JCOM_iPhone7

タブレット用タッチペンおすすめ7選|イラスト用・ビジネス用

タブレットを使うのにタッチペンを使う人が増えてきました。指よりも快適にタブレットが使えると好評のようです。この記事ではこれからタブレットのタッチペンを探す人のために、おすすめのタッチペンを紹介します。
【公式】カシモWiMAX タブレット用タッチペンおすすめ7選|イラスト用・ビジネス用

タブレットを使う人が増えてきましたが、タブレットの普及とともにタッチペンを使う人もまた増えてきました。

タブレットやスマホは指でタッチするだけで操作できるのが便利ですが、タッチペンには指でのタッチにはないメリットがいろいろとあります。

本記事では、これからタブレット用のタッチペンを探したい人に向けて、おすすめのタッチペンをご紹介します。

タッチペンにはピンからキリまであると言われています。買って失敗した、という人も多いので、ぜひ自分の使い道に合った使い勝手のいいものを見つけてみましょう!

タブレットに使用するタッチペンの選び方

タブレット用のタッチペンというのは、現在、様々なメーカーから多くの種類が発売されています。

使う人や用途によって選ぶものを買えないと、使い勝手の悪いものを選んでしまうことも良くあります。まずは選び方のポイントについて解説します。

使用する用途に合わせてペン先の素材を選ぶ

まずはペン先の素材が大切です。<タッチペンのペン先の素材にはシリコンゴム、樹脂、繊維、透明ディスクがあります。

シリコンゴムは柔らかく液晶を傷つけないのが大きな特徴で、安価なものも多く発売されています。ゴムなので摩耗しやすいのと、製品によっては書き心地が悪いものもあります。

樹脂は伝導性の高い樹脂を使ったボールペンのようなタイプが多く発売されています。字やイラストを細かく書くのに適しています。

ボールペンのような使い勝手で使えるので、初めての人でも使いやすいでしょう。繊維は導電性の高い繊維を使っているもので、ペン先のすべりが良くてさらさらと書けます。

球状のペン先でボールペンのように使えるタイプのものもあれば、筆や筆ペンのようになっていてイラストに使えるものもあります。

透明ディスクは平らで透明なディスクがペン先についています。画面にペン先をしっかりとディスクで当てながら、ペン先の文字やイラストを確実に書き込んでいきます。

使い方に慣れが必要ですが、慣れればピンポイントでの操作が行いやすくなります。

タッチペン以外の機能で選ぶ

タッチペン以外の機能に注目して選ぶことも必要です。仕事や学校で使うのであれば、普通のペンやシャーペンと一緒になっているものを選んだ方が使い勝手がいいでしょう。

3色ボールペンの1つがタッチペンになっているタイプのものなどが発売されています。

また、持ち運びのことを考えたら、イヤホンジャックに収納できるタイプのものを選んでもいいのではないでしょうか。

使ったらイヤホンジャックに差し込んで収納できれば、タブレットを使いたいときに、タッチペンを探す必要がなくなります。

握りやすいボディ形状のものを選ぶ

タッチペンはペンなので、長時間作業する人であれば、握りやすさというのもとても重要なポイントになります。

特にイラストをタブレットで書く人にとっては作業時間が長くなるので、太さや形状など握りやすさと、長時間握りつづけても疲れにくい重量のものを選ぶことが大切です。

普段使っているペンや鉛筆に近い感覚で使えるものを選ぶといいでしょう。

イラストを描くのにおすすめなタッチペン

ここからはおすすめのタッチペンをご紹介します。

タッチペンといっても、イラストを描くためのものと文字を書くためのものとでは、かなり使い勝手が違ってくるので、まずはイラストを描くためのタッチペンをご紹介しましょう。

選定基準は細いペン先で快適に絵をかくことができるものです。

アドニット Dash2 ADJD2B

こちらのタッチペンはAndroidでもiOSでも使うことができます。ペン先は1.9mmで、まるで紙の上に書くような書き心地でタッチ画面の上に滑らせることができます。

応答性がとても優れていて、細かいところも正確に書き込めることから、イラストを描いている人や、タブレットで細かい作業をする必要がある人から多くの指示を集めています。

USBで充電するタイプで、最大14時間の連続使用に耐えます。電気を使うタイプのタッチペンですが、タブレットと同期させる必要はありません。

ボールペンやシャーペンを使うときのように上部をノックするだけで簡単に使い始められる手軽さと、握りやすいボディが人気の理由です。

ワコム Bamboo Fineline

iOS専用のタッチペンです。ソフトタッチのボディは手になじみやすく、長時間の作業でも疲れにくいデザインになっています。

細いペン先は筆圧を感知して、まるで紙の上に書くように自然な書き心地で書き込むことができると話題です。

ペン先は本体の真ん中部分をツイストして回すことで内部に簡単に収納できます。

電源のオンオフもこのツイストでできます。キャップが必要ないので、キャップを失くす心配もありません。

ホワイト、ブルー、ライトブルー、ブラック4から選ぶことができ、スタイリッシュなデザインで持ち歩くのも使うのもおしゃれです。

価格は高額ですがペン先は交換が可能なので、1つ購入すれば長く使い続けられます。

Apple pencil

アップル社から発売されているiPadのために作られたタッチペンといえばこちらのApple Pencilです。

直観的に使えるように設計されているiPad上で、まるで紙のノートやスケッチブックにさらさらと書いていくかのように、感覚的に精密な書き込みができます。

筆圧を感知して、簡単に線の太さを変えることができるので、まるで筆を使って書いてるかのような感覚でイラストを書くことができます。

間違えた時には、ダブルタップをすれば鉛筆から消しゴムにすぐに変わるので、いちいち消すゴムボタンを押す手間が省けます。

iPadを使っている人なら、やはり純正品のタッチペンが最も使いやすいことでしょう。一番のおすすめはやはりApple Pencilです。

ワコム Bamboo Sketch

こちらもiOS専用のタッチペンになります。

ワコムに対応したお絵かきアプリがいろいろとありますが、それらとBluetooth接続で同期させることで、より高い性能を発揮してくれます。

描画専用に開発されたペンで、極細なペン先で、自然な感覚でスケッチすることができるのが大きな特徴です。

まるで本物のペンを使っているかのような自然で正確なスケッチをすることができるということで、多くのイラスト作成者から支持を集めています。

三角形のボディはとても握り心地が良く、手になじみやすいので、長時間の作業でも疲れにくい設計になっています。心ゆくまで好きなだけスケッチを楽しむことができるタッチペンです。

ビジネスマンにおすすめのタッチペン

次にビジネスマンや学生におすすめのタッチペンをご紹介します。

ビジネスマンや学生にとっては、文字に書きやすさと、コピペのしやすさ、といった操作性が重要になります。

また、ボールペンと一体になっているものであれば、なお便利です。ボールペンと一体型で書きやすさや操作性に優れているタッチペンをご紹介します。

ZEBRA スタイラスC1

筆記用具の老舗メーカーであるZEBRAから発売されている2Wayのタッチペンです。

シリコンゴムのタッチペンと黒の油性ボールペンが一体化しているペンで、400円前後で購入することができます。

長年筆記用具の書き心地を追求してきた企業だけあり、タッチペンの書き心地にも徹底的にこだわっています。

ピンからキリまであるといわれているシリコンゴム製のタッチペンの中でも、特に操作性に優れていて、タブレットをストレスなく操作することができます。

軸はアルミ素材でできていて、メタリックなスタイリッシュなボディが特徴です。カラーは黒、青、赤、ライトブルー、白から選べます。

メトリックス タッチペン TP-01

こちらはiOS専用のタッチペンです。タッチペンと黒のボールペンが使える2Wayのタッチペンです。

その上、ストラップの先をイヤホンジャックに入れると、iPadに収納して持ち運ぶことができます。

カラーが豊富に用意されていて、オシャレにカラーを選びたい人には特におすすめなタッチペンです。

BIC ボールペン付きタッチペン

フランスの老舗ボールペンメーカーのBICから発売されているタッチペンです。

黒のボールペンとシリコンゴムのタッチペンが使える2Wayタイプのタッチペンです。ボールペンはサイドノックで収納することができます。

シリコンゴムのタッチペンはボールペンの頭に付いているので、ボールペンを使いながらそのままペンをひっくり返せば、簡単にタッチペンになります。

ボールペンと同じような書き心地でタッチパネルを操作できるのが、大きな特徴です。

自然な使い心地でタブレットを使えるのと、握りやすいグリップで、油性ボールペンの快適な書き心地が多くの人から支持されています。

タブレットをタッチペンで操作するメリット

ところで、指でタッチして操作することもできるタブレットを、わざわざタッチペンを用意して使うことには一体どんなメリットがあるのでしょうか。

この記事の最後に、タッチペンを使ってタブレットを操作することのメリットについてみていきましょう。

ミスタップやミスタイプが防げる

タブレットを操作するときに、間違えて違うところを押してしまった、という経験のある人は多いことでしょう。

タブレットやスマホは感覚的に使うことができるとても便利なツールですが、ついうっかりとリンクを押してしまうことがあります。

また、気になる言葉や文章をコピペしたいときなどに、コピペしたいところを指ではうまく指定できずに困った経験もありませんか。

間違えて押してしまったリンクに飛んでしまったり、コピペしたい箇所をうまくコピペできないといったことは、指先がタブレットで必要な細かい操作に比べると太いことに原因があります。

指先よりも細いタッチペンを使うことで、ミスをしたり画面を拡大する手間を防ぐことができるようになるのです。

液晶の傷汚れやが防げる

タブレットを使っていると、気が付くと指先に付いている汗や皮脂でベタベタと画面が汚れていることがありませんか?

人の指先にはどうしても皮脂が付いています。何か作業をしているとどうしても汗もかきます。

いくらきれいに手を洗ってからタブレットを操作しても、汗や皮脂の汚れを防ぐことはできません。その汚れもタッチペンを使うことで予防することができます。

タッチペンは先が柔らかいので、画面が傷つくことも防ぐこともできます。画面を汚れや傷から守る効果もあるのです。

タッチペンの導入でタブレットの操作性を向上させよう

本記事ではタブレット用のタッチペンについていろいろと詳しく見てきました。

なかなかタブレットがうまく使いこなせていない、すぐに画面が汚れてしまって困っている、という人も少なくないことでしょう。

そんなタブレットを使う上でのお悩みはタッチペンを使うことで解消できるかもしれません。

最初から高額なタッチペンを購入することには抵抗があるのなら、まずは安価なものから試してみてはいかがでしょうか。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2018年12月24日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。