Androidおすすめ

ギガの減りが早い!スマホの通信量が足りない原因とギガ節約術を紹介

スマホの通信量が足りない場合の、データ量が足りない原因とギガ節約術をまとめました。スマホのギガ数が20GBでも足りずに通信制限にかかってしまう方は、ギガの減りが早いアプリを使っているかもしれません。ギガ数を増やす方法や、ギガ数を節約する方法をご紹介します。
新型ihone12噂 ギガの減りが早い!スマホの通信量が足りない原因とギガ節約術を紹介

「月末になると通信制限がかかってネット接続スピードが遅くなる」「動画再生途中に何度も途切れる」というように、スマートフォンのデータ通信量不足によって、速度制限に悩む人は多くいるはずです。

月末であれば月が変わるまでの数日間、WiFi環境を利用することで耐えしのぐことができるでしょう。

しかし、月半ばで通信制限がかかってしまった場合は、追加料金を支払ってテータチャージせざるを得ません。

通信制限がかかる度にチャージしていては、月々の支払いが高額になってしまうことも。できることなら、月々の固定費はできるだけ安くおさえたいもの。

そこで本記事では、通信量を追加購入する以外の方法で、スマホの通信量不足を回避・対処する方法についてご紹介しましょう。

スマホの通信量が足りない原因は?

通信データが不足してしまう代表的な原因の1つに、動画やインターネットへの接続によるデータの大量消費が考えられます。

WiFi以外の場所で動画を視聴したりアプリをインストールしたりすると、バイルデータ通信料を大量に消費してしまうことに……。

動画配信サービスの「Amazonプライム・ビデオ」「Netflix」「dTV」「U-NEXT」であれば、ダウンロード機能を搭載しているため、オフラインでもデータ通信を気にすることなく視聴を楽しめます。

ちなみに、下記の記事では、動画が無制限で見れる格安SIMを詳しく紹介しています。

移動中の電車や新幹線の中、病院や美容院の待ち時間にも映画鑑賞を楽しみたい方は、ぜひ読んでみてください。

スマホに通信制限がかかるとどうなる?

キャリアにもよりますが、速度制限がかかるとネット接続スピードは、最大で128kbpsまで下がってしまいます。

速度制限がかかった状態でGoogleで検索すると1ページが表示されるまでに5~6秒近くかかるほか、Twitterの新規投稿を読み込むのに5秒以上の時間がかかってしまうのです。

LTEに慣れていると、余計に通信速度の遅さにストレスを感じてしまいます。GoogleマップやFacebookのページの読み込みには相当な時間がかかるものの、LINEのテキストやスタンプ送信などはスムーズです。

もし通信量を節約したい方は、スマホの通信量の節約方法まとめをご覧ください。

スマホの通信量を増やす方法

不要なアプリは削除する

その時は必要でダウンロードしたけれど、今は全く使っていないアプリがあるはずです。

設定>モバイル通信からモバイルデータ通信をオフにすることで、通信量不足をカバーすることができます。

動画はWiFiの時のみHD再生にする

Amazonプライムビデオ」「Netflix」「dTV」「U-NEXT」といった動画配信サービスをはじめ、Youtubeで海外ドラマやアニメをWiFi環境以外で視聴する際は、HD再生機能をオフにしておきましょう。

うっかりLTEで動画を再生してしまった場合、通信料を大量に消費してしまいます。

アプリ起動>アカウントアイコン>設定>WiFiの時のみHD再生にしておけば、高画質の動画再生による通信量の消耗を回避することができるのです。

メールの「サーバー上の画像を読み込む」をオフにする

iPhoneに標準装備されているメールアプリの、「サーバー上の画像を読み込む」という機能をオフにしておきましょう。

メールを開封する度に添付されている画像を読み込んでいると、その分余計にモバイルデータ通信がかかってしまいます。

iPhone格安SIM通信アンケート

SNSの動画自動再生機能をオフにする

InstagramやFacebook、TwitterといったSNSも、動画自動再生機能を切っておくことをおっすすめします。

1日にSNSを閲覧する回数が多いのであれば、SNSの動画再生だけでデータ通信量を無駄に消耗しているかもしれません。

Twitterの場合は、アカウント>設定とプライバシー>データ利用の設定>動画の自動再生オフで設定できます。

「位置情報サービス」をオフにする

位置情報サービスをオフにするだけで、データ通信の節約をすることができます。

ぐるなびや食べログ、ポケモンGO、Instagramといった位置情報の取得が必要なアプリは使用中のみ取得するなどして、データ通信を節約しましょう。

プランを見直す

ここまでは、スマートフォンの設定である程度対策ができるデータ通信量の節約方法についてご紹介しました。

「外出中は、テザリングでPCを使うことが多い」「ゲームや動画視聴が多い」「月末は必ず通信量を追加購入している」という方はプランを見直してみた方が良いかもしれません。

auでは「スーパーデジラ(データ定額30/8,000円)」、ドコモからは「ウルトラデータLLパック8,000円)」の大容量プランが用意されています。

毎月5,000円のスマホ代に、3,000分の通信量を追加していることを考えると、大容量のデータプランに乗り換えた方がお得ではないでしょうか?

ギガを追加する

新しい月になるまで待てないという場合は、思い切ってギガを追加するのも低速を解決する1つの手です。

マイページから簡単に追加購入できるため、必要なときに必要なタイミングで手軽にチャージできるのです。

ギガ追加は一時的なデータ不足を回避するのには良いかもしれませんが、あまり得策とは言えないでしょう。毎月通信量をチャージしているということは、そもそも通信量が足りていないということになります。

ギガを追加するのが当たり前になると、「足りなくなったらいつでも買い足せる」という安心感から危機管理能力が低下してしまうことも……。

ちなみに、キャリアのギガ追加については下記の記事で詳しく紹介されています。

大容量のプランがある格安SIMに乗り換える

データ通信量を消費せずに無制限に使える「LINEモバイル」や、エンタメフリー・オプション付きの「BIGLOBEモバイル」といった、大容量プランがある格安SIMに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

メーカーやプラン内容によっても異なりますが、毎月のスマホ代を安くおさえつつ、動画コンテンツやゲームもこれまで通り楽しむことができますよ。

格安SIMとセットでWiMAXに契約すると、通信量を節約できるのはもちろん、キャッシュバックを高額で受けらるキャンペーンも実施。

ちなみに、WiMAXのおすすめプロバイダについては下記の記事をご覧ください

また、格安SIMとWiFiについてはこちらの記事で解説しています。格安SIMとWiFiを併用する方法についても紹介しているのでご覧ください。

まとめ

スマートフォンのモバイルデータ通信量は、設定画面からいつでも簡単に確認することができます。

契約プランに対して、自分が毎月どのくらいデータを消費していているのかをきちんと把握しておきましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年10月07日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード