格安SIMへ乗り換える最適なタイミングは?費用を抑える方法・手順を紹介

格安SIMに乗り換える最適なタイミングについて解説しています。乗り換え時期の決め方や乗り換え時に注意すべき点についても解説しています。加えておすすめの格安SIMも紹介しているので、乗り換え費用を抑えて格安SIMに乗り換えたい人は必見です。
BIGLOBEmobile20190724_desc 格安SIMへ乗り換える最適なタイミングは?費用を抑える方法・手順を紹介

スマホの月々の料金を少しでも減らしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

とくに大手のキャリアで契約している人は、スマホ代を節約するために格安SIMへの乗り換えを検討している人もいるでしょう。

ここでは格安SIMに乗り換えるときにかかる費用や、いつが乗り換えによいタイミングなどを紹介します。

格安SIMへの乗り換えにかかる費用

乗り換えするときには、先にキャリアの契約を解除します。契約解除は、手続きを行う時期によってかかる費用が異なります。

そのため事前にかかる費用を計算し、一番費用を抑えて解約できるタイミングを選ぶことが大切です。

解約時に発生する費用を確認してみましょう。

  • 違約金
  • 端末の残債
  • MNP転出手数料
  • 事務手数料
  • (SIMロック解除手数料)

違約金は更新月以外での契約解除では最大10,450円(税込)の違約金がかかります。

この違約金は、契約を解除する時期を更新月に合わせることでなくなります。そのため解約の際には更新月を確認するとよいでしょう。

MNPの転出手数料は、使用中の電話番号を乗り換え先の格安SIMで使用したい場合にかかる費用のことで、ドコモでは2,200円(税込)、auとソフトバンクでは3,300円(税込)かかります。

またキャリアとの契約の際に端末を分割で購入しており、その代金の支払いが終わっていない場合には、端末代金の支払いもあります。

そのほか解約月のキャリアと格安SIMの月額料金、格安SIMの契約の際の事務手数料などがかかります。

乗り換えにかかる費用を抑える方法

乗り換えのときにかかる費用で高額になる可能性があるのが違約金です。この違約金がかからないように解約できれば乗り換え費用が大きく抑えられます。

ここでは乗り換えにかかる費用を抑えるポイントを解説します。

電気通信事業法改正で違約金は大幅減額

2019年10月1日に施行された改正電気通信事業法により、ソフトバンクでは契約期間と違約金を廃止しました。

そのためソフトバンクでは、2019年9月13日以降に契約したプランでは違約金なしで解約できます。

ドコモやauでは、新料金プランの提供を開始し、定期契約なしのプランと2年契約のプランの提供を始めました。そして、2年契約のプランの更新月以外の解約による違約金を1,100円(税込)に変更しました。

ただし違約金が0円もしくは1,100円(税込)になるのは、2019年10月以降の契約の人(ソフトバンクでは2019年9月13日契約以降の人)が対象です。

新プランに変更してから解約する

電気通信事業法改正により変更された違約金ですが、契約年月は関係なく、新料金プランを適用することで改正後の違約金で解約が可能です。

そのため、旧プランの人が乗り換えをする際は、一度新プランに変更してから解約することで違約金を安く抑えられます。

ドコモ

2019年10月以降に契約する「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」から、料金や違約金が変更されています。

2年契約と定期契約なしの月額料金の差額が187円(税込)となり、定期契約なしのプランが選びやすくなりました

また2年契約をした際の違約金も1,100円(税込)に変更されています。違約金が格段に安くなったことで他社への乗り換えがしやすくなりました。

しかし2019年9月までのプランを契約して更新月を迎えていない場合には注意が必要です。新プランへ変更しても、更新月を迎える前に解約してしまうと10,450円(税込)の違約金がかかります。

これはドコモでは旧プランから新プランへプラン変更を行っても、契約期間が引き継がれるためです。プラン変更を行ったからといってすぐに違約金が1,100円(税込)になるわけではありません。

au

2019年10月1日以降に提供を開始した以下の新プランは更新月以外の違約金が1,100円(税込)です。

  • au データMAXプラン Netflixパック
  • au フラットプラン 25 Netflixパック
  • au フラットプラン7プラスN
  • 新auピタットプランN
  • au データMAXプランPro
  • au フラットプラン20N」

2019年9月30日までに契約したそれ以前に提供していたプランを契約している場合には、違約金が10,450円(税込)発生します。

旧プランから新プランへの変更は無料で行え、申込みの翌月に適用されます。

そのため乗り換えを検討する場合には、新プランへ変更してから解約を行うことで、更新月以外での解約の違約金が1,100円(税込)になります。

ソフトバンク

2019年9月13日以降に提供を開始した新プランを契約する場合には、契約期間がなく違約金が発生しません。

ただし2019年9月12日以前に提供されていたプランを契約している場合には、更新月以外での契約解除には、違約金10,450円(税込)が発生します。

この旧プランの違約金は、下記基本プランへの変更後解約することで払わずに済みます。変更後の月額基本料金も安いので、乗り換えを検討している場合にはプランを変更してからの解約がおすすめです。

プラン 月額料金
基本プラン(音声) 1,078円(税込)
基本プラン(データ) 1,078円(税込)

なお変更後のプランが適用されるのは翌請求月からなので、解約はプラン変更の翌月以降に行いましょう。

違約金が負担できるキャンペーンを利用する

格安SIMの中には乗り換えや新規契約の人を対象に、条件を満たすことでキャッシュバックが受けられるキャンペーンを行っているところがあります。

たとえばUQモバイルでは、乗り換えの人を対象にオンラインで対象のプランを契約するなどの条件を満たすと、10,000円のキャッシュバックが受けられます。

またLIBMOでは、通話SIMの契約で最大20,000円のキャッシュバックが受けられます。

それぞれ契約時の条件がありますが、キャッシュバックが受けられると、乗り換え費用に充てられます。

このように格安SIMに乗り換えを検討する場合には、キャンペーンを利用するとお得に乗り換えられます。

※本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

格安SIM乗り換えのベストタイミングはいつ?

乗り換えは、更新のタイミングに合わせると費用を抑えられます。ただし、更新月まで期間が長い場合にはその限りではありません。ここでは、乗り換え時期を見極めるポイントを解説します。

契約更新月

ソフトバンクは、違約金が発生する旧プランに契約している場合でも新プランにプラン変更することで違約金の発生を回避できます。

ドコモやauは、更新月に契約解除を行えば違約金は発生しません。ドコモの契約更新の期間は、契約満了月の24ヶ月目とその翌月25ヶ月目、翌々月の26ヶ月目の3ヶ月間です。

この期間であれば違約金がかかりません。auもドコモと同じ契約更新期間を設けています。

乗り換えの時期に余裕がある場合には、この更新期間に合わせて乗り換えを行うことで、違約金の支払いがなくなり費用を抑えて乗り換えできます。

契約更新月の確認方法

契約更新月は、各キャリアのマイページにアクセスすると確認できます。

    【ドコモ】

  1. My docomoにアクセスし、dアカウントIDとパスワードを入力してログインする
  2. 「契約内容・手続き」をタップする
  3. 「すべてのご契約内容の確認」をタップする
  4. 料金プランの項目の中の「ご契約プラン」の欄にある契約満了月を確認する

    【au】

  1. My auにアクセスし、au IDとパスワードを入力してログインする
  2. 「スマートフォン、携帯電話」をタップする
  3. 「ご契約内容/手続き」をタップする
  4. 「ご契約情報」をタップする
  5. 「料金割引サービス」の項目のすぐ下にある「次回更新期間」で確認する

    【ソフトバンク】

  1. My SoftBankにアクセスし、IDとパスワードを入力してログインする
  2. 「契約確認」をタップする
  3. 基本料の項目の中の「更新期間」で確認する

上記の方法でスマホから簡単に確認できます。更新期間がわかると、更新期間に合わせて乗り換えできるので、余計な違約金の支払いなしで乗り換えができます。

また、ドコモ・au・ソフトバンクは、2021年春以降にMNP転出手数料を廃止します。そのため、費用を安く抑えたい場合は2021年春以降の乗り換えがおすすめです。

なお、ドコモのみ2021年3月31日までに取得したMNP予約番号を2021年4月1日以降に転出すると、手数料3,300円(税込)が発生するので注意しましょう。

月末

ドコモ、au、ソフトバンクの解約する月の月額料金は、日割り計算されず1月分の月額料金が請求されます。

それに対して、UQモバイルやワイモバイルでは契約月の月額料金は日割り計算されます。

このように、格安SIMでは契約月の月額料金が日割り計算されることが多いため、お得に乗り換えるには月末にキャリアの契約を解除するのがおすすめです。

スマホ・ガジェットのトレンド情報を配信中!
LINE友だち追加

乗り換えにおすすめの格安SIM5選

ここではお得に乗り換えができる格安SIMを紹介します。

通常、契約の際には事務手数料3,300円(税込)がかかりますが、UQモバイルやBIGLOBEモバイル、LINEモバイルでは事務手数料が無料で契約できるエントリーパッケージがあるので利用を検討してみるとよいでしょう。

ワイモバイル

ワイモバイル 出典:ワイモバイル

ワイモバイルは、ソフトバンクが運営するサブブランドという位置付けです。ソフトバンクの高品質な回線を利用できる上に、キャリアよりもお得な料金プランで人気を集めています。

価格とサービス内容のバランスが取れているので、初めて格安SIMを契約する方でも安心です。

ワイモバイルの月額料金プラン

ワイモバイルは、2021年2月18日より新料金プラン「シンプルS/M/L」の提供を開始しました。追加料金なしで5Gサービスを利用できるお得な料金プランを見ていきましょう。

プラン名 シンプルS シンプルM シンプルL
データ通信容量 3GB 15GB 25GB
月額料金 2,178円(税込) 3,278円(税込) 4,158円(税込)
割引額 ※ -1,188円(税込)
ワイモバ学割 - -1,100円(税込) -1,100円(税込)
全割引適用後の
月額料金
990円(税込) 990円(税込) 1,870円(税込)
データ通信容量
超過時の通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
5G通信
通話料 22円(税込)/30秒

※「光回線とのセット割(おうち割 光セット(A):SoftBank 光・Air加入)」または「家族割引サービス(2回線目以降)」の割引価格

シンプルS/M/Lは、データ容量3GB・15GB・25GBの3種類のプランから選択できます。旧プランよりもデータ容量が増え、料金が安くなっているので、幅広いユーザーが満足できるサービス内容と言えるでしょう。

「おうち割光セット(A)」または「家族割引サービス」が適用されるので、シンプルSなら990円(税込)/月から契約可能です。

PayPayボーナスプレゼント

出典:Yahoo!モバイル

3月中にワイモバイルを契約すると、PayPayボーナスが受け取れるキャンペーンが開催されています。こちらのキャンペーンは、Yahoo!JAPAN IDでログインして、申し込み前にエントリーする必要があります。

  • 期間:2019年12月23日~
  • 特典内容:PayPayボーナス3,000円相当プレゼント

こちらは、新規・乗り換え(MNP)・番号移行でシンプルS/M/Lに申し込む方が対象です。特典を受け取るまでの流れは、以下を参考にしてください。

  1. Yahoo!JAPAN IDでログインしてキャンペーンページからエントリーする
  2. 店舗またはWebからシンプルS/M/Lを契約する
  3. 申し込み日までの翌月までにエントリーしたYahoo!JAPAN IDでワイモバイルサービスの初期登録を完了する

ワイモバイルのシンプルS/M/Lを申し込む前に、エントリーする場合は特典対象外となるので注意しましょう。PayPayボーナスの付与時期は、申込日の翌々月末を予定しています。

また、5のつく日・日曜日に申し込むと、さらに特典がもらえます。シンプルS/M/Lは、ずっと料金が変わらないわかりやすいプランなので、この機会に契約してみましょう。

【Yahoo!モバイル】最新キャンペーンはこちら

SIMカード契約特典

ワイモバイルの新料金プラン「シンプルM/L」に申し込むと、最大7,000円相当のPayPayボーナスがプレゼントされます。こちらは、申込日が毎月5のつく日(5日・15日・25日)または日曜日が対象です。

また、新規・他社からの乗り換え(MNP)かつシンプルM/Lを申し込むことが条件のため、シンプルSの申し込みは対象外となっています。

もらえるPayPayボーナスは、シンプルMの場合が5,000円相当、シンプルLの場合が7,000円相当です。こちらのキャンペーンは特典をもらえる日が限られているので、申し込みの際にしっかりと確認しましょう。

【Yahoo!モバイル】最新キャンペーンはこちら

スマホ契約特典

「スマホ契約特典」は、対象商品を申し込むと、PayPayボーナス最大5,555円相当がもらえるキャンペーンです。特典を受け取るためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 毎月5のつく日(5日・15日・25日)または日曜日に、新規・他社からの乗り換え(MNP)・番号移行・機種変更で申し込みをしていること
  • 特典がもらえる対象商品を申し込むこと
  • キャンペーンページからYahoo!JAPAN IDでログインして申し込むこと
  • シンプルS/M/Lを申し込むこと
  • 申し込み後、ワイモバイルの契約が完了していること
  • 契約の支払いに滞りがないこと

もらえるPayPayボーナスは、新規・乗り換え(MNP)の場合が5,555円相当、機種変更の場合が3,300円相当です。PayPayボーナスは、申込日の翌々月末に申込時にログインしたIDに対して付与されます。

特典がもらえる対象商品は、以下を参考にしてください。

対象商品 本体価格(税込)
iPhone 12 99,000円~
iPhone 12 mini 84,600円~
iPhone SE(第2世代) 45,720円~
Libero 5G 19,800円
OPPO Reno3 A 14,760円
かんたんスマホ2 19,800円
AQUOS sense4 basic 11,088円
Xperia 10 II 34,920円
Xperia 8 24,120円
Android One S8 24,120円
Android One S7 14,760円
Android One S6 11,880円

機種変更を考えている方は、ワイモバイルの人気機種を購入して、PayPayボーナスをゲットしましょう。

【Yahoo!モバイル】最新キャンペーンはこちら

新プラン登場記念端末キャンペーン

ワイモバイル キャンペーン 出典:ワイモバイル
  • 期間:終了日未定(3/31値引き終了機種あり)
  • 内容:最新の人気機種が18,000円(税込)割引
  • 条件:新規または他社からののりかえで契約

ワイモバイルではオンライン限定で、端末の割引セールを開催中です。

新しくシンプルS/M/Lの3プランが登場したことを記念として最新のiPhone 12/12 miniをはじめとする9機種が割引価格で購入できます。

ソフトバンクからのMNP転出は対象外となりますのでご注意ください。

割引対象となる端末と割引後の端末代金は以下の表のとおりです。

対象端末 端末代金(税込)
iPhone 12 64GB:92,880円
128GB:98,640円
256GB:113,040円
iPhone 12 mini 64GB:78,480円
128GB:84,960円
256GB:98,640円
iPhone SE(第2世代) 64GB:39,600円
128GB:46,080円
OPPO Reno3 A(※) 8,640円
AQUOS sense4 basic 4,968円

(※)新規契約は適用外の機種です。

iPhone 12/12 miniが安く手に入るめったにないチャンス。この機会にぜひ手に入れてください。

【Yahoo!モバイル】最新キャンペーンはこちら

データ増量無料キャンペーン2

ワイモバイル データ増量無料キャンペーン2 出典:ワイモバイル

初めてデータ増量オプションを申し込むと、月額料550円(税込)が1年間無料になるキャンペーンです。

つまり、1年間通常よりも多いデータ容量を使うことができるということです。増量後のデータ容量は以下の通りとなっています。

  • シンプルS:3GB→4GB(+1GB)
  • シンプルM:15GB→18GB(+3GB)
  • シンプルL:25GB→28GB(+3GB)

シンプルSなら1GB増量、シンプルM・Lなら3GBも多く使えます。契約後もプラン変更は可能なので、最初は思う存分使えるシンプルMやLがおすすめです。

【Yahoo!モバイル】最新キャンペーンはこちら

ワイモバ学割

出典:ワイモバイル
  • 期間:2020年11月11日~2021年5月31日

ワイモバイルの学割は、学生(5歳以上18歳以下)を対象に、スマホの基本料金が適用月から最大13か月間割引になるキャンペーンです。

また、受付期間内に新規契約もしくは対象プランへのプラン変更、かつ学生と同一グループの家族割引サービスに加入すると、家族も割引を受けることができます。

ワイモバ学割は、2021年2月18日より提供開始する新料金プラン「シンプルS/M/L」にも適用されます。シンプルM/Lでワイモバ学割を利用する場合、翌月から13か月間-1,000円割引です。

ただし、シンプルSは割引対象外となっているので注意しましょう。シンプルS/M/Lでワイモバ学割を利用した場合の月額料金は、以下を参考にしてください。

プラン名 月額料金 ワイモバ学割適用後
月額料金(翌月から13か月間)
シンプルS 2,178円(税込) 2,178円(税込)
(割引適用外)
シンプルM 3,278円(税込) 2,178円(税込)
シンプルL 4,158円(税込) 3,058円(税込)

ワイモバイルの契約を検討している方は、お得に利用できるこの機会を見逃さないようにしましょう。

【Yahoo!モバイル】最新キャンペーンはこちら

下取りプログラム

出典:ワイモバイル

ワイモバイルに新規加入・MNP・機種変更・契約変更をした方を対象に、それまで利用していた端末を下取りして、対象機種に応じて特典が付与されるプログラムです。

特典はPayPayボーナスと購入機種代金値引きのどちらかを選択できます。特典の金額は機種によって異なるので、ワイモバイルの公式サイトから確認してください。

なお、電源が入らない場合や、初期化されていない、各種ロックが解除されていない端末は下取りの対象外となるので注意しましょう。

【Yahoo!モバイル】最新キャンペーンはこちら

掲載しているキャンペーンは予告なく終了する可能性があります。

iPhone格安SIM通信アンケート

UQモバイル

出典:UQモバイル

※ 2021年2月1日よりauからUQモバイルへのMNP転出に限り10,000円キャッシュバックは対象外となります。

UQモバイルの月額料金プラン

プラン名 データ容量 月額料金(税込)
音声通話SIM くりこしプランS 3GB 1,628円
UQ学割適用で990円
くりこしプランM 15GB 2,728円
UQ学割適用で1,628円
くりこしプランL 25GB 3,828円
UQ学割適用で2,728円
データSIM データ無制限プラン 無制限 2,178円
データ高速プラン 3GB 1,078円

UQモバイルの料金プランは、音声通話SIMが3種類、データ専用SIMが1種類です。

音声通話SIMは、くりこしプランS・くりこしプランM・くりこしプランL・データ無制限プランの4種類から選べます。

くりこしプランS/M/Lは、2021年2月から開始した新料金プランです。

余ったデータ容量を翌月に繰り越せることが大きな特徴です。

「節約モード」使用時とデータ容量超過時の通信速度は、くりこしプランSが最大300Kbps、くりこしプランM/Lが最大1Mbpsです。

300kbpsはネット閲覧が問題なくできるレベル、1MbpsはYouTubeの標準画質が視聴できるレベルと思ってください。

節約モードを使えば、少ないデータ容量でもネットを十分に使えそうですね。

通話ができないデータ専用SIMは、月額1,078円(税込)で3GB使える「データ高速プラン」と月額2,178円(税込)で使い放題の「データ無制限プラン」の2種類です。

【限定キャンペーンあり】UQモバイルの契約はこちら

UQモバイルの料金プラン一覧や、プラン変更方法を解説した記事もご覧ください。

最大10,000円キャッシュバック

出典:UQモバイル

UQモバイルのくりこしプランに申し込むと、なんと最大10,000円の現金キャッシュバックがもらえます。

  • 実施期間:2021年4月1日~
  • 条件:SIMのみ購入でくりこしプランを契約する
  • 特典:最大10,000円のキャッシュバック

新規申し込みの場合は3,000円キャッシュバックですが、UQ学割を3ヵ月目までに適用する場合、くりこしプランSは3,000円、くりこしプランM/Lは7,000円増額されます。

また、乗り換え(MNP)の場合は、くりこしプランSが6,000円、くりこしプランM/Lが10,000円のキャッシュバックです。

キャッシュバックの適用条件・申込み手順はいたって簡単。UQモバイルオンラインショップでSIMのみを購入すると同時に、くりこしプラン(S/M/L)を契約するだけです。

なお、auからの乗り換え(MNP)で申し込む場合は適用されないので注意しましょう。キャッシュバック受け取りまでの流れは、以下を参考にしてください。

  1. UQモバイルオンラインショップでSIMのみの購入とくりこしプラン(S/M/L)の契約を同時に行う
  2. 契約から4か月目に登録したメールアドレスに口座情報入力ページのURLが届く
  3. 入力した口座にてキャッシュバックを受け取る

申込み時の登録メールアドレス宛に、キャッシュバック案内のメールが届くので、内容にしたがって受け取り口座を登録しましょう。口座情報入力後の翌営業日に、キャッシュバックが振り込まれます。

UQモバイルに乗り換えたい方は、ぜひ今回のキャッシュバックキャンペーンを活用してください!

【UQモバイル公式】最新キャンペーンこちら

iPhone 8購入で5,000円キャッシュバック

出典:UQモバイル

UQオンラインショップでiPhone 8を購入すると、5,000円キャッシュバックされます。UQモバイルで販売しているiPhone 8は、auが認定した高品質な中古品です。

  • 期間:2021年2月1日~
  • 特典:iPhone 8購入で5,000円キャッシュバック
  • 条件:新規またはau以外からの乗り換え(MNP)でくりこしプラン

こちらは、auからのMNPの方やくりこしプラン以外を契約している方は対象外です。また、UQモバイルオンラインショップ限定のキャンペーンとなっているので、店舗での購入は対象外となっています。

また、キャッシュバックの受け取り方法は、契約月から4か月目以降に申し込み時に登録したEメールアドレスに届きます。Eメールに記載されたURLのページから、指定の口座情報を入力してください。

iPhone 8は2017年に発売された機種ですが、優れた性能をもつモデルで根強い人気を誇っています。iPhoneを安く手に入れたい方は、お得に購入できるこの機会を見逃さないようにしましょう。

【UQモバイル公式】最新キャンペーンこちら

OPPO Reno3 Aキャンペーン

出典:UQモバイル

UQモバイルで「OPPO Reno3 A」の新規契約・機種変更・他社からの乗り換えをして、Webから応募するとau PAY残高へ3,000円キャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

  • 購入期間:2021年3月1日~2021年3月31日
  • 応募期間:2021年3月1日~2021年4月11日
  • 特典:UQモバイルでOPPO Reno3 Aを購入するとau PAY残高へ3,000円キャッシュバック

UQモバイル取り扱い店舗で購入したOPPO Reno3 Aも対象ですが、応募はWebから行う必要があります。応募方法の手順は、以下を参考にしてください。

キャンペーン応募方法

  1. 購入期間内にUQモバイル取り扱い店またはオンラインショップでOPPO Reno3 Aを購入する
  2. 応募期間内にキャンペーンサイトで契約情報とSIMスロット1のIMEIを入力する
  3. 注意事項を確認の上、契約申込書と個装箱底面の写真をアップロードして応募完了

応募時に入力したメールアドレスに、au PAYチャージカード番号が届きます。特典の付与は、5月中旬予定です。

IMEIは、OPPO Reno3 Aの設定アプリから確認できます。確認方法は、以下の通りです。

IMEI確認方法

  1. OPPO Reno3 Aのホーム画面から「設定」アプリをタップする
  2. 「端末情報」をタップする
  3. 「端末の状態」をタップする
  4. 「IMEI(SIM スロット1)」を確認する

入力するIMEIは、SIMスロット2ではないので間違えないように注意しましょう。また、au PAYのチャージ手順は、こちらを参照してください。

au PAYチャージ方法

  1. au PAYアプリのホームにある「チャージ」をタップする
  2. チャージメニューにある「au PAYチャージカード」をタップする
  3. 「コード番号を手入力」をタップする
    (※カメラが起動しますが、下部の「コード番号を手入力」をタップしてください。)
  4. コード入力欄が表示されるので、コードを入力して「コードを確認する」をタップする
  5. コードの確認ができたらチャージを行う
  6. au PAYアプリのホーム画面で残高を確認する

以上が、応募から特典受け取りまでの流れとなっています。OPPO Reno3 Aは、価格と性能のバランスがとれているコストパフォーマンスに優れたスマホです。

UQモバイルでの販売価格は11,880円(税込)とかなりお得なので、この機会に購入を検討してみましょう。

【UQモバイル公式】最新キャンペーンこちら

こちらの記事では、OPPO Reno3 Aの実機レビューをしています。こちらもあわせてご一読ください。

UQ学割

UQ学割 出典:UQモバイル

UQモバイルでは、18歳以下の方を対象に学割キャンペーンを実施中です。この学割は、学生本人だけではなく、一緒に契約している家族も割引の対象に含まれます。

  • 2020年11月20日~2021年5月31日

UQ学割は、家族で2人目以降の月額料金が割引される「UQ家族割」と併用することで、さらにお得になるキャンペーンです。2つの割引を適用したくりこしプランの料金表を見ていきましょう。

料金プラン くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
基本データ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月
月額基本利用料金(税込) 1,628円/月 2,728円/月 3,828円/月
UQ学割(税込) -638円/月
(翌月から8か月間)
-1,738円/月
(翌月から12か月間)
支払い合計額(税込) 990円/月~(翌月から8か月間)
9か月目以降:1,628円/月~
990円/月~(翌月から12か月間)
13か月目以降:2,728円/月~
2,090円/月~(翌月から12か月間)
13か月目以降:3,828円/月~

UQ学割を利用すると、くりこしプランSの場合通常より5,104円(税込)(638円(税込)×8か月)、くりこしプランM/Lの場合20,856円(税込)(1,738円(税込)×12か月)もお得です。

UQ学割には、3つ適用条件があるので、申し込み前に確認してください。

学生本人の適用条件

  • 新規契約・機種変更・くりこしプランへのプラン変更申し込み
  • 対象のくりこしプランへ加入もしくは加入していること
  • 申し込み時点の契約者または利用者の年齢が5歳以上18歳以下の回線であること

スマホプランからくりこしプランへのプラン変更、くりこしプラン間のプラン変更の場合は適用外となるので注意しましょう。

UQ家族割を利用して、家族も割引を受ける場合の適用条件は以下の通りです。

家族の適用条件

  • 対象のくりこしプランへ加入もしくは加入していること
  • 期間内に初めて「UQ家族割」を申し込むこと
  • UQ学割の条件を満たす学生回線を含むUQ家族割グループに所属していること

以上の条件を満たしていれば、UQ学割でお得にUQモバイルを利用できるので、学生の方はぜひ活用してみてください。

【UQモバイル公式】最新キャンペーンこちら

下取りサービス

出典:UQモバイル
  • 2019年10月1日~終了日未定

UQモバイルで機種変更や乗り換えをした方を対象に、機種変更前の端末を下取りしてくれるキャンペーンです。

機種や状態によって下取り金額は異なりますが、1,100円~13,200円をもらうことができます。古い機種も対象になっており、iPhone・Androidどちらも含まれています。下取りの条件は以下の通りです。

  • くりこしプランS/M/Lに申し込んでいること
  • UQモバイル指定の機種および破損・水濡れ等がないこと

データ移行が済んでもう使わない端末は、UQモバイルの下取りに出してみましょう。

【UQモバイル公式】最新キャンペーンこちら

掲載しているキャンペーンは予告なく終了する可能性があります。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル 出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの月額料金プラン

BIGLOBEモバイルは、月額料金がかなり安い格安SIMです。音声通話SIMを契約した場合、プラン開始月はどのプランを契約しても、0円で利用できます。

BIGLOBEモバイルのSIMのカードタイプは、タイプA(au 4G LTE回線)、タイプD(NTTドコモ回線)から選ぶことができます。

BIGLOBEモバイルの月額料金は以下の表の通りです。

※表をスライドすることですべての料金プランを見ることができます。

料金プラン 音声通話SIM
タイプA/タイプD
データSIM
タイプD
SMS機能付きデータSIM
タイプA/タイプD
サービス開始月 サービス開始翌月
(1ヶ月目~6ヶ月目まで)
7ヶ月目以降~ サービス開始翌月~ サービス開始翌月~
3ギガプラン 初月無料
初期費用実質0円
プラン料金0円
0円 1,600円 900円 1,020円
6ギガプラン 550円 2,150円 1,450円 1,570円
12ギガプラン 1,800円 3,400円 2,700円 2,820円
20ギガプラン 3,600円 5,200円 4,500円 4,620円
30ギガプラン 5,850円 7,450円 6,750円 6,870円

また、BIGLOBEモバイルでは様々なキャンペーンを実施しています。現在、対象の音声通話SIMを契約すると最大6ヶ月0円で運用できるので、是非チェックしてください。

データ通信量が多い方は、無料WiFiスポットやポケットWiFiを使って通信量を節約することができます。

【限定特典あり】BIGLOBEモバイルの詳しい情報はこちら

音声通話SIM特典

出典:BIGLOBEモバイル
  • 期間:2021年4月1日~

期間中に、音声通話SIM(シェアSIMを除く)を新規申し込みをすると、12か月間月額料金から値引きされるキャンペーンです。

特典を利用するためには、BIGLOBEモバイルのキャンペーンページまたは電話で、音声通話SIMを新規申し込みをして、申し込み月の翌月末日までにサービスを開始する必要があります。

なお、Webにて音声通話SIM特典のエントリーをした場合も、割引対象です。割引特典適用後の月額料金は、以下を参考にしてください。

データ容量 1年間
特典料金(税込)
2年目以降
月額料金(税込)
1GB 770円 1,078円
3GB 770円 1,320円
6GB 1,320円 1,870円
12GB 3,190円 3,740円
20GB 5,170円 5,720円
30GB 7,645円 8,195円

1GBまたは3GBのプランであれば、1年間770円(税込)で利用できるお得なキャンペーンです。月額料金の安さが魅力のBIGLOBEモバイルを、さらにお得に契約したい方は、この機会を見逃さないようにしましょう。

【限定キャンペーンあり】BIGLOBEモバイルを契約する

【当サイト限定】1,500Gポイントもらえる!

BIGLOBEモバイル キャンペーン 出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル契約を検討している方に朗報です!

当サイト経由でBIGLOBEモバイルを申し込むと、今なら最大1,500Gポイントもらえます!

  • 開催期間:2021年4月1日~未定
  • 対象条件:SIMのみで新規契約
  • 適用条件:当サイト経由かつクーポンコード【DGC】を入力

対象は、SIMカードのみで新規契約した方です。

Gポイントは1ポイント1円として月額料金に利用できるので、実質1,500円割引になります。

Gポイントをもらうには、当サイト経由でBIGLOBEモバイルに申込み、クーポンコード【DGC】を入力するだけ!

ぜひこのお得な機会にBIGLOBEモバイルに申し込みましょう。

【限定キャンペーンあり】BIGLOBEモバイルを契約する

端末セット特典

出典:BIGLOBEモバイル
  • 2021年4月1日 〜

本キャンペーンは対象の端末と音声通話SIMの申し込みで最大20,000円相当のポイントが還元されるもの。先述した「音声通話SIM特典」との併用も可能となっています。

対象端末の中には、端末代が20,000円以下のものもあるので、キャンペーン適用で実質0円での購入が可能です。

なお、こちらのキャンペーンは音声通話SIM(シェアSIMを除く)と、対象端末をセットで申し込む場合のみ適用されます。データSIMは対象外となるので注意してください。

また、ポイントはGポイントでの支払いとなります。ポイントを受け取るためにはGポイントの会員登録・BIGLOBE IDとの紐づけが必要になるのでこちらも注意しましょう。

端末 Gポイント特典 実質価格
iPhone SE(第2世代) 64GB 20,000円相当 28,820円(税込)
iPhone SE(第2世代) 128GB 20,000円相当 34,496円(税込)
OPPO Reno3 A 20,000円相当 12,056円(税込)
Redmi 9T 15,840円相当 0円
AQUOS sense4 20,000円相当 10,472円(税込)
moto e7 16,992円相当 0円
AQUOS sense4 plus 20,000円相当 25,520円(税込)
OPPO A73 20,000円相当 8,624円(税込)
moto g PRO 20,000円相当 13,640円(税込)

iPhone格安SIM通信でも実機レビューを行ったOPPO Reno3 Aなどの人気端末がお得にゲットできます!

【限定キャンペーンあり】BIGLOBEモバイルを契約する

エンタメフリー・オプション初回申込特典

出典:BIGLOBEモバイル
  • 2021年4月1日~

エンタメフリー・オプションとは、ギガを消費せずに対象サービスを使うことができるというものです。つまり、対象サービスは通信量を気にせず使い放題になります。

対象サービスにはYouTubeの他、音楽アプリのSpotifyや電子書籍のdマガジン等が入っています。通常308円(税込)~1,078円(税込)/月かかるプランですが、初めてエンタメフリー・オプションに加入する方なら最大6ヶ月間無料です!

格安SIMの中でもここまで使い放題のカウントフリーサービスはなかなかないので、BIGLOBEモバイルを契約したい方はぜひとも活用しましょう。

【限定キャンペーンあり】BIGLOBEモバイルを契約する

LINEモバイル

出典:LINEモバイル

※LINEモバイルは2021年3月31日(水)に新規申し込みを終了します。

乗り換えを検討している方は、新料金プラン「LINEMO」のメリット・デメリットを解説した記事をご覧ください。

LINEモバイルの月額料金プラン

LINEモバイルの料金プランは非常にシンプルで、「SIMタイプ」「データ容量」を選ぶだけです。

LINEモバイルのSIMタイプは、「音声通話SIM」「データSIM」の2種類です。データ容量は、500MB~12GBまで選ぶことができます。

LINEモバイルの月額料金プランは以下の表の通りです。

データ量 音声通話SIM データSIM
500MB 1,100円 600円
3GB 1,480円 980円
6GB 2,200円 1,700円
12GB 3,200円 2,700円

LINEモバイルには、オプションとしてLINE利用時のデータ通信量が0になる「LINEデータフリー」、LINEのほかに対象のSNS利用時にデータ通信量が0になる「SNSデータフリー」「SNS音楽データフリー」があります。

また、LINEモバイルではお得なキャンペーンも定期的に実施されているのでぜひチェックしてください。

LINEモバイルのキャンペーンはこちら

LINEモバイルの口コミ・評判や、料金プランについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ソフトバンク回線に変更で3,300ポイントプレゼント

出典:LINEモバイル
  • 期間:2020年12月16日~2021年3月31日
  • 特典:ソフトバンク回線に変更するとLINEポイント3,300ポイントをプレゼント

こちらは、LINEモバイルのドコモ・au回線を利用している方が、ソフトバンク回線に変更する際、LINEポイント3,300ポイントが付与されるキャンペーンです。

通常、回線を変更する場合、手数料として3,300円(税込)が発生しますが、こちらのキャンペーンを利用すると特典のLINEポイントによって実質無料で変更可能です。

回線変更の手順は、以下を参考にしてください。

  1. マイページから「各種手続き」>「回線変更」をタップする
  2. 現在の契約内容を確認後、ソフトバンク回線のオプションに加入するかどうかを選択する
  3. 申し込み内容を確認して「申し込む」ボタンをタップする
  4. SIMカードを受け取る
  5. マイページで利用開始手続きをする
  6. 端末の電源をオフにして届いたSIMカードに挿し替える
  7. 再起動してSMSを受信する
  8. APN設定を変更する
  9. 契約者連携を確認する
  10. LINEポイント3,300ポイントが付与される

LINEモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線から選べる格安SIMです。どの回線を選択しても料金プランは同じで、LINEモバイル契約中に回線変更することもできます。

3つの回線の中で、最も通信速度が安定しているのがソフトバンク回線です。LINEモバイルユーザー向けのアンケート調査によると、ソフトバンク回線が回線別通信速度満足度1位となっています。

現在、LINEモバイルのドコモ・au回線を利用している方は、通信速度が速いソフトバンク回線に変更してみましょう。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

LINEクレカで2,000ポイントプレゼント

出典:LINEモバイル
  • 期間:2020年12月9日~2021年3月31日
  • 特典:LINEモバイルの料金をLINEクレカで支払いに設定するとLINEポイント2,000ポイントをプレゼント

期間中に他社からの乗り換え(MNP転入)または新規番号でLINEモバイルに申し込み、料金をVisa LINE Payクレジットカードで支払いすると、LINEポイント2,000ポイントが付与されます。

こちらの特典を受け取るためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • キャンペーン期間中にLINEモバイルのWebサイト経由で申し込む
  • 2020年12月9日~2021年3月31日の間にLINEモバイルの申し込みを完了して、2021年4月30日までに課金開始日を迎える
  • 2021年3月31日までにLINEモバイルの支払い方法としてVisa LINE Payクレジットカードを初めて登録する
  • Visa LINE Payクレジットカードを初めて登録して最初に迎える請求を15日までに支払い完了する
  • LINEモバイルを利用開始後、LINEモバイルの公式LINEアカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携する

LINEクレカは、初年度年会費無料で2年目以降も年1回以上のカードショッピング利用で年会費が無料になるクレジットカードです。

また、過去6ヵ月間のポイント獲得量に応じて、LINE Payで使えるお得なクーポンがもらえるなどの特典があります。

LINEポイントの付与時期は、LINEモバイル料金の支払日によって異なります。詳細はLINEモバイルの公式サイトを確認してください。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

データSIM約2倍増量キャンペーン

出典:LINEモバイル
  • 期間:2020年11月12日~2021年3月31日
  • 特典:追加データ容量512MBを最大12か月間プレゼント
  • 適用条件1:新規契約またはプラン変更で「データSIM(SMS付き)」の500MBを申し込む
  • 適用条件2:2021年6月30日までに課金開始日を迎える

期間中に、通常月額660円(税込)のベーシックプラン「データSIM(SMS付き)・500MB」を契約すると、料金はそのままで最大12か月間データ容量が約2倍の1,012MBになるキャンペーンです。

なお、データ容量が増えるのは、契約完了した月を1か月目として2か月目~13か月目の12か月間適用されます。増量分の512MBは、毎月18日以降に付与されて、付与翌月末まで利用することが可能です。

また、SIMを追加申し込みする場合でもこちらのキャンペーンが適用されます。家族用や自分の2台目用としても活用できるので、ぜひ申し込んでみてください。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

掲載しているキャンペーンは予告なく終了する可能性があります。

IIJmio

出典:IIJmio

IIJmioの月額料金プラン

IIJmioの月額料金プランは、「音声通話SIM」「データ通信SIM(SMS付)」「データ通信SIM(SMSなし)」の3種類です。

IIJmioの料金プランは以下の表の通りです。

ネットワーク回線 料金プラン名 データ容量 月額料金
音声通話SIM データ通信SIM
SMSあり SMSなし
ドコモ回線(タイプD) ミニマムスタートプラン 3GB/月 1,600円 1,040円 900円
ライトスタートプラン 6GB/月 2,220円 1,660円 1,520円
ファミリーシェアプラン 12GB/月 3,260円 2,700円 2,560円
au回線(タイプA) ミニマムスタートプラン 3GB/月 1,600円 900円 -
ライトスタートプラン 6GB/月 2,220円 1,520円 -
ファミリーシェアプラン 12GB/月 3,260円 2,560円 -

データ容量もシンプルな3GB・6GB・12GBの3つで、ライト・ミドル・ヘビーユーザーごとに分かれています。

最安料金は1,600円~ですが、インターネット回線のIIJmioひかりとセット契約すると月額1,000円~契約可能です。

月12GBでも足りない方は、月額プランに追加して使える「大容量オプション」があります。大容量オプションは、「20GBで+3,100円」と「30GBで+5,000円」の2種類です。

使った分だけ支払いできる従量制プラン

出典:IIJmio

IIJmioの料金プランに、使った分だけ1GB単位で支払いができる従量制プランが新登場しました。

LINEやメールの利用が中心でデータ通信をあまり使わない方や、モバイル通信は自宅での利用が多いという方におすすめのプランです。従量制プランは、タイプA(au回線)のみ選択できます。

SMS機能付きSIMなら1GB480円から利用可能で、毎月データ通信容量の上限を設定できます。また上限を超えそうなときは、会員ページから上限値の変更をすると即日反映されます。

最大20GBまで使用できて、従量制プラン内でデータシェアもできます。3枚までSIMカードを利用できるため、家族でシェアしたり複数の端末で使いたい方にもおすすめです。

従量制プランの月額基本料金はこちらです。

バンドルクーポン SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM
~1GB 480円 1,180円
~2GB 700円 1,400円
~3GB 900円 1,600円
~4GB 1,100円 1,800円
~5GB 1,300円 2,000円
~20GB 4,300円 5,000円

※すべて税抜価格です。

1GBを超える場合は、1GBごとに200円ずつかかります。

高速通信が使えるバンドルクーポンの適用はオン/オフ可能です。非適用時は、通信速度が低下したり通信制限にかかりやすくなるので注意しましょう。

【限定キャッシュバックあり】IIJmioを契約する!

スマホ大特価キャンペーン

出典:IIJmio
  • 2021年4月1日~2021年5月31日

MNP乗り換えで人気端末が安価で購入できるスマホの特価セールも実施中!対象端末は以下となります。

  • HUAWEI nova lite 3+:110円(税込)(一括払い) 5円(税込)(24回払い)
  • Xiaomi Redmi 9T:110円(税込)(一括払い) 5円(税込)(24回払い)
  • OPPO A5 2020:110円(税込)(一括払い)5円(税込)(24回払い)
  • motorola moto e7 power:110円(税込)(一括払い)5円(税込)(24回払い)
  • OPPO Reno A:6,578円(税込)(一括払い) 280円(税込)(24回払い)
  • iPhone 8(64GB)[未使用品]:10,978円(税込)(一括払い) 500円(税込)(24回払い)
  • iPhone SE(第2世代)[未使用品]:32,780円(税込)(一括払い) 1,518円(税込)(24回払い)
  • Xperia 8 Lite:8,580円(税込)(一括払い) 357円(税込)(24回払い)
  • Xperia 10 Ⅱ:21,780円(税込)(一括払い) 935円(税込)(24回払い)
  • OPPO Reno3 A:13,200円(税込)(一括払い) 550円(税込)(24回払い)

なお端末在庫がなくなり次第の終了となります。音声通話機能付きSIMをMNP転入で、上記対象端末をセットで申し込んだ場合特典が適用されます。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

ギガプラン登場記念初期費用割引

出典:IIJmio
  • 期間:2021年4月1日~2021年5月31日
  • 対象プラン:ギガプラン

IIJmioの対象プランに新規で申し込むと、初期費用3,300円(税込)が1円(税込)になる特典です。対象のプランは、2021年4月1日提供開始のギガプランのみです。

初期費用を抑えたい方や、できるだけ安く契約したい方は、この機会を見逃さないようにしましょう。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

春のIIJmioひかりスタートキャンペーン

出典:IIJmio
  • 期間:2021年3月3日~2021年5月31日
  • 特典:月額料金から12か月間1,716円(税込)割引
  • 対象:IIJmioひかり

IIJmioでは、期間中に新規でIIJmioひかりを申し込むと、月額料金から1年間1,716円(税込)割引されるキャンペーンを実施しています。こちらのキャンペーンは、2021年11月30日までにIIJmioの光回線を開通することが条件です。

IIJmioひかりはスマホとセットで契約すると、お得に利用できます。IIJmioひかりのキャンペーン適用後料金は、以下を参考にしてください。

IIJmio
月額料金
マンションタイプ
(集合住宅向け)
ファミリータイプ
(戸建て向け)
mio割適用の場合
(スマホとセット契約)
12か月間 4,356円(税込)
1,980円(税込)
5,456円(税込)
3,080円(税込)
13か月目以降 3,696円(税込) 4,796円(税込)
mio割なしの場合
(ネットのみ契約)
12か月間 4,356円(税込)
2,640円(税込)
5,456円(税込)
3,740円(税込)
13か月目以降 4,356円(税込) 5,456円(税込)

mio割は、2021年4月1日提供開始の「ギガプラン」も対象となっているので、スマホとネットの契約状況を見直してIIJmioを契約してみましょう。

【IIJmio】最新キャンペーンはこちら

掲載しているキャンペーンは予告なく終了する可能性があります。

\初回限定3ヶ月無料!/

格安SIMに乗り換える際のポイント

格安SIMに乗り換えるときには、少しでもスムーズに乗り換えるためにMNPの手続きが即日でできるところを選んだり、SIMロック解除の手続きの必要がない格安SIMを選んだりするとスムーズに乗り換えられます。

ここでは乗り換えをスムーズに行うポイントを解説します。

即日MNPができる格安SIMを選ぶ

スマホが使用できない期間があると困るという人は多いのではないでしょうか。

MNPの手続きは手続きのタイミングによっては、スマホが使用できない期間ができてしまいます。

近頃では、このスマホの使用できない期間を少しでも減らすために、格安SIMでは即日MNPに対応しているところが増えています

この即日MNPに対応している格安SIMを選ぶと、格安SIMからSIMカードが届いたタイミングで開通手続きが行えます。

基本的にMNP予約番号を取得しても、開通手続きが完了するまでは元のキャリアのスマホが使えます。

そのため、SIMカードの受け取りと開通手続きのタイミングを合わせることで、スマホが使えない時間を最小限に抑えられます。

【即日契約が可能な格安SIM】

  • UQモバイル
  • b-mobile
  • ワイモバイル
  • DTI SIM
  • エキサイトモバイル

使えない時間を最小限にする手順で行う

MNPを利用して乗り換えをする場合には、手続きの順番に気をつけましょう。ポイントは格安SIMのSIMカードを入手するまで元のキャリアの解約を行わないことです。

乗り換えのスムーズな手順は次の通りです。

  1. 契約中のキャリアでMNP予約番号を取得する
  2. 乗り換え先の格安SIMでMNP予約番号を伝えて申し込む(この際MNP転入で申し込む)
  3. 新しいSIMが届いたら、回線切り替え手続きを行う
  4. 完了

乗り換え先の申し込みの際に、MNPを利用することを伝えて申し込むみ、回線切り替え手続きは、SIMカード入手後に行えばスマホが使えない時間は最小限に抑えられます。

なおキャリアとの契約は、回線が乗り換え先の格安SIMに切り替わった時点で契約解除となるので、手続きを行う必要はありません。

同じ回線ならSIMロック解除なしで使える

使用中のスマホをそのまま使いたい場合は、格安SIMの回線を契約中のキャリアと同じにするのがおすすめです。

同じ回線でない場合にはスマホのSIMロック解除が必要です。この手続きをしないと、異なる回線ではスマホが使用できません。

スマホのSIMロック解除手続きは、キャリアのショップやマイページから行えます。

ただしSIMロック解除には条件があります。端末代金の残債の有無や購入後101日を経過していないといけないといったことがあるため、端末がSIMロック解除できる状況なのか確認しておきましょう。

また乗り換え先の格安SIMではスマホの動作確認を行っており、スマホが引き続き使える端末なのか、SIMロック解除の必要があるかを確認できるので、こちらも申し込み前にあわせて調べておきましょう。

SIMロック解除はオンラインで行えば無料

SIMロック解除の手続きは、各キャリアの店舗やマイページから行えます。店舗で行う場合には、手数料3,300円(税込)がかかります

なお各キャリアのオンラインページのMy docomo、My au、My SoftBankのマイページからの手続きであれば手数料無料で手続きができるのでおすすめです。

それぞれのマイページにログインして、SIMロック解除の手続きを選択すると簡単に手続きが行えます。ドコモやソフトバンクでは、IMEI番号が手続きに必要なので手続きを行う前に確認しましょう。

IMEI番号の確認方法は、電話アプリを開き番号を入力する画面で「※#06#」と入力するとIMEI番号が表示されるので、メモを取ってから手続きを行うと、スムーズに手続きが進められます。

格安SIMに乗り換えるタイミングは一つではない

スマホの乗り換えには違約金や事務手数料などなにかと費用がかかるものです。

乗り換えのタイミングは更新月の月末が解約金がかからないためベストといえます。しかし結局この「更新月」がネックになっている人も多いのではないでしょうか。

そのため次の更新月までの期間が長い場合は、思い切って格安SIMへ乗り換えてしまうのもおすすめです。これは更新月まで待つよりも乗り換えた方が結果的に安い場合があるためです。

本記事で紹介したように、電気通信事業法改正により違約金が大幅に下げられたため、以前よりは格安SIMへの乗り換えのハードルは低くなっているといえます。

旧プランの人は一度、新プランへの契約変更の手続きが必要となるため、ひと手間かかるものの違約金を安く抑えるためには有効な方法です。

とくにソフトバンクの人であれば解約金がかからないため、更新月まで待つ必要がなくなります。

このように格安SIMに乗り換える際には、まず自分の契約プランの違約金がいくらなのか確認してみることが大切です。

さらに更新月をチェックして、更新月まで期間のある場合は、今のプランと乗り換え先のプランの差額を割り出し、更新月まで利用した場合の合計を計算して比較してみるとよいでしょう。

またキャンペーン等で乗り換え費用が抑えられることもあるため、あわせてチェックしておくことをおすすめします。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年02月28日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード