格安SIMを解約する方法と注意点!違約金なしで解約するには?

格安SIMを解約する方法と知っておきたい注意点、違約金なしで解約するタイミング等をまとめました。格安SIMを解約して乗り換える時に使えるキャンペーンや、おすすめの格安SIMもご紹介します。格安SIMを解約したい方や、違約金・解約金が不安な方も必見です。
BIGLOBEmobile20190724_desc 格安SIMを解約する方法と注意点!違約金なしで解約するには?

月額料金を抑えられることから、近年注目を浴びている格安SIM。

驚くような安さでスマートフォンを持てる一方、通信速度が大手のキャリアと比べて遅かったり、使えるデバイスが少なかったりと、不便なことも少なくありません。

通信速度が遅すぎて使いづらい、買い替えたい端末に格安SIMが対応していない等の理由で、格安SIMの解約を考えている方も多いようです。

しかし、いざ他のキャリア(MVNO)に乗り換えようと思っても、基本的な解約方法が分からなかったり、契約解除に関する不安・疑問を感じたりするもの。

本記事では、格安SIMの解約方法について詳しくご紹介しましょう。これから解約を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

格安SIMの解約方法は?乗り換えも簡単?

大手キャリアに比べると、格安SIMの解約の敷居はかなり下がっています。最低限必要なものや、具体的な手続きは以下の通りです。

格安SIMの解約に必要なもの

格安SIMの解約に必要なのは、以下の3点です。

  • ログインID
  • ログインパスワード
  • SIMカード

これさあれば、どのMVNOでも簡単に解約手続きを行えます。

仮にログインIDやパスワードを忘れてしまっても、各社の問い合わせフォームを利用するか、カスタマーサービスに連絡すれば確認可能。解約不可能になることはありません。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

格安SIMを解約する手順と方法

格安SIMを解約する手順は、以下のような流れになります。

  1. 1.契約したMVNOのサイトにログインする
  2. 2.解約手続きに進み、各種の質問等に答える
  3. 3.手続きを完了させる

格安SIMを解約する場合、現在契約しているMVNOのWebサイトから自分のアカウントにログインします。

この時に必要になるのが、ログインIDとパスワードです。格安SIMを契約する時に発行されたものであり、どうしても思い出せなくてログインできない方は、カスタマーサービスに連絡してください。

ログインが完了したら、そのまま解約手続きに進みます。簡単なアンケートが用意されているので、それに答えながら進めましょう。

「当月末に解除するのか」といった解約に関する内容であり、回答後に処理が完了します。

サイト上の操作だけで事務手続きはほとんど完了するわけですが、もう1つやりらなければならいことがあります。MVNOのSIMカードを契約した会社に返送するのです。

契約期間満了時には、指示に従って送り返しましょう。SIMカードの返送先については、会社側から指定されるため、その住所宛に郵送すればOK。

SIMカードの返送先を間違えてしまったり、返送自体を行わなかったりした場合には、ペナルティとして追加料金が発生します。なるべく早く対応するようにしてください。

解約する時の注意点!違約金はあるの?

2018年、大手キャリア3社で「2年縛り」の見直しが行われました。24ヶ月利用すれば、無料で解約できるようになったのです。

しかし、2年縛りの制度が完全になくなったわけではありません。解約金が安くなった程度に過ぎないでしょう。

一方の格安SIMはというと、こちらも解約時に違約金を請求されることがほとんどです。とりわけ音声電話付きプランに関しては、最低利用期間と違約金が設定されています。

また、格安SIMの最低利用期間は、6ヶ月から1年ほどに設定されているものが多く見られます。ほとんどのプランが自動更新されず、終了後にいつでも解約できるようになってきています。

格安SIMは「縛り期間」の短さが魅力ですが、最低限の利用期間が定められているので、予め確認しておきましょう。

また、音声通話付きの格安SIMプランを契約していた方で、大手のキャリアに乗り換えを検討している方は、MNP(乗り換え)をする際にMNP転出料金がかかってきてしまいます。

通常は3,000円程度ですが、高額になることもあります。そのため、MNPをする際には転出料金の確認をすることも非常に重要なのです。

キャリアの乗り換えはオンラインショップがおすすめ

一昔前まで、店頭で乗り換え手続きを行うと、キャッシュバックが受けられるになっていました。

実質無料で端末を入手できたりと、過剰なまでにお得なキャンペーンを各店舗が打ち出していたのです。

キャッシュバックに対する規制や、オンラインショップの登場により、最近はめっきり見なくなりましたね。

一部の代理店が未だに行っていますが、以前に比べると、影を潜めている印象です。MVNOを含め、キャリアの乗り換えはオンラインショップがおすすめです。

店頭での待ち時間が不要だったり、事務手数料が掛からなかったりと、顧客側に様々なメリットがあります。

改めて、オンラインショップで乗り換えるメリット・デメリットについてお話します。

オンラインショップで乗り換えをするメリット・デメリット

    【メリット】
  • 手数料を要求されない
  • 手続きの時間を省略できる
  • 新機種も発売日当日に自宅で手に入れる

キャリアによって異なりますが、オンラインショップで乗り換えを行うと、頭金や手数料を取られない場合があるため、トータル費用が安くなりますことがあります。

キャリアや店舗によっては、1万円以上の頭金が必要になるケースもあるため、この点は大きなメリットといえるでしょう。

また、オンラインショップでは待ち時間が発生しないほか、新機種が発売された際も、ネット予約すれば自宅に郵送されます。

家にいながら新機種が手に入り、乗り換え手続きも簡単に済ませることができる。そんなオンラインショップを活用しない手はありませんね。

    【デメリット】
  • 細かい説明を対面で聞くことができない
  • 乗り換え後のアフターケアも少ない

普段からインターネットを利用する機会が少ない方、そしてデバイス操作が苦手なにとって、オンライン申し込みは敷居高く感じられるかもしれません。

また、対面で細かい説明が受けられないため、契約してみたら全然違う内容だったなんてこともあります。

安心・確実性を重視するなら店頭申し込みの方がよいでしょう。以下でも詳しく解説していますので、興味ある方は覗いてみてくださいね。

ドコモオンラインショップへの乗り換え方法

ドコモオンラインショップで乗り換える場合、下記が必要になります。

  • dアカウント
  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • クレジットカード情報

これらの準備が完了したら、ドコモのオンラインショップにログインし、乗り換える端末を選択しましょう。その後は、案内通りに進めてください。大体10日ほどで指定した住所に端末が届きます。

新しい端末が届いたら、これまで使っていた端末のデータをコピーし、開通手続きを行います。そしてドコモのUIMカードをスマホに挿入し、端末の設定を行えばOKです。

具体的な手順はオンラインショップ上や、郵送されてくる箱に説明書きがあるため、それらを参考にしてください。

ドコモでは、乗り換えユーザーに向けた「家族まとめて割」や「ドコモの家族紹介特典」などのキャンペーンを実施しています。

上述したキャッシュバックキャンペーンなどはありませんが、dポイントで還元されることもあるので覚えておきましょう。

以下のページもぜひ参考にしてみてくださいね。

auオンラインショップへの乗り換え方法

auオンラインショップでの乗り換えは、以下のアイテムを用意しましょう。

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • クレジットカード

ドコモとは異なり、クレジットカード情報は必要ありません。auオンラインショップのページ開いたら、MNP乗り換えの支払い方法を選択し、契約者情報を入力します。

申し込み時点で審査があり、審査が終わると商品を発送してくれますよ。auオンラインショップでの手続きは、ドコモよりも簡易的です。

とにかく早く済ませたい人には良いかもしれません。こちらも新しい端末を受け取った後、UIMカードを挿入すれば使用できるようになります。

また、ドコモとは違って10,000円相当のキャッシュバックが受けられるのも魅力。オンラインショップから「iPhoneスマホデビュープログラム」でMNPすると、実質10,000円のキャッシュバックが受けられます。

ソフトバンクオンラインショップへの乗り換え方法

乗り換える際に用意するものはau同様。まずオンラインショップで欲しい端末を選択してから、支払い方法・料金プランなどを決めます。

本人確認書類を提出した後、審査が完了するだけで乗り換えとなります。ソフトバンクでも、乗り換えにおけるキャッシュバックキャンペーンをいくつか展開しています。

ただし、基本的には代理店を通しての契約となるため、キャッシュバック目的なら「おとくケータイ.net(ハイパーリンク)」や「スマホ乗り換え.com(ハイパーリンク)」などをチェックしてみてください。

詳しくはこちらもどうぞ。

キャリアを解約する方におすすめの格安SIM

これまで格安SIM→三大キャリアへの乗り換え方法をご紹介しましたが、格安SIM→格安SIMに変えたい人もいるはず。

日を追う毎に増えるMVNOに対し、どのキャリアが自分に合っていたり、どのようなプラン・サービスが用意されているのかわかりにくくなっています。

そこで、乗り換え先におすすめのMVNOを3社ほどご紹介しましょう。

UQモバイル

auのサブキャリアであり、au回線を用いて通信を行うMVNOです。

通信速度や安定性が高く評価されています。「通信速度だけはどうしても重視したい!」という方におすすめですよ。

こちらの記事では、UQモバイルの料金プランについてご紹介しています。

UQモバイルに乗り換える

ワイモバイル

ソフトバンクの回線を使っているMVNOであり、その安さと通信速度の安定性から多くのユーザーに支持されています。

2018年12月現在、対応機種にiPhone 6S・iPhone SEが含まれている点もiPhoneユーザーの方からすると嬉しいポイント。

iPhone自体を扱っているMVNOはそう多くないため、貴重な存在といえるでしょう。

ワイモバイルでお得に乗り換えをしたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

ワイモバイルに乗り換える

LINEモバイル

LINEモバイルは、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを多用する方におすすめです。SNSのデータ通信のみカウントフリーになるプランが用用されています。

また、通常の通話よりもLINEで通話・チャットを行う人ならさらにお得です。「LINEフリープラン」という月額500円で契約可能のプランがあり、1GBのデータ通信容量も付帯します。

基本はWi-Fiでネットを利用し、出先ではLINEでの通話・チャットに頼る。このような使い方をすると良いでしょう。

LINEモバイルの詳しいサービス内容については、こちらの記事で詳しく解説しています。

LINEモバイルに乗り換える

格安SIMの解約時はプランやキャンペーン比較が大事

本記事では、格安SIMを解約方法や乗り換え方法について解説しました。

乗り換え先の選択肢は実に豊富であり、キャリアによってプラン・サービス・キャンペーンなども様々です。

「何を重視したいのか?」「どの程度の料金に収めたいのか?」を事前に決め、最もお得に乗り換えられるキャリアを探してみましょう。

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年01月07日

ポメラニアン高橋 ― ライター
ポメラニアン高橋 ― ライター

ラーメンとロックをこよなく愛する洋犬ライター

関連キーワード