格安SIM乗り換えガイド|電話番号そのまま(MNP)

格安SIMに乗り換えたい方必見。乗り換えでお得なタイミングは?いくら安くなるの?解約料はどれくらいかかるの?電話番号そのまま(MNP)はできるの?など格安SIMに乗り換えをする際に絶対に必要な基本情報をまとめました。
BIGLOBEmobile20190724_desc 格安SIM乗り換えガイド|電話番号そのまま(MNP)

格安SIMに乗り換えたいけど、どれくらい安くなるの?キャリアから格安SIMに乗り換える時、電話番号の引き継ぎってできるの?乗り換えには手数料がかかるの?など格安SIMに乗り換えの際の基本情報をまとめました。この記事を読めば、どのタイミングで格安SIMに乗り換えるとお得かなどの情報もカンタンにわかります。

格安SIMに乗り換えるとどんなメリットがあるの

格安SIMに乗り換えると具体的にはどんなメリットがあるのかわからない。そんな人は多いはずです。ここではどんなメリットがあるのか具体的な例を交えて説明します。

とにかく安い

格安SIMの名前の通り、一番のメリットはとにかく月々の通信料が安くなるところです。通信料は家計の5%を超えるといわれており、家族で携帯電話料金に3~5万円などを支払っている家庭も少なくない時代になっています。毎月必ずかかるこの固定費を安く抑えることができれば、その分を貯金や投資・趣味や旅行などに資金を回すことが可能になります。

今や、格安SIMのサービスも徐々に確立され、ネットを利用する、アプリを使う、電話をするなど、基本的な携帯電話の用途はキャリアとほとんど変わりない水準で利用することができます。必要最低限の利用ができ、1台あたり月々4,000~5,000円の通信費削減になるのであれば、格安SIMに乗り換えない理由はないはずです。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

いくらくらいやすいの?

下の表は、スマートフォン利用者の大手キャリアの平均月額料金と、MVNOの平均月額料金を比較した表です。

表参考:「2017年携帯電話の利用料金に関する調査」 MMD研究所

大手キャリアが平均7,876円に対してMVNOは2,996円と価格差約5,000円で2年間12万円もお得になる計算になります。仮に家族5人がそれぞれ大手キャリアで平均的なプランで利用していた場合、月額約25,000円、2年間で約60万円も通信料の削減になります。60万円あれば、貯金としては大きな額になってきますし、家族で旅行もできます。 特に頑張って副業をするでもなく、リスクを冒した投資をするでもなく、今使っている携帯電話を格安SIMに乗り換えるだけでこのコスト削減ができるのは大きなメリットではないでしょうか。

どうやって乗り換えるの

では、どうやって格安SIMに乗り換えたらいいのでしょうか。格安SIMに乗り換える際の手間は、大手キャリアで乗り換えをする方法とほとんど変わりません。各社によりWEB申込・電話受付・店舗での申込みなど形態は異なりますが、申込みに必要な書類などは各社大きな違いはないでしょう。むしろ、ネットなどをよく使う人にとっては、大手キャリアの店頭受付での待ち時間に比べて、各社のWEB申込の方が待ち時間もなく、簡単に乗り換えられるという人もいるのではないでしょうか。

電話番号そのままってできるの?

電話番号を引き継いでそのまま利用したいという方もいるかと思います。大手キャリアから格安SIMへの電話番号引き継ぎは可能です。下記に電話番号をそのまま引き継ぐ際の方法や注意点など詳細がありますのでよかったら参考にしてみてください。

準備するもの・注意点は?

格安SIMに乗り換える際に必要な準備物と、注意点をまとめました。どれも簡単なものばかりなので、月々5,000円も安くなるならば、すぐに乗り換えをしたくなります。

契約時に必要なもの

  • クレジットカード
  • 本人様確認書類 (運転免許証、保険証、住民票など)
  • 契約者情報 (氏名・住所・電話番号・メールアドレス)
  • MNP予約番号 ※番号そのままの場合
  • MNP予約番号有効期限 ※番号そのままの場合

格安SIMに乗り換える際に必要なものは、上記があげられます。現在ほとんどのMVNOがクレジットカード決済を導入しており、ポイントがたまるカードを利用すると、通信費の削減に加えて、ポイントも貯まってよりお得です。

契約する前の注意点

キャリアメールが使えなくなる

キャリアからの乗り換えでの注意点は、@docomoや@ezwebなどのキャリアのメールアドレスが使えなくなる点です。そのため、メールを使う人は、事前にgmailなどでメールアドレスを取得し、キャリアのメールアドレスを登録しているサービスなどから登録の変更などを行う必要があります。

LINEは事前に引き継ぎ作業が必要

LINEはアカウントを引き継ぐことができます。ただし、その場合は解約する前の端末から移行作業を行っておく必要がありますので注意が必要です。

乗り換えにはいくらかかるの?

乗り換えにはどれくらいの費用が掛かるのでしょうか。月々の通信料とは別に乗り換え時にかかる費用は下記3点があげられます。

1.キャリアの契約解約料

契約内容など時期によって異なりますが、一般的な契約では9,500円であることがほとんどです。また、各社2年ごとに契約更新月を設けており、契約更新月内での契約解約の場合は解約料が0円になります。

2.乗り換えをする格安SIM業者の初期手数料

格安SIM業者の初期手数料は各社3,000円であることが多いです。カシモも新規の申込み・MNPの申込みともに、3,000円の手数料で利用開始することができます。

3.MNP手数料 ※MNP(電話番号を引き継ぎ)の場合

MNPをする場合は、元の契約キャリアにMNP転出料を支払う必要があります。各キャリアのMNP転出料は下記の通りです。

  • ドコモ  2,000円
    ※契約から90日以内のMNPなどは5,000円
  • au    3,000円
  • SoftBank 3,000円 
    ※契約後翌々請求月末までのMNP転出・みまもりケータイの新規契約などは5,000円

ドコモ・SoftBankは、契約の条件によってMNP転出料が異なるので注意が必要です。

また、端末割賦残がある場合は、その残債分の料金が別途かかります。まとめると、契約更新月での乗り換えの場合は3,000円(MNPをするなら6,000円)、契約更新月以外での乗り換えは12,500円(MNPをするなら15,500円)+割賦残というのが一般的にかかる費用の目安になります。

いつ乗り換えたらいいの?

どのようなプランを選択するかによって実際の通信費削減額は異なりますが、平均的な削減額月約5,000円で計算をすると、解約料9,500円は乗り換えをして2か月で回収できる金額になります。そのため、契約更新月まで2か月以上の期間がある場合は、すぐに乗り換えをした方が良いです。逆に、契約更新月まで残り2か月以内という場合は、契約更新月まで待って格安SIMに乗り換えをする方がトータルでお得ということになります。

おすすめの格安SIMは!?

格安SIMの乗り換え方法をご紹介しましたが、格安SIMは複数の会社が提供しています。回線の帯域や手持ちの端末に会うかなどの条件の違いはありますが、基本はどこの会社を選んでも現在よりもコストが抑えることが可能です。おすすめの5社を紹介していますので格安SIM選びの参考にご覧ください。

紹介した7社の最安プランをまとめました。速度やサービスを検討してから使いたい場合データSIMの最安プランを契約して試してみると月1000円以内と安価にお試しが可能です。

格安
SIM
データ
専用
音声
通話付
SIM
枚数
Y!mobile
1GB
980円
2GB
1,980円
3枚
BIGLOBE mobile
3GB
900円
3GB
1,600円
4枚
J:COMモバイル
3GB
900円
3GB
1,600円
1枚
UQ mobile
3GB
980円
3GB
1,680円
1枚
IIJmio
3GB
900円
3GB
1,600円
2枚
U-mobile
25GB
790円
25GB
1,580円
1枚
LINE MOBILE
1GB
500円
1GB
1,200円
1枚
mineo
500MB
700円
500MB
1,310円
1枚
リペアSIM
1GB
500円
1GB
1,280円
1枚
楽天モバイル
ベーシックプラン
(上限無、通信速度200kbps)
525円
ベーシックプラン
(上限無、通信速度200kbps)
1,250円
1枚

格安SIM+WiMAXで更に賢く利用する!

格安SIMに乗り換えとともにWiMAXもあわせて利用することで映画を見たりyoutubeを楽しんだりしてデータ通信をフルに使っても通信費削減することができます。現在キャリアで利用中でウルトラパック・スーパーデジラ・ギガモンスターを契約されている方は特におすすめの運用方法です。

まとめ

格安SIMへの乗り換えは月々の通信費の大きな削減になります。乗り換え作業は大手キャリアの乗り換えと手間はほとんど変わらず、ハードルが高いものではありません。また、キャリアから格安SIMへの電話番号引き継ぎも可能です。さらに、現在利用中のキャリアの契約更新月が2か月以上先の場合は、解約料を支払ってもすぐに乗り換えをしてしまった方が安く収まることもあります。固定費の削減をして、貯金や投資、旅行などに利用するのはいかがでしょうか。

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2017年06月02日

中村 健太 ― ライター
中村 健太 ― ライター

iPhone歴6年。2台持ちでAndroidも利用しており、双方の良し悪しを熟知。中古スマホ×格安SIMで月5,000円の通信費削減になったことが最近の自慢。

関連キーワード