Androidおすすめ

ソフトバンクからドコモにお得に乗り換える方法|手順・注意点・違約金・キャンペーン

ソフトバンクからドコモに乗り換える(MNP)手順や注意点、料金をまとめました。ソフトバンクからドコモに乗り換えるメリット・デメリットや料金プランをご紹介します。ソフトバンクからドコモに乗り換えるタイミングを迷っている方、手続き方法がわからない方必見です。
JCOM U26学割 ソフトバンクからドコモにお得に乗り換える方法|手順・注意点・違約金・キャンペーン

ソフトバンクからドコモへの乗り換えが、今とてもお得になっています。

具体的なドコモ乗り換え方法や注意点、利用したいお得なキャンペーンについてもご紹介します。

ソフトバンクからドコモへの乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ソフトバンクからドコモ乗り換えるにかかる費用

まずは、ソフトバンクからドコモ乗り換えにかかる費用を見ていきましょう。ソフトバンクからドコモ乗り換えにかかる費用は、大きく分けて2つです。

  • MNP予約番号発行手数料:3,000円
  • 事務手数料:0~3,000円

MNP予約番号発行手数料はソフトバンク、事務手数料はドコモに支払う料金となっています。

「MNP予約番号」とは、電話番号を変えずに乗り換える際に必要な番号です。電話番号そのままで乗り換えるためには、MNP予約番号の発行手数料が3,000円かかります。

事務手数料は、ドコモに乗り換える際にかかる費用です。ドコモショップで乗り換え手続きをした場合、契約プランによって2,000~3,000円の事務手数料がかかります。

しかし、ドコモオンラインショップで手続きするだけで、この事務手数料を0円にすることができるんです!つまり、ドコモオンラインショップで乗り換えれば、最大6,000円かかる費用を3,000円に抑えることができます。

インターネットから乗り換えを行うだけで安くなるなんて、とてもお得ですね。次の項では、具体的な乗り換え手順をご紹介します。

ソフトバンクからドコモに乗り換える!

ソフトバンクからドコモに乗り換える方法・手順

では、具体的にどのように乗り換え手続きを行うのか、乗り換えにかかる料金についても詳しく見ていきましょう。

手順1.ソフトバンクでMNP予約番号を発行する

ドコモで乗り換え手続きをするのはもちろんですが、その前にソフトバンクでMNP予約番号を発行してもらう必要があります。

MNP予約番号は、ドコモ乗り換え後に今まで使用していた電話番号を引き継ぐ上で必要なものです。必ず手続きを済ませておきましょう。MNP予約番号を発行する方法として、電話・店舗・ネットの3パターンがあります。

  • 電話:午前9時~午後8時(※)
  • 店舗:店舗営業時間に準じる
  • ネット:午前9時~午後8時

※ソフトバンク携帯電話からは*5533、フリーコールの場合は0800-100-5533

いずれの場合も、すぐにMNP予約番号を発行してもらうことができます。

ただし、MNP予約番号は発行してから15日以内しか使用することができません。MNP予約番号自体は何度でも発行できますが、一度で済ませた方が手間が省けます。

早めにドコモで乗り換え手続きを行いましょう。

手順2.ドコモで乗り換え手続きをする

MNP予約番号が手に入ったら、ドコモで乗り換え(転入)手続きを行います。乗り換えで必要なものは以下の通りです。

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • キャッシュカード・預金通帳・クレジットカードのいずれか1点

端末の分割料金や月々の支払い方法を登録するため、乗り換えの際にはャッシュカード・預金通帳・クレジットカードのいずれか1点を持参しましょう。

乗り換え手続きは、ドコモ店舗とドコモオンラインショップどちらでも手続き可能です。

ですが、前述の通りドコモオンラインショップは事務手数料が0円になるので、安く乗り換えたいならネットがおすすめです。待ち時間なく、自分の都合の良い時にスマホで簡単に手続きできます。

ドコモにMNPする方法をまとめていますので、やり方を詳しく知りたい方はあわせてお読みくださいね。

ソフトバンクからドコモに乗り換える!

iPhone格安SIM通信アンケート

ソフトバンクとドコモはどちらがお得?

ソフトバンクからドコモへ乗り換えをするなら、まずはしっかりと両社の利用料金について把握しておきましょう。

ソフトバンクとドコモの料金比較

以下の条件で、ソフトバンクとドコモの料金を比較し表にまとめました。

  • 8か月以降の料金(半年間の割引などを計算しないため)
  • 端末は4G対応
  • 通話オプションなし
  • 家族でまとめて割引やセットでの割引などの割引オプションは全てなし
  • 機種代金なし
  • 2年契約をした場合

価格はすべて税抜きとなっています。

データ通信量 ドコモ ソフトバンク
~1GB 2,980円
(ギガライト・ahamo)
2,980円
(ミニフィットプラン)
~2GB 2,980円
(ahamo)
5,980円
(ミニフィットプラン)
~3GB 7,480円
(ミニフィットプラン)
~4GB
~5GB
~7GB 8,480円
(メリハリプラン)
~20GB
~30GB 6,980円
(ギガホ)
~50GB
無制限

表を参考にしながら、キャリアごとの違いについて理解を深めましょう。

表の金額は、割引サービスなどを一切なしにしているので、上記の金額からどれくらい割引されるかを考えてみてくださいね。

ドコモのahamoは2021年3月にサービス開始予定です。

ドコモの料金プラン

出典:ドコモ
  • ahamo:2,980円
  • ギガライト:2,980~5,980円
  • ギガホ:6,980円

ドコモの料金プランは、使った分だけ支払う「ギガライト」と、30GBまで使い放題の「ギガホ」、そして月額2,980円で20GB使い放題のahamoの3つです。

ドコモの安い料金プランをまとめていますので、あわせてお読みくださいね。

ahamo

ahamoは月額2,980円で20GBが使い放題のプランです。

ギガホ・ギガライトで月額700円かかる5分通話無料オプションが、ahamoなら無料で利用できます。

また、データの追加は通常1GBあたり1,000円かかりますが、ahamoでは1GB500円で追加可能です。とてもお得ですよね。

プラン名 ahamo
月額基本料金 2,980円
月間データ容量 20GB
追加データ容量 1GB 500円
国内通話5分無料オプション 無料
割引サービス併用 ×

安さを追求した新しい料金プランのahamo。その安さの秘密の一つに、手続きがオンラインのみであることがあげられます。

違約金や最低利用期間の縛りもないため、気軽に乗り換えを検討できるのも大きな魅力です。

ahamoの詳細なプランやメリット・デメリットをまとめていますので、気になる方はあわせてお読みくださいね。

ギガホ

出典:ドコモ

音声通話とデータ通信が一体化した料金プランで、毎月最大30GBまで速度制限がありません。

もし、30GBの容量を超えてしまっても、受送信最大1Mbpsの速度で利用できます。1Mbpsあれば、動画なども標準画質で通常通り楽しめます。

動画や音楽で通信量が多いスマホのヘビーユーザーにとってはデータ量、通信速度、価格ともに文句の付け所がないお得な料金プランです。

料金は以下のとおり。

料金プラン データ容量 月額料金
ギガホ
(2年定期契約)
30GB 6,980円

ギガライト

出典:ドコモ

「ギガライト」は1GBから7GBの間で使ったデータ量に応じて料金が変動する料金プラン。

スマホユーザーの中には、「旅行に行った月は通信量が多くなるが、普段は通信量が少ない」というように、月によって通信量がばらばらだという方も多いのではないでしょうか。

通信量が多い月も少ない月も同じ料金を払っている方は、支払いの金額が最適化されていないといえます。

料金は以下のとおりです。

利用データ量 月額料金
~2GB 2,980円
~3GB 3,980円
~5GB 4,980円
~7GB 5,980円

5Gギガホ

出典:ドコモ

5Gギガホは、月額7,650円で100GBまで5G通信ができるプランです。

月間のデータ容量である100GBを使い切った場合も、最大3Mbpsの通信ができます。現行の「ギガホ」では、データ容量を使い切った場合の速度は最大1Mbpsでした。

最大3Mbpsというと、主要のSNS利用・通話・メールは問題なく行えて、YouTubeも480pの画質なら何とか視聴できます。

また「データ量無制限キャンペーン」のキャンペーン終了期間は未定となっているので、しばらくは容量を使い切ってしまったという心配はありません。

ドコモでデータ量が無制限になるプランはなかなかないので、キャンペーン期間中に申し込みたいところです。

料金は、以下の表の通りです。

料金プラン データ容量 月額料金
5Gギガホ 100GB
「データ量無制限キャンペーン」期間中は無制限
7,650円

5Gギガライト

出典:ドコモ

5Gギガライトは、0GB~7GBまでのデータ利用量に合わせて月額料金が変動する段階制プランです。

月のデータ利用量が7Gを超えた場合、通信速度は最大128kbpsに制限されます。この速度制限は現行の「ギガライト」と同じです。

5Gギガホライトは必要最低限のネット利用しかしない、月額料金を節約したいというライトユーザーにおすすめです。

料金は以下の表の通りです。

利用データ量 月額料金
~1GB 3,150円
~3GB 4,150円
~5GB 5,150円
~7GB 6,150円

※「5Gデータプラス」はタブレットやWiFi用のプランとなっており、スマホ向けとしてのプランとしては「5Gギガホ」「5Gギガライト」の2種類です。

通話オプション

ここからは、ドコモの料金プランにおける通話オプションについて解説します。ドコモの端末では家族間通話が無料になっていますが、その他オプションについても説明していきます。

自分がどれくらい通話を利用するかによって加入するオプションを決めましょう。普段はLINEなどのSNSを使用するので通話はほとんど使わないという方はオプションに加入しなくてもよいでしょう。

逆に、仕事で1回5分以上の通話をすることが多い方はかけ放題オプションに入ったほうが良いかもしれません。

5Gギガホで利用できる通話オプションと、現行のギガホ・ギガライトで利用できる通話オプションは以下の表の通りです。

ahamoには5分通話無料オプションが無料でついています。

オプション名 料金 オプション内容
オプション加入なし 0円 通話30秒につき20円
5分通話無料オプション 700円 1回5分以内の通話:無料
(5分を超えた通話分については30秒20円)
かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料

ソフトバンクとドコモはどっちがお得?

ソフトバンクとドコモは、結局どちらの方がお得なのでしょうか。なるべく安く使いたいならドコモがおすすめです。

比較して見てみると、その差は歴然です。ただし、ahamoは割引サービスとの併用ができないため、家族での利用にはあまり向いていないと言えます。

ドコモは7GBまでのライトユーザーと、7GB以上使うミドル~ヘビーユーザーとでプランが区別されています。そのため、ライトユーザーも安くお得に使うことができます。

ソフトバンクには、各種SNSや動画サービスなどの使用データ量がノーカウントになるというサービスもあります。

ご自身がスマホをどのように使うかによっても変わってきますので、上記の表を参考にしながら比較検討してくださいね。

ソフトバンクからドコモに乗り換える!

【2021年】ドコモのキャンペーン最新情報

ドコモオンラインショップで実施中の最新キャンペーンをまとめました。ぜひキャンペーンを活用してお得に機種変更しましょう!

【料金割引】ドコモのロング学割

出典:ドコモ
  • 受付期間:2020年10月30日~2021年5月31日
  • 対象者:申し込み時点で22歳以下の方
  • 対象となる手続き:新規契約(他社からの乗り換えを含む)・契約変更・機種変更

「ドコモのロング学割」は、22歳以下の方が対象の月額料金割引プランです。対象となる料金プランは、以下の通りです。

  • 5Gギガホ / 5Gギガライト
  • ギガホ / ギガライト
  • ギガホ(2年定期) / ギガライト(2年定期)

2019年9月30日以前にギガホ・ギガライトを契約している方がドコモのロング学割を適用するためには、契約変更または機種変更と同時に、2019年10月1日に開始した新たなギガホ・ギガライトに変更する必要があります。

また、契約しているプランによって特典の内容が異なります。ドコモのロング学割で適用される特典は3種類あるので、それぞれ見ていきましょう。なお、表記している価格はすべて税抜価格です。

期間限定特典 初回適用月を含む最大6か月間割引
・5Gギガホの場合:毎月2,500円
・ギガホの場合:毎月2,080円
・5Gギガライト・ギガライトの場合:毎月500円
U22特典 初回適用月から利用者の年齢が満23歳になる月まで割引
・5Gギガホ・ギガホの場合:毎月1,000円
・5Gギガライト・ギガライトの場合:毎月500円
+2GB特典 初回適用月から利用者が万23歳になる月までもらえる
5Gギガライト・ギガライトの場合:1か月あたり2GB

上記の特典がすべて適用されると、ギガホを利用している場合最大6か月間3,080円割引5Gギガホの場合は最大6か月間3,500円割引されます。

また、5Gギガライト・ギガライトを利用している方は、割引特典に加えて毎月2GBがもらえる特典もついてきます。

ドコモ光セット割やdカードお支払割も併用できるので、ドコモのサービスを利用している方はさらにお得な料金で利用可能です。

満23歳になるまで適用される割引特典なので、学生の方でなるべく月額料金を抑えたい方はぜひドコモのロング学割に申し込んでみてください。

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

【料金割引】5G WELCOME割

出典:ドコモ

ドコモは、5G対応のスマートフォン全7機種を「5G WELCOME割」の対象機種として、新規契約または乗り換え(MNP)契約で最大22,000円、契約変更(FOMAやXiからの機種変更)では最大5,500円の割引を実施します。

5G WELCOME割の対象5Gスマホは以下の通りです。

【5G WELCOME割対象端末】

  • Galaxy S20 5G
  • Galaxy S20+ 5G
  • Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition
  • AQUOS R5G
  • LG V60 ThinQ 5G
  • Xperia 1 II
  • arrows 5G

ドコモ5Gスマホの本体価格・割引|早見表

ドコモで発表された2020年春夏モデル全7機種の本体価格・5G WELCOME割の早見表をまとめました。

※各端末は、端末の詳細情報のリンクに飛ぶことができます。

機種名 本体価格 MNP・新規 機種変更
Galaxy S20 5G 102,960円 80,960円 97,460円
Galaxy S20+ 5G 118,008円 96,008円 112,508円
Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition 未定 未定 未定
AQUOS R5G 111,672円 89,672円 106,172円
LG V60 ThinQ 5G 123,552円 101,552円 118,052円
Xperia 1 II 114,840円 92,840円 109,340円
arrows 5G 未定 未定 未定

※上記、本体価格はドコモオンラインショップ価格、税込み。

また、ドコモオンラインショップでは事務手数料が無料になるため、上記の本体代金以外の費用は一切かかりません。

この機会に、ドコモの5Gスマホの購入を検討している方はぜひ一度ドコモオンラインショップに遊びに行ってみてくださいね。

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

【料金割引】5Gギガホ割

出典:ドコモ
  • 受付期間:2020年3月25日(水)~
  • 割引内容:「5Gギガホ」の契約で最大6ヶ月間1,000円割引

5Gギガホ割は、ドコモの新料金プラン「5Gギガホ」の割引キャンペーンです。

「5Gギガホ」を契約すると最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引になります。5Gギガホの月額料金は7,480円なので、最大6ヶ月間6,480円で利用できます。

毎月7GB以上使う場合は「5Gギガライト」よりも、毎月最大100GBまで使える「5Gギガホ」がおすすめです。

今なら、データ量無制限キャンペーンを実施しているので実質ギガ使い放題となっています。

最新5Gスマホをお得に購入出来て、さらにギガ使い放題になるので機種変更を検討している方は今がチャンスです。

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

【料金割引】ギガホ割

出典:ドコモ
  • 2019年5月22日(水)~

ギガホ割は、ドコモの新料金プランスタートを記念したキャンペーンです。「ギガホ」を申し込むと、最大6ヶ月間月額1,000円割引を受けることができます。

ギガホは定額6,980円なので、キャンペーンを適用すると月額5,980円です。「ギガライト」で5GB以上使うと月額5,980円になるので、かなりお得なキャンペーンであることがわかります。

速度制限を気にせずスマホを使いたい方、月5~7GB使っている方は、「ギガホ割」キャンペーン中に「ギガホ」を申し込みましょう!

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

【料金割引】dカードお支払割

出典:ドコモ
  • 受付期間:2019年10月1日〜
  • 割引内容:対象プラン契約で、支払い方法をdカード/dカード GOLD(家族カード含む)に設定(定期クレジット)している場合、170円割引
  • 対象プラン:「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」

dカードお支払割は上記の定期契約なしプランの申し込み者が対象のキャンペーンです。

利用月の末日時に支払方法をdカード/dカード GOLD(家族カード含む)に設定することで割引されます。

dカードをお持ちのドコモユーザーはぜひ利用しましょう。

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

【料金割引】ずっとはじめてスマホ割

ずっとはじめてスマホ割 出典:ドコモ
  • 受付期間:2020年8月5日~2021年3月31日
  • 割引内容:フィーチャーフォンからスマホへ変更で無期限で1,000円割引
  • 対象者:ケータイ(フィーチャーフォン)からスマホへ変更される方、および他社ケータイからお乗りかえ(MNPポートイン)と同時にスマホへ変更される方

ずっとはじめてスマホ割は、はじめてスマホを利用する人向けのキャンペーンです。ドコモケータイ(フィーチャーフォン)からでも、他社のケータイからの乗り換えでもキャンペーンの対象となります。

さらに、「はじめてスマホ割」や「おしゃべり割」と併用することもできます。

ただし、「ずっとはじめてスマホ割」と「みんなドコモ割」の重畳適用はできません。また、利用者が22歳以下の場合は、「はじめてスマホ割」ではなく「ドコモのロング学割」が適用となり、条件が異なります。

現在フィーチャーフォンを利用している方は、これを機にスマホデビューを検討してみてはいかがでしょうか。

【料金割引】おしゃべり割

おしゃべり割 出典:ドコモ
  • 受付期間:2020年8月5日(水曜)~
  • 割引内容:音声オプションのご利用料金から最大12か月、毎月700円(税抜)割引
  • 対象者:「ずっとはじめてスマホ割」が適用となるお手続きと同時に音声オプションを申込みをする方

おしゃべり割は、先ほど紹介した「ずっとはじめてスマホ割」を申し込む際に音声オプション加入すると、最大12か月、毎月700円(税抜)割引されるキャンペーンです。

音声オプションとは、国内通話かけ放題となる「かけ放題オプション」(月額1,700円)と5分以内の国内通話無料となる「5分通話無料オプション」(月額700円)の2つがあります。自分にあったプランを選びましょう。

【料金割引】はじめてスマホ割

  • 期間:2019年5月22日~2021年3月31日

「はじめてスマホ割」はガラケー(フィーチャーフォン)からスマートフォンに機種変更する方を対象とした割引サービスです。

その割引額は月1000円。割引期間は初回適用月から最大12ヶ月間なので、1年で12,000円もお得になる計算です。

また、13か月目以降もずっと毎月500円割引されるので、契約を継続しているとさらにお得に利用できます。

対象料金プランは以下の通りです。ガラケーから初めてのスマホに変更する際にはぜひご利用ください。

  • ギガホ
  • ギガホ:定期契約なし
  • ギガライト
  • ギガライト:定期契約なし

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

【端末割引】はじめてスマホ購入サポート

出典:ドコモ
  • 開催期間:2020年3月18日(水)
  • 適用条件:FOMAからXiへの変更または他社3G回線からXiへの乗り換え
  • 特典内容:dポイントを15,000ポイントまたは10,000ポイント還元
    ※店頭購入の場合は同額を直接値引き

ドコモのはじめてスマホ購入サポートは、FOMAからXiへの変更または他社3G回線からXiへの乗り換えで、15,000ポイントまたはdポイント10,000円分還元でスマホを購入できるキャンペーンです。

スマホへの乗り換えを検討している方は今がチャンスです!

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

【端末割引】スマホおかえしプログラム

スマホおかえしプログラム」は、端末を36回払いで購入した場合、使用終了時に対象のスマホを返却すると、翌々月請求分以降の分割支払金が最大12回分不要になる割引サービスです。例えば、108,000円のスマホの場合、最大36,000円引きになります。

スマホの返却の受付は、ドコモショップもしくはドコモ取り扱い店舗にて、2019年8月下旬よりスタートします。なお、利用可能期間は、対象機種の購入月の翌月を1ヵ月目として、購入から35カ月目の月末までとなります。

なお、ドコモが提示する条件にそってスマホを返却するのが条件となります。返却時、査定条件を満たしていない場合は、20,000円(税抜)の故障時利用料を支払わなければならないケースがあるので気をつけてください。

※ケータイ補償サービスまたはケータイ補償サービス for iPhone & iPadに加入している場合は2,000円(税抜)です。

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

【端末割引】端末購入割引

  • 2019年10月12日(土)~

他社スマホからドコモに乗り換える方(MNP)が対象の割引キャンペーンです。

乗り換え時に対象機種を購入すると、最大20,000円も端末代金から割引を受けることができます。対象機種は、最新のiPhone SE(第2世代)〜キッズケータイまで幅広いです。

乗り換えだけでiPhoneが2万円も安く購入できるなんて、かなりお得ですよね。auやソフトバンクからドコモに乗り換えたい方は、対象機種を購入してドコモスマホを安くゲットしましょう。

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

【端末割引】下取りプログラム

2014年12月1日(月)から実施されている「下取りプログラム」は、今持っている端末を下取りに出すことにより、端末購入代金から最大52,000円分を割引してもらえるサービスです。

iPhoneやiPadをはじめ、ドコモのAndroidTMスマホやタブレット、ドコモ ケータイの、ほぼ全機種が下取り可能です。※dtab 01及び付属品を除く

乗り換え元の端末が必要ない方は絶対に利用するべきサービスとなっています。

【適用条件】

  • 携帯電話機などの購入時に、使用していた端末を下取りに出す
  • dポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブに加入している

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

【端末割引】オンラインショップ限定 端末購入割引

オンラインショップ限定 端末購入割引 出典:ドコモ
  • 受付期間:2020年12月3日(木曜)~
  • 割引内容:対象商品の購入時、オンラインショップ価格から5,500円~7,700円割引
  • 対象者:機種変更(Xi→Xi)を行うお客さま

こちらはオンラインショップ限定のキャンペーンです。

オンラインショップで対象端末を購入すると、オンラインショップ価格から5,500円~7,700円割引されます。対象端末とそれぞれの割引額こちらです。

機種名 割引額
LG style3 L-41A 7,700円割引
LG style2 L-01L
らくらくスマートフォン me F-01L
iPhone 11(64GB) 5,500円割引
iPhone 11(128GB)
iPhone 11(256GB)
iPhone 11 Pro(64GB)
iPhone 11 Pro(256GB)
iPhone 11 Pro(512GB)
iPhone 11 Pro Max(64GB)
iPhone 11 Pro Max(256GB)
iPhone 11 Pro Max(512GB)
Xperia XZ3 SO-01L

上記の機種が欲しい方は、店頭ではなくオンラインショップでお得に購入しましょう。

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンクからドコモに乗り換えるなら今がチャンス!

ソフトバンクからドコモへ乗り換える方法やかかる費用、ドコモで実施中のキャンペーンについてご紹介していきました。

自宅にネット環境がない方や、ギガをよく使う方にはソフトバンク、ギガの使用量がそこそこという方にはドコモがおすすめです。ドコモなら月々の携帯料金がかなり抑えられるので、なるべく安くスマホを使いたい方にもおすすめできます。

ぜひ本記事を参考にして、ソフトバンクからドコモに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

ソフトバンクからドコモに乗り換える!

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年11月12日

Natsumi ― ライター
Natsumi ― ライター

オールジャンルで活動しているWebライター。趣味は音楽と読書、お酒を飲むこと。パンクロックと、村上春樹と、ビールが好きです。ライターの傍、猫2匹と田舎暮らしを満喫中。