ワイモバイル

【2021年3月第4週】格安SIM10社の最新速度ランキング|実際に計測した結果を比較

格安SIMスマホの通信速度を実際に計測し結果をまとめました。格安SIM契約後に「通信速度が遅くて使い物にならない」と後悔をしないためにも、事前に通信速度をチェックしましょう。おすすめの格安SIMのあわせてご紹介します。
ワイモバイル 【2021年3月第4週】格安SIM10社の最新速度ランキング|実際に計測した結果を比較

スマホ代の節約のために格安SIMに乗り換えを考えているけど、速度に不安を感じている方は少なくありません。

事前にどのくらいのスピードが出るのかを知っておけば、契約後に速度の遅さで困ることが減ります。

格安SIM10社のスピードを実際に計測して、最新の速度情報とおすすめの格安SIMを紹介します。

格安SIMの速度測定について

まずは格安SIMの速度をどのようにして計測するのか、計測条件や結果の見方を解説します。

通信速度の単位はbps(ビーピーエス)で表されます。bits per secondの略で、1秒で送信できるデータの量を表す単位です。

この数値が大きければ大きいほど速度が速いと認識して問題ありません。

格安SIMやWiFiなどでKbpsやMbps、Gbpsといった表記を見たことがある方が多いでしょう。

これは速度単位bpsに1,000を表すK(キロ)、100万を表すM(メガ)、10憶を表すG(ギガ)がついたものです。

覚えておくと格安SIM選びだけでなく、光回線などを選ぶ際にも役立ちます。

計測方法・条件・対象の格安SIM

以下の条件で格安SIM10社の通信速度を計測しました。

  • 期間:2021年3月22日(月)~2021年3月28日(日)
  • 計測場所:東京都千代田区(東京駅近郊)
  • 計測機器:HUAWEI P20 lite、HUAWEI P30
  • 測定方法:データ通信速度を計測するアプリケーションを独自で構築し、15分おきに自動計測

実際に計測した格安SIMとタイプは以下のとおりです。

格安SIM 回線タイプ
b-mobile S ソフトバンク回線
BIGLOBEモバイル au回線
ドコモ回線
IIJmio ドコモ回線
au回線
LIBMO ドコモ回線
mineo au回線
ドコモ回線
ソフトバンク回線
OCNモバイルONE au回線
ソフトバンク回線
QTモバイル ドコモ回線
UQモバイル au回線
ワイモバイル ソフトバンク回線
イオンモバイル タイプ1(au回線)
タイプ1(ドコモ回線)
タイプ2(ドコモ回線)

スピードテストアプリに対する不正なブーストなどを避けて、公平中立な計測を心掛けています。

結果の見方

棒グラフは縦軸が各格安SIM、横軸が速さを表しています。

7時~9時を朝、11時~13時を昼、17時~19時を夕方、21時~23時を夜として結果をまとめました。

15分おきに測定しているため、それぞれ2時間の間に計測した8個のデータの平均をその時間帯の数値としています。

格安SIMはキャリアから回線を借りているため、使うユーザーが多い時間帯や場所によって遅く感じることがあります。

【2021年3月第4週】格安SIM速度総合ランキング

2021年3月第4週の格安SIM速度測定結果をまとめました。

測定値の有効数字は3桁とし、4桁目は四捨五入した数値を記載しています。

朝(7~9時)の測定結果

  • 1位:UQモバイル
  • 2位:IIIJmio(ドコモ回線)
  • 3位:QTモバイル(ドコモ回線)

画像をタップすると拡大されます。

スピードチェッカー 朝
b-mobile
ソフトバンク回線
BIGLOBEモバイル
au回線
BIGLOBEモバイル
ドコモ回線
IIJmio
au回線
IIJmio
ドコモ回線
LIBMO
ドコモ回線
mineo
au回線
mineo
ドコモ回線
mineo
ソフトバンク回線
OCNモバイルONE
ドコモ回線
QTモバイル
au回線
QTモバイル
ドコモ回線
UQモバイル
au回線
ワイモバイル
ソフトバンク回線
イオンモバイル
タイプ1(au回線)
イオンモバイル
タイプ1(ドコモ回線)
イオンモバイル
タイプ2(ドコモ回線)
実測値
(Mbps)
9.04 6.51 8.48 8.54 10.556 8.17 5.87 6.07 5.08 8.39 6.26 9.49 11.89 6.29 8.20 9.27 8.18

朝の結果はUQモバイル、IIJmio(au回線)、QTモバイル(ドコモ回線)の順となりました。

全体平均は8.02Mbpsとなっています。1日の中では比較的利用者が少ないせいか、高い数値が出ています。

昼(11~13時)の測定結果

  • 1位:UQモバイル
  • 2位:イオンモバイル(au回線)
  • 3位:IIJmio(au回線)

画像をタップすると拡大されます。

スピードチェッカー 昼
b-mobile
ソフトバンク回線
BIGLOBEモバイル
au回線
BIGLOBEモバイル
ドコモ回線
IIJmio
au回線
IIJmio
ドコモ回線
LIBMO
ドコモ回線
mineo
au回線
mineo
ドコモ回線
mineo
ソフトバンク回線
OCNモバイルONE
ドコモ回線
QTモバイル
au回線
QTモバイル
ドコモ回線
UQモバイル
au回線
ワイモバイル
ソフトバンク回線
イオンモバイル
タイプ1(au回線)
イオンモバイル
タイプ1(ドコモ回線)
イオンモバイル
タイプ2(ドコモ回線)
実測値
(Mbps)
6.22 4.21 4.96 7.47 7.18 5.29 4.45 4.31 3.54 5.74 4.99 6.40 14.05 5.75 9.05 6.16 6.40

昼の結果はUQモバイル、イオンモバイル(au回線)、IIJmio(au回線)の順となりました。

全体平均は6.24Mbpsで、利用者が多い日中は朝に比べると少し速度が落ちています。

夕方(17~19時)の測定結果

  • 1位:UQモバイル
  • 2位:イオンモバイル(au回線)
  • 3位:IIJmio(au回線)

画像をタップすると拡大されます。

スピードチェッカー 夕方
b-mobile
ソフトバンク回線
BIGLOBEモバイル
au回線
BIGLOBEモバイル
ドコモ回線
IIJmio
au回線
IIJmio
ドコモ回線
LIBMO
ドコモ回線
mineo
au回線
mineo
ドコモ回線
mineo
ソフトバンク回線
OCNモバイルONE
ドコモ回線
QTモバイル
au回線
QTモバイル
ドコモ回線
UQモバイル
au回線
ワイモバイル
ソフトバンク回線
イオンモバイル
タイプ1(au回線)
イオンモバイル
タイプ1(ドコモ回線)
イオンモバイル
タイプ2(ドコモ回線)
実測値
(Mbps)
6.89 6.29 7.72 7.76 7.51 7.15 3.54 3.23 3.56 6.04 3.66 7.52 13.24 5.73 8.10 7.71 5.77

夕方の結果はUQモバイル、イオンモバイル(au回線)、IIJmio(au回線)、の順となりました。

全体平均は6.55Mbpsとなっています。日中ほどではないものの、比較的利用者が多いため遅く感じることがあります。

夜(21~23時)の測定結果

  • 1位:UQモバイル
  • 2位:IIJmio(ドコモ回線)
  • 3位:イオンモバイル(ドコモ回線)

画像をタップすると拡大されます。

スピードチェッカー 夜
b-mobile
ソフトバンク回線
BIGLOBEモバイル
au回線
BIGLOBEモバイル
ドコモ回線
IIJmio
au回線
IIJmio
ドコモ回線
LIBMO
ドコモ回線
mineo
au回線
mineo
ドコモ回線
mineo
ソフトバンク回線
OCNモバイルONE
ドコモ回線
QTモバイル
au回線
QTモバイル
ドコモ回線
UQモバイル
au回線
ワイモバイル
ソフトバンク回線
イオンモバイル
タイプ1(au回線)
イオンモバイル
タイプ1(ドコモ回線)
イオンモバイル
タイプ2(ドコモ回線)
実測値
(Mbps)
9.27 6.04 9.39 8.38 10.40 7.90 8.17 7.60 5.40 8.55 7.70 8.90 12.44 6.71 7.78 9.71 5.95

夜の結果はUQモバイル、IIJmio(ドコモ回線)、イオンモバイル(ドコモ回線)の順となりました。

全体平均は8.25Mbpsとなっています。ご自宅のWiFiを利用している人が多いことや、仕事で利用される方が少ない傾向にあるため、1日の中では最も高い平均数値が出ています。

測定した格安SIM10社を紹介

今回測定した10社の格安SIMをまとめてご紹介します。

実測値もあわせて掲載していますので、ご覧ください。

UQモバイル

出典:UQモバイル

実測値は以下のとおりです。


(7~9時)

(11~13時)
夕方
(17~19時)

(21~23時)
11.89Mbps 14.05Mbps 13.24Mbps 12.44Mbps

  • 通信速度が速くて料金が安い
  • auスマホがそのまま使える
  • 格安SIMには珍しいかけ放題がある

UQモバイルは、auのサブブランドという位置づけです。そのため格安SIMでありながら、auとほぼ同等の通信速度でインターネットが使えます

「格安SIMに乗り換えて速度が遅くなったらどうしよう」と悩んでいる方も、UQモバイルなら今まで通り快適にネットが使えるはずです。

通信速度が速いだけでなく、au回線を使っているためauスマホがそのままUQモバイルでも使えます。SIMロック解除手続きや新たに端末を購入する必要がないので、月々のスマホ代だけ安くしたい方にぴったりです。

【UQモバイル公式】最新キャンペーンはこちら

プラン名 データ容量 月額料金(税込)
音声通話SIM くりこしプランS 3GB 1,628円UQ学割適用で990円
くりこしプランM 15GB 2,728円UQ学割適用で1,628円
くりこしプランL 25GB 3,828円UQ学割適用で2,728円
データ無制限プラン 無制限 2,178円
データSIM データ高速プラン 3GB 1,078円

UQモバイルの料金プランは、音声通話SIMが3種類、データ専用SIMが1種類です。

音声通話SIMは、くりこしプランS/M/L・データ無制限プラン・データ高速プランの3種類から選べます。

くりこしプランS/M/Lは、2021年2月から開始した新料金プランです。

余ったデータを翌月にくりこすことができるので、月によって使用量が変わる人には特におすすめです。

「節約モード」使用時またはデータ容量を超えたときの通信速度は、くりこしプランSが最大300kbps、くりこしプランM/Lが最大1Mbpsです。

300kbpsはネット閲覧が問題なくできるレベル、1MbpsはYouTubeの標準画質が視聴できるレベルと思ってください。

節約モードを使えば、少ないデータ容量でもネットを十分に使えそうですね。

データ無制限プランは、最大500kbpsでギガ使い放題のプランです。速度制限があるとはいえ、2,178円(税込)で使い放題は格安といえます。

通話ができないデータ専用SIMは、月額1,078円(税込)の「データ高速プラン」1種類です。月3GBまで使え、3GBを超えた分は200kbpsに速度制限がかかります。

【UQモバイル公式】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイル

ワイモバイル 出典:ワイモバイル

実測値は以下のとおりです。


(7~9時)

(11~13時)
夕方
(17~19時)

(21~23時)
6.29Mbps 5.75Mbps 5.73Mbps 6.71Mbps

  • 通信速度が速くて安定している
  • 店舗が多くてサポートが手厚い
  • 10分通話かけ放題が無料でついている

ワイモバイルはソフトバンクの子会社のため、キャリアと格安SIMの中間「サブキャリア」という立ち位置となっています。

そのためワイモバイルは、通信速度・料金・サポート全てのバランスが良いおすすめ格安SIMです。

格安SIMの中でもワイモバイルは通信速度が速く、通信回線が安定している特徴があります。大手キャリアから格安SIMに乗り換えて速度が不安な方も、ワイモバイルなら速度の心配は必要ないでしょう。

また、ワイモバイルは全国に店舗がある点も1つの魅力です。格安SIMの多くは実店舗を持っていませんが、ワイモバイルは全国に800以上の店舗があります。

ワイモバイル契約後万が一トラブルがあっても、店舗に行って直接相談することが可能です。初めての格安SIM契約は何かと不安なので、店舗があるのは心強いですね。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバイルの月額料金は以下の表の通りです。

プラン名 シンプルS シンプルM シンプルL
データ通信容量 3GB 15GB 25GB
データ通信容量
超過時の通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
月額料金 2,178円(税込) 3,278円(税込) 4,158円(税込)
割引額 ※ -1,080円
ワイモバ学割 -1,000円 -1,000円
割引適用後
月額料金
990円(税込) 990円(税込) 1,870円(税込)
5G通信
通話料 22円(税込)/30秒

※「光回線とのセット割(おうち割 光セット(A):SoftBank 光・Air加入)」または「家族割引サービス(2回線目以降)」の割引価格

最安プランは、シンプルSです。

データ容量は、3GB・15GB・25GBの3つです。料金プランがシンプルで、ライト・ミドル・ヘビーユーザーごとに選べるのでわかりやすいですね。

加えて契約から1年間は、「データ増量無料キャンペーン2」でギガが増量されます。

通常「データ増量オプション」は、500円で契約ギガ数を増やせるオプションプランです。毎月のギガ数が足りない方は、+500円で1GB~3GB分のギガを追加することができます。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

QTモバイル

実測値は以下のとおりです。


(7~9時)

(11~13時)
夕方
(17~19時)

(21~23時)
Aタイプ 6.26Mbps 4.99Mbps 3.66Mbps 7.70Mbps
Dタイプ 9.49Mbps 6.40Mbps 7.52Mbps 8.90Mbps

  • 余ったデータが繰り越せる
  • 格安SIMには珍しい無制限かけ放題がある
  • 1年目は3GBで月1,089円(税込)~契約可能

QTモバイルは、BBIQ等のインターネット回線を提供しているQTnetの格安SIMです。

格安SIMには珍しい「時間無制限のかけ放題プラン」があるため、大手キャリアから乗り換える方にもおすすめできます。

かけ放題がない場合、10分の通話で990円(税込)、30分の通話で2,970円(税込)もかかってしまうので、よく通話をする方はかけ放題がある格安SIMを選んだ方が断然お得です。

また、使いきれなかったデータ容量を翌月に繰り越しできるのも大きな特徴となっています。データ容量の繰り越しができれば、少ないギガ数でもうまくやりくりできるためさらなる節約が可能です。

【QTモバイル】で格安SIMを契約する!

QTモバイルの月額料金プラン

QTモバイルの料金は、以下3段階でプランを選んでいきます。

  • SIMカード
    :「データ+通話コース」・「データ(SMS付き)コース」
  • 回線
    :ドコモ・au・ソフトバンク
  • データ容量
    :1GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GB

ドコモ・auの方が月額料金が安く、ソフトバンクは若干料金が高めになっています。

出典:QTモバイル 出典:QTモバイル

1年目は全容量の料金が安くなっており、通常よりも616円(税込)/月安いです。

人気の3GBプランは月額たったの1,089円(税込)で利用できるため、格安SIMでとにかく料金を節約したい方にぴったりです。

QTモバイルのお申込みはこちら

イオンモバイル

実測値は以下のとおりです。


(7~9時)

(11~13時)
夕方
(17~19時)

(21~23時)
タイプ1
au回線
8.20Mbps 9.05Mbps 8.10Mbps 7.78Mbps
タイプ1
ドコモ回線
9.27Mbps 6.16Mbps 7.71Mbps 9.71Mbps
タイプ2
ドコモ回線
8.18Mbps 6.40Mbps 5.77Mbps 5.95Mbps

  • 30種類の料金プラン
  • 家族と使えるシェア音声プランあり

イオンモバイルは、30種類という豊富な料金プランがある格安SIMです。

200MBから50GBまでかなり細かく分かれているので、自分にぴったりのデータ容量を選ぶことができます。

さらに、通常の音声プラン・データプランに加え、「シェア音声プラン」があるのも1つの特徴です。

シェア音声プランとは、1つのプランでSIMカードを最大5枚まで持てるプランのことです。

家族で格安SIMを契約する場合や1人で複数端末を持っている場合など、1枚づつ契約するよりも安く済みます

例えば音声20GBプランを2枚契約した場合と、シェア音声40GBプランを契約した場合とでは、これくらい安くなります。

  • 音声20GBプラン:5,148円(税込)×2枚=10,296円(税込)
  • シェア音声40GBプラン:8,008円(税込)
  • 差額:2,288円(税込)

家族全員で大手キャリアを使っている方や、スマホとタブレットで格安SIMを契約したい方におすすめです。

【イオンモバイル】最新キャンペーンはこちら

音声通話が使える音声プラン

プラン 月額料金
やさしいプランmini.(音声200MB) 1,078円
音声500MBプラン 1,243円
音声1GBプラン 1,408円
音声2GBプラン 1,518円
音声4GBプラン 1,738円
音声6GBプラン 2,178円
音声8GBプラン 2,948円
音声12GBプラン 3,608円
音声20GBプラン 5,148円
音声30GBプラン 6,248円
音声40GBプラン 7,678円
音声50GBプラン 9,878円

音声通話、SMS、データ通信のすべてが利用できるプランです。200MBの超少量プランから50GBの大容量のプランまで、細かくデータ容量が設定されています。

スマホを連絡用だけに使用してほとんど使わない人も、動画やSNSをたっぷりと楽しみたい人にも最適なプランが選べます。

データ通信のみのデータプラン

プラン 月額料金
データ1GBプラン 528円
データ2GBプラン 858円
データ4GBプラン 1,078円
データ6GBプラン 1,628円
データ8GBプラン 2,178円
データ12GBプラン 2,948円
データ20GBプラン 4,378円
データ30GBプラン 5,478円
データ40GBプラン 7,128円
データ50GBプラン 9,328円

2台目のスマホやタブレットを契約するのに便利なデータ専用プランです。ただし、SMSがついていないので、必要な場合にはプラス140円/月でつけられます。

回線はタイプ2のドコモ回線のみ対応しています。こちらのプランも1GBから50GBまであるので、調べものをするだけなら1GB、映画や動画を楽しみたいなら30GB、などと自分の使用目的に合わせてプランが選べます。

最大5枚のSIMが使えるシェア音声プラン

プラン 月額料金
シェア音声4GBプラン 1,958円
シェア音声6GBプラン 2,508円
シェア音声8GBプラン 3,278円
シェア音声12GBプラン 3,938円
シェア音声20GBプラン 5,478円
シェア音声30GBプラン 6,578円
シェア音声40GBプラン 8,008円
シェア音声50GBプラン 10,208円

契約したデータ容量を複数のSIMで共有できるプランです。家族みんなでイオンモバイルを利用する場合や、タブレットなどの端末を複数所持している人にお得なプランです。

このプランでは、追加したSIMには音声通話もSMSもついていないので、必要な場合にはSMS機能プラス154円(税込)/月、音声通話機能プラス770円(税込)/月でつけられます。

なお、追加できるSIMは5枚までで、4枚目5枚目を追加するときには1枚当たり220円(税込)/月がかかります。

シェア音声プランなら、5GBと3GBと1GBのように家族の利用状況に合わせてデータ容量を分け合えて、お得にスマホが利用できます。

イオンモバイルのお申込みはこちら

mineo

mineo 出典:mineo

実測値は以下のとおりです。


(7~9時)

(11~13時)
夕方
(17~19時)

(21~23時)
タイプA 5.87Mbps 4.45Mbps 3.54Mbps 8.17Mbps
タイプD 6.07Mbps 4.31Mbps 3.23Mbps 7.60Mbps
タイプS 5.08Mbps 3.54Mbps 3.56Mbps 5.40Mbps

  • 格安SIMのサービス満足度2年連続1位
  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応
  • mineoユーザー同士で余ったギガを共有できる

mineoは、サービス満足度2年連続1位(※1)の人気格安SIMです。数多くの格安SIM会社がある中、2年連続獲得の実績は並大抵のことではありません。

mineoの特徴は、mineoユーザー同士のコミュニティ活動や助け合いが活発な点です。例えばコミュニティサイト「マイネ王」では、Q&Aフォームや掲示板で情報交換し、mineoユーザー同士が問題解決をしています。

さらに、mineoユーザー同士が余ったパケットを「フリータンク」にシェアし、ギガが足りないユーザーを助ける活動もあります。フリータンクは、サービス開始から1度もパケットが枯渇したことがないそうです。

それくらい、ユーザー同士の助け合い精神が活発な格安SIMとなっています。

【mineo】最新キャンペーンはこちら

※1:MMD研究所は「2019年9月格安SIMサービスの利用動向調査」「2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」参照

新料金プランは、音声SIMの「デュアルプラン」とデータ通信専用の「シングルプラン」の2つで、以前よりもわかりやすくなっています。

au・ドコモ・ソフトバンク回線ごとの料金差もなくなり、どの回線を選んでも同じ料金です。

デュアルタイプ(音声SIM)の月額料金

Aプラン Dプラン Sプラン
1GB 1,298円(税込)
5GB 1,518円(税込)
10GB 1,958円(税込)
20GB 2,178円(税込)

シングルタイプ(データ通信SIM)の月額料金

Aプラン Dプラン Sプラン
1GB 880円(税込)
5GB 1,265円(税込)
10GB 1,705円(税込)
20GB 1,925円(税込)

mineoでは、データ容量を使い切った後も最大200kbpsで通信可能です。

一般的な速度制限が最大128kbpsなので、他社携帯会社よりも通信制限がゆるいことがわかります。

最大200kbpsあればサイトの閲覧、LINE通話などもできるので、ストレスなく普通に使えます。

スマホ代を安くしたいけど料金も抑えたい方は、mineoへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

【mineo】料金プラン詳細はこちら

IIJmio

出典:IIJmio

実測値は以下のとおりです。


(7~9時)

(11~13時)
夕方
(17~19時)

(21~23時)
タイプA 8.54 7.47 7.76 8.38
タイプD 10.56 7.18 7.51 10.40

  • 端末の種類が圧倒的に多い
  • iPhone XS/XRも取り扱いあり
  • 専用アプリからの発信で通話料半額

IIjmioの大きな特徴は、他の格安SIM・大手キャリアに比べて取扱い端末数が圧倒的に多い点です。

iPhoneはもちろん、SIMフリーAndroidやガラケー、iPadやAndroidタブレットも取り扱っています。加えて、競合格安SIMが取り扱っていない新しいiPhoneモデルがあるのも強みです。

格安SIMで購入できる新品iPhoneは、現在iPhone 7が最も新しいです。ですが、IIJmioは中古端末を取り扱うことにより、iPhone XSやiPhone XRといった比較的新しいiPhoneも購入できます

中古といってもかなり状態の良い新品同様品なので、安くiPhoneを購入したい方にもおすすめです。

IIJmioの申し込みはこちら

IIJmioの月額料金プラン

IIJmioの月額料金プランは、「音声通話SIM」「データ通信SIM(SMS付)」「データ通信SIM(SMSなし)」の3種類です。

IIJmioの料金プランは以下の表の通りです。

(税込) 音声SIM SMS専用SIM データSIM eSIM
(データ専用)
2GB 850円 820円 740円 440円
4GB 990円 970円 900円 660円
8GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円

IIJmioはプロバイダ歴が長くサポート体制も非常に充実しています。はじめて格安SIMを利用する場合にもおすすめできる格安SIMです。

【IIJmio公式】キャンペーン最新情報はこちら

BIGLOBEモバイル

実測値は以下のとおりです。


(7~9時)

(11~13時)
夕方
(17~19時)

(21~23時)
タイプA 6.51Mbps 4.21Mbps 6.29Mbps 6.04Mbps
タイプD 8.48Mbps 4.96Mbps 7.72Mbps 9.39Mbps

  • 料金が安い+キャンペーンが豊富
  • 動画/SNS使い放題サービスがある
  • 「シェアSIM」でデータ容量を分け合える

BIGLOBEモバイルは、動画やSNSが使い放題の「エンタメフリー・オプション」が人気の格安SIMです。

エンタメフリー・オプションとは、対象SNSをいくら使ってもギガが消費されず、使い放題になるオプションとなっています。対象は全21サービスかなり多く、以下のサービスもカウントフリーで使い放題です。

  • YouTube
  • U-NEXT
  • Apple Music
  • Spotify
  • dマガジン
  • 楽天マガジン

エンタメフリー・オプションは、音声通話SIMの場合は月額528円(税込)、データSIMの場合は月額1,078円(税込)です。

動画視聴やSNS利用でデータ容量を消費している方にとって、数百円で使い放題になるのは非常に嬉しいですよね。大手キャリアにはない、格安SIMならではのサービスといえます。

エンタメフリー・オプションに加え、キャンペーンが豊富な点もBIGLOBEモバイルの魅力です。毎月何かしらのキャンペーンを開催しており、時期によってはキャッシュバックキャンペーンもあります

月額料金割引や端末割引も頻繁に行われているので、乗り換え費用を安く済ませたいユーザーにも優しい格安SIMです。

BIGLOBEモバイルの公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイルの月額料金プラン

BIGLOBEモバイルは、月額料金がかなり安い格安SIMです。音声通話SIMを契約した場合、プラン開始月はどのプランを契約しても、0円で利用できます。

BIGLOBEモバイルのSIMのカードタイプは、タイプA(au 4G LTE回線)、タイプD(NTTドコモ回線)から選ぶことができます。

BIGLOBEモバイルの月額料金は以下の表の通りです。

料金プラン 音声通話SIM
タイプA/タイプD
データSIM
タイプD
SMS機能付きデータSIM
タイプA/タイプD
サービス開始月(税込) サービス開始翌月(税込)
(1ヵ月目~6ヵ月目まで)
7ヵ月目以降(税込)~ サービス開始翌月(税込)~ サービス開始翌月(税込)~
1ギガプラン 初月無料
初期費用実質0円
プラン料金0円
440円 1,078円
3ギガプラン 440円 1,320円 990円 1,122円
6ギガプラン 550円 1,045円 1,595円 1,727円
12ギガプラン 1,980円 3,740円 2,970円 3,102円
20ギガプラン 3,960円 5,720円 4,950円 5,082円
30ギガプラン 6,435円 8,195円 7,425円 7,557円

BIGLOBEモバイルは月額料金が安い上、通話料金が安い点も大きな特徴です。大手キャリアも格安SIMも、通話料金は通常30秒で22円(税込)かかります。

ところがBIGLOBEモバイルは、専用アプリの「BIGLOBEでんわ」から発信すると、半額の30秒9円になるのです。さらに、4種類の通話オプションもあるので、仕事柄電話をよくかける方や家族で電話する方にもおすすめできます。

【限定キャンペーンあり】BIGLOBEモバイルを契約する

OCNモバイルONE

出典:OCNモバイルONE

実測値は以下のとおりです。


(7~9時)

(11~13時)
夕方
(17~19時)

(21~23時)
8.39Mbps 5.74Mbps 6.04Mbps 8.55Mbps

  • 20GBのプランで月額4,530円
  • 毎月好きなコースに自由に変更可能
  • 3種類のかけ放題プランで通話をよくする人でもお得

OCNモバイルでは、20GBのデータ音声プランを月額4,530円というお手頃な価格で提供しています。

1日110MBで1,280円の日単位のプランから、1月30GBで6,430円の月単位のプランまで、利用データ容量の異なるさまざまなプランがあります。

毎月好きなコースに変更することができるため、月のデータ消費量の予定や支払いたい料金額などに合わせてプランを毎月選ぶことができます。10分かけ放題などのかけ放題プランが3種類もあるので、よく通話をする方でもお得に格安SIMを利用することが可能です。

OCNモバイルONEのお申込みはこちら

OCNモバイルONEの月額料金プラン

データ容量 音声対応SIM
(税込)
SMS対応SIM
(税込)
データ通信専用SIM
(税込)
500MB 550円
(無料通話最大10分相当/月)
- -
1GB 770円 - -
3GB 990円 990円 858円
6GB 1,320円 1,320円 1,188円
10GB 1,760円 1,760円 1,628円

OCNモバイルONEはサポート体制が整っていて、レスポンスが良いという評判もあり、料金が安いからサポート面が悪いという心配は無用です。

OCNモバイルONEのお申込みはこちら

LIBMO

LIBMO 出典:LIBMO

実測値は以下のとおりです。


(7~9時)

(11~13時)
夕方
(17~19時)

(21~23時)
8.17Mbps 5.29Mbps 7.15Mbps 7.90Mbps

  • 端末セット購入でお得に
  • 契約してから半年間の料金が格安

LIBMOは株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

月額料金の安さが特長で、とくに契約から半年間の月額料金は、数ある格安SIMと比べて非常に安いです。

iPhoneをはじめ、OPPOやHUAWEI、AQUOSやZenfoneなど、定番の格安スマホを取り扱っており自分好みのスマホが見つかります。

【LIBMO】最新キャンペーンはこちら

LIBMOの月額料金プラン

LIBMOは2021年3月15日から新しい料金プランの「なっとくプラン」を発表しました。

容量 音声通話機能付きSIM データ通信専用SIM
ライト 1,078円(税込) 528円(税込)
1GB 1,078円(税込) 748円(税込)
5GB 1,518円(税込) 1,265円(税込)
20GB 1,991円(税込) 1,991円(税込)
30GB 2,728円(税込) 2,728円(税込)

通話については、国内通話料金として22円(税込)/30秒がかかります。かけ放題のオプションもありますので、電話をよく使う方にもおすすめの格安SIMです。

【LIBMO】最新キャンペーンはこちら

b-mobile

出典:b-mobile

実測値は以下のとおりです。


(7~9時)

(11~13時)
夕方
(17~19時)

(21~23時)
9.04Mbps 6.22Mbps 6.89Mbps 9.27Mbps

  • 1GB月額990円
  • 15GBのプランで月額3,590円
  • 使いすぎないようにデータ最大限限定を設定できる

使った分だけ月額料金を支払うジャストフィット格安SIMを提供しているのが、b-mobileです。

一般的な格安SIMは3GBや6GBプランといった大雑把な分け方ですが、b-mobileは1GB単位で契約できます。そのため、少ないギガ数で通信料金をやりくりしたい方にぴったりです。

ギガが足りない場合は1GB220円(税込)で追加できるので、大手キャリアと比べて格安料金でギガが使えます。また料金設定が細かいだけでなく、5分通話かけ放題が月額550円(税込)で使える点も魅力です。

【b-mobile】で格安SIMを契約する!

b-mobileの月額料金プラン

  • 合理的かけほプラン(音声通話SIM)
  • 990ジャストフィットSIM(音声通話SIM)
  • 190 Pad SIM(データSIM)

b-mobileの料金プランは、上記の3種類です。音声通話SIMが2種類、データSIMが1種類となっています。

「合理的かけほプラン」は、2020年7月30日にスタートした新料金プランです。

データ容量3GB+通話かけ放題がついて月額2,728円(税込)という驚きの価格設定となっています。

通話かけ放題を用意していない格安SIMも多いので、データ容量を節約しながら安く通話できるのは嬉しいですね。

この価格は、同じ条件で大手キャリアと比べて月額3,300〜5,500円も安いんです。

出典:b-mobile

さらにb-mobileなら、3GBを超えた分のデータ容量追加料金も安いです。

ドコモ・au・ソフトバンクが1GB1,100円(税込)なのに対し、b-mobileはたったの275円で追加できます

3GBだと足りないという方も、使う量に合わせて気軽にギガの追加が可能です。最大30GBまで1GB単位でギガの追加ができます。

【b-mobile】で格安SIMを契約する!

▼990ジャストフィットSIM(音声通話SIM)

月額料金プラン ドコモ回線(税込) ソフトバンク回線(税込)
~1GB 1,089円 1,089円
~3GB 1,419円 1,859円
~6GB 1,969円 2,629円
~10GB 2,849円 3,509円
~15GB 3,949円 4,829円

かけ放題をつけるほど通話しない方は、「990ジャストフィットSIM」を選びましょう。

「990ジャストフィットSIM」は、ドコモ回線・ソフトバンク回線のいずれも1GBまでの利用なら990円で抑えることができるので、ライトユーザーにおすすめです。

また、990ジャストフィットSIMは従量課金制となっていますが、データ利用量の上限設定をすることができるので、使い過ぎてしまう心配はありません。

【b-mobile】で格安SIMを契約する!

▼190 Pad SIM(データSIM)

データ通信のみ(税込) SMS付きSIM(税込)
回線種別 ドコモ、ソフトバンク ドコモ
~100MB 209円 352円
~1GB 528円 671円
~3GB 935円 1078円
~6GB 1,595円 1,738円
~10GB 2,409円 2,784円
~15GB 3,608円 3,751円

b-mobileでデータSIMもしくはSMS付きデータSIMを契約する場合には「190 Pad SIM」を選びましょう。

一般的に、データSIMは2台目以降の格安SIMとして契約されることが多いです。

190 Pad SIMは、データ使用量が100MB未満の場合は、たったの190円しかかかりません。

1GB使っても490円、3GBまで使っても935円(税込)とかなり低価格なので、サブ機の運用として頻繁に使わないという方にかなりおすすめです。

【b-mobile】で格安SIMを契約する!

格安SIMへ乗り換える方法

現在キャリアでスマホを契約している人は、MNP転出で簡単に格安SIMに乗り換えることができます。

MNP転出とは、今使用しているスマホの番号をそのまま変えずに、別の携帯電話会社へとのりかえをする方法を指します。もし、番号を変える必要がない場合は新規契約で問題ありません。

乗り換えのベストタイミングは、キャリアの契約更新月の月末です。

MNP転出の大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 端末のSIMロック解除が必要か否か確認
  2. MNP予約番号をキャリアで発行
  3. 数日以内に格安SIMで新規契約
  4. MNP切り替え手続きを行う

初めて格安SIMに乗り換える方に向けて、MNPなどの格安SIMへの乗り換えに必要な手続きをまとめましたので、ぜひあわせてお読みください。

まとめ

格安SIMは月額料金が安い分、キャリアに比べると速度は少し落ちてしまいます。

しかしネットサーフィンや動画視聴が全くできない速さではなく、基本的には問題なく利用できます。

時間帯や使う場所によって速度が落ちたりすることがありますが、通信制限にかかったときのような遅さではありません。

ぜひ今回の測定結果を参考に格安SIMを選んでください。

万が一、格安SIMの速度が遅いなと感じたときにすぐにできる対処法などをまとめていますので、あわせてご一読ください。

公開日時 : 2021年03月23日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。

関連キーワード