Androidおすすめ

【ドコモ】解約・MNP転出方法|違約金・ネット/電話解約・日割り計算はある?必要なものは?

ドコモの契約を解約する方法をまとめました。ドコモ携帯解約で違約金がかかるタイミングや、ドコモ携帯解約に必要なもの・解約方法・手順を解説します。解約は電話でできるのか、契約満了月の確認方法もご紹介します。
新型ihone12噂 【ドコモ】解約・MNP転出方法|違約金・ネット/電話解約・日割り計算はある?必要なものは?

今やスマートフォンはドコモ・au・ソフトバンクの大手3社だけでなく、様々な企業から展開されています。通信費を削減するために、より料金の安い格安SIMへの乗り換えを考えている方も居るでしょう。

そこで本記事では、ドコモから他社に乗り換える方法や乗り換え先におすすめの格安SIMをご紹介します。

ドコモの解約方法は2種類ある

  • 電話番号を引き継がずに乗り換える・解約する場合
  • 電話番号を引き継いで他社に乗り換える場合

ドコモを解約する方法には、大きく分けて2種類あります。

1つは、電話番号を引き継がずに他社に乗り換える場合や、ドコモを解約してどこにも乗り換えない場合です。

この場合は、ドコモで解約手続きをする必要があります。

もう1つは、ドコモの電話番号を引き継いで他社に乗り換える場合です。電話番号そのままで他社に乗り換えることを、MNP乗り換えといいます。

MNP乗り換えの場合、他社に乗り換え手続きが完了したタイミングでドコモは自動解約されます。そのため、自分でわざわざ解約手続きを行わなくてもいいのです。

ここからは、(1)乗り換えせずに完全解約する場合と、(2)MNPで他社乗り換えする場合とに分けて解説していきます。

ドコモ解約前の準備|料金はいくらかかる?タイミングは?

具体的な手順を見ていく前に、ドコモの解約・乗り換えでどのくらいお金がかかるのか見ていきましょう。

ドコモの解約・乗り換えにかかる料金

  • 解約違約金
  • MNP転出手数料(電話番号そのままで乗り換える場合のみ)
  • 端末の残債
  • 新規申し込み手数料(乗り換えのみ)

ドコモの解約・乗り換えにかかるの料金は上記の通りです。1番気になるのは、「解約金がいくらかかるか」ではないでしょうか? 端末の残債を含まない場合、解約するだけなら1,000円/9,500円、乗り換えの場合はさらに6,000円程度の費用を見ておくとよいでしょう。

それぞれの料金の詳細について今からご説明します。

解約違約金

今までは、いわゆる「2年縛り」と呼ばれる2年単位の契約が一般的でした。

しかし電気通信事業法改正により、ドコモ・au・ソフトバンクは解約金の引き下げを行いました。2019年9月以降の新料金プランは、解約金が9,500円→1,000円となっています。

ただし、解約金1,000円が適用されるのは、旧料金プランから新料金プランに移行した場合です。旧料金プランのまま解約すると、今まで通り解約金が9,500円かかるので注意してください

MNP転出手数料

MNPとは、現在使用中の電話番号を乗り換え先でもそのまま使用できるサービス。ただし、MNPを利用するためには解約時に「MNP予約番号」を発行する必要があります。

その発行にかかる手数料が「MNP転出手数料」です。ドコモのMNP転出手数料は以下の通りです。

2019年9月30日までの料金プランでの契約 2,000円
2019年10月1日以降の料金プランでの契約 3,000円

端末の残債

端末の残債とは、分割支払いで購入したスマホ本体の料金の残りの金額です

当然、払い終わるまでは引き落とし続けられるため注意しましょう。とはいえ、格安SIMなどに乗り換える場合は現在使用中の端末をそのまま利用し、代金を支払い終えたタイミングで機種変更を行えます。

なお、残債を確認したい場合は「My docomo」の「ご利用額」から確認可能です。

新規申し込み手数料

他社に乗り換えする場合にかかる新規申し込みの手数料です。格安SIMの場合は3,000円程度が平均的ですが、新規申込手数料が無料になるキャンペーンを定期的に行っているサービスもあります。

最新のキャンペーン情報をチェックし、お得なタイミングで新規申し込みを行いましょう。

ドコモを解約すべきタイミング

新料金プランに移行した方は、更新月以外で解約しても違約金が1,000円となりました。

そのため、解約すべきタイミングはそこまで神経質にならなくても大丈夫です。更新月の確認方法については、下記をご覧ください。

その他気にすべき点があるとすれば、月のいつ頃に解約するかでしょう。ドコモには日割り料金がありません

言い換えると、1日に解約しても30日に解約しても1ヶ月分の月額料金が請求されるということです。

乗り換え先の携帯会社が日割り料金の場合、ギリギリまでドコモを使ってから乗り換えた方が安くなります。

手続き反映まで日にちがかかる場合もあるので、月の最後の週に解約するのが安全でおすすめです。

ドコモの更新月確認方法:電話問い合わせで確認

  • ドコモの携帯電話から:151
  • その他の電話(フリーダイヤル):0120-800-000

一番手っ取り早いのは電話での問い合わせです。発信後、音声案内に従って更新月を確認しましょう。

ドコモの携帯電話からはショートコードでも問い合わせすることが可能です。

ドコモの更新月確認方法:My docomoで確認

My docomoからも更新月を確認することが可能です。

ログイン後、「契約内容・手続き」>「すべてのご契約内容のご確認」と進むと契約情報が表示されます。

「契約満了月は〇年〇月です」の記載を確認しましょう。

ドコモ電話番号を引き継がずに解約する方法

電話番号を引き継がずに乗り換える場合や、解約だけする場合の手続き方法を解説していきます。

この場合、ドコモの解約は店舗で手続きする必要があります。電話やネットからは解約手続きができません

店頭で解約する場合は、「SIMカード」「本人確認書類」「ネットワーク認証番号」が必要です。

必要なもの

  • SIMカード(スマホ本体)
  • 本人確認書類
  • ネットワーク認証番号

SIMカードは使用中のスマホに入っているため、スマホをそのまま持って行っても問題ありません。

本人確認書類として認められるのは以下の書類となります。

  • 運転免許証(都道府県公安委員会発行のもの。国際運転免許証除く)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード(顔写真があるもの)
  • 在留カード(または)外国人登録証明書
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
  • 療育手帳

また、「ネットワーク暗証番号」という番号を聞かれるので、確認しておきましょう。151へ発信するか、My docomoで確認できます。

なお、週末のドコモショップは非常に混むため、来店予約をしておくとスムーズです。

詳しくは、ドコモショップの来店予約方法を解説した記事をご覧ください。

実際に店頭訪れたら、お店の人に解約したい旨を伝えます。その後は、案内に従って解約手続きを進めます。

dポイントが残っている時は、ポイントを引き継ぎましょう。こちらの記事では、ドコモ解約後にdポイントを引き継ぐ方法を解説しています。

ドコモ電話番号を引き継いで乗り換える方法

ドコモの電話番号そのままで他社に乗り換える方法を見ていきます。

手順1.MNP予約番号を取得する

ドコモの電話番号を乗り換え先でも使う場合は、MNP予約番号の取得が必要です。

MNP予約番号は、電話やMy docomo、ドコモショップで取得できます。

手続き方法 受付時間
電話から151をダイヤル 9時から20時
My docomoから 9時から21時半
ドコモショップ 営業時間内

MNP予約番号取得には、携帯番号ポータビリティ手数料3,000円(※2019年9月以前の料金プランでの契約の場合は2,000円)がかかります。

予約番号取得の際には、予約番号の他に有効期限を伝えられるメモしておきましょう。

他社への乗り換え手続きには、「MNP予約番号の有効期限が◯日以上残っている」という条件があります。MNP予約番号の取得後は、速やかに申し込みしましょう。

ネットでのMNP予約番号取得方法

My docomoでのMNP予約番号は、以下の手順で取得できます。

  1. 「My docomo」にアクセス、dアカウントでログイン
  2. 「住所・契約内容の変更手続きをしたい」を選択
  3. 「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」を選択
  4. MNP予約番号をメモなどに残しておき、乗り換えたいキャリアの店頭でMNP転入手続きを行う

手順2.MNP予約番号を使って乗り換える

MNP予約番号が手に入ったら、あとは他社に乗り換えるだけです。

  1. オンラインショップで端末を選ぶ
  2. カートに入れる時に「乗り換え(MNP)」を選ぶ
  3. 必要情報を入力
  4. 料金プランを選択
  5. 注文内容を確認して完了

オンラインショップでの手続き方法はとても簡単です。まず、買い替えたい端末を選びます。

カートに入れる際、手続き方法が「新規・機種変更・乗り換え(MNP)」とあるので、乗り換え(MNP)を選んでください。

次に、名前や住所を入力する際、MNP予約番号を入力する欄がありますので、そちらに番号を入れてください。

あとは画面の案内に沿って料金プランや端末の受け取り先を選択すればOKです。

端末を使い続けるならSIMロック解除する

ドコモで購入した端末を使い続けるなら、SIMロックを解除しておくと便利です。SIMロックとは、特定キャリアでしか使えないようにする機能をいいます。

SIMロックがかかっていると、ドコモで購入したスマホはドコモとドコモ回線の格安SIMでしか使えません

ドコモ解約後でもSIMロック解除はできますが、事前に解除しておくと便利です。SIMロック解除は電話・店舗でもできますが、時間を選ばないWebからの手続きが便利です。

Webでの手続きの大まかな流れは以下の通りです。

  • IMEIの番号を確認
  • My docomoにログイン
  • SIMロック解除の手続き

SIMロックを解除するには、「IMEI番号」が必要です。IMEI番号とは端末ごとに振り分けられた製造番号で、15桁の数字です。

IMEI番号は、以下3つの方法で確認できます。

  • 電話発信画面で「*#06#」と入力
  • Androidの場合:設定→端末情報→端末の状態
  • iPhoneの場合:設定→一般→情報

AndroidでもiPhoneでも、設定から簡単に確認が可能です。すぐに確認できるようスクリーンショットを撮っておくか、手書きでメモしておいても良いでしょう。

どちらの端末でも電話発信画面での確認方法は同じため、こちらを利用しても構いません。

詳しくは、ドコモスマホのSIMロック解除方法・手順を解説した記事をご覧ください。

ドコモからのおすすめ乗り換え先

ドコモからの乗り換え先として、格安SIMが利用料金が安いためお得です。

ここでは、ドコモからの乗り換え先としておすすめの格安SIMをご紹介します。

【PR】UQモバイル

出典:UQモバイル
  • 通信速度が速くて料金が安い
  • auスマホがそのまま使える
  • 格安SIMには珍しいかけ放題がある

CMで有名なUQモバイルは、auのサブブランドという位置づけです。そのため格安SIMでありながら、auとほぼ同等の通信速度でインターネットが使えます

「格安SIMに乗り換えて速度が遅くなったらどうしよう」と悩んでいる方も、UQモバイルなら今まで通り快適にネットが使えるはずです。

通信速度が速いだけでなく、au回線を使っているためauスマホがそのままUQモバイルでも使えます。SIMロック解除手続きや新たに端末を購入する必要がないので、月々のスマホ代だけ安くしたい方にぴったりです。

【キャッシュバックあり】UQモバイルの料金プランを見てみる

UQモバイルの月額料金プラン

プラン名 データ容量 月額料金
音声通話SIM スマホプランS 3GB 1,980円 家族割適用で1,480円
スマホプランR 10GB 2,980円 家族割適用で2,480円
データ無制限プラン 無制限 1,980円
データSIM データ高速プラン 3GB 980円

UQモバイルの料金プランは、音声通話SIMが3種類、データ専用SIMが1種類です。

音声通話SIMは、スマホプランS・スマホプランR・データ無制限プランの3種類から選べます。

スマホプランS・スマホプランRは、2020年6月から開始した新料金プランです。速度が遅くなる代わりに、いくら使ってもデータが消費されない「節約モード」が特徴となっています。

「節約モード」使用時の通信速度は、スマホプランSが最大300kbps、スマホプランRが最大1Mbpsです。300kbpsはネット閲覧が問題なくできるレベル、1MbpsはYouTubeの標準画質が視聴できるレベルと思ってください。

節約モードを使えば、少ないデータ容量でもネットを十分に使えそうですね。

データ無制限プランは、最大500kbpsでギガ使い放題のプランです。速度制限があるとはいえ、1,980円で使い放題は格安といえます。

通話ができないデータ専用SIMは、月額980円の「データ高速プラン」1種類です。月3GBまで使え、3GBを超えた分は200kbpsに速度制限がかかります。

【限定キャンペーンあり】UQモバイルの契約はこちら

ワイモバイル

出典:ワイモバイル
  • 通信速度が速くて安定している
  • 店舗が多くてサポートが手厚い
  • 10分通話かけ放題が無料でついている

ワイモバイルはソフトバンクの子会社のため、キャリアと格安SIMの中間「サブキャリア」という立ち位置となっています。

そのためワイモバイルは、通信速度・料金・サポート全てのバランスが良いおすすめ格安SIMです。

格安SIMの中でもワイモバイルは通信速度が速く、通信回線が安定している特徴があります。大手キャリアから格安SIMに乗り換えて速度が不安な方も、ワイモバイルなら速度の心配は必要ないでしょう。

また、ワイモバイルは全国に店舗がある点も1つの魅力です。格安SIMの多くは実店舗を持っていませんが、ワイモバイルは全国に800以上の店舗があります。

ワイモバイル契約後万が一トラブルがあっても、店舗に行って直接相談することが可能です。初めての格安SIM契約は何かと不安なので、店舗があるのは心強いですね。

ワイモバイルの月額料金プラン

ワイモバイルは、大手キャリアのソフトバンクが運営しているという安心感・速度の安定感がありながら、格安SIM各社とほぼ同じ価格帯でスマホを使うことができます。

ワイモバイルの月額料金は以下の表の通りです。

※表をスライドするとすべて見ることができます。

プラン S(3GB) M(9GB) R(13GB)
月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
新規割適用時 1,480円 2,480円 3,480円

最安プランは、スマホプランSの2,680円です。契約から半年間は、「新規割」で全料金プランが700円つづ安くなっています。

月額料金が安くなったことに加え、今まで通り全ての基本プランに「10分以内の通話かけ放題」が無料でついています。通話オプションがない格安SIMも多い中、10分かけ放題が基本料金に組み込まれているのはありがたいですね。

データ容量は、3GB・9GB・13GBの3つです。料金プランがシンプルで、ライト・ミドル・ヘビーユーザーごとに選べるのでわかりやすいですね。

加えて契約から1年間は、「データ増量無料キャンペーン2」でギガが増量されます。

通常「データ増量オプション」は、500円で契約ギガ数を増やせるオプションプランです。毎月のギガ数が足りない方は、+500円で1GB~3GB分のギガを追加することができます。

    • スマホプランS:3GB→4GB
    • スマホプランM:9GB→12GB
    • スマホプランR:14GB→17GB

料金プランが一新されたことに加え、ワイモバイルは契約期間の縛りと契約解除料を撤廃しました。つまり、いつワイモバイルを解約・乗り換えしても違約金がかからなくなったのです。

大手キャリアからワイモバイルに乗り換えて万が一微妙だった場合も、違約金0円で解約・乗り換えすることができます。初めて格安SIMを使う方にも、通信速度の速い格安SIMに乗り換えたい方にもおすすめの格安SIMといえるでしょう。

ワイモバイルのキャンペーンはこちら

ワイモバイルの料金プラン一覧や、プラン変更方法を解説した記事もご覧ください。

楽天モバイル

出典:楽天モバイル
  • 2980円で完全データ使い放題
  • 国内通話かけ放題

2020年4月8日、楽天モバイルはキャリア(MNO)サービスを開始しました。サービス開始に伴い、格安SIM(MVNO)時の料金プランは新規受付を停止し、MNOの料金プランのみとなります。

MNO化した楽天モバイルの特徴は、なんといっても月額2,980円で完全データ使い放題という格安料金プランです。

大手キャリアの大容量プランは7,000円前後しますが、楽天モバイルなら半額以下の月額2,980円で契約できます。データ容量無制限のプラン自体珍しいことに加え、格安料金で使える点は大きな魅力ですよね。

さらに楽天モバイルでは、国内通話かけ放題も2,980円の料金プランに含まれています。楽天モバイル同士の通話だけでなく、他社携帯にかける際の通話も無料になるので、通話料金がかなり節約できるはずです。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

楽天モバイルの月額料金プラン

2020年4月8日、楽天モバイルはキャリア(MNO)サービスを開始しました。サービス開始に伴い、格安SIM(MVNO)時の料金プランは新規受付を停止し、MNOの料金プランのみとなります。

楽天モバイルの月額料金プランの特徴は以下の表の通りです。

  • 2980円で完全データ使い放題
  • 国内通話かけ放題

MNO化した楽天モバイルの特徴は、なんといっても月額2,980円で完全データ使い放題という格安料金プランです。

大手キャリアの大容量プランは7,000円前後しますが、楽天モバイルなら半額以下の月額2,980円で契約できます。データ容量無制限のプラン自体珍しいことに加え、格安料金で使える点は大きな魅力ですよね。

さらに楽天モバイルでは、国内通話かけ放題も2,980円の料金プランに含まれています。楽天モバイル同士の通話だけでなく、他社携帯にかける際の通話も無料になるので、通話料金がかなり節約できるはずです。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

y.u mobile

yumobile 出典:y.u mobile

「y.u mobile」は、大手通信サービス株式会社U-NEXTが「U-mobile」の後進サービスとして提供している格安SIMです。

y.uモバイルの月額料金プランは、とにかくシンプルでわかりやすいので、格安SIM入門者にもおすすめです。

また、対象のプランを契約すると、動画配信サービス「U-NEXT」を無料で利用できる特典もあります。

家族でデータ通信、映画やドラマもシェアして楽しみたいという方は、ぜひチェックしてください。

y.u mobileの料金プラン

料金プラン SIMタイプ 料金 ギガ数
シングルプラン データSIM 900円 3GB
データSIM(SMS付き) 1120円
音声通話SIM 1690円
シェアプラン 音声通話SIM 5990円 20GB

y.u mobileの料金プランは、「シングルプラン3GB」「シェアプラン20GB」の2種類から選ぶことができます。

シングルプランは、毎月3GBのデータ量を利用することができます。データSIMと音声通話SIMでそれぞれ料金が異なります。

音声通話SIM・データSIMともに、最低利用期間や違約金はなく、テザリングの月額基本料も0円です。

シェアプランは、毎月20GBのデータ量を利用することができます。データSIMと音声通話SIMでそれぞれ料金が異なります。

シングルプラン同様に、音声通話SIM・データSIMともに、最低利用期間や違約金はなく、テザリングの月額基本料も0円です。

シェアプランは、シェアプラン1件につき最大4回線で毎月20GBのデータ量を、追加SIMを契約することでシェアが可能です。

そして、シェアプラン最大の特徴は、動画配信サービス「U-NEXT」の月額プラン(月額1,990円)が無料で利用できることです。

自分の利用用途に合った料金プランを選んでください。

【y.u mobile】最新キャンペーンはこちら

LINEモバイル

出典:LINEモバイル

LINEモバイルは、月々500円からのプランがあり、安値で利用できます。

また、LINEなどのSNSやエンタメアプリの通信量がカウントされないサービスも用意されています。

また、今使っているiPhoneにSIMカードを差すだけですぐに乗り換えでき、LINEのID検索にも対応しています。LINEをよく利用する人は、LINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルのサイトはこちら

LINEモバイルの月額料金プラン

LINEモバイルの料金プランは非常にシンプルで、「SIMタイプ」「データ容量」を選ぶだけです。

LINEモバイルのSIMタイプは、「音声通話SIM」「データSIM」の2種類です。データ容量は、500MB~12GBまで選ぶことができます。

LINEモバイルの月額料金プランは以下の表の通りです。

データ量 音声通話SIM データSIM
500MB 1,100円 600円
3GB 1,480円 980円
6GB 2,200円 1,700円
12GB 3,200円 2,700円

LINEモバイルには、オプションとしてLINE利用時のデータ通信量が0になる「LINEデータフリー」、LINEのほかに対象のSNS利用時にデータ通信量が0になる「SNSデータフリー」「SNS音楽データフリー」があります。

また、LINEモバイルではお得なキャンペーンも定期的に実施されているのでぜひチェックしてください。

LINEモバイルのキャンペーンはこちら

LINEモバイルの口コミ・評判や、料金プランについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

どこと契約すればいいのかわからない方は、格安SIMの料金の安さ・速度の速さを比較し、おすすめ格安SIMを解説しているこちらの記事をご覧ください。

ドコモ解約のよくある質問

ドコモ解約にまつわるよくある疑問・質問点をまとめました。

Q.解約月の日割り計算はある?

A.ドコモには解約月の日割り計算はありません。解約した月の月額料金は、通常通り1ヶ月分請求されます。

そのため、乗り換え先に日割計算がある場合は、月末までドコモを使ってから乗り換えた方がお得です。

Q.契約者以外の代理解約は可能?

A.代理人によるドコモ解約は、店舗手続きのみ可能です。以下のものを用意し、店舗で手続きを行ってください。

  • 委任状:契約者本人の自署または記名押印のあるもの
  • 契約者の本人確認書類
  • 代理人の本人確認書類

委任状はドコモHPからダウンロードできるので、印刷して必要事項を記入しましょう。委任状は、作成から3ヶ月後の月末まで有効です。

Q.契約者が死亡した場合の解約手続きは?

A.契約者が死亡した場合は、ドコモ店舗で代理人による解約手続きが可能です。

その場合、以下の書類を用意してドコモショップに来店しましょう。

  • 死亡の事実が確認できるもの
  • 契約中のドコモUIM(eSIM)カード
  • 来店者の本人確認書類

まとめ

今回は、ドコモを解約して他社キャリアに乗り換える際の方法や各キャリアが展開しているキャンペーン情報などについて紹介してきました。

MNPによる乗り換えはMNP予約番号の取得が必要となりますが、手続き自体は難しくありません。

また、キャンペーンに関しては期間限定のものもあるので、乗り換え時には改めてキャンペーン情報を確認するようにしましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年07月05日

Kzy Shibata ― ライター
Kzy Shibata ― ライター

岡山県出身 フリーライター兼サッカー監督です。 「人間万事塞翁が馬」をモットーとしています。