ふるさと納税をして話題のApple TVを手に入れよう

現在、ふるさと納税の返礼品が話題になっています。注目の返礼品の中にはApple TVもあるのはご存知でしょうか。この記事ではもうすぐ終わってしまう可能性の高いふるさと納税の返礼品のApple TVについてみていきましょう。
Hulu ふるさと納税をして話題のApple TVを手に入れよう

所得税と住民税が控除されることで、実質的な収入が上がるということで話題になっているふるさと納税。

返礼品競争が過熱したことで総務省が制度の見直しを検討していますが、高額な返礼品はなくなりません。そんな中、ガジェット好きな人から大きく注目されている返礼品にApple TVがあります。

Apple TVは恐らくもうしばらくしたら返礼品として使えなくなる可能性が高いので、今しかふるさと納税でゲットするチャンスはありません。

本記事では、ふるさと納税でApple TVを手に入れる方法についてみていきましょう。

\おうちで楽しもう!/
U-NEXT

人気のApple製品はふるさと納税でも注目が集まる

ふるさと納税の返礼品にはApple TVの他にもiPadやApple Watchもあり、とても人気な返礼品になっています。

ふるさと納税でApple製品が人気の理由には、どのような理由があるのでしょうか。

高い還元率で注目される家電の中でもアップル製品は常に人気

まず、ふるさと納税を節税対策として考える人が考えるのは還元率です。

返礼品の価格がふるさと納税の金額のどのくらいの割合なのか、ということでふるさと納税を選びます。

ふるさと納税をした金額は2,000円を引いた金額が所得税と住民税から控除される仕組みになっています。控除から返礼品の金額は考慮されていません。

そのため、高い還元率の商品を選ぶことで、実質ほぼ無料で高額商品を手に入れることができるのです。

加熱する返礼品競争に対して、総務省は返礼品の価格は寄付額の3割以内に抑えるように通告していますが、罰則はないことから3割を超える還元率の返礼品もまだまだ多くあります。

Apple製品の還元率はほぼ3割を超えていることから、特に人気が高いものになっています。

特にiPhoneを長年使っている人にとっては、Apple製品の使い勝手の良さやデザイン性の高さが実感できている分、Apple製品を返礼品として選ぶ傾向が高くなっています。

購入するか悩むApple TVもふるさと納税の返礼品なら欲しい

Apple製品の中で、メディアでも大きな話題になったiPadやAppleWatchなら自分で買ってでも欲しいと思う人も多いものです。

しかし、Apple TVはあまり話題にもなっていないので、コアなAppleユーザーではない、iPhoneをなんとなく選んで使っているような人には存在すら知られていない可能性もあります。

しかし、ふるさと納税のラインナップを見ることで欲しくなって検討を始める人もいることでしょう。

ふるさと納税の返礼品に加えることで、それまでApple TVには興味がなかった人でも興味を持つようになってきています。

ふるなびでふるさと納税をする

ふるさと納税で手に入るApple TVは2種類

ふるさと納税では福岡県行橋市がApple TVを扱っています。行橋市ではApple TVの他にiPadとAppleWatchのApple製品も扱っています。

Apple製品が行橋市の地場製品なのかどうかは議論の余地があるようですが、今ならお得にゲットできるのは確かです。

Apple TVは4K64GBと32GBの2種類が発売されていますが、行橋市の返礼品ではどちらも用意されています。それぞれ詳しく見ていきましょう。

\おうちで楽しもう!/
Hulu

Apple TV 4K 64GB

目に入る自然の色をそのまま鮮やかに再現できる画質を誇る4K映像と、Dolby Atmosの臨場感あふれるサウンドが再現できるのが、Apple TV 4K 64GBです。

家庭のテレビでまるで映画館で視聴しているかのようなリアルな映像とサウンドを体感することができるということで、話題になっています。

Apple TV 4K 64GBは福岡県行橋市に7万円寄付すると返礼品としてもらうことができます。

還元率は約33%と3割を超える高いものになっていることから、人気な返礼品の1つになっています。

ふるさと納税でApple TV 4K 64GBをもらう

Apple TV 32GB

Apple TVが返礼品としてもらえる寄付額には、5万5,000円も選ぶことができます。5万5,000円の返礼品はApple TV 32GBになります。

4K 64GBと32GBの違いは4K映像を見ることができるかどうか、という点にあります。

Apple TVでリアルな4K映像や音を楽しめるとはいっても、4K対応テレビやサラウンドシステムがなければ宝の持ち腐れです。まだ4K 64GBを使える環境が整っていない人には、こちらをおすすめします。

福岡県行橋市で5万5,000円を寄付してApple TV 4K 32GBを返礼品としてもらった場合の還元率は、驚きの38%になります。

高還元率な返礼品としては特に人気が高いものになっています。

ふるさと納税でApple TV 4K 32GBをもらう

Apple TVがある、ふるさと納税サイトはふるなび

2018年4月に総務省から返礼品の内容や金額について、高額なものや地場産業品とは言えない家電などを見直すようにとの通達がありました。

この通達を受けて、多くの自治体が返礼品の見直しをして、現在では家電製品はかなり少なくなってきました。

これを受けてふるさと納税を扱っている多くのサイトでも、通達に沿った運用を行うということで、通達の内容から外れる返礼品の取り扱いを取りやめるところが多くなっています。

Apple TVは総務省通達の3割以内の還元率から大きく外れることから、現在ではほとんどのサイトで取り扱いをしていません。

現在、Apple TVを扱っているサイトは「ふるなび」のみになっています。

今後こちらもなくなる可能性がとても高いので、まだふるさと納税でApple TVをゲットしていない人は、今すぐ「ふるなび」から注文しましょう。

ふるなびでふるさと納税をする

Apple TVの機能とは

ところで、Apple TVというのはどういうものなのでしょうか。

Apple TVという言葉から、普通のテレビがもらえると思っている人もいるようですが、Apple TVはメディアストリーミング端末です。

HDMIケーブルでテレビと接続することで、インターネット経由で様々なコンテンツを楽しむことができるようになります。

具体的にどのようなことができるのか、その機能について具体低に見ていきましょう。

映画が見られる

Apple TVでは映画を視聴することができます。

映画を家で見るときには、DVDやブルーレイをレンタルするか、パソコンでダウンロードしなくてはいけませんでした。

Apple TVがあれば、itTunes Storeにラインナップされている映画をテレビで簡単に見ることができます。

\おうちで楽しもう!/
U-NEXT

スマホでしか見られなかった動画がテレビで見られる

スマホやタブレットなどでアプリを使わなければ見ることができなかった動画をテレビで見ることができるようになります。

YouTubeやニコニコ動画、Huluなど話題の動画アプリや動画配信サービスは専用アプリを使わないと見ることができないために、今まではテレビでは見ることができませんでした。

Apple TVではアプリを使うことができるようになるので、そういった動画も視聴することができるようになります。

スマホでやっていたアプリゲームや娯楽アプリがテレビで楽しめる

別売りのコントローラーが必要になりますが、スマホゲームもテレビで楽しめるようになります。

コントローラーを使えばゲーム機と同じような操作でスマホゲームができるようになるので、家族みんなでスマホゲームを楽しめるようになります。

また、スマホでしか使えなかった音楽や料理、ヨガなどのアプリも楽しめるようになります。

AirPlayで写真や動画をテレビに映すことができる

今まではiPhoneやiPadで撮影した写真や動画をテレビで見たいときには、専用のケーブルでテレビと端末をつなぐ必要がありました。

Apple TVがあれば、インターネットでApple TVを経由して、テレビで写すことができるようになります。思い出の写真や動画もテレビで簡単に見られるようになります。

Siriを使える

ここ最近、スマートスピーカーが話題になっていますが、スマートスピーカーの先駆けといえばiPhoneのSiriでしょう。

SiriはApple TVでも使うことができます。

Siri RemoteのSiriボタンを押しながら話しかけると、iPhoneでSiriに話しかけているのと同じようにApple TVを操作することができます。

映画や動画の検索をしたり、動画の再生や停止、10分飛ばしなどの操作もSiriを使って音声でできるのでとても便利で、スマートにテレビを楽しむことができるようになります。

ふるなびでふるさと納税をする

\おうちで楽しもう!/
Hulu

Apple TV 4K 64GBとApple TV 32GBの違いは

Apple TVをふるさと納税で選ぶとしたら、1万5,000円の差額以外に、4K 64GBと32GBをどのように選ぶといいのでしょうか。

こちらではApple TVの4K 64GBと32GBの違いについてみてみましょう。

4Kで視聴できる以外の目に見える機能の違いはない

まず機能的な部分ですが、画像の4K対応と音質の違い以外には大きな違いはありません。OSはtvOSが搭載されていて、アプリも同じアプリを使うことができます。

接続するテレビが4K対応だったり、映画館並みの臨場感を味わえるサラウンドシステムを導入しているのなら4K 64GBを選ぶ価値がありますが、そうでないのなら32GBで十分ではないでしょうか。

また、Apple TVには4K 32GBも商品にはありますが、ふるさと納税では用意されていません。32GBは4K非対応の第4世代となります。

処理能力の違い

性能には大きな違いがありますが、処理能力は大きく違います。

Apple TV 4KにはA10X Fusion という高度な処理能力を誇るチップが搭載されていることから、処理能力はとても速くなっています。

容量が大きなゲームをしていると、デバイスの性能が悪いと反応が悪くてイライラすることもあります。

ゲームを楽しみたい人には4K対応テレビを持っていなくても4K 64GBがおすすめです。

ふるなびでふるさと納税をする

ふるさと納税でApple TVが欲しい人は急いで

ふるさと納税のそもそもの趣旨というのは、地域にお金を還元して盛り上げていこうというものです。

返礼品というのも、地場産業を盛り上げるために地元の特産品を贈ろうという趣旨で始まりました。

この趣旨からすると、地元に本社も工場もすべてあるというメーカーの家電製品でない限り、家電製品というのは本来の趣旨から外れる返礼品になります。

特にApple製品とういうのはアメリカの製品なので返礼品にしていても、地場産業が潤うわけではありません。今後はApple TVが返礼品から排除される可能性が高いのが現状です。

ふるさと納税でApple TVが気になっている人はできるだけ早く注文しましょう。できれば2018年の内がベストです。

ふるなびでふるさと納税をする

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

ふるさと納税をして便利で楽しいApple TVを手に入れよう

この記事ではふるさと納税の返礼品のApple TVについてみてきました。

ふるさと納税の趣旨から考えるとどうなのか、ということはありますが、やはりお得にApple TVがゲットできるというのは魅力的です。

テレビのコンテンツを豊かに広げることができるApple TVをふるさと納税でゲットして、楽しい毎日を送れるようにしてみてはいかがでしょうか。

ふるなびでふるさと納税をする

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年08月05日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード