• 格安SIM

格安SIMのb-mobile紹介|他社にはない特徴や料金

スマホやタブレットをお得に使いたいなら、格安SIMがおすすめです。格安SIMでもb-mobileはおすすめ度が高く、柔軟な使い方ができるのが特徴です。b-mobileならではの特徴や料金を知り、用途を合わせて上手に使いましょう。
BIGLOBEmobile20190724_desc 格安SIMのb-mobile紹介|他社にはない特徴や料金

スマホやタブレットはいまや生活には欠かせないアイテムの1つであり、毎月の通信費を固定費に考える人も多いでしょう。

それぞれ使い勝手が良く、持っていると幅広いシーンで活用できるのが魅力ですが、月額の通信費の高さをネックに感じている人は少なくありません。

同じスマホやタブレットをもっと安く使いたい方におすすめなのが、格安SIMの1つであるb-mobileです。

b-mobileは日本通信株式会社が提供する格安SIMブランドであり、docomoとSoftBank両方の端末で使用できます。

b-mobileの特徴や料金プランを把握し、今よりいくらお得に使えるのか比較してみましょう。

b-mobileで何ができるのか

b-mobileは簡単に言えば格安SIMの1つであり、スマホやタブレットを低料金で使用できるのが魅力です。

しかし、一口に格安SIMといっても種類が多く、業者ごとに特徴が違うため、どこが良いのかわからないと悩む人も多いでしょう。

格安SIMは業者によって提供する料金プランやキャンペーン内容が違い、どこが最もお得なのか、実際に何が違うのかを把握できていない人も少なくありません。

格安SIMでもそれぞれでできることは違い、b-mobileならではの魅力や特徴があります。

b-mobileでは何ができるのかを知り、他の業者との違いを理解して利用する魅力を深堀りしましょう。

音声通話付きかデータ通信のみかが選べる

b-mobileでは音声通話付きかデータ通信のみかが選べ、より自分に合った使い方ができます。

音声通話付きは電話とネットが両方使えるプラン、データ通信のみはネットのみが使えるプランと考えましょう。

電話もネットも両方使えたほうが便利と感じる人も多いでしょうが、別で電話を持っていたり、月額料金を抑えたいならデータ通信のみのほうがお得です。

それぞれの詳細な特徴を知り、まずは自分がどちらのプランに当てはまるか考えてみましょう。

月の使用量が多い方におすすめの音声通話付きSIM

音声通話付きのSIMは、月の使用量が多い人におすすめです。b-mobileでは電話に特化した専用のプランもあり、それに加入することでよりお得に音声通話が楽しめます。

普段から電話をする機会が多く、ネットよりも電話メインでたっぷり使いたいなら、音声通話付きのSIMを選びましょう。

とにかく料金を抑えたいならデータ通信専用SIM

データ通信専用SIMは、月額料金をとにかく抑えたい人におすすめです。

データ通信だけに限定する場合は、使用用途が限られるため基本料金が安く、よりリーズナブルに利用できます。

b-mobileの場合、月間の通信量次第では月額数百円からの利用も可能なため、他の格安SIMと比べてもよりお得に利用できるでしょう。

もちろん、データ通信専用SIMが安いといっても通信量が増えると料金も高くなるため、安さを求めるなら使い方は工夫しなければなりません。

通信量を抑えるなら無料のWi-Fiスポットを利用するのがおすすめです。

Wi-Fiを使った通信ならいくら使ってもデータ通信量は加算されないため、たっぷり使って月額最安値に抑えることもできます。

また、音声通話のアプリを使うことで、データ通信専用SIMでも通話はできます。

工夫次第で利便性はいくらでも高められるので、より低価格で便利に使いたいならデータ通信専用SIMを選びましょう。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

データ通信専用SIMは月額課金かプリペイドかが選べる

データ通信専用SIMの場合、月額課金かプリペイドかが選べるのも大きな特徴です。料金形態が違うことで使い勝手も大きく異なるため、慎重に選ばなければなりません。

どちらか一方を使ってみて、後から使い方を変えることも可能ですが、初めから自分に合ったものを選んだほうが、手間が少なくて便利でしょう。

最大使用容量の設定ができる月額課金SIM

月額課金SIMは、月額料金で支払う料金形態であり、基本的にはキャリアの通信量と考え方は同じです。

b-mobileでも月額固定の料金が請求されますが、「最大使用量が設定できること」「使った分に応じて料金が加算されること」がキャリアとは違っています。

b-mobileの場合、月額基本料金は最低190円から始まり、100MBまでのデータ通信は基本料金に含まれます。

100MB以上使用した分は従量課金で追加加算され、通信量が増えた月は多く、減った月は少ない金額で請求されると考えましょう。

使った分が料金になるため、ほとんど通信をしないなら月額最低の190円で利用も可能です。

また、データ通信の上限は10GBまでと決まっており、これ以上の金額で請求されることはありません。加えて、3~10GBの間で上限設定ができるため、使い過ぎる心配もないでしょう。

ある程度のデータ通信量は必要なものの、使い過ぎたくないという人におすすめで、月額課金SIMはデータ通信量と料金をコントロールしやすいです。

手軽に試せるプリペイドSIM

プリペイドSIMは一括払いきりのシステムであり、月額料金は不要で使用できます。購入時にまとめて料金を支払い、一定期間だけ使えるのが大きな特徴です。

プリペイドSIMは月間データ使用量が1GBで15日と、7GBで1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の2つのタイプに分けられます。

面倒な契約手続きが不要ですぐに使えるため、お試しで利用してみたい人にもおすすめです。

期間を区切って使うことができ、不要なら期間後は継続して利用する必要はありません。一括払いきりのため、期間後に費用が加算されないことも魅力の1つでしょう。

また、継続して使用する場合は期間を指定してチャージもできます。

用途に合わせた自由に使えるのが魅力であり、例えば1ヶ月使って翌月は使わず、次は15日だけ使うという変則的な使い方もできます。

b-mobileを契約する

b-mobileの利用料金

b-mobileを上手に活用するには、利用料金を正しく把握しましょう。

b-mobileでは複数の料金プランがあり、どれを使うかによって月に支払う金額は大幅に違ってきます。

また、プランごとの特徴の違いも大きく、金額だけではなく使い勝手も異なるため慎重に選ぶことが大切です。

基本的には「安さ」と「使い勝手」の2つの基準で考えるのがおすすめで、どちらを優先したいか考えておきましょう。

それぞれのバランスを取り、自分に最適なプランを選ぶことがb-mobileをお得に利用する秘訣です。

月額課金SIMの利用料金

長期間にわたっての使用を考えているなら、月額課金の利用がおすすめです。

月額課金なら一度契約すると更新は不要であり、解約するまで長く使い続けられます。月額課金で利用できるプランは、大きく3つに分けられます。

990ジャストフィットSIM

990ジャストフィットSIMは、最低月額料金を990円に定めた従量課金制のプランです。SoftBankのiPhoneかdocomoのスマホで使え、音声通話にも対応したSIMです。

基本料金にデータ通信1GBがついており、これを超えない場合は最低料金の990円で利用できます。基本通信量を超えた分は、1GBごとに料金が加算されます。

月間最大使用量は15GBであり、10GBまでは1GBあたり500円、10GB以上は1GBあたり350円の加算です。15GBを超えると低速通信に切り替わるだけで、通信ができなくなるわけではありません。

基本データ量の1GBを超えない場合は月額990円で音声通話まで利用でき、非常にお得なプランでしょう。

190Pad SIM

190Pad SIMは、データ通信専用SIMのプランであり、月額最低料金は190円と破格の安さです。

基本データ使用量は100MBであり、それを超える部分は1GBあたり350円が加算されます。最大使用量は10GBのため、マックスでも月額3,690円とたっぷり使えて安価な点も魅力でしょう。

3~10GBの間で最大使用量が設定できるので、使い過ぎの心配もありません。使わなくなったスマホやタブレットも、月額最低190円で復活させられるため、サブ機として使うにもおすすめのプランでしょう。

b-mobile S スマホ電話SIM

b-mobile S スマホ電話SIMは、音声通話に対応したSIMで、月額最低2,450円で利用できます。

SoftBankのiPhoneでしか使えないという制限はありますが、1GBまでなら最低料金で使え、最大15GBまで利用できる便利なプランです。

基本使用量を超えた分は、1GBあたり350円かかります。1回5分のかけ放題音声通話が付いているのも魅力で、音声通話付きで安く使いたい人には特におすすめのプランです。

プリペイドSIMの利用料金

期間を限定して使いたいなら、プリペイドSIMの利用がおすすめです。

プリペイドSIMなら一度払った金額以上を請求されることがないため、使用を制限し、かつ費用を最低限に抑えたい人に向いています。

プリペイドSIMのプランは2つあり、それぞれで特徴が異なります。

b-mobile S プリペイド

b-mobile S プリペイドは、容量は1GBで使用期間は15日と超短期間で利用できるのが特徴です。料金は980円と非常に安く、b-mobileをお試しで使ってみたいという人にもおすすめでしょう。

期間終了後はそのまま利用を停止できるだけではなく、継続して使用したいなら190PAD SIMプランに移行も可能です。

プラン以降は手数料無料のため、プリペイドで使い勝手を確かめてから、デメリットなしで本格的な利用へと移れるのは大きな魅力でしょう。

7GBプリペイドSIM

7GBプリペイドSIMは、月間データ使用量が7GBであり、1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の3つのプランで利用できるのが特徴です。

1ヶ月は30日で換算され、購入した日から計算するため、月途中で買っても問題ありません。docomoとSoftBankの両方で使えますが、それぞれで料金とSIMサイズが異なるため注意が必要です。

特にSoftBankの場合、iPhoneはナノのみ、iPadはナノとマイクロのサイズ展開のため注意しましょう。

docomoは標準、ナノ、マイクロと全てに対応しています。7GBを超えた場合でも、翌月期間まで低速通信になるだけで、利用停止になるわけではありません。

b-mobileを契約する

b-mobileのいいところ

b-mobileは格安SIM他社では少ない、データ専用のプリペイドSIMを扱っている点が大きな魅力です。

プリペイドSIMは期間を区切って使用できるだけではなく、面倒な契約が不要ですぐに利用を開始でき、かつ払いきりで経費計上できる点もメリットです。

プライベートでの使用だけではなく、ビジネスにも対応しており、用途に合わせた使い方を試しやすいのが、b-mobileならではの魅力と言えます。

b-mobileを契約する

自分の使い方に1番合うものを選ぼう

b-mobileは格安SIMの1つであり、docomoとSoftBankの端末に対応している点が特徴です。

さらに月額課金からプリペイドと料金体系も複数用意されており、用途に合わせて柔軟に使えるのも魅力です。

単に安く使えるだけではなく、便利に使えることがb-mobileならではの良さと言えます。

使い勝手の良さや料金プランを詳細まで把握し、自分に合った方法で、b-mobileをお得に利用しましょう。

b-mobileを契約する

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2018年12月23日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード