとえば「青い丸印がついているアプリは削除する」など、自分で納得のいく基準を決めておくと悩んだ時にも思い切りがつきそうです。

アプリ削除前にバックアップを取っておけば以前の状態に戻すこともできるので、バックアップ後に整理を行いましょう。 バックアップは下記のページを参考にしてください。

削除したくない場合はフォルダでまとめる

あるいは、あまり使わないアプリだけを入れるフォルダを作り、カテゴリを問わずその中にまとめてしまうのも一つの手段です。フォルダ名は端的に「その他」や「使ってない」な ど、自分が一目でわかりやすい名称をつけておきます。

そうすることで削除しなくてもアイコン数が減り、画面上もスッキリするので、なかなか削除には踏み切れないという方にもおすすめの方法です。 また、iOS7以降は一つのフォルダに最大で135個のアプリが入れられるため、ほとんど使わないアプリのフォルダが二つ目、三つ目と増えていってしまう心配もほとんどありません。

まとめ

いかがでしたか?ゴチャゴチャしがちなホーム画面をスッキリさせるために、アイコンの整理方法や整理のポイントをご紹介してきました。 どれも難しい操作は必要なく、今すぐに試せる方法ばかりです。ほかにもiphoneを効率的に使う方法をご紹介しています。

アイコンの多さに悩んでいる方や、整理したいけれどなかなかタイミングがないという方、またその方法がわからないという方は、ぜひ一度これらの方法を試してみてはいかがでしょうか。見慣れたホーム画面がさらに使いやすくなるだけでなく、見やすくまとめられたアイコンたちを見るたびに気分が上がること間違いなしです!

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2017年08月19日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード