Androidおすすめ

楽天モバイルとmineoの併用手順・設定!併用するメリット・デメリットは?

楽天モバイルとmineoを併用するメリットやデメリット、お得な使い方について解説。さらに、楽天モバイルとmineoを併用する際の設定方法についても解説します。
モバイル保険 楽天モバイルとmineoの併用手順・設定!併用するメリット・デメリットは?

楽天もバイルとmineoの併用がよいと聞くけれど、どんな点がよいのかわからないという方もいるでしょう。

そこで本記事では、楽天モバイルとmineoを併用するメリット・デメリットを解説します。

楽天モバイルとmineoを併用する手順についても紹介していますので、ぜひご覧ください。

楽天モバイルとmineoを併用するメリット・デメリット

楽天モバイルとmineoを併用するメリットは次の3つです。

  • 月額料金が安くなる
  • 通話がかけ放題になる
  • 楽天回線エリア外でも通信できる

一方、デメリットは次の2つです。

  • 対応機種を用意する必要がある
  • 設定が少し複雑

それぞれの項目について詳しく解説します。

メリット1.月額料金が安くなる

楽天モバイルでは、月1GBまで通信量が無料です。さらに、mineoの「パケット放題plus」というオプションを利用すると、データ通信量を安く済ませられます

パケット放題plusとは、契約したコースの高速データ通信量を使い切ってしまった場合でも、最大1.5Mbpsで使い放題になるプランで、月額費用は385円(税込)です。

mineoの調査によれば、1.5Mbpsの速度でメッセージやメールのやりとりは99%、Zoomなどのビデオ会議でも82%が利用できたと回答しています。高速であることを求めなければ、十分使える回線速度だと言えるでしょう。

パケット放題plusを利用するためには、mineoで1GB以上のコースに加入する必要があります。音声通話なし、データ通信のみで1GBのコースを契約する場合、月額880円が必要です。

880円(税込)に、パケット放題plusの費用385円(税込)を足すと、mineoに支払う金額は月々1,265円(税込)。この金額で、楽天モバイルの1GBとmineoの1GBで合計2GBの高速データ通信を利用できます。

さらに、2GBを超過してしまった場合も、最大1.5Mbpsの速度で回線が使い放題なので安心です。

メリット2.通話がかけ放題になる

楽天モバイルでは、Rakuten Linkアプリを使うと無料で国内通話が可能です。Rakuten Linkアプリは通常の電話アプリと使い方がほとんど変わらないため、初めてでも悩まずに利用できるでしょう。

音声の聞こえ方が通常の電話アプリと違った印象があり違和感を覚える方もいるかもしれませんが、慣れれば問題ありません。通話の頻度が高い方にとってお得な使い方です。

メリット3.楽天回線エリア外でも通信できる

楽天モバイルの欠点として、楽天回線の提供エリアが狭いことが挙げられます。

楽天回線エリア外ではパートナー回線であるauの回線を使用可能ですが、パートナー回線では高速データ通信の容量が5GBとなるなどの制限があります。

一方、mineoはドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応で、申し込み時にどのサービスエリア対応のプランにするか選べます。そのため、非常に幅広いエリアで利用可能です。

​楽天モバイルとmineoを併用すれば、楽天回線エリアでは楽天モバイル、それ以外のエリアではmineoを使うなどの使い分けが可能です。

\新キャンペーン続々登場!/
UQ

デメリット1.対応機種を用意する必要がある

楽天モバイルとmineoを併用するデメリットとして、対応機種を用意する必要がある点が挙げられます。

2種類のSIMカードを使えるデュアルSIMには4つの種類があり、楽天モバイルとmineoを併用する場合にはDSDVと呼ばれる形式のデュアルSIM端末が必要です。

DSDVとは、片方のSIMで通信を行なっている間に、もう一方のSIMで通話の着信を受けることが可能な形式のこと。

この形式を選ぶことで、mineoでデータ通信を利用している途中であっても、楽天モバイルにかかってきた通話を受けられます。

ただし、一方のSIMで通話をしながら、もう一方のSIMでデータ通信を行うことができない点には注意が必要です。

デメリット2.設定が少し複雑

楽天モバイルとmineoを併用する場合、契約後の設定が少し複雑です。回線によってはSIMカードを刺すだけで通信が可能になる場合も多いのですが、楽天モバイルとmineoを併用する場合にはAPNの設定が必要です。

APNとは、アクセスポイントのこと。APNを設定しないと、データ通信が利用できません。

難しい設定ではありませんが、手順が増える分少し面倒だと感じる方もいるかもしれません。

また、購入した端末によってはSIMロック解除の手続きが必要な場合もあります。こちらも、難しくはありませんが少し手間がかかります。

楽天モバイルとmineoを併用する手順

楽天モバイルとmineoを併用する手順は次の通りです。

  1. 端末を購入するかどうか決める
  2. 楽天モバイルを契約する
  3. mineoを契約する
  4. APN設定をする
  5. SIMの役割を設定する

それぞれの項目について、詳しく解説します。

手順1.端末を購入するかどうか決める

まずは、端末を購入するかどうか決めます。手持ちの端末があれば、それを使用しても問題ありません。

対応端末か・SIMロック解除必要か確認

端末を選ぶ際には、対応端末であるかどうかをチェックしましょう。楽天モバイルとmineoを併用する場合には、上の項目でも解説した通り「DSDV」に対応した端末を使用する必要があります。

まずは、手持ちの端末や気になる端末がDSDVに対応しているか確認しましょう。次に、楽天モバイル、mineoそれぞれの回線に対応しているか確認します。

それぞれの回線の対応端末は、次のリンクから確認できます。

楽天モバイルの対応端末

mineoの対応端末

端末を用意したら、SIMロック解除が必要かどうかを確認しましょう。SIMフリー端末を購入した場合は、SIMロック解除の必要はありません。

大手キャリアで販売されている端末はSIMロックが解除されている場合とされていない場合があるので、購入前に確認してください。手持ちの端末のSIMロック解除が必要かどうかわからない場合には、次の手順で確認します。

iPhoneの場合

「設定」→「一般」→「情報」を開き「SIMロック」の項目を確認してください。

「SIMロックなし」と表示されていればSIMロック解除の必要はありません。

Androidの場合

Androidの場合は、機種によって手順が異なります。多くの場合、設定アプリの「デバイス情報」などの項目から確認できます。

SIMロックされている場合には、ロックの解除が必要です。SIMロックの手続きは各キャリアの店頭またはWebなどで申し込みが可能です。

また、SIMロックには購入からの日数など様々な条件が設けられている場合があります。SIMロック解除が必要な場合には、条件を満たしているかどうかも確認しておきましょう。

手順2.楽天モバイルを契約する

次に、楽天モバイルを契約します。

楽天モバイルの契約は、楽天モバイルの店舗またはWebから可能です。今回はすでに端末を用意しているので、SIMカードのみ購入してください。

SIMカードは、物理的なSIMカードとeSIMの2種類があります。用意した端末に合わせて、種類を選びましょう。

mineoはeSIMに対応していないため、eSIM対応端末の場合には必ずeSIMを選んでください。物理SIMを選択した場合には、後日SIMカードが郵送されてきますので、到着を待ちます。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

手順3.mineoを契約する

次に、mineoを契約します。mineoは、公式のWebサイトから申し込みが可能です。

mineoでは、現在eSIMの選択はできません。必ず物理SIMを使う必要があるので注意してください。

申し込みの際には「シングルタイプ」を選びます。シングルタイプは、データ通信のみが使用可能で、音声通話はできないタイプです。

シングルタイプを選ぶことで、月額費用が安くなります。音声通話は、楽天モバイルの回線で利用できるので、mineoはデータのみのプランを選んでおいて問題ありません。

また、安く運用するためにはパケット放題plusも忘れずに申し込んでおきましょう。

【mineo公式】詳細はこちら

手順4.APN設定をする

申し込みが完了し、SIMカードが届いたらAPNの設定を行います。APNの設定手順はiPhoneとAndroidで異なります。

iPhoneのAPN設定手順

まずは、楽天モバイルのSIMを設定します。mineoのSIMカードは刺さずに進めてください

楽天モバイル回線対応端末の場合、APN設定は不要です。

楽天モバイルの場合には、「my楽天モバイルアプリ」をインストールし、アプリの指示通りに作業を進めます。以前に別のMVMO回線で端末を使っていたことがある場合、ログイン後にAPN構成プロファイルの削除が必要です。

APN構成プロファイルを削除するには「設定」→「一般」→「プロファイル」または「VPNとデバイス管理」をタップし、削除する構成プロファイルを選択します。

「プロファイルを削除する」をタップし、パスコードを入力すると削除が行われます。届いたスタートガイドの裏面にQRコードがあれば、QRコードを読み込みポップアップをタップして申し込み履歴を開きます。

QRコードがない場合は、アプリから申し込み履歴を開きます。申し込み番号をタップし「開通手続きをする」→「モバイル通信プランを追加」の順にタップし、キャリア設定アップデートを行えば楽天の手続きは完了です。

次にmineoのAPN設定を行います。まずは、mineoの公式サイトにアクセスし、自分が選んだ回線(ドコモ・au・ソフトバンクのいずれか)プランのQRコードを読み込んでください。

構成プロファイルのダウンロードを確認するポップアップが表示されたら「許可」をタップし、ダウンロードが完了したら「閉じる」をタップします。

ホーム画面から「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」の順に開き、「ダウンロード済みプロファイル」をタップしてください。

プロファイルをインストールする画面が出るので「インストール」をタップします。パスコードを入力し、インストールを開始してください。

インストールが終わったら「完了」をタップして終了です。

AndroidのAPN設定手順

Androidの場合には、eSIMを使う場合と使わない場合で手順が異なります。また、機種によっても手順が異なるため、詳細は端末の公式サイトなどで確認してください。

eSIMを使わない場合の手順の一例は次の通りです。

  1. 「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」を開く
  2. 「アクセスポイント名」→「メニュー」→「新しいAPN」を開く
  3. mineoまたは楽天モバイルのAPN情報を入力し、保存する
  4. 登録したAPNを選択する
  5. 同様の手順で、もう一方の回線のAPNも設定する

eSIMを利用する場合には、まず「my楽天モバイルアプリ」からAPN設定を行います。

基本的にはiPhoneの場合と同様の手順で、申し込み履歴から申し込み番号をタップし​​「開通手続きをする」→「モバイル通信プランを追加」の順に進めます。

楽天モバイルの設定が完了したら、eSIMを使わない場合と同様の手順でmineoのAPNを設定してください。

手順5.SIMの役割を設定する

最後に、SIMの役割を設定します。

iPhoneの場合は、「設定」→「モバイル通信」を開きます。「デフォルトの音声回線」を楽天モバイルに、「モバイルデータ通信」をmineoに設定します。

Androidの場合には、機種によって細かい手順が異なります。多くの場合「設定」→「ネットワークとインターネット」から、それぞれのSIMを選んで音声とデータ通信の設定が可能です。

楽天モバイル・mineoで使えるキャンペーン

楽天モバイル・mineoを併用して使いたい方向けに、次のようなキャンペーンが実施されています。

パケット放題plus最大2ヵ月無料

パケット放題plusは、楽天モバイル・mineoを格安で運用するために欠かせないオプションプランです。現在、パケット放題plusは最大2ヵ月無料のキャンペーンを実施しています。

適用条件は、申し込み期間中にパケット放題plusに申し込みをするだけ。終了日は未定となっていますので、お早めにご利用ください。

楽天モバイルとmineo併用まとめ

楽天モバイルとmineoを併用すると、格安の月額料金で運用が可能です。音声通話がかけ放題になることに加え、1.5Mbpsの速度であればデータが使い放題となるのも魅力です。

通信速度はそれほど速くなくてもよいので、たくさんのデータを使いたいという方にぴったり。現在は、パケット放題plusが最大2ヵ月無料になるキャンペーンも実施されています。

本記事を参考に、楽天モバイルとmineoの併用を検討してみてはいかがでしょうか。

公開日時 : 2022年05月09日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!