UQモバイルとワイモバイルの違いを徹底比較!乗り換えるならどっちがおすすめ?

格安SIMの中でも通信速度の安定性や充実したサポートで人気のある、UQモバイルとワイモバイル。結論から言うと、UQモバイルはスマホ代をとにかく安くしたい人、ワイモバイルは通話がメインの人におすすめです。UQモバイルとワイモバイルの違いを理解して契約しましょう。
BIGLOBEmobile20190724_desc UQモバイルとワイモバイルの違いを徹底比較!乗り換えるならどっちがおすすめ?

格安SIMの中でも、通信速度の安定性や充実したサポートで人気の高い「UQモバイル」と「ワイモバイル」。

UQモバイルはau、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとしてそれぞれ運営している格安SIMで、数ある格安SIMの中でも品質が高いため、初めて格安SIMに乗り換える人にもおすすめです。

結論から言うと、UQモバイルとワイモバイルの料金プランはほとんど同じですが、以下の点で差があるので違いをしっかりと知ったうえで自分にあったものを選びましょう。

ブランド名 UQモバイル ワイモバイル
料金プラン プランS(3GB):1,980円/月
プランM(9GB):2,980円/月
プランL(13GB):3,980円/月 プランR(13GB):3,980円/月
契約期間 無し
(2019.10~完全撤廃)
無料通話
(上記料金プランに付与)
20円/30秒
(無料通話は無し)
10分かけ放題
余りデータ翌月繰越 有り 無し
24時間完全かけ放題 不可 +1,000円/月のオプションで可
通信速度 大手キャリアと同水準
店頭ショップの有無 多い
iPhoneのセット販売 旧モデルiPhoneが格安でセット購入可

上記の表からも分かるように、UQモバイルは「スマホ代を安くしたい人」、ワイモバイルは「通話メインの人」におすすめです。

以降は、UQモバイルとワイモバイルの料金プランや通信速度、サービス内容の違い、それぞれのメリット・デメリットなどを詳しく説明しているのでぜひ参考にしてください。

UQモバイル最新キャンペーン情報

最大10,000円キャッシュバック

出典:UQモバイル

UQモバイルの契約を考えている方にビッグニュースです!

当サイト経由でUQモバイルを申し込むと、なんと最大10,000円の現金キャッシュバック!今だけ期間限定のお得なキャンペーンです。

  • 乗り換え(MNP)で契約:10,000円
  • 新規契約:3,000円
    【適用条件】
  • 当サイトから申し込むこと
  • スマホプラン(S/R)のいずれかで契約すること

キャッシュバックの適用条件・申込み手順はいたって簡単。「当サイトから指定プランを申し込む」「キャッシュバック連絡時まで契約継続する」だけです。

申し込みは、こちらからUQモバイルのページにとび、画面にしたがって必要事項を入力してください。

申込み時の登録メールアドレス宛に、キャッシュバック案内のメールが届くので、内容にしたがって受け取り口座を登録しましょう。契約月の翌々月に連絡がきます。

UQモバイルに乗り換えたい方は、ぜひ今回のキャッシュバックキャンペーンを活用してください!

【限定キャッシュバックあり】UQモバイルを契約する

OPPO Reno3 A発売キャンペーン

出典:UQモバイル
  • 購入期間:2020年6月25日~2020年8月30日
  • 応募期間:2020年7月1日~2020年8月30日

UQ mobileでOPPO Reno3 Aを購入し、ウェブから応募するとau PAY残高へ3,000円キャッシュバックされるキャンペーンです。

2020年6月25日に発売されたOPPOの新機種Reno3 Aを購入する方にお得なキャンペーンとなっています。

OPPO Reno3 Aは高コスパスマホでおすすめの機種なので、この機会にぜひチェックしてみてください。

【限定キャッシュバックあり】UQモバイルを契約する

UQ家族割

UQ家族割とは、家族で2人目以降の月額料金が永年割引されるキャンペーンです。スマホプランS・Rがそれぞれ500円/月割引されるので、最安で1,480円/月~使うことができます。

出典:UQモバイル

UQ家族割の嬉しいところは、割引がずっと続く点です。2人目も3人目も、ずっと月額1,480円~で使えます。家族で同じ携帯会社を契約している場合は、家族全員でUQモバイルに乗り換えるのがおすすめです。

家族での加入が難しい場合は、UQモバイルとポケットWiFiをセット契約する方法もおすすめです。

業界最安級である「カシモWiMAX」とUQモバイルを契約すると、「ギガMAX月割」でスマホ料金が毎月500円割引されます。

UQモバイルだけだとギガが足りない方も、スマホ代を節約しながらネットが使い放題になるんです。ぜひチェックしてみてくださいね。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

下取りサービス

出典:UQモバイル
  • 2019年10月1日~終了日未定

UQモバイルで機種変更や乗り換えをした方を対象に、機種変更前の端末を下取りしてくれるキャンペーンです。

機種や状態によって下取り金額は異なりますが、1,320円~15,840円をもらうことができます。古い機種も対象になっており、iPhone・Androidどちらも含まれています。下取りの条件は以下の通りです。

  • スマホプラン・おしゃべりプラン・ぴったりプランに申し込んでいること
  • UQモバイル指定の機種および破損・水濡れ等がないこと

データ移行が済んでもう使わない端末は、UQモバイルの下取りに出してみましょう。

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

スマホプラン データ増量キャンペーン

出典:UQモバイル
  • 2019年11月29日~終了日未定

キャンペーン対象者は、データチャージ料金が13ヶ月間無料になります。UQモバイルで月のデータ容量を使いきった場合、通常速度に戻すには追加料金を払ってデータチャージする必要があります。

このデータチャージ料金が無料になるというのがこのキャンペーンです。スマホプランSは最大1,000円/月、スマホプランRは最大2,000円、スマホプランM・Lは最大3,000円/月が割引されます。

キャンペーンの適用には、2019年11月29日以降に以下の内容を満たしていることが条件です。

  • 「スマホプラン」への加入
  • 「通話オプション」への加入(※1)
  • UQモバイルの電話番号で「au ID」を登録

UQモバイルを新規申込か乗り換えをする方であれば、多くの方が問題なくクリアできると思います。通常よりも多くギガが使えるこのキャンペーン、ぜひ活用してみてください。

※1:「かけ放題(24時間いつでも)」「かけ放題(10分/回)」「通話パック(60分/月)」のいずれかに加入。

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

楽天モバイル

UQモバイルの特徴とは?

出典:UQモバイル

UQモバイルは、KDDIグループのUQコミュニケーションズがサービスを提供する格安SIMです。サービス提供にあたってはau(KDDI)の回線設備を利用していて、基本的にはSIMカードも主にau系スマホの使用により適した内容になっています。

結論から言うと、UQモバイルの特徴は以下の通りです。

UQモバイルの特徴について、それぞれ詳しく説明します。

【限定キャンペーンあり】UQモバイルについて詳しく知る

メリット1.とにかく料金プランが豊富!大容量のデータ通信専用プランもあり

UQモバイル最大の魅力は、使い方に合わせて選べる料金プランです。

データ通信専用プランまで用意されており、メインスマホで契約するのはもちろん、サブ用途での契約にも最適です。

中でも目を引くのがデータ無制限プラン。動画や音楽など、ストリーミングサービスを利用する機会が多い方にぴったりです。

また、auの系列会社ということもあって、通信速度は業界でもトップ水準。それでいて安定しています。通信可能エリアも広く、外で通話・データ通信を行う機会が多い人も安心できるでしょう。

【限定キャンペーンあり】UQモバイルについて詳しく知る

メリット2.最新機種も安く購入することができる!

MVNOの場合、SIMのみの契約で本体は別途購入…そんなケースもあることでしょう。最新の人気機種になると、本体価格は数万円から10万円を超えるものもあります。

UQモバイルであれば、SIMと端末をセット購入可能です。

さまざまな割引が適用されますので、最新機種も相当安く購入できます。

さすがに最新モデルではないものの、前世代のiPhone7なら格安で購入可能。iPhone 6sなら、端末代込みで月々3,000円台となります。

年単位で使用することを考えるなら、直近で販売されるiPhone 7を選ぶと良いでしょう。しばらくはスペック不足に悩まされることもありません。

iPhone以外でも、話題の人気機種をラインナップ。2018年6月に発売されたHUAWEIのP20 liteもかなりお得です。

SIM契約と同時に、最新・人気スマホを購入すると良いでしょう。

【限定キャンペーンあり】UQモバイルについて詳しく知る

デメリット1.やっぱり2年縛りがある

ワイモバイルと共通する部分ですが、特に人気の通話+データ通信のプランには2年縛りがあります。

これは端末とセット購入する場合も同様で、少なくとも2年間はUQモバイルを利用することになるでしょう。

もちろん、解約月以外に解約すると違約金が発生します。短期間でキャリアを乗り換える予定の方にはおすすめできません。

長期間にわたってUQモバイルを使い続けるのであれば、それほど大きな問題にならないでしょう。

デメリット2.auからの乗り換えるなら月額料金が高くなる

系列会社なので仕方ないのかもしれませんが、auからUQモバイルへの乗り換えはあまりして欲しくないようです。

他キャリアからMNPする場合に比べ、月額料金が1,000円程度高くなります。新規契約であれば問題はありません。

現在、auからUQモバイルへの乗り換えを検討している方は、本当にお得なのか確認すべきです。

ワイモバイルの特徴とは?

出典:ワイモバイル

ワイモバイルは、イー・モバイルとウィルコムが合体して2014年に誕生したソフトバンクグループの格安SIMです。ソフトバンクと同じ回線・同じ対応エリアで利用できるので、通信速度・つながりやすさにおいて非常に人気があります。

結論から言うと、ワイモバイルの特徴は以下の通りです。

ワイモバイルの特徴について、詳しく説明していきます。

ワイモバイルについて詳しく知る

メリット1.MVNOの中でも通信速度が速く、安定している

格安SIMときいて、「料金は安いけど通信速度が遅い」、「夜は通信が不安定」というイメージを持っている方もいることでしょう。

確かに、元々の通信速度が遅かったり、混雑する時間帯は通信が不安定になったりします。

通信速度や安定性の関係から、メインのスマホには使用できず、結局サブ用途になってしまう…そんな人がいるのもまた事実です。

その点、ワイモバイルは通信速度が速く、とても安定しています。

ネットが混雑する昼時や夜であっても、極端に通信速度が落ちることもありません。MVNOの中では、比較的快適に利用できるといわれています。

これはワイモバイルの大きなメリットのひとつ。メインスマホのSIMとしても十分に使用できるでしょう。

ワイモバイルについて詳しく知る

メリット2.料金プランがシンプルで分かりやすい!

ワイモバイルの月額料金プラン

ワイモバイルは、大手キャリアのソフトバンクが運営しているという安心感・速度の安定感がありながら、格安SIM各社とほぼ同じ価格帯でスマホを使うことができます。

ワイモバイルの月額料金は以下の表の通りです。

※表をスライドするとすべて見ることができます。

プラン S(3GB) M(9GB) R(13GB)
月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
新規割適用時 1,480円 2,480円 3,480円

最安プランは、スマホプランSの2,680円です。契約から半年間は、「新規割」で全料金プランが700円つづ安くなっています。

月額料金が安くなったことに加え、今まで通り全ての基本プランに「10分以内の通話かけ放題」が無料でついています。通話オプションがない格安SIMも多い中、10分かけ放題が基本料金に組み込まれているのはありがたいですね。

データ容量は、3GB・9GB・13GBの3つです。料金プランがシンプルで、ライト・ミドル・ヘビーユーザーごとに選べるのでわかりやすいですね。

加えて契約から1年間は、「データ増量無料キャンペーン2」でギガが増量されます。

通常「データ増量オプション」は、500円で契約ギガ数を増やせるオプションプランです。毎月のギガ数が足りない方は、+500円で1GB~3GB分のギガを追加することができます。

    • スマホプランS:3GB→4GB
    • スマホプランM:9GB→12GB
    • スマホプランR:14GB→17GB

料金プランが一新されたことに加え、ワイモバイルは契約期間の縛りと契約解除料を撤廃しました。つまり、いつワイモバイルを解約・乗り換えしても違約金がかからなくなったのです。

大手キャリアからワイモバイルに乗り換えて万が一微妙だった場合も、違約金0円で解約・乗り換えすることができます。初めて格安SIMを使う方にも、通信速度の速い格安SIMに乗り換えたい方にもおすすめの格安SIMといえるでしょう。

ワイモバイルのキャンペーンはこちら

ワイモバイルの料金プラン一覧や、プラン変更方法を解説した記事もご覧ください。

メリット3.iPhoneを選べる!

ワイモバイルはiPhoneの取り扱いも行っています。

2019年4月現在は、iPhone 6sとiPhone SEそしてiPhone 7をラインナップ。最新モデルではない分だけ、価格もかなり押さえられています。

できるだけコストをかけずにiPhoneを使いたいという方にもうってつけです。

注意点として、iPhoneには専用SIMが使われており、他の端末だと使用できないケースがあります。契約時に確認しておきましょう。

ワイモバイルについて詳しく知る

デメリット1.大容量プランが用意されていない

ワイモバイルのデメリットとして挙げられるのが、大容量プランを用意していないこと。

格安SIMでも20~30GBといった大容量プランを用意している今、ワイモバイルは最大で7GBです。

SNSやウェブサーフィン程度であれば7GBでも十分ですが、動画・音楽ストリーミングを楽しみたいという方にはちょっと厳しいところ。自宅のWiFi環境は必須です。

デメリット2.大手キャリアのような2年縛りがある

短期間の契約ができるキャリアが増えている中、ワイモバイルは2年縛りとなっています。

2年毎の自動更新されるため、更新月以外で解約する場合は、解除料を支払わなければなりません。

長期間にわたってワイモバイルを使用する前提の方であれば問題ないでしょうが、半年程度でを乗り換えたいという方にはおすすめできません。

また、ラインナップしている端末の中には、数年前の型落ちモデルも含まれています。

最近リリースされたアプリやOSのアップデートなど、動作面の問題が生じるかもしれません。この点を把握しつつ端末選びを行いましょう。

ワイモバイルとUQモバイル…あなたにぴったりなのはどっち?

ワイモバイルとUQモバイル、それぞれに契約するメリット・デメリットがあります。

一概にどちらがおすすめとはいえず、用途よってベストなMVNOは異なるものです。最後となりますが、それぞれのMVNOにおすすめの人をまとめます。

ワイモバイルはこんな人におすすめ

  • 料金面や契約周りで悩みたくないライトユーザー:
    シンプルな料金プランなので、月々どれだけ必要なのか分かりやすい。
  • 回線速度と安定性を重視するビジネスマン:
    快適度の高さから出先でスマホを使う人も安心。対応エリアも広い。
  • 現在ソフトバンクのネット回線(ソフトバンク光)を契約しているユーザー:
    「おうち割」が適用されるため月額料金がもっとお得に。

Y!mobileオンラインストアでスマホを探す

UQモバイルはこんな人におすすめ

  • 用途に合わせてプランを選びたいヘビーユーザー:
    豊富なプランの中から利用用途に最適なものを選べる。
  • 動画や音楽ストリーミングサービスを多用するユーザー:
    業界トップクラスの通信速度で快適な動画・音楽試聴。
  • できるだけ新しい端末を使いたいユーザー:
    比較的新しい端末を安く購入できる。

UQモバイルオンラインストアでスマホを探す

今回は「ワイモバイル」と「UQモバイル」2社のMVNOから大まかな特徴を比較しましたが、以下も参考にしながら、どちらが自分に合うか今一度検討してみてくださいね。

こちらの記事ではワイモバイルにフォーカスを当てて記載しています。

UQモバイルと他のau回線格安SIMについてはこちらで紹介しているので参考にしてみてください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年02月18日

ポメラニアン高橋 ― ライター
ポメラニアン高橋 ― ライター

ラーメンとロックをこよなく愛する洋犬ライター