JCOM_iPhone7

タブレットとPCを無線接続しよう|データ移動を簡単にするためには

タブレットとPCを無線接続すると、USBケーブルを使用するよりも便利で、よりよいネット環境のために、WiFiルーターの買い替えの検討も必要です。ここでは、タブレットとPCを接続する方法やWiFiルーターの選び方などについて解説していきます。
【公式】カシモWiMAX タブレットとPCを無線接続しよう|データ移動を簡単にするためには

タブレットとPCを無線接続すると、USBケーブルを使用するよりも便利です。

また、よりよいネット環境を実現するためには、WiFiルーターの買い替えを検討し、通信性能がよいものを選ぶことも大切です。

本記事では、タブレットとPCを接続する方法やWiFiルーターの選び方などについて解説していきます。

タブレットとPCを接続する方法

タブレットとPCの接続は、USBケーブルを用いて接続する従来の方法もありますが、WiFiを用いると簡単にファイルを共有することができます。

この記事では従来の接続方法の他にアプリを用いて接続する方法について解説していきます。

タブレットをUSB・BlueToothで接続する方法については以下記事をご一読ください。

ESファイルエクスプローラーのアプリを利用する

タブレットとPCを接続するためには、ESファイルエクスプローラーのアプリを利用すると便利です。

ESファイルエクスプローラーとは、androidの端末にあるファイルとインターネットからダウンロードしたアプリなどのファイルを管理するツールの1つです。

このアプリは、GooglePlayから無料でダウンロードでき、ファイルの管理ツールとしては非常に多くのユーザーに利用されている人気の高いアプリです。このアプリを利用する場合、無線でWiFiを利用するためにPC側の設定からスタートします。

まずは共有したいファイルを作成し、右クリックで「共有」を選択した後、「ホームグループ(読み取り/書き込み)」を選択してPC側の設定は完了です。次に、タブレット側の設定に進みます。

GooglePlayからESファイルエクスプローラーのアプリをダウンロードし、「ネットワーク」から「LAN」を選択します。次に画面上部にあるスキャンボタンをタップし、タブレット側の設定は完了です。

ES File Explorer File Manager
ES File Explorer File Manager
開発元:ES File Manager
無料
posted withアプリーチ

SDカードやUSBケーブルをつなぐ従来の方法

タブレットとPCを接続するためには、SDカードやUSBケーブルをつなぐ従来の方法もあります。この方法は、SDカードやUSBケーブルを繋いで「ファイルへの転送」を選択するだけなので簡単です。

大容量のデータをまとめて移動させる場合には1番早い方法である一方、接続した機器の認識がスムーズに進まないケースがあり、USBケーブルには、充電のみに対応しているものとデータ通信に対応しているものの2種類があるため、予め確認しておく必要があります。

また、スマホがロックされている場合には、フォルダが空であると表示されることに加え、テータを転送中にスマホがロックされてしまうと、上手くデータが転送されないので注意が必要です。

快適なデータ移動のために

タブレットとPCを無線接続する場合、契約している料金プランによっては、データを転送している途中で月に使えるデータ通信量を超えてしまい、通信速度が遅くなるというトラブルが発生する可能性があります。

このような事態を回避するためには、以下のようなネット環境の見直しを行うとよいでしょう。

WiFiルーターの買い替えを検討する

契約している料金プランは、データ通信量の制限の有無で月々の料金が異なる場合がほとんどです。

また、近年では外出先で快適なネット環境を楽しむために、カフェや店舗に無料WiFiを設置するなど、よりよいネット環境が整備されつつあります。

契約している料金プランに通信量の制限がある場合でも、自宅にWiFiルーターを設置することで、通信制限を気にすることなく快適なネット環境を楽しむことができるようになっています。

ただし、このWiFiルーターは対応する規格などの影響で通信速度が変動し、つなぐ機器が増えると共に通信速度が遅くなるという特性があります。

そのため、WiFiとつなぐ機器が増えてもこれまでと同様のネット環境を維持するためには、対応する規格やつなげる機器の数にあったWiFiルーターに買い替えの検討が必要です。

なお、WiFiルーターの買い替え目安は、一般的に3~4年だといわれていますが、つないでいる機器が増えている場合は、この目安よりも少し早い段階での買い替えの検討が必要ということになります。

▼iPhone格安SIM通信ではおすすめのWiFiルーターをご紹介しています。

タブレットとWiFiルーターの相性を合わせる

WiFiルーターは、スマホやタブレットなどで動画を視聴する機会が多くなった現在において、自宅でよりよいネット環境を楽しむためには欠かせない機器となっています。

また、スムーズなデータを転送を目指すためには、タブレットとWiFiルーターの相性を合わせることが大切です。

具体的にどのような点を確認すればよいのかというと、どちらかが最新のものではなく、お互いに必要なスペックがあることをチェックするとよいでしょう。

例えば、タブレットが最新のものであれば、通信速度も速くなっていることが想定され、機器自体の機能を最大限に発揮させるためにも、お互いの機器に対応していることが望ましいといえるでしょう。

使いやすいWiFiルーターの選び方

現在は、様々なメーカーからWiFiルーターがリリースされており、どれを選べばよいのか悩みがちです。

使いやすいWiFiルーターを選ぶには、以下のような点を確認して選ぶとよいでしょう。

無線LANの規格の種類

そもそもWiFiとは、無線LANの登録商標であり、広域ではなく限られた範囲で無線通信する規格の名称です。この無線LANには、g・n・acという3種類の規格が存在しており、最新規格は「ac」となっています。

そのため、WiFiルーターを選ぶ際には、「11ac」モデルは中上位機にあたり主流となっている規格であるため、選んで間違いないといえます。

ただし、タブレットの機種が古い場合は、最新規格を選ぶと相性が合いません。このような場合には、最新規格に対応していないケースが多いため、1つ前の規格の「n」などを選ぶことをおすすめします。

電波の飛距離及び通信性能

WiFiルーターは、アンテナの数によって同時に通信できる数も異なります。

また、アンテナ数はストリーム数とも呼ばれており、数が少ないものでは1~2本ですが、3本以上のものを選べば通信性能がアップします。

なお、ストリーム数というのは、通信速度を維持したまま同時に送受信ができる数という意味合いであるため、接続に制限があるという訳ではありません。

また、MU-MIMO対応と表示されている場合は、複数の機器を接続した時にも通信速度が低下することを防ぐ機能があるのでおすすめです。

周波数も見てみる

WiFiルーターからの飛距離を表す電波には、「2.4GHz」と「5GHz」の2種類があります。

このうち「2.4GHz」は、遠くまで届きやすく壁や天井に強いという特徴があることに加え、対応機種が幅広いというメリットがあります。

一方の「5GHz」は、通信速度が早いという特徴があることに加え、周囲に多くの電波が飛び交っていても比較的通信が安定しやすいというメリットがあります。自宅周辺の環境を考慮した周波数のWiFiルーターを選ぶとよいでしょう。

ビームフォーミング機能が搭載されているかどうか

ビームフォーミングとは、親機が子機の位置を判断して最適な電波を届けることで、速度を向上したり安定させたりする規格のことをいいます。

ビームフォーミング機能に対応したWiFiルーターを選ぶと、やや離れた部屋にまで電波が届き、より高速に通信できるようになるという特徴があります。

ただし、ビームフォーミングに対応したWiFiルーターを選んでも、タブレット自体が対応していないと機能を発揮できたいため、タブレット自体が対応していることを確認しておくことが必要です。

おすすめWiFiルーター5つ

WiFiルーターを選ぶ場合、無線LANの規格の種類や電波の飛距離などの通信性能を確認するとよいでしょう。

ここでは、規格が11ac以上であることを前提としたおすすめのWiFiルーターを5つご紹介していきます。

バッファロー WSR-2533DHP

バッファローのWSR-2533DHPは、安定した通信を実現するだけでなく、専用アプリの利用で簡単に設定できるという特徴があります。

また、置き場所に困らないコンパクトボディでスタイリッシュな本体となっています。さらに、通信速度の向上や安定した通信を維持するためのビームフォーミング機能も搭載しています。

アイ・オー・データ機器 WN-AX1167GR2

アイ・オー・データ機器のWN-AX1167GR2は、WiFiルーターとしては珍しい青色のボディで、「360コネクト」技術で全方向にムラなく電波を届けることが可能なことが特徴です。

また、高速通信を実現するハードウェア設計で、ストレスのないネット環境を維持できます。なお、他社の同性能のWiFiルーターに比べて、本体価格もお手頃でコスパが高いというメリットがあります。

Google Google Wifi

Google Wifiは、WiFiルーターの中でも白色で円柱形の珍しいボディであることが特徴です。独自のスマート機能の掲載で、常に高速通信で快適なネット環境を実現できます。

さらに、ネットワークアシスト機能によってセットアップのしやすさや、アプリを利用した管理機能で使いやすいことがメリットとして挙げられます。

一見WiFiルーターには見えないため、インテリアの1つとして置いてもスタイリッシュさを演出します。

NEC Aterm WG2600HP3

Aterm WG2600HP3は、家族とゲストを分けてWiFi制限するなどのセキュリティ性にも配慮されていることが特徴です。また、3台の機器を同時に接続しても、通信速度が落ちないので快適なネット環境を実現できます。

さらに、通信速度の向上や安定した通信を維持するためのビームフォーミング機能に加え、数の機器を接続した時にも通信速度が低下することを防ぐ機能があるMU-MIMOも搭載しています。

エイスース RT-AC65U

ASUSのRT-AC65Uは、一見WiFiルーターには見えないようなスタイリッシュなデザインのボディが魅力ながら、専用のアプリと連動で管理しやすいことが特徴です。

また、戸建ての場合は3階建て、マンションの場合は4LDKの広さに対応しているだけでなく、接続できる機器の台数は最大で15台と圧倒的な技術の高さが伺えます。

さらに、WiFiルーターに接続されている機器をピンポイントで検出し、接続された機器を狙って電波を飛ばす「AiRadar」を搭載しています。

なお、2017年には、家庭用ルーター「ベストバイ」受賞しており、多くのユーザーに支持されているWiFiルーターの1つです。

最新のWiFiルーターで無線でデータ移動も快適に

WiFiルーターは、自宅のネット環境を左右する重要な機器であるため、よりよいネット環境を目指すには、接続するタブレットやPCに対応していることが大前提です。

また、最近ではカラーやデザイン性の優れたWiFiルーターも続々とリリースされているため、自分に合った機器を選び、快適なネット環境とストレスないデータ移動を目指しましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2019年01月03日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード