Androidおすすめ

ソフトバンクの解約手続き方法・料金完全版|解約時期・日割り料金・注意点

ソフトバンクの解約方法や解約金についてまとめました。単純な解約から、乗り換え時に使うMNP手続きなど、場合によって異なるため、最もお得に解約する手段を詳しく見てみましょう。なお、後半ではお得な乗り換え先とそのプランについても紹介します。
ソフトバンクおうちでんき ソフトバンクの解約手続き方法・料金完全版|解約時期・日割り料金・注意点

主要3キャリアのソフトバンクは、ユーザー数も多く、ボーダフォン時代から使っているという人も少なくありません。

しかし、5Gの登場で、ドコモやauが5G向け周波数2枠を獲得する中、ソフトバンクは1枠となり、乗り換えを検討する人も増えているようです。

さて、携帯の解約で気になるのは解約金でしょう。タイミングを間違えて解約し、「あと少し待てばよかった」と思うこともあります。あるいは、解約にかかる金額や方法が複雑に感じられ、躊躇することもあるでしょう。

そこでこの記事では、ソフトバンクの解約について詳しく解説します。解約方法をはじめ、解約の金額、損しないタイミングまでチェックしましょう。後半では、乗り替えで気になる各社のプランについても紹介します。

ソフトバンクの解約方法は2通り

ソフトバンクに限った話ではありませんが、携帯電話の解約には「単純に使えなくする」パターンと「電話番号だけ引き継いで他社へ乗り換え」の2通りがあります。

それぞれ手続き方法が異なっているため、間違えないようにしましょう。ソフトバンクの解約方法2通りを、それぞれまとめました。

携帯を使えなくするための解約

「携帯を使えなくするための解約」は「携帯電話番号を解約すること」を指します。この手続きを行うと、携帯電話番号を他社へ持ち越すことができない点に注意しましょう。

この解約方法を用いるタイミングは、電話番号を変えたいときや、2台持ちの内1台の電話番号がいらない場合など、限定的です。

さて、この解約はオンラインで手続きをすることができません。ソフトバンクショップで行います。解約手続きに必要なものは下記の通りです。

  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート)
  • 申し込み印(サイン可)
  • 利用中のUSIMカード(携帯電話本体に挿入されている)

これさえ持っていけば、店員さんの説明に従って書類にサインするだけです。なお、ソフトバンクショップで手続きした日が解約日となります。

電話番号を引き継いでの解約(MNP)

電話番号を引き継いでの解約は、MNP(=Mobile Number Portability) と呼びます。いわゆる「乗り換え」です。

今まで使っていた電話番号を他社と契約しても使えるため、主流の解約方法となっています。ソフトバンクショップでも手続きできますが、MNPの手続きは来店不要です。

ソフトバンクショップに行かずにMNPの手続きをする方法は2通りあります。1つ目は「携帯電話番号ポータビリティお問い合わせ窓口」への電話です。

  • 電話番号:ソフトバンク携帯から→*5533 
  • フリーコール:0800-100-5533(通話料無料) 
  • 受付時間:午前9時から午後8時

音声案内に従って進むとオペレーターにつながります。「MNP予約番号を発行したい」と言えば良いのですが、解約を防ぐための営業トークをされることもあるので注意しましょう。押しの弱い人には向かない手段といえます。

2つ目はweb上の「My SoftBank」を利用する方法です。営業トークもありませんし、解約時にかかる費用も確認できて便利です。

MNPの手続きを行うと、発行されたMNP予約番号がSMSなどで届きます。乗り換え先で手続きする時に使いましょう。発行から15日以内なら使用可能です。

さて、ソフトバンクの解約方法は確認できましたが、ソフトバンクの新プランLINEMOについては確認できているでしょうか。

ソフトバンクと同じ回線を使いながら料金が安いLINEMOのメリット・デメリットを詳しく知りたい方は、下記記事も見逃さないようにしてください!

ソフトバンクの解約に必要なお金

解約すると基本的には「解約金(解除料)」がかかるものですが、必ずしも、というわけではありません。損をしない解約をするために、詳しく見て行きましょう。

解約するタイミングによって大きく変わる

解約金はプランとタイミングによって変わります。最高額は26,950円(税込)、最安値は0円です。

とはいえ、いずれのプランでも0円になるのは、契約期間満了月の翌月「契約更新月」での解約となっています。これは解約金というよりも「契約を更新しないだけ」と考えれば当然のことです。

ソフトバンクの場合、2年契約のプランに限っては、契約更新月だけでなく、猶予をもたせた「契約更新期間内」であれば0円となります。

さて、具体的な金額は表で確認しましょう。ちなみに、2019年3月1日から、2年契約プランの契約更新期間が2カ月から3カ月に延長されています。

上記は「通話基本プラン」のものですが、「スマ放題/スマ放題ライト」「ホワイトプラン/標準プラン」も同様です。

解除料最高値の26,950円(税込)になるのは「スマート一括」プランで、1~3カ月目の短期間解約の場合、となっています。

契約更新期間に解約する場合は0円

基本的な考え方としては「契約期間満了時の解約なら解除料は不要」です。2年契約の場合は、その契約更新期間に3カ月の猶予が設けられています。

つまり、23カ月目で契約期間満了、翌月からの3カ月間にあたる24カ月~26カ月目であれば、契約更新期間内での解約ということで0円です。

ただし、2年契約ではなく、年間プランで契約している場合には、契約更新月内(13カ月目)の解約のみ解除料不要となっているので気を付けましょう。また、期間契約ではないプランの場合は、割引適用がない分、4カ月目以降であれば0円になります。

契約更新期間外で解約すると高額

契約更新期間外で解約すると、解除料がかかります。2年契約のプランなら、契約更新期間外は「1カ月目~23カ月目」です。

そこから3カ月が経った27カ月目以降も契約更新期間外ですが、これもまた更新から2年が経過すれば、契約更新期間に突入します。

それぞれのプランの最高値は、「通話基本プラン」「スマ放題/スマ放題ライト」「ホワイトプラン/標準プラン」の3種が10,450円(税込)、「データバリューパック」が11,000円(税込)です。

なお、指定機種を購入することで加入できる、機種代金の分割支払が不要な「スマート一括」プランは、その他のプランとは少々異なります。短期解約の1カ月目~3カ月目が26,950円(税込)、4カ月目~23カ月目と27カ月目以降が10,450円(税込)です。

MNPでの解約は別途で事務手数料

「電話番号を引き継いでの解約(MNP)」の項目でも触れましたが、乗り替えで電話番号を他社へ持ち越すならMNP予約番号の発行が必要です。

なお、MNP予約番号の発行および転出時には、手数料がかかりません。どのタイミングで転出手続きを行って無料です。

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

契約更新期間の確認方法

契約更新期間内で解約するのが最もお得ですから、自分の契約更新期間を把握しておきましょう。

ソフトバンクショップや電話で聞いてみるのも良いですが、もっと簡単に確認できます。手段は「My SoftBank」と「LINE」の2通りです。

My SoftBankの場合、契約更新月を確認したい携帯電話番号とパスワードを入力してログインしましょう。「契約・オプション管理」の「基本料」のページに飛ぶと、ページ内に「更新期間」という項目があります。その間であれば手数料不要です。

LINEの場合は、ソフトバンクの公式アカウント(@SoftBank)と友達になり、トークルームに表示される「My SoftBankとの連携はこちら」をタップします。すると、My SoftBankのページへ誘導されるので、あとはMy SoftBankのログインと同じ方法をとり、認証に同意して連携完了です。

連携完了後は、LINEのトークルームで「契約内容」と送信するだけで、料金プランと更新期間を提示してくれます。

LINEでも結局はMy SoftBankにログインするわけですから、今から解約する人がLINE連携する必要はありません。とはいえ、まだ「解約するかもしれない」程度なら今の内に連携しておくと便利です。

解約金をおさえる方法

解約金をおさえたいなら、契約更新期間までは使用を続けるしかありません。また、解約月の月額料金は、ホワイトプラン以外日割り計算されないため、月末での解約が最もお得です。

ただし、今申し込むとお得になる他社のキャンペーンがあるなら、解約金との差し引きで考えることをおすすめします。

キャンペーンがお得な格安SIMは、こちらの記事でご紹介しています。ぜひ、キャンペーンを使ってソフトバンクからお得に乗り換えましょう。

ソフトバンクから乗り換えるならどこがお得?

多くの人はMNPで解約することになるでしょう。MNP予約番号は15日間有効であるため、それまでに次のキャリアに乗り換える必要があります。

ソフトバンクを解約してから検討するのでは間に合わないかもしれませんので、今の内にお得な乗換先を検討しておくのがおすすめです。

\初回限定3ヶ月無料!/
iPhone格安SIM通信アンケート

ドコモ

ドコモはこんな人におすすめ!

  • 月のデータ使用量が20GB前後・スマホ代を節約したい
    ahamo
  • 月のデータ使用量が3GB以下・みんなドコモ割(3回線以上)/ドコモ光セット割/dカードお支払割が適用対象
    ギガライト/5Gギガライト
  • 月のデータ使用量が20GB以上・キャリアメールを使いたい・最新iPhoneを使いたい
    ギガホプレミア/5Gギガホプレミア(2021年4月1日提供開始)

ドコモの料金プランは、ギガライト/5Gギガライト・ギガホプレミア/5Gギガホプレミア・ahamoの3種類から選択できます。

「ギガライト/5Gギガライト」は、月のデータ使用量に応じて月額料金が変動する従量制プランです。7GBまで利用できるプランで、みんなドコモ割・ドコモ光セット割・dカードお支払割を併用できます。

あまりデータを使わない方に適したプランですが、月のデータ使用量が3GB以下で各種割引サービスが適用される場合以外は、ドコモの新料金プラン「ahamo」の方がおすすめです。

「ギガホプレミア/5Gギガホプレミア」は、データ容量を気にせずに動画視聴やSNSを楽しみたい方にぴったりの大容量プランとなっています。

ギガホプレミアは4G専用でデータ容量60GB/月、5Gギガホプレミアは5G専用でデータ容量が無制限。毎月データ容量をたくさん消費する方は、こちらのプランを選びましょう。

「ahamo」は、月額2,970円(税込)でデータ容量20GBのオンライン専用新料金プランです。キャリアの既存プランと比較してもかなりお得なプランとなっているため、スマホ代を安く抑えたい方に向いています。

さらに、ahamoの月額料金には、1回5分以内の国内通話が無料になる通話オプションが含まれているので、他の料金プランよりもかなりお得です。

▼どれを選べばいいかわからない方は、ドコモの新料金プランと旧料金プランを比較した以下の記事を参考にしてください。

ドコモに乗り換える

au

auはこんな人におすすめ!

  • 月のデータ使用量が20GB前後・スマホ代を節約したい
    povo
  • 月のデータ使用量が1GB以下・家族割プラス(3回線以上)/auスマートバリュー/2年契約Nが適用対象
    ピタットプラン 4G/5G
  • 月のデータ使用量が20GB以上・キャリアメールを使いたい・最新iPhoneを使いたい
    使い放題MAX 4G/5G
  • 月のデータ使用量が3GB以下
    →UQモバイル「くりこしプラン

auの料金プランは、ピタットプラン 4G/5G・使い放題MAX 4G/5G・povoの3種類から選択できます。また、月額料金を安く抑えたい方は、auのサブブランド「UQモバイル」の料金プランもおすすめです。

「ピタットプラン 4G/5G」は、使った分だけ支払いできる従量制プランとなっており、データ容量は7GBまで3段階に分けられています。

家族割プラス・auスマートバリュー・2年契約Nの併用が可能なので、家族でauを契約している方やauのネットを利用している方はお得に利用できます。

ただし、月のデータ使用量が1GB以下の方で各種割引サービスが適用される場合以外は、オンライン専用の新料金プラン「povo」の方がお得です。

「使い放題MAX 4G/5G」は、データ容量が無制限の料金プランです。月額料金は4G・5Gともに7,238円(税込)、家族割プラス・auスマートバリュー・au PAY カードお支払い割を利用できます。

データ容量を気にせずにスマホを使いたい方や、月のデータ使用量が20GBを超える方は、こちらのプランを検討してみましょう。

「povo」は、月額2,728円(税込)でデータ容量20GBの料金プランを用意しています。新規申し込みやサポートはすべてオンラインに限られますが、他の料金プランと比較してもかなりお得です。

auの料金プランについて詳しく知りたい方は、au新料金プランを比較したこちらの記事をあわせてご一読ください。

UQモバイルでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越しできる「くりこしプラン」を提供しています。データ容量に応じて3つのプランから選択でき、3GBのプランは月額1,628円(税込)で契約可能です。

UQモバイルはauの高品質な通信回線を利用しているので、格安SIMよりも通信速度が安定していることが特徴の1つです。月額料金も通信速度も妥協したくないという方は、UQモバイルに乗り換えてみましょう。

auに乗り換える

MVNO(格安SIM)

MVNO(=Mobile Virtual Network Operator)は大手キャリアから回線を借りてサービスを行っている事業者を指します。大手キャリアの回線を使用するわけですから、対応エリアやつながりやすさの心配はとくにありません。

それでいて、大手キャリアの月額料金と比べると4分の1程度まで減らせる可能性があります。安い理由は、店舗をもたない事業者が多いこと、ユーザー数に応じてキャリアから借りればよく、維持費が抑えられること、などが理由です。

ただし、当然ながらメリットばかりではありません。次のようなデメリットがあることを把握しておきましょう。

  • SIMフリー端末を購入するか、持っているスマホのSIMロックを解除する必要がある
  • 通信が混雑する時間帯は通信速度が遅くなりやすい
  • 通話かけ放題プランがない
  • 実店舗がなく困ったときに駆け込めない

持っているスマホのSIMロックを解除するという方法については注意が必要です。

ソフトバンク契約時に購入したスマホのSIMロックを解除しても、乗り換えたMVNOがドコモの回線を使用していれば、音声通話ができない恐れがあります。これは、キャリアごとに音声通話方式が異なっているからです。

新たにSIMフリー端末を購入するなら心配いりませんが、今持っているスマホを利用したい場合には、乗り換えを検討しているMVNOに問い合わせて聞いてみましょう。

各社サイトで事前にシミュレーションしておこう

料金を理由に乗り換えを検討している場合は、ドコモ、au、MVNO各社のサイトで料金シミュレーションを利用してみましょう。家族を含めて契約する回線の数や、データ通信量、通話料等で金額は大きく変わります。シミュレーションの結果、ソフトバンクが最もお得という結果が出るかもしれません。

料金以外のサービスや通信速度などが気になる場合には、よりいっそうの事前調査が必要です。各社を比較して後悔のない選択をしましょう。

ソフトバンクを解約する時の注意点

さて、ソフトバンクを解約すると決めた場合、いざ解約する前に注意して欲しいことがいくつかあります。解約タイミングにも関わる話なので、要チェックです。

\初回限定3ヶ月無料!/

端末の残債は解約後も請求される

ソフトバンクで購入した端末の代金を分割払いしている場合、残債があれば解約後も支払は続きます。分割のまま支払続けることもできますが、一括払いに変更することも可能です。一括払いにしたい場合は、ソフトバンクショップ・チャットサポート・電話のいずれかで手続きしましょう。

解約手続きと同時に一括払いに変更するなら、ソフトバンクショップで一度に手続きすれば、手間が省けます。

契約解除月は月月割が適用されない

ソフトバンクの「月月割」は、購入したスマホや携帯の機種ごとに決められた金額を、2カ月目から25カ月目までの24カ月間、毎月の利用料金から割り引くサービスです。このサービスの適用期間中に解約すると、契約解除月には適用されなくなってしまいます。

ここで気づいた方もいると思いますが、契約更新期間が3カ月に設定されていることとつながるわけです。2年契約のプランの場合、契約更新期間は24カ月目~26カ月目であり、月月割の適用が25カ月目までですから、26カ月目での解約が最もお得、となります。

もちろん、既に端末代金を支払い済であれば月月割について考える必要はありません。

データシェアしている場合タブレットの料金が上がる

スマホとタブレットでデータシェアしている場合、スマホだけを解約するとタブレット単体の契約に切り替わってしまいます。タブレットにかかる金額を、データシェアと単体で比較してみましょう。

これでは解約しても割高になってしまうので、スマホを解約するならタブレットの解約も忘れずに行うことをおすすめします。

有料コンテンツは個別に解約手続きが必要な場合がある

ソフトバンクのスマホで登録した有料コンテンツは、サービス提供元がソフトバンクではないかもしれません。たとえばニコニコ動画などです。この場合、有料コンテンツごとに解約手続きが必要となります。

有料コンテンツの解約は、My SoftBankから手続き可能です。メニューから「料金・支払確認」を選択し、「まとめて支払」へ移ります。そこに「ご登録中サービス」という項目があるので、まずはそこで有料コンテンツ一覧を確認しましょう。

全コンテンツを一括解約することはできません。コンテンツごとに登録解除の枠内にある「次へ」をボタンを押して解除していきます。全て解除できたかどうかは、念のため「ご登録中サービス」の下にある「解除済サービス」で確認しましょう。

ソフトバンク解約に関するQ&A

それでは最後に、ソフトバンク解約に関するよくある質問とその答えを見ておきましょう。

代理人になることができるのは、本人と次のような関係にある人物のみです。

  • 契約者の家族
  • 施設入所の場合、施設関係者
  • 未成年後見人・成年後見人または保佐人・補助人

また、代理人であることを窓口で証明するために、いくつかの書類が必要となっています。代理人を立てたい場合は下記も把握しておきましょう。

  • 契約者が記入した委任状(後見人・保佐人・補助人は委任状不要)
  • 解約する携帯電話のUSIMカード
  • 代理人の運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
  • 契約者と代理人の関係が証明できる書類

委任状のフォーマットは、ソフトバンクのサポートページからダウンロードして印刷するか、ソフトバンクショップの窓口でもらうかしましょう。

契約者と代理人の関係を示す書類は、家族なら、発行から3カ月以内の住民票や、両名の名前が記載されている健康保険証などが該当します。

施設関係者である場合は、何かしら証明できる書類を持っていきましょう。後見人や保佐人であれば、登記事項証明書や戸籍謄本に記載があるはずです。

なお、契約者本人の死亡による代理人の解約手続きの場合は、契約者の死亡が確認できるものが必要です。会葬案内状や除籍がわかる戸籍謄本があたります。

この場合は、解約に際して解除料がかかるサービスに加入していたとしても、解除料や手数料は請求されません。残債についてのみ支払を求められます。

解約するときはタイミングに注意

お得に解約するなら、タイミングが重要です。現在のプランと契約更新期間の確認を忘れないようにしましょう。

また、MNPを利用しての解約であれば、予約番号の発行から15日以内に次の会社と契約したいところです。ソフトバンクを解約する前に、各社の料金やサービスの比較検討もしておくことをおすすめします。

悩んだら各社のシミュレーションを活用してみてくださいね。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年07月03日

ポメラニアン高橋 ― ライター
ポメラニアン高橋 ― ライター

ラーメンとロックをこよなく愛する洋犬ライター