WiMAXのLTEオプションとは?切り替え方法やメリット・デメリットを紹介

WiMAXのLTEオプションの料金や特徴、無料で使う方法、メリット・デメリットなどを詳しく解説します。申し込み方法や切り替え手順、注意点から解約方法までも紹介します。WiMAXのLTEオプションが自分に必要かどうかチェックしましょう。
【公式】カシモWiMAX WiMAXのLTEオプションとは?切り替え方法やメリット・デメリットを紹介

WiMAXでauの4GLTE回線が利用できるようになる、LTEオプション。

「地下鉄に乗るとたまに電波が悪くなる」「出張に行った先がWiMAXエリア外だった」などの悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

LTEオプションに加入することで使用できるエリアが広がり、通信速度が速くなるといったメリットがある一方で、注意しないといけない点もいくつかあります。

この記事ではWiMAXのLTEオプションの特徴や料金・注意点、どのような人におすすめなのかを紹介します。

WiMAXのLTEオプションとは?

WiMAXのLTEオプションについて、特徴・料金・データ容量・契約期間を解説します。

特徴

LTEオプションとは、ハイスピードプラスエリアモードが利用できるオプションです。

ハイスピードプラスエリアモードで使える回線

  • WiMAX2+
  • auの4GLTE回線

LTEオプションに加入することで、利用できるエリアが広くなります。auの4GLTE回線の人口カバー率は99%なので、WiMAX2+のエリア外だった場所でも通信が可能です。

通常はWiMAX2+回線を利用しますが、繋がらない場所になると自動的に4GLTE回線に接続されます。

料金

LTEオプションの料金は月額1,105円(税込)です。

ハイスピードプラスエリアモードで接続した月だけ請求されます。

「3年契約」または「auスマートバリューmine」に加入すると無料

WiMAXを3年契約した場合、または「auスマートバリューmine」に加入すると、LTEオプションが無料で利用できます。

auスマートバリューmineとは、auスマホやケータイとWiMAXのWiFiルーターをセットで持つことで、お得に利用できるサービスです。

データ容量

WiMAXのLTEオプションに加入すると、月間で利用できるデータ容量は7GBまでとなります。7GBを超過した場合は、月末まで速度が低下します。

WiMAXをハイスピードモード(WiMAX2+)で利用した場合は、月間のデータ容量に制限がありません。しかし、ハイスピードプラスエリアモードで接続し月間7GBを超えると、ハイスピードモードに切り替えても同じく速度制限の対象になってしまいます。

契約期間

WiMAXのLTEオプション自体には契約期間はありません。

ハイスピードプラスエリアモードで接続した月だけ月額料金が請求されるので、全く接続しない月であれば料金はかかりません。

WiMAXのLTEオプションのメリット・デメリット

WiMAXのLTEオプションのメリット・デメリットを解説します。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

メリット1.地下鉄内や地下街でも使える

WiMAXは地下でも利用できますが、地下鉄内や地下街の場所によっては電波が悪くなることがあります。

4GLTE回線は地下鉄や地下街にも強く、安定した通信が可能です。また、4GLTE回線の人口カバー率は99%なので、日本全国ほとんどの地域で使えます。

LTEオプションに加入することで、より安定した通信ができるようになり速度が速くなります。

メリット2.通信速度がさらに速くなる

WiMAXとLTEを同時に利用するキャリアアグリゲーションによって、速度がさらに速くなります。公式サイトの情報によると、基地局アンテナと端末アンテナを約2倍に増やすことで、最大受信速度が約2倍まで向上します。

また一度に運べる情報量を多くする技術によって、最大受信速度を約1.3倍速くできるようになりました。

このようにLTEオプションによって、WiMAXとLTEを同時に利用するとより速い通信速度で利用できます。

※こちらで紹介した数値は、あくまで理論値です。お住いの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

デメリット1.通信量が7GB/月を超えると速度制限になる

LTEオプションに加入していて、ハイスピードプラスエリアモードでのデータ容量が月間7GBを超えると速度制限がかかります。

通常ハイスピードモード(WiMAX2+)で利用した場合は、月間のデータ容量は無制限で利用可能です。しかしハイスピードプラスエリアモードでのデータ容量が7GBを超えると、同時にハイスピードモード利用時も速度制限がかかってしまいます。

月間で7GB以上使用したい場合は、ハイスピードプラスエリアモードで7GB以上使わないように注意しなければいけません。

デメリット2.契約期間中に解約すると解約手数料がかかる

LTEオプションに無料で加入するためには、WiMAXを3年契約する必要があります。

3年契約の場合、契約期間中に解約すると解約違約金が発生します。解約違約金は解約するタイミングによって異なり、最大20,900円(税込)です。

2年契約のプランでLTEオプションに加入すると、月額1,105円(税込)かかります。

WiMAXのLTEオプションはどんな人におすすめ?

WiMAXのLTEオプションがおすすめな人・おすすめでない人を紹介します。

WiMAXのLTEオプションがおすすめな人

  • 月間で7GB以上使わない
  • 出張などで移動しながら使うことが多い
  • 地下鉄や地下街で繋がりにくさを感じている

出張などでWiMAX2+エリア外に行くことがある人は、LTEオプションへの加入をおすすめします。WiMAX2+エリア外の場所でもLTEオプションに加入していれば、4GLTE回線が利用できるからです。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

WiMAXのLTEオプションがおすすめでない人

  • 月間で7GB以上使う
  • WiMAXを3年も使わない

月間で7GB以上使う人、データ容量無制限で利用したい人は、LTEオプションはおすすめできません。LTEオプションに加入することで、データ容量無制限のプランに入っていても、ハイスピードプラスエリアモードで接続すると月間7GBを超えたら速度が低下します。

WiMAXを3年も利用したい人は、契約途中で解約すると最大20,900円(税込)の解約違約金が発生するのでおすすめできません。

WiMAXのLTEオプションの申し込み方法

WiMAXのLTEオプションは申し込み不要で利用できます。WiFiの端末を操作して通信モードを切り替えるだけで、WiMAX2+と4GLTEが両方使えるようになります。

月に1度でもハイスピードプラスエリアモードに接続した場合は、契約プランによっては月額料金1,105円(税込)がかかるので注意しましょう。

WiMAXのLTEオプションに切り替える手順

WiMAXでLTEオプションを利用するためには端末を操作して、通信モードを切り替える必要があります。通信モードの変更手順を紹介します。

  1. WiMAX端末画面の「設定」をタップ
  2. 「通信モード」をタップ
  3. 「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」が表示される
  4. ハイスピードプラスエリアモードを選択

これで設定は完了し、WiMAX2+エリア内であればWiMAX2+回線、エリア外では4GLTE回線に自動で切り替わります。

ハイスピードプラスエリアモードでは、データ容量が7GBを超えると速度制限がかかります。これを防ぐ方法が「通信モード自動切替」をオンにする方法です。

「通信モード自動切替」をオンにする方法

  1. 通信モードを「ハイスピードモード」に変更
  2. 端末画面内の「設定」をタップ
  3. 「通信モード自動切替」をタップ
  4. 通信モード自動切替をオンに変更
  5. 設定項目を入力し「OK」をタップして完了
通信モード自動切替の設定項目 最大データ通信量設定 HSに切り替えるデータ通信量設定
おすすめの設定 7GB 80%(5.6GB)

表の通りに設定すれば、ハイスピードプラスエリアモードでのデータ通信量が5.6GBに達すると自動でハイスピードモードに切り替わります。ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えることがないので、ハイスピードモードはデータ容量無制限のまま利用できます。

WiMAXのLTEオプションの解約方法

WiMAXのLTEオプション解約の場合も申し込みは不要で、端末の設定変更だけで解約できます。手順はLTEオプションの設定の際と同じです。

  1. WiMAX端末画面の「設定」をタップ
  2. 「通信モード」をタップ
  3. 「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」が表示される
  4. ハイスピードモードを選択

月に1度でもLTEオプションを利用すると月額料金がかかる可能性があるので、解約したい場合は当月末までに設定変更を行いましょう。

WiMAXのLTEオプションに関する注意点

WiMAXのLTEオプションに関する注意点としては2つあります。

  • 月間のデータ容量は7GBまで
  • 3日間で10GBの速度制限がかかった場合、WiMAX2+・4GLTE回線両方が低速化する

LTEオプションを利用してハイスピードプラスエリアモードで通信を行った場合に、月間のデータ容量が7GBを超えた時点で速度制限がかかります。速度制限がかかった場合は、それ以降ハイスピードモードでの通信も制限対象です。

またハイスピードモードで3日間10GBのデータ容量を超過すると、WiMAX2+・4GLTE回線両方が低速化します。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

WiMAXのLTEオプションに関するQ&A

WiMAXのLTEオプションに関してよくある質問にお答えします。LTEオプションの加入を悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

BIGLOBE WiMAXはLTEオプションに対応している?

BIGLOBE WiMAXはLTEオプションに対応しています。BIGLOBEWiMAXは1年契約なので3年契約のプランはありません。

月額料金は1,105円(税込)で、auスマートバリューmineに加入している場合は無料で利用できます。

GMOとくとくBB WiMAXはLTEオプションに対応している?

GMOとくとくBB WiMAXはLTEオプションに対応しています。

GMOとくとくBB WiMAXは3年契約のプランのみなので、自動的にLTEオプションが無料で利用できます。

UQ WiMAXのハイスピードプラスエリアモード料金は?

UQ WiMAXでハイスピードプラスエリアモードを利用するための料金は、月額1,105円(税込)です。

3年契約のプランもしくは「auスマートバリューmine」に加入している場合は、無料で利用できます。

勝手にLTEオプションに切り替わるのはなぜ?

勝手にLTEオプションに切り替わる原因として挙げられるのは、ファームウェアの不具合・もしくは端末の不具合です。ファームウェアの不具合を改善するためには、端末のアップデートを行いましょう。

アップデートは端末で操作でき、本体画面で「設定」→「アップデート」の順にタップすると、アップデートがある場合は更新されます。

端末の不具合を改善するには、端末の再起動を行う方法がおすすめです。それぞれの方法を試しても、勝手にLTEオプションに切り替わる不具合が改善しない場合はサポートセンターに連絡しましょう。

WiMAXの通信量がおかしい場合はどうしたらよい?

それほど使った覚えがないのに、通信量が増えている場合に考えられる原因をまとめました。

  • スマホのアップデートが自動で行われている
  • スマホアプリがバックグラウンドで作動している

スマホのアップデートが自動設定になっていると、知らない間に通信量を使ってアップデートされています。またバックグラウンドでスマホアプリが作動している場合も、気づかない間に通信量が増えているかもしれません。

スマホのアップデート自動設定をオフにする、必要ない時はWiFiとスマホの接続を切断するなどの方法で改善できる場合があります。ぜひ一度試してみてください。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

WiMAXのLTEオプションまとめ

WiMAXのLTEオプションとは何か、メリット・デメリットなどを解説してきました。LTEオプションは月額1,105円(税込)かかりますが、3年契約もしくは「auスマートバリューmine」に加入している場合は、無料で利用できます。

LTEオプションを利用することで使用できるエリアが広がり、速度が速くなるなどのメリットがあります。無料で利用できるプランのほうは特におすすめです。

公開日時 : 2022年04月15日

清水 あき ― ライター
清水 あき ― ライター

ガジェット大好きライターです。元携帯ショップ店員で、iphone・Androidスマホ・タブレット・PHS・WiFiルーターなど色々な端末を持っていた経験があります。

関連キーワード