JCOM_iPhone7

子供用タブレットの選び方とおすすめ5選|注意点も知っておこう

子供用タブレットは、遊びの道具にも教育用ツールにもなるため、1台あると便利です。商品によって特徴が違うため、子供の年齢や用途に合わせて選ぶ必要があります。おすすめ商品を参考に、本当に子供のためになる子供用タブレットを選びましょう。
【公式】カシモWiMAX 子供用タブレットの選び方とおすすめ5選|注意点も知っておこう

タブレット学習という言葉もあるように、最近では子供用の教育用のタブレットも数多く販売されています。

子供にタブレットはまだ早いと思う人も多いでしょうが、実際に使用するメリットは大きく、使い方さえ間違えなければ悪影響はありません。

子供用タブレットを購入するなら、子供の年齢や用途に合わせて選ぶのがおすすめです。種類が豊富なため、どれを購入するか的確に選ぶことが、タブレットを上手に活用する秘訣といえます。

子供用タブレットの特徴を知り、我が子に合ったものを上手に選びましょう。

子供用タブレットとは何か

そもそも子供用タブレットとは、一般的に使用されるタブレット型の通信機器とは全く違った商品です。

子供用タブレットは商品ごとに収録されている内容は異なりますが、基本的には教育ツールが内蔵されています。

数字や文字、その他科目の学習に使えるアイテムであり、ネットに接続できないものも多いことは覚えておきましょう。

いわばタブレットの形をしたおもちゃの1つであり、これから大人になるに向けて、スマホやタブレットなどの機器を使用するための、準備にも利用できます。

子供用タブレットのメリット

子供用タブレットを購入するなら、どのようなメリットがあるかは気になるところでしょう。

子供用タブレットを購入するメリットは、大きく2つに分けられるため、それぞれへの理解を深め、魅力を深堀りしていきましょう。

楽しく学習できる

子供用タブレットは勉強用の内容が収録されていて、ゲーム形式で学べるものが多いです。勉強が嫌いでも楽しみながら学習しやすく、学ぶことの楽しさを教えるには最適なツールといえるでしょう。

勉強と肩ひじ張らずに取り組めるのが特徴で、楽しく遊びながら勉強にもなるため、学習に対する姿勢も前向きになりやすいです。

小さいうちから自然に学ぶ環境を作っておくことで、勉強をする癖も身に付き、将来的にも役立つでしょう。

商品によって収録されている内容は違うため、年齢に合わせて使い分けることで、長期間かけての教育も可能です。

自宅学習を手軽に取り入れたい人にはおすすめであり、子供と遊びながら学べるため、コミュニケーションのツールにもなるでしょう。

負担を軽減できる

子供用タブレットは親子で一緒に使用するだけではなく、子供1人で使わせるのもおすすめです。対象年齢に合った内容になっているため、子供自身でも操作がしやすく親の手を必要としません。

どうしても手が離せない時には、タブレットを渡すことで大人しく遊んでくれるため、家事や育児にも役立つでしょう。

子供を夢中にさせておくには、ビデオをつけたり、ゲームを渡したりという方法もありますが、子供用タブレットなら負担を軽減させながら勉強にもなるため一石二鳥です。

子供の面倒を見るのが難しい時にもおすすめのツールで、持っておくと親にとっても役立つアイテムになるでしょう。

使用する上で注意すること

子供用タブレットは使用するメリットが大きく、非常に便利ですが、反面注意点もあります。

便利だからといって、手放しで使っていると子供に悪影響を及ぼす可能性もあるため、注意しなければなりません。どれだけ便利なものでも、使い方を間違えるとマイナスの影響は出てしまいます。

子育ての場合は特にその傾向が顕著であり、小さいうちの教育次第で大きくなってからの人間性も違ってくるため注意しなければなりません。

子供に悪影響を及ぼさないためにも、子供用タブレットの正しい使い方を把握しておきましょう。

放置せずルールを決めて関わること

子供用タブレットを渡すことで、子供から目を離すことができますが、放置するのはよくありません。

必要な用事が終わったら積極的に子供と関わるようにして、できるだけ親子で一緒に使うことを心がけましょう。一緒に使う中で適切な使用方法を教えたり、ルールを決めたりすることも大切です。

いくら教育ツールに使えるからといって、時間を区切らずだらだら使ってしまうと、ルールが守れなくなってしまいます。タブレットは子供にとっては魅力的なため、使う時間をきちんと守らせることが大切です。

また、タブレット内の出来事と現実との区別がつくよう、違いを教えることも親の役目です。子供の教育はタブレットに丸投げにせず、親自身がきちんと向き合って行わなければなりません。

子供用タブレットは、あくまで教育ツールであり、正しい使い方をしないと子供のためにならないことは理解しておきましょう。

視力の低下を防ぐこと

小さいうちからタブレット形式のおもちゃで遊んでいると、視力が低下する可能性も高まります。長時間の使用は当然NGのため、適度に休憩時間を挟み、目を使いすぎないよう注意が必要です。

また、タブレット使用時の姿勢や周囲の明るさにも配慮して、子供自身でも目を気遣った環境で利用できるよう、教えることも大切です。

幼少期に視力が悪くなると、成長しても回復することはほとんどなく、ずっと目が悪いままになってしまいます。

眼鏡やコンタクトを常用するのは大変であり、コストもかかることは覚えておきましょう。視力はよいに越したことはないため、目が悪くならないよう最大限の配慮を行うことが大切です。

休憩時には遠くを見させて近くばかりを見ないよう気をつけたり、室内でタブレットを使うだけではなく外で遊んだりと、タブレットから離れる時間も設けましょう。

子供用タブレット選び方

子供用タブレットは種類が多いため、購入する際にはどれが良いか悩むことも多いでしょう。

商品ごとに特徴が違うため、メリット・デメリットも異なり、一概にどれがよいといえるものではありません。

商品ごとの特徴の違いを正しく把握して、子供に適したものを選ぶことが大切だと考えましょう。上手な選び方のポイントを知って、より便利に活用できる子供用タブレットの購入に役立ててください。

年齢に合わせて選ぶ

子供用タブレットは商品ごとに対象年齢が違うため、子供の年齢に合ったものを選びましょう。

対象年齢が違うと難しくて上手く使えなかったり、反対に簡単すぎて飽きてしまったりと、活用が難しくなるため注意が必要です。

また、商品ごとに対象年齢の幅も違い、ピンポイントで年齢を合わせているものや、幅広い年齢に対応しているものもあります。

ピイポイントで年齢を合わせているものは、特定の時期に限って使えるため、タブレット使いを長期化させたくない人におすすめです。

幅広い年齢に対応しているものは、長期的に使えるため、タブレットを使った教育を長く行いたい人に向いているでしょう。

対象年齢が幅広いほど価格も上がる傾向にありますが、使用年数の長さで考えるとコスパはむしろよい場合が多いです。安いものを買って短期間しか使えないより、少し値が張っても長く使える方が、お得になりやすいです。

ただし、購入時には値段だけではなく、本当に子供が長期間使えそうか、内容も確認しておかなければなりません。

子供のことを考えて作られているかどうか

子供用タブレットを使用するのは当然子供のため、子供のことを考えて作られているかどうかもチェックしておきましょう。

タブレット本体や収録されている内容が本当に子供のためになるか、子供でも理解しやすく、勉強になるかは確認が必須です。

また、大人が面白いと思うものと、子供が興味を惹かれるものは異なります。購入時には大人の視点から見てよさそうと思うものではなく、子供の目線で面白いと感じるかを考えて見ることも大切です。

せっかく購入しても、子供が興味を惹かれない、あるいは子供のためにならないでは意味がありません。

子供のことが考えられているかを確認し、実際に子供と現物を見て購入するのもよいでしょう。

年齢別子供用タブレットおすすめ商品

子供用タブレットの選び方や正しい使い方を把握した上で、実際の商品を参考に、どれがよいか確認してみましょう。

おすすめの商品は子供の年齢ごとに違うため、対象年齢を確認して選ぶことが大切です。

子供の年齢ごとにどのように興味が移るのかも考えて、本当に我が子のためになるのはどのタブレットなのか、おすすめを参考に選びましょう。

1歳半以上からのおすすめタブレット1

アンパンマン カラーパッドプラスは、1歳半以上から使える子供用タブレットです。

子供に人気のキャラクターのため、長く使えるのが特徴で、実際には幅広い年齢に対応しているのが魅力でしょう。

搭載されているアプリ数が110と豊富なのも特徴で、飽きずに遊びながら勉強ができるのは大きな強みです。

画面サイズも大きく見やすいため、親子で一緒に遊ぶのにも適しています。タッチペン付きで操作も簡単で、タッチパネルの使い方を教えるのにも使えるでしょう。

1歳半以上からのおすすめタブレット2

小学館の図鑑 NEO Padも1歳半以上からおすすめの子供用タブレットです。収録内容は生き物の情報がメインで、種類も500種類と豊富です。

音声ガイド付きで視覚情報以外も身につくのが特徴で、教育ツールには最適でしょう。収録されているアプリもゲームから学習まであり、100個と数が多いのも魅力です。

加えて、カメラ機能付きで、実際の動物を写真に撮って、自分だけの図鑑を作ることもできます。

自宅での学習はもちろん、フィールドワークにも活用できるため、親子でのコミュニケーションツールにも使いやすいでしょう。

3歳以上からのおすすめタブレット1

カシオ キッズワード KW-A1 デジタル知育ツールは、3歳以上におすすめの子供用タブレットで、多彩な学習ツールを収録していることが特徴です。

国語、算数、生活、音楽に加えて、英語の学習もできるため、小さいうちから幅広い内容で学習できます。

勉強内容はそれぞれ初級から上級まであるため、問題をクリアしながらチャレンジする姿勢も身につくでしょう。

勉強ツールだけではなく、音声付きの絵本も収録されており、読み聞かせにも使用できます。絵本は日本の名作から英語のものまで幅広く、年齢が上がっても長く使えるのが魅力でしょう。

3歳以上からのおすすめタブレット2

ドラえもんひらめきパッドは、国語、算数、英語、音楽、生活、図工、歴史と幅広いジャンルで学習できるのが特徴です。

学習内容が幅広いため、長く使えるのも嬉しいポイントで、キャラクターと一緒に勉強できるため、飽きづらいのも魅力でしょう。

また、学習だけではなくゲームのアプリも搭載されており、楽しみながら使うこともできます。

学習コンテンツで学ぶことで、「ひみつ道具ミュージアム」にひみつ道具が追加されるため、勉強への意欲も持続させやすいです。

また、2020年から小学校で必修科目になるプログラミングの学習内容が収録されているのも、大きな特徴です。

3歳以上からのおすすめタブレット3

タブレット for キッズ tapmeは、学習アプリやゲームが使用できるだけではなく、インターネットまで使えるのが特徴です。

ネットの使い方を学ばせるのにもおすすめで、ある程度年齢が上がってから使うのがよいでしょう。

また、子供が使いすぎないよう、使用時間を制限できる機能もついており、管理がしやすいのも魅力です。

カメラ機能もあるため、外で使うのにもおすすめで、大人同様のアイテムを子供にも持たせて、一緒に使って絆を深めるのもよいでしょう。

子供に合わせて上手に使えるタブレットを選ぼう

子供用タブレットは非常に便利で、家事や育児の負担を軽減させたり、教育用に使ったりと活用のシーンは幅広いです。

しかし、便利な反面、使い方には注意が必要で、きちんとルールを守って使わせなければなりません。

また、選び方も重要で、子供に合った内容のものを選ぶことが大切です。

本当に子供のためになるものはどれか慎重に選び、親子で一緒に使える便利な子供用タブレットを購入しましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2019年01月03日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード