Androidおすすめ

LINEMOでiPhone 14 に機種変更はできる?対応機種・機種変更手順解説

LINEMOでiPhone 14が使えるかについて解説しています。また、LINEMOで使えるiPhoneと購入できる場所をまとめ、機種変更や設定方法も徹底解説。LINEMOでiPhoneを使いたい方は参考にしてみてください。
docomo LINEMOでiPhone 14 に機種変更はできる?対応機種・機種変更手順解説

2022年秋頃に、iPhone 14の発売が噂されています。

iPhone 14が発売されたら、ソフトバンクの格安プラン「LINEMO」で利用したい方も多いのではないでしょうか。

本記事では、LINEMOのiPhone 14対応状況や、LINEMOでiPhone 14を購入できるかについてまとめています。

また、iPhoneでLINEMOを設定する手順も解説しています。LINEMOでiPhone 14を使いたい方は、参考にしてみてください。

LINEMOで使えるiPhone一覧

LINEMOで使えるiPhoneのモデルは以下の通りです。

  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

LINEMOは、iPhone 6sシリーズ以降の全モデルで利用可能です。その中には、最新のiPhone13やiPhone SE(第3世代)などももちろん含まれています。

LINEMOとiPhoneの組み合わせで利用できるのは、以下の機能です。

  • 音声通話
  • データ通信
  • SMS
  • テザリング

LINEMOは、iPhoneでもスマホとして重要な機能を問題なく利用できます。

また、iPhone XS/XR以降のモデルはeSIMにも対応していて、物理SIMカードのnanoSIMとのデュアルSIM運用も可能です。

LINEMOはeSIMを発行できるので、他社のnano SIMと組み合わせて使うのもいいですね。

LINEMOでiPhone 14は使える?

iPhone14が新たに発売されるだろうと予想されています。そのため、LINEMOのユーザーの中にはiPhone14を使いたいけれど、できるのか疑問だという人もいると思います。

結論から言うと、ソフトバンクのオンラインショップであれば購入でき、LINEMOでもiPhone14を使うことができるでしょう。
LINEMOでは端末販売を行わず、SIMフリー端末を別に購入する必要があります。そのため、1度LINEMOからソフトバンクへ申し込み、機種が届いた後にLINEMOへ申し込むという流れになります。 オンラインショップであれば待ち時間もなく24時間いつでも手続きができるので、ぜひ使ってみてください。

LINEMOでiPhoneは購入できる?

LINEMOで申し込みできるのはSIMのみで、SIMとスマホのセット契約はできないのがネックです。

また、SIMを契約後にLINEMOで端末のみを購入するシステムもないため、LINEMOではiPhoneを購入できません。

そのため、事前にソフトバンクでiPhoneを購入しましょう。

iPhone端末を購入するために、ソフトバンクオンラインショップにアクセスします。サイト上部にある「購入機種をさがす」から欲しいiPhoneを選んで購入すれば、LINEMOでiPhoneが利用できます。

詳細は、こちらの記事をご参考ください。

LINEMOで使えるiPhoneはどこで買える?

LINEMOで使うiPhoneは、どこで入手すればいいのでしょうか。

ここでは、LINEMOで使えるiPhoneを購入できる場所を解説します。

ドコモ・au・ソフトバンクオンラインショップ

ドコモとau、ソフトバンクのオンラインショップでは、以下のモデルを購入できます。

iPhone 14は、Appleストアと同様に発売日当日から購入できるようになるでしょう。

  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

ただし、現在購入できるのはiPhone 13シリーズがメインです。iPhone 12シリーズ以前のモデルの多くは在庫なし、もしくはすでに販売を終了しているため購入できません。

大手キャリアのドコモやau、ソフトバンクでiPhoneを購入するメリットは、以下の通りです。

  • キャンペーン適用で端末価格が安くなる
  • ポイントを使える

対して大手キャリアでiPhoneを購入するデメリットは、端末価格がAppleストアや家電量販店の定価よりも高く設定されている点です。

残価設定型分割払いやポイントを利用しない場合は、逆に割高になってしまうので注意しましょう。

しかし、大手キャリアでも以下のような様々なキャンペーンを適用するとiPhoneを安く購入できます。

  • オンラインショップの購入で端末価格が割引
  • 3Gや4Gから5G対応機種に変更で端末価格が割引
  • 指定の期間内に端末を返却すると最後の分割金の支払いが免除

特に、端末返却で最後の分割金の支払いが免除される「残価設定型分割払い」は、iPhoneの実質価格を安く済ませられます。

このプログラムを利用すると、購入したiPhoneをキャリアに返却する必要があるため、手元に端末は残りません。

ですが、ベストなタイミングで返却すると、実質半額近くで購入できることもあるため、かなりお得です。

また、大手キャリアではポイントを利用できます。残価設定型分割払いとポイントは併用できるため、iPhoneをさらに安く購入できます。

例として、ドコモが実施している「カエドキプログラム」を利用した際のiPhone 13 125GBの実質価格を確認してみましょう。

返却月 実質負担額(税込) 平均月額負担額(税込) 残価免除額(税込)
12カ月 49,032円 4,457円 -55,440円
24カ月 56,232円 2,444円 -55,440円
25カ月 58,542円 2,439円 -53,130円
36カ月 83,952円 2,398円 -27,720円
48カ月 111,672円 2,376円 0円

上記のように、「カエドキプログラム」の場合は24カ月での返却が最も総支払い金額と残価免除額のバランスが良くなるように設定されています。

中古販売店・フリマ・オークションサイト

中古のiPhoneは、楽天市場ではなく中古販売店やフリマ、オークションサイトで購入したい方も多いと思います。

上記の店やサイトで購入するメリットは、iPhoneの状態などによっては最も安く購入できる可能性がある点です。

特に、傷が多かったり画面が欠けていたりするiPhoneは、格安で販売されています。傷があっても気にならない方には、フリマやオークションは最適でしょう。

デメリットは保証が短い、もしくは保証自体がない場合もある点です。

ですが、中には中古販売店やオークションの一部の出品者は、保証期間を数ヵ月間設けていることもあります。

中古のiPhoneを購入した後の故障が心配な場合は、保証がある中古品を購入しましょう。

家電量販店・オンラインショップ

iPhoneは、家電量販店や家電量販店のオンラインショップでも購入できます。

店頭だけでなくオンラインショップでもiPhoneを取り扱っている主な家電量販店は、以下の通りです。

  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ

購入できるモデルは、ヨドバシカメラとビックカメラで共通しています。

iPhone SE3はまだ取り扱われていませんが、今後取り扱いが可能になる可能性は高いでしょう。

購入できるモデル ・iPhone SE(第3世代)
・iPhone 13
・iPhone 13 mini
・iPhone 13 Pro
・iPhone 13 Pro Max
・iPhone 12
・iPhone 12 mini

家電量販店でiPhoneを購入するメリットは以下の通りです。

  • ポイントを使える
  • 店舗独自のキャンペーンが適用されることがある
  • 1ヶ所でキャリアを比較できる

家電量販店では、ポイントを利用できるのがAppleストアにはない特徴です。

家電量販店のiPhoneの価格は、Appleストアと同じなので、ポイントを使えばAppleストアよりも安く購入できます。

また、家電量販店では店舗独自のキャンペーン適用で、iPhoneの価格が大幅に値引きされることもあります。

乗り換えなどの条件を満たす必要がありますが、Appleストアや大手キャリアショップよりも、格安でiPhoneを入手可能です。

さらに、家電量販店は主要なキャリアや格安SIMの多くを取り扱っています。

1ヶ所で複数の通信事業者を比較できるのも、家電量販店ならではのメリットといえるでしょう。

家電量販店でiPhoneを購入するデメリットは、キャリアショップなどに比べて手続きに時間がかかる点です。

最低でも、1時間~2時間ほどはかかると思っておいた方がいいでしょう。家電量販店でiPhoneを購入する場合は、時間に余裕があるときに手続きするのがおすすめです。

Amazon・楽天

Amazonと楽天では、それぞれ以下のモデルを購入できます。

Amazon 楽天市場
購入できるモデル 【新品】
・iPhone 13
・iPhone 13 Pro MAX
・iPhone 13 mini
・iPhone SE(第3世代)

【整備済み品】
・iPhone 13 Pro
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro MAX
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR
・iPhone X
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone 7
【楽天モバイル】
・iPhone 13
・iPhone 13 mini
・iPhone 13 Pro
・iPhone 13 Pro Max
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone SE(第3世代)

【中古】
・iPhone 13
・iPhone 13 mini
・iPhone 13 Pro
・iPhone 13 Pro Max
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone SE(第3世代) ・iPhone SE(第2世代)
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR
・iPhone X
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus
・iPhone SE(第1世代)
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus

Amazonでは、SIMフリーのiPhoneを新品で購入できます。また楽天市場でも、楽天モバイルの楽天市場店で新品のiPhone購入が可能です。

Amazonや楽天市場のメリットは、整備済み品や中古のiPhoneを購入できる点です。

Amazonでは、整備済みのiPhoneが格安で販売されています。

Amazonの整備済みiPhoneは、Amazonが認定した出品者により整備された再生品です。そのため、新品でないにもかかわらず最低180日の返品保証がつきます。

楽天市場では、中古のiPhoneを購入可能です。ただし、価格や保証内容はショップにより異なります。

楽天市場で中古のiPhoneを購入する場合は、ショップのレビューなどをしっかりと確認し、信頼できるショップを選ぶのがポイントです。

Amazonや楽天市場でiPhoneを購入するデメリットは、端末を手にとって確認できないことが多い点です。

中古品を傷の状態などを確認した後に購入したい場合は、実店舗があるショップで購入しましょう。

Appleストア・Appleオンランショップ

現在、AppleストアやAppleオンランショップでは、以下のモデルを購入できます。

iPhone 14の発売開始時期はまだ未定ですが、発売元のため発表次第必ず発売されます。

  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11

AppleストアやAppleオンランショップで、iPhoneを購入するメリットは以下の通りです。

  • 大手キャリアよりも端末価格が安い
  • Appleストアはプロのスタッフに相談しながら最適なモデルを選べる

まず、AppleストアやApple公式サイトのiPhoneは、大手キャリアよりも価格が安いのが特徴です。

新品のiPhoneを安く購入したい場合は、Appleで購入しましょう。

また、Appleストアではプロのスタッフに相談できるのも、他の購入方法にはないメリットです。

どのiPhoneにすべきかわからない場合でも、Appleストアに行けばスタッフが最適なモデルを案内してくれます。

Appleストアの唯一のデメリットは、大手キャリアのように端末価格が割引されるキャンペーンがない点です。

Appleでは、今使ってる端末を下取りに出す以外に、端末価格を安くする方法はない点に注意しましょう。

  • LINEMOでiPhoneを使うにはいくらかかるか
  • LINEMOでiPhoneを使うには料金はどのくらいかかるのでしょうか。

    ソフトバンクの通常料金プランと比較してみましょう。

    LINEMO ソフトバンク
    料金プラン ミニプラン/スマホプラン メリハリ無制限
    データ量 3G/20G 無制限
    月額基本料金 990円(税込)/2,728円(税込) 7,238円(税込)
    年間利用料金 11,800円(税込)/32,736円(税込) 86,856円(税込)

    この表でも分かるように、iPhoneをLINEMOで使用することでかなりの料金を抑えることができます。

    データ量は無制限ではありませんが、自宅のWi-Fiを活用したり、データ消費量を上手に節約したりすることで圧倒的に費用を安く使うことができるのです。

    LINEMOにはLINEギガフリーというものがあるので、いくらLINEアプリで通話(ビデオ通話含む)、画像や動画の送受信をしてもデータの消費がゼロなので、データ消費量に大きく貢献してくれています。

    スマホプランにしても年間50,000円以上お得になるので、通信費を安くしたいと考えている方は、ぜひLINEMOに乗り換えることを視野に入れましょう

    \新キャンペーン続々登場!/
    docomo

    LINEMOでiPhoneに機種変更する手順

    ここからは、LINEMOでiPhoneに機種変更する手順を解説します。

    LINEMOでiPhoneに機種変更する手順

    1. .機種変更したいiPhoneを用意する
    2. SIMカードを入れ替える
    3. データ移行・初期設定をする
    \半年間実質0円!/
    LINEMO

    手順1.機種変更したいiPhoneを用意する

    まずは、機種変更したいiPhoneを用意します。

    LINEMOの公式サイトで、動作確認済みのiPhoneかどうかを必ず確認しましょう。

    SIMロック解除の対応は、SIMカードとeSIMで異なります。

    • SIMカード:ソフトバンク・ワイモバイルで購入したiPhone以外はSIMロック解除が必要
    • eSIM:ソフトバンク・ワイモバイルで購入したiPhoneも含めてSIMロック解除が必要

    LINEMOのeSIMを利用する場合は、ソフトバンクやワイモバイルのiPhoneでもSIMロックを解除しないと使えません。

    各キャリアのSIMロック解除方法は、SIMフリーにする方法について解説した記事をご覧ください。

    手順2.SIMカードを入れ替える

    LINEMOで利用するSIMがSIMカードの場合は、iPhoneでSIMカードを入れ替えます。入れ替え方法は、SIMカードとeSIMで異なります。

    SIMカードの入れ替え手順

    SIMカード入れ替えの手順

    1. iPhoneの電源を切る
    2. SIMトレイの穴にピンを差し込みSIMトレイを取り出す
    3. LINEMOのSIMカードをSIMトレイにセットする
    4. SIMトレイをiPhoneに戻す

    eSIMの入れ替え手順

    eSIMは、LINEMO かんたんeSIM開通をインストールし、案内に従って開通を進めるだけで入れ替えが完了します。

    まずは、上記のアプリを試してみてみることをおすすめします。

    アプリでeSIMの入れ替えがうまくいかない場合は、以下の手順で手続きしてください。

    eSIMの入れ替え手順

    1. 利用するiPhone以外の端末で「eSIMプロファイルのダウンロードのお知らせ」メール内のeSIM設定URLを表示する
    2. eSIMプロファイルダウンロード用のワンタイムパスワードを受け取って認証を済ませ、QRコードを表示する
    3. iPhoneをWi-Fiに接続し設定アプリをタップ
    4. 「モバイル通信」をタップ
    5. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
    6. カメラが起動したら先ほど表示したQRコードを読み取る
    7. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
    8. 「設定」→「モバイル通信」に進み、モバイル通信プランにLINEMOが追加されたことを確認する
    9. 端末を再起動してプロファイルの設定完了

    なお、iPhone以外に端末を持っていない場合は、iPhone単体で「モバイル通信プランを追加」をタップ後に、以下の手順でeSIMの設定が可能です。

    eSIMの設定手順

    1. 「詳細情報手動で入力」をタップ
    2. QRコードの表示画面に記載されている「SM-DP+アドレス」と「アクティベーションコード」を入力

    手順3.データ移行・初期設定をする

    SIMの入れ替えが完了したら、iPhoneでデータ移行や初期設定を済ませます。

    iPhoneからiPhoneにデータ移行する場合は、両方のiPhoneを近づけておくだけでデータ移行が完了するクイックスタートがおすすめです。

    クイックスタートの手順は、iPhone機種変更時のデータ引き継ぎ方法についてまとめた記事を参考にしてください。

    初期設定の手順は以下の通りです。

    初期設定の手順

    1. 設定アプリを開く
    2. 「一般」をタップ
    3. 「情報」をタップ
    4. 「キャリア設定アップデート」が表示されたら「アップデート」をタップ
    5. 画面左上の通信事業者名が「LINEMO」になれば設定は完了

    【LINEMO公式】詳細はこちら

    LINEMOでiPhoneが繋がらない時の対処法

    LINEMOのSIMでiPhoneがネットにつながらない場合は、以下の3つの対処法を試してみてください。

    LINEMOでiPhoneが繋がらない時の対処法

    • iPhoneを再起動する
    • 他社構成のプロフファイルを削除する
    • 手動でAPN設定をする

    対処法1.iPhoneを再起動する

    まずは、iPhoneを再起動してみましょう。

    iPhoneを再起動すれば、ネットが使えるようになることがあります。

    対処法2.他社構成プロファイルを削除する

    キャリア設定のアップデートができずにiPhoneで通信できない場合は、以下の手順で他社の構成プロファイルを削除してみてください。

    他社の構成プロファイル削除の方法

    1. 設定アプリをタップ
    2. 「一般」をタップ
    3. 「VPNとデバイス管理」をタップ
    4. 削除する他社の構成プロファイルをタップ
    5. 「プロファイルを削除」をタップ
    6. パスコードを入力
    7. 構成プロファイルが削除されたことを確認する

    対処法3.手動でAPN設定をする

    対象1と2を試してもiPhoneがつながらない場合は、LINEMOのAPN構成プロファイルを手動でインストールしましょう。

    手動でAPNを設定する方法

    1. Wi-Fiに接続したiPhoneでAPN構成プロファイルをダウンロードする
    2. 設定アプリをタップ
    3. 「プロファイルがダウンロードされました」のメッセージをタップ
    4. 「インストール」をタップ
    5. パスコードを入力
    6. 「インストール」をタップ
    7. 再度「インストール」をタップ
    8. 「完了」をタップ
    9. 4Gや5G表示にならない場合は機内モードのオン/オフを試す

    【LINEMO公式】詳細はこちら

    LINEMOでiPhoneを使う際のメリット

    LINEMoでiPhoneを使う際のメリットは、大きく分けて以下の4つあります。

    LINEMOでiPhoneを利用するメリット

    • 月額料金が安い
    • ソフトバンク回線をそのまま利用しているので高速通信
    • LINEのギガフリーに対応している
    • 無料で5G通信にも対応している

    それぞれを掘り下げて説明します。

    1.月額料金が安い

    なんといっても月額料金の安さが最大のメリットでしょう。

    料金比較でも分かるように、非常に月額料金を安くすることができるのです。

    ミニプランは74,979円。スマホプランの場合は54,120円の金額を抑えることができます。

    もし家族で総乗り換えをした場合、5人家族だったら年間で約270,000円の節約も可能です。

    あまりSNSの使用や動画を見ることがないという場合は、データ量3Gのミニプランでも間に合いますし、調べ物程度の使用であれば20Gのスマホプランでも問題なく使用できますよ。

    2.ソフトバンク回線をそのまま利用しているので高速通信

    LINEMOはソフトバンクのキャリア本体で提供しているプランです。

    そのため、回線はソフトバンクの回線を利用しており、キャリアと同じ使用感でiPhoneを快適に使用できます。

    今までの格安SIM回線は混雑時に弱かったので、お昼や夜の22時から24時頃になると、通信速度が遅くなりがちな傾向でした。

    しかし高速通信がLINEMOは可能になったので、大手キャリアとほぼ変わらない通信品質を格安で利用できるのはとても魅力的ですよね。

    3.LINEのギガフリーに対応している

    LINEMOでは名前にもあるようにLINEとソフトバンクが共同して提供している料金プランです。

    そのためLINEのギガフリーにも対応しています。

    LINEギガフリーでは、トーク利用・音声通話・ビデオ通話・動画や画像の送受信などが、データ消費量ゼロになります。

    つまり、データ量を使い切ってしまっても、問題なくLINEを使えるのです。

    ただし、iOS15以降でiCloud+を利用する場合は、プライベートリレーをオンに設定した状態でSafariブラウザから利用すると、データ量を消費する場合があるので注意してください。

    4.無料で5G通信にも対応している

    LINEMOでソフトバンクと同じ回線を使用できるということは、5G通信にも対応しています。

    しかも無料で、追加料金もなく利用できるのでとてもお得です。

    そのため、高画質な動画の視聴を楽しめたり、大容量の通信が必要なスマホゲームのダウンロードなども快適に終わらせることができます。

    ただし、5G通信は現在大都市周辺などの地域限定になっているので、対象外地域にお住まいの方は4Gでの利用になってしまうので注意してください。

    LINEMO iPhoneのよくある質問

    LINEMOのiPhoneについてよくある質問をまとめました。

    ソフトバンクのiPhoneはLINEMOで使える?

    ソフトバンクのiPhoneは、LINEMOでも使えます。

    LINEMOのSIMカードで使う場合は、SIMロック解除が不要です。

    eSIMの場合は、ソフトバンクのiPhoneでもSIMロックの解除が必要になります。

    ソフトバンクでiPhoneのみ分割購入はできる?

    ソフトバンクでは、iPhoneのみを分割で購入することが可能です。

    また、48回払いで購入したiPhoneを25ヵ月目以降に返却すると、それ以降の支払いが不要になる新トクするサポートも適用できます。

    LINEMOのiPhoneでSMSやメッセージは使える?

    LINEMOのiPhoneで、SMSやメッセージは使えます。

    申し込みは不要で、月額料と受信料は無料です。SMSの送信料は、国内の携帯電話あてに送る場合は文字数によって3.3円~33円(税込)かかります。

    海外の携帯電話あてにSMSを送信する場合や、海外からSMSを送信する場合の送信料は100円(課税対象外)です。

    LINEMOでiPhoneを使う方法まとめ

    LINEMOのiPhone SE3対応状況と、LINEMOでiPhoneを使う方法をまとめると以下の通りです。

    • LINEMOでiPhone SE3が使えるかは不明だが使える可能性が高い
    • LINEMOでiPhoneは購入できないため自分で用意する必要がある
    • LINEMOの設定方法はSIMカードとeSIMで異なる

    iPhone SE3はまだ発売されていないため、現時点でLINEMOで使えるかは不明です。

    ですが、LINEMOではiPhone 6sシリーズ以降の全モデルで動作確認が取れているので、iPhone SE3でも使える可能性は高いでしょう。

    LINEMOで契約できるのはSIMのみで、端末のセット購入はできません。そのため、自分でiPhoneを用意する必要があります。

    LINEMOの設定方法は、SIMカードとeSIMで異なります。どちらも難しくないので、本記事の手順を参考に落ち着いて進めましょう。

    【LINEMO公式】詳細はこちら

    公開日時 : 2022年09月06日

    iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
    iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

    iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!