JCOM_iPhone7

7インチタブレットのおすすめ8選|選び方のポイントを解説

携帯用のタブレットを購入するなら、7インチサイズがおすすめです。7インチサイズは種類が豊富なため、機種ごとの違いを把握し、自分に合ったものを選ばなければなりません。おすすめ商品も参考にしながら、より便利に使えるタブレットを見つけましょう。
【公式】カシモWiMAX 7インチタブレットのおすすめ8選|選び方のポイントを解説

プライベートから仕事まで幅広いシーンで活躍するタブレットは、1台持っておくと非常に便利です。

スマホでは作業がしづらく、かといってパソコンほどのスペックは不要といった場合におすすめなのが、タブレットです。

タブレットを購入する際には、どれがよいか迷いがちですが、持ち運びをメインに考えるなら7インチ程度がおすすめでしょう。

7インチのタブレットと限定しても、選択肢はかなり多いため、そこからさらに絞り込むポイントを知ることが大切です。

上手な選び方を知って、自分に合ったコンパクトサイズの7インチタブレットを手に入れましょう。

7インチタブレットの魅力

そもそもタブレットのサイズは幅が広く、選択肢は7インチに限られるわけではありません。一回り大きめの9~10インチ程度のものや、さらに大きいサイズなら13インチ程度もあります。

必ずしも7インチに限定してタブレットを購入する必要はありませんが、7インチだからこその魅力があるのも事実です。

他のサイズとは違う、7インチのタブレットだからの魅力を知り、おすすめ度が高い理由を理解しておきましょう。

携帯に便利なサイズ感

7インチのタブレットの魅力はコンパクトなサイズ感にあり、手に収まりやすく、使いやすいのが特徴です。

タブレットの中では小さめのサイズのため、手が小さい女性でも片手で持ちやすく、外出先でも簡単に操作がしやすいでしょう。

加えて、サイズが小さいことで軽量なものも多く、持ち運びの際にも苦労しません。自宅での使用をメインに考えている場合でも、収納も簡単でインテリアの邪魔にもなりにくいでしょう。

基本的には携帯をメインで使う場合でのサイズ感ですが、据え置きで使っても問題はなく、画面も見やすいため活用できるシーンは幅広いです。

手に入れやすい価格

7インチのタブレットはサイズがコンパクトな分、リーズナブルに購入できるのも魅力です。タブレットはメーカーごとに価格が違いますが、基本的には大きくなるにつれて金額は上がります。

7インチタブレットでも機種ごとの価格は異なりますが、大体1万円程度で購入できるものが多いです。価格帯もそれほど高くはなく、便利に使えるものも多いため、経済的でコスパのよい端末といえるでしょう。

購入のハードルが低いため、新規で購入する人だけではなく、既に別のタブレットを持っている場合でも、サブ機に買い足すのもおすすめです。

7インチタブレットを選ぶ際の4つのポイント

7インチタブレットは使い勝手がよく魅力的なアイテムですが、さらに便利に使うには購入時に4つのポイントを踏まえて選ぶことが大切です。

タブレットは機種ごとに性能が異なり、どれを買うかで使い勝手は大きく違ってきます。

便利なタブレットをより快適に使いこなすには、使用用途に合わせて選ぶことが大切です。4つのポイントを踏まえて自分に合った1台を選び、タブレットを上手に活用しましょう。

OSは何か

タブレットを選ぶ際にはOSの確認は必須であり、何が搭載されているかをチェックしましょう。

OSとは、簡単に言えば機械を動かすための基本となるシステムで、タブレットに限らず、スマホやパソコンにも搭載されています。

タブレット向けのOSは大きく「Android」「iOS」「Windows」の3つに分けられ、それぞれでできることが異なります。

使い勝手が違うため、使用用途に合わせてOSを選ぶことが大切ですが、それほどこだわりがないなら、現在使用している端末と同じOSを選ぶのがおすすめです。

例えばスマホでiPhoneを持っているならiOS、Androidスマホなら同じくAndoroid、パソコンメインでWindowsならタブレットもこれに合わせましょう。

既に使用している端末と同じOSを選ぶと、操作性が変わらないため使い方に困る心配がありません。加えて、同じOS同士だとそれぞれの端末をリンクさせやすいため、通信機器を複数台持つなら、OSを揃えた方がより便利に使いやすいです。

重さやサイズ感

7インチタブレットは比較的軽量でコンパクトなモデルですが、機種によって少しずつ特徴は異なります。

軽いといっても、軽量、超軽量と違いはあり、数gの違いでも実際に持つと違和感を感じることも多いです。

持ち運びがメインなら少しでも軽いものを選んだ方が良いですが、軽すぎると持ちづらいと感じる場合もあります。

もちろん、重量のあるものを選ぶと、持ち運びが不便になるため、手に持った感じがきちんと馴染み、かつ持ち運びにも便利な重量を選ぶことが大切です。

また、7インチとサイズは決まっているものの、縦横の縮尺は機種ごとに異なります。見ただけではわからないことも多いため、実際に手に取って使いやすさを試してみるのがおすすめです。

重量やサイズ感は数字で見てもわかりづらいため、実際に使った感覚を頼りに、自分に合ったものを選ぶのがよいでしょう。

SIMフリーのものか

タブレットにはSIMフリーモデルが存在し、SIMカードを差し込み、通信業者と契約することでWiFi環境なしでもネットに繋ぐことができます。

いわばスマホをキャリアと契約する状態であり、周辺の通信環境に関係なくタブレットを使用したいなら、SIMフリーモデルがおすすめです。

反対に使用する用途や環境が限られており、WiFi環境が整っているなら、無理にSIMフリーを選ぶ必要はありません。WiFiで接続できるなら、SIMフリーでなくてもネットの利用は可能であり、別途通信業者と契約して月額料金をかける必要もないでしょう。

どのような目的でタブレットを使うかを考え、スマホ同様の使い方がしたいならSIMフリー、WiFi環境下で限定して使うならWiFiモデルと選び分けるのもおすすめです。

基本的なスペックはどうか

タブレットではスマホ以上の操作をすることも多いため、基本的なスペックがどうかもチェックしておかなければなりません。

スペックを見る際には、CPUの性能やメモリ、本体容量、画像の解像度や音質など、複数の項目がありますが、どれを重視すべきかは用途によって変わります。

作業メインで使いたいなら、マルチタスクにも対応できるようCPU性能が優れており、メモリ容量も大きい方が良いでしょう。写真や動画、ゲームを楽しみたい場合は、画面解像度や音質、本体容量などを優先するのがおすすめです。

また、用途に関係なく大容量通信をするなら、ある程度CPU性能やメモリ容量もあった方が良いです。

これらのスペックが低いと、通信速度が遅くなって不便を感じる可能性が高いため、注意しなければなりません。スペックは高いほど便利ですが、高スペックな端末ほど価格は高くなります。

高いものを買ってオーバースペックで持て余すのはもったいないため、用途を考えて本当に必要な水準に絞ってスペックは選びましょう。

おすすめのタブレット8選!

7インチタブレットの魅力や選び方のポイントを踏まえて、実際の商品をチェックしましょう。

おすすめを参考にすることで、より自分に合ったタブレットも見つけやすくなります。合計8つのタブレットを特徴別の紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

SIMフリーのタブレット3選

SIMフリーのタブレットは、コスパが良く性能も高くて人気なモデルを3つご紹介します。

HUAWEI MediaPad T3 7 SIMフリー LTEモデル

HUAWEI MediaPad T3 7 SIMフリー LTEモデルは、フルHDのディスプレイが特徴です。

高解像度で画像や動画を楽しめるのはもちろん、ブルーライトカット機能もあるため、長時間使用していても目に優しいのが魅力でしょう。加えて、クアッドコア搭載の高性能モデルで、価格も1万円台で購入しやすくおすすめです。

ASUS ZenPad 7.0 Z370KL

ASUS ZenPad 7.0 Z370KLは、クアッドコアを搭載した高性能モデルで、画面解像度、音質ともに優れているのが特徴です。SIMフリーのため通話も可能で、音質が良いためはっきり音を聞き取ることができます。

高画質、高音質を活かして動画を楽しむのもおすすめで、ディスプレイの再現性も高いため、エンターテインメント性の高いタブレットと言えるでしょう。

ASUS ZenPad 10 SIMフリー Z300CNL-RG16

ASUS Z300CNL-RG16は、IPS液晶を採用しているのが特徴です。角度がずれても見やすい画面設計になっており、外出先で環境が変わりやすいところでも、便利に使えるのが魅力です。

また、FMラジオ機能が初期搭載で、ネット接続なしでも利用できます。クアッドコア搭載で性能も良いため、ビジネスでの利用にもおすすめでしょう。

Androidのタブレット3選

Androidのタブレットは、コスパがよく持ちやすいWiFiモデルを3つご紹介します。

Huawei MediaPad T3 7

Huawei MediaPad T3 7は、色鮮やかなディスプレイが特徴で、画像や動画の視聴に最適です。

軽くて薄いため持ち運びに便利で、かつ耐久性も高いため、落下のリスクにも強いです。マルチ画面での使用も可能で、価格も1万円程度と購入しやすいのも魅力でしょう。

NEC LaVie Tab E PC-TE507 JAW

NEC LaVie Tab E PC-TE507 JAWは、「MT8161 1.3GHz (4コア)」のCPUを採用した高性能モデルです。

性能が高いながらも価格は1万円台と安く、コスパは優れています。大容量バッテリーを搭載していることも魅力で、最大8時間のバッテリー駆動が可能です。

Acer Iconia One 7 B1-790/K

Acer Iconia One 7 B1-790/Kは、「MTK MT8163 1.3GHzクアッドコア」を搭載した高性能モデルです。

メモリは1GBと小さいですが、1万円以下という安さから考えると、コスパは十分優れているでしょう。使用制限がしやすい機種のため、子供に持たせるのに特におすすめです。

Windowsのタブレット2選

Windowsのタブレットは、コスパが良く、ビジネスシーンにも対応しやすいものを2つご紹介します。

JENESIS HOLDINGS Geanee WDP-075-1G16G-10BT

JENESIS HOLDINGS Geanee WDP-075-1G16G-10BTは、1万円以下で購入できる価格の安さが特徴です。安いながらも基本的な使用には問題なく、各種Officeソフトも初期搭載されています。

ワードやエクセルの作成が可能で、移動時間を使っての資料作成にもおすすめです。メインよりサブでの利用に向いており、パソコンと連携させるとさらに便利に使えるでしょう。

KEIAN WiZ 2IN1 KVK111KHD

KEIAN WiZ 2IN1 KVK111KHDBは、Windows 10を搭載しているのが特徴です。タブレットながらもマウスやキーボードの接続も可能で、環境を整えると本格的な作業も可能です。

パソコンの代わりに使える利便性の高いモデルでありながら、安価で購入できるのも大きな魅力でしょう。

周辺環境に関係なく見やすいIPS液晶搭載で、外付けでストレージを拡張できるSDカードスロットもついているなど、機能面も充実しています。

自分が使いやすいOSや仕様のタブレット選びを

7インチタブレットは持ち運びに便利で使いやすいですが、さらに利便性を追求するなら、機種ごとの特徴を詳しくチェックすることが大切です。

7インチタブレットでも機種は豊富で、それぞれ特徴や性能は異なります。OSや搭載されている機能を細かく確認して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

使用用途を明確にして、それに合った自分にとって使いやすいタブレットを購入しましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2019年01月03日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード