ソフトバンク光

ドコモ光の事業者変更手順は?違約金や番号の取得方法、注意点を徹底解説!

ドコモ光の事業者変更についてまとめました。事業者変更の意味とメリット、ドコモ光の事業者変更手順を紹介しています。また、おすすめの事業者変更先も解説しているので、乗り換え先で迷っている方はぜひ参考にしてください。ドコモ光の事業者変更をして、通信費を節約しましょう。
【公式】カシモWiMAX ドコモ光の事業者変更手順は?違約金や番号の取得方法、注意点を徹底解説!

光回線の「事業者変更」は、簡単な手続きで光コラボ事業者を乗り換えられる、とても便利な制度です。

しかし「事業者変更はハードルが高くて難しそう」「そもそも光コラボ事業者ってよくわからない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ドコモ光を例に挙げつつ「事業者変更とは何か」「事業者変更にメリットはあるのか」「ドコモ光からの事業者変更の具体的な流れ」などを紹介しつつ、事業者変更に関してよくある質問と回答をまとめました。

併せて、ドコモ光から他社の事業者変更におすすめの光コラボ事業者と、他社からドコモ光に事業者変更する際におすすめのプロバイダを紹介します。

ドコモ光の事業者変更とは?

事業者変更とは、2019年7月1日に総務省主導のもと作られた制度でのことです。光コラボから別の光コラボに簡単に乗り換えることができるようになります。ここからは、詳しく事業者変更について解説していきます。

事業者変更とは?

光回線の契約において、事業者変更とは「光コラボ利用者が、今契約している光コラボ事業者から別の光コラボ事業者へ契約を変更すること」を指します。

そして「光コラボ」とは、NTT東日本・NTT西日本から光回線を借りてサービスを提供している事業者やそのサービス全般を意味します。

事業者変更のメリット

  • 回線工事が不要
  • ネットの不通期間がない
  • 光電話の電話番号が変わらない

光コラボ事業者は、ブランドが違っても同じNTT東日本・NTT西日本の回線を使っています。月額料金や細かいサービスは異なっても、使う回線自体は同じです。

そのため、乗り換えにあたっての回線工事がなく、工事に伴うネットの不通期間もありません。

回線自体が同じなので、光電話の電話番号も持ったまま乗り換えができます。

事業者変更には2通りある

事業者変更は光コラボ事業者間の乗り換えのことです。

例えば「ドコモ光の事業者変更」の場合、「ドコモ光から別の光コラボ事業者に乗り換える」もしくは「別の光コラボ事業者からドコモ光へ乗り換える」のいずれかを指します。

ドコモ光の事業者変更でおすすめの光コラボ

ドコモ光の利用者が事業者変更で乗り換えるのにおすすめの光コラボ事業者を5つ紹介します。

紹介するドコモ光の料金は「1ギガ タイプA」のもので、他社の料金はそれと同等のものです。

ソフトバンク光

ソフトバンク光のおすすめポイント

  • ソフトバンクのスマホとセットでお得
  • ドコモ光の違約金・工事費の分割残債は還元
  • 光BBユニットのレンタルでIPv6高速ハイブリッドが利用できる

ソフトバンク光はソフトバンクが運営する光コラボです。

ソフトバンク光はソフトバンクのスマホと合わせて使うと「おうち割 光セット」でソフトバンクの月額料金が永年最大1,100円(税込)割引で利用できます。

ドコモ光を更新月以外に解約すると違約金が発生したり、工事費を分割で支払っている場合は残債一括清算を求められる可能性があります。

しかしこのような場合でもソフトバンク光への乗り換えであれば、「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」で最大10万円までであればソフトバンク光が還元してくれるのでお得に乗り換えることが可能です。

本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

ドコモ光とソフトバンク光の料金比較

ドコモ光 ソフトバンク光
戸建て 5,720円(税込) 5,720円(税込)
マンション 4,400円(税込) 4,180円(税込)

【ソフトバンク光】詳細はこちら

ビッグローブ光

ビッグローブ光

ビッグローブ光のおすすめポイント

  • auのスマホとセットでお得になる
  • 他の光コラボ事業者よりも月額料金が比較的安い
  • 「40,000円キャッシュバック」か「1,628円(税込)×12ヵ月値引き」のどちらかの特典を選べる
  • 無線LANルーターを1年間無料でレンタル

ビッグローブ光を運営するビッグローブ株式会社は、現在auを運営するKDDI株式会社の傘下です。そのため、auのスマホとセットで利用することでビッグローブ光の月額料金が最大1,320円(税込)割引で利用できます。

ドコモ光やソフトバンク光と比べて戸建て・マンション共にビッグローブ光のほうが安いです。料金の安さにこだわる人にビッグローブ光は向いています。

そして現在、ビッグローブ光に事業者変更すると40,000円のキャッシュバックか1,628円(税込)×12ヵ月値引きのいずれかの特典が受け取れます。また、IPv6対応の無線LANルーターが月額550円(税込)のところ、1年間無料でレンタルできます。

本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

ドコモ光とビッグローブ光の料金比較

ドコモ光 ビッグローブ光
戸建て 5,720円(税込) 5,478円(税込)
マンション 4,400円(税込) 4,378円(税込)

【ビッグローブ光】詳細はこちら

楽天ひかり

楽天ひかり

楽天ひかりのおすすめポイント

  • 楽天モバイルのスマホとセットで1年間無料になる
  • 楽天スーパーポイントアッププログラムで楽天ポイント付与率が1%アップ
  • 他の光コラボ事業者よりも月額料金が比較的安い

楽天ひかりを運営しているのは、楽天モバイルです。そのため、楽天モバイルの利用者であれば楽天ひかりの月額料金が1年間無料で利用できます。

1年間無料のインパクトは大きいですが、長く使う場合はドコモ光セット割やおうち割 ひかりセットのほうがお得になるので、申し込む前に料金を比較しましょう。

また、楽天ひかりは楽天スーパーポイントアッププログラムの対象サービスなので、楽天市場でのショッピングの際に付与されるポイント付与率が1%アップします。

楽天市場のショッピングでの付与ポイント

  • 通常:1%
  • 楽天ひかりを利用:2%
  • 楽天ひかりと楽天モバイルを利用:3%

楽天系のサービスを多用している人や、楽天市場でショッピングする機会が多い人に楽天ひかりはおすすめです。

そして、月額料金の安さも見逃せません。楽天ひかりはビッグローブ光を上回る安さです。

ドコモ光と楽天ひかりの料金比較

ドコモ光 楽天ひかり
戸建て 5,720円(税込) 5,280円(税込)
マンション 4,400円(税込) 4,180円(税込)

【楽天ひかり公式】詳細はこちら

OCN光

出典:OCN光

OCN光のおすすめポイント

  • OCNモバイルワンでスマホ代が安い
  • 無料訪問サポートでスタッフの出張サポートを受けることができる
  • 月額料金が安い

OCN光は、NTTコミュニケーションズの中でも月額使用料の低価格にこだわったネットワークです。

下の比較表を参照すると、月額使用料のマンションタイプだと、ドコモ光と比較して毎月1,200円安くなります。これは、年間にすると14,400円の差となり、通信費を節約することが可能です。

また、スマホ割も利用することができ、スマホ1台当たり毎月220円(税込)の割引が適用されます。

さらに、全国どこでも無料訪問サポートをしていて、ネット回線の問題も、実際に訪問したスタッフが解決してくれます。

ドコモ光とOCN光の料金比較

ドコモ光 OCN光
戸建て 5,720円(税込) 5,610円(税込)
マンション 4,400円(税込) 3,600円(税込)

【OCN光公式】詳細はこちら

So-net光

So-net光プラス

So-net光のおすすめポイント

  • セキュリティソフトが2年間無料
  • V6プラスルーターが永年無料
  • 60,000円のキャッシュバックキャンペーン

So-net(ソネット)は、ソニーネットワークコミュニケーションズが日本・台湾で運営するプロバイダです。

So-net(ソネット)光は、魅力的なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。2022年8月時点では、乗り換えキャンペーンと題して最大60,000円が返ってきます。

また、メールのウイルスチェックと「カスペルスキーセキュリティ(5台版)」が2年間無料な点も魅力的です。

ドコモ光とSo-net光の料金比較

ドコモ光 So-net光
戸建て 5,720円(税込) 6,138円(税込)
マンション 4,400円(税込) 4,928円(税込)

【So-net光】詳細はこちら

ドコモ光の乗り換えでおすすめの独自回線

ここまで、事業者変更について解説してきました。次に乗り換えるなら独自回線がいいという人もいるかもしれません。独自回線を選ぶときのポイントは通信速度や契約しているスマホとの相性です。

ここからは、ドコモ光の乗り換えでおすすめの独自回線2社を紹介します。独自回線に乗り換えようか考えている方はぜひ参考にしてみてください。

auひかり

フルコミット

auひかりのおすすめポイント

  • auのスマホ割が使える
  • 30,000円のキャッシュバックキャンペーン工事費負担
  • 回線速度が速い

光コラボではなく、独自回線を速い回線速度で使用したい方にはauひかりがおすすめです。auひかりはKDDIが提供している光サービスです。

auのスマホを利用している人にはスマホ割が適用されます。スマホとの兼ね合いを考えるとauスマホを使用されている方はおすすめです。

また、auひかりは通信速度が速いこともあります。こちらは、地域などによっても変わりますが、独自回線を引いているため、ドコモ光よりも回線が混みにくい傾向にあります。

よって、auスマホを持っていて通信速度にこだわる人はauひかりがおすすめです。

ドコモ光とauひかりの料金比較

ドコモ光 auひかり
戸建て 5,720円(税込) 5,610円(税込)
マンション 4,400円(税込) 4,180円(税込)

【auひかり】詳細はこちら

NURO光

出典:NURO光

NURO光のおすすめポイント

  • ソフトバンクのスマホ割が使える
  • 最大2Gbpsと回線速度が速い
  • 45,000円のキャッシュバックキャンペーンがある

NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズ提供のサービスです。しかし、光電話がソフトバンク系列ですので、ソフトバンクとの相性がいいことが特徴として挙げられます。

NURO光のメリットとしてまず挙げられるのが、国内最速といわれる通信速度です。日本では採用率の低い「G-PON」という通信規格を使用しており、ドコモ光と比較しても最大2Gbpsと倍の速度を誇っています。

また、ソフトバンク系列の電話回線を使用しているため、ソフトバンクのスマホ割を適用可能です。マンション利用の方限定で月額使用料も安く展開されている点も魅力的なところです。

ドコモ光とNURO光の料金比較

ドコモ光 NURO光
戸建て 5,720円(税込) 5,700円(税込)
マンション 4,400円(税込) 2,090円~2,750円(税込)

【NURO光公式】詳細はこちら

【パターン別】ドコモ光の事業者変更手順

主に「ドコモ光→他社」への事業者変更の流れを紹介します。これは、「他社→ドコモ光」でも流れはほぼ同じです。

また、ドコモ光から独自回線に乗り換える際の説明もしていきます。

ドコモ光から乗り換えを検討している方は参考にしてみてください。

ドコモ光から光コラボ回線に事業者変更する場合

ドコモ光を使っていて、他の光回線を利用しようと考えたとき、事業者変更をしましょう。事業者変更の手順は以下の通りです。

手順1.事業者変更承諾番号を取得する

発行手続き先は電話やインターネットなど、光コラボ事業者によって異なります。ドコモ光の場合、ドコモショップ電話での申し込みが必要です。

なお、事業者変更承諾番号の有効期限は発行日を含めて15です。この期間内に乗り換え先で事業者変更手続きを行いましょう。

手順2.事業者変更を申し込む

事業者変更承諾番号を取得したら、すぐに乗り換え先の光コラボ事業者へ連絡をして事業者変更を申し込みましょう。

事業者変更の申し込み先も電話・インターネットなど、光コラボ事業者によって異なります。ドコモ光に乗り換える場合、ドコモショップ電話での申し込みです。

申し込み手続きの際は必ず「事業者変更の申し込みであること」を伝えるようにしてください。新規契約の申し込み手続きを進められてしまうことがあります。

手順3.必要書類を受け取る

手続きが終わると、ドコモ光の場合は「開通のご案内」など開通手続きに関する書類が郵送されてきます。

ここに「事業者変更予定日」が記載されています。事業者変更予定日に乗り換え元から乗り換え先であるドコモ光へ回線が切り替わります

事業者変更予定日は、事業者変更の申し込みから最短で8日程度先です。場合によっては3週間程度先に設定されます。

その後、正式に回線の切り替えが済むと自宅に申込書の控えが届きます。

手順4.ルーターの接続・設定をする

事業者変更の申し込みが済めば、あとは事業者変更予定日までは利用者側でするべきことはありません。

乗り換え元の光コラボ事業者からルーターやモデムをレンタルしていた場合、事業者変更予定日に回線が切り替わるとこれらは使えなくなります。

そのタイミングで、乗り換え先の光コラボ事業者から新たにレンタルしたルーター・モデムに切り替えて接続設定をしてください。

ドコモ光から独自回線に乗り換える場合

次は、ドコモ光から独自回線に乗り換える手順を解説していきます。

独自回線に乗り換える際は引き継ぐタイミングに注意しましょう。タイミングがずれてしまうとネットが使えない時期が発生しますので、先に引き継ぎ先の回線がつながるようにしましょう。

auひかりに乗り換える場合の手順は、以下のとおりです。

auひかりに申し込んで工事の日程を決める

契約するなら、キャンペーンが確実な代理店がおすすめです。ネットから申し込むと、KDDIから工事の確認があります。この確認作業で申し込み完了になります。

確認の数日後、工事の日程調整の連絡が来るので、そこで工事日を決めましょう。

【auひかり】詳細はこちら

宅配機器を受け取り、開通工事をする

工事日の2日前までにKDDIから接続機器(ONUやホームゲートウェイ)が荷物で届きます。届いた後、作業員が自宅に来るので、工事開始です。

ここで、注意が必要なのが、工事は立ち合いが必要だということです。工事時間は数時間で終わるので、工事をする時間帯には用事を入れないようにしましょう。

機器を接続して利用する

工事終了後、接続機器をご自身で接続・設置して完了です。

ここまできてようやくインターネットが利用できます。ネットが使えなくなる可能性があるため、機器の接続が確認できるまでドコモ光は解約してはいけません

ドコモ光を解約する

auひかりの接続が確認できたら、次にドコモ光の解約をしましょう。

ドコモショップかドコモ インフォメーションセンターへの電話にて解約を進めます。

電話で解約をする場合、本人確認のために『契約者電話番号』と『ネットワーク暗証番号(4桁)』が必要になるため、前もって準備しておきましょう。

基本的にプロバイダはドコモ光と同時に自動解約されます。しかし、自動解約されないプロバイダもあるので、事前に自分の使っているプロバイダが自動解約されるのか確認しておきましょう。

ドコモ光の事業者変更はこんな人におすすめ

事業者変更では、ドコモ光の回線をそのまま使用するため工事費も時間もかかりません。手間をかけずにプロバイダの変更ができるところが事業者変更の大きな特徴です。

簡単に事業者変更ができるようになった分、本当に事業者変更をしても大丈夫か悩んでしまいます。ここからは、事業者変更がおすすめな人を解説していきます。

事業者変更がおすすめな人

ドコモ光の事業者変更がおすすめな人は以下のような人です。

事業者変更がおすすめな人

  • 月々の使用料金が高いと感じている人
  • ドコモユーザーではない人

月々の固定費が高いと感じている人は、もしかしたら事業者変更をすると毎月の携帯の料金が安くなるかもしれません。携帯会社の提供している光サービスと携帯キャリアを合わせることで、携帯の料金が安くなります。

ドコモ以外の携帯を使っている人は事業者変更がおすすめです。

事業者変更がおすすめではない人

一方、ドコモ光の事業者変更がおすすめではない人はこんな方です。

事業者変更がおすすめな人

  • 回線の速度に不満がある人
  • ドコモユーザーの人

実は、事業者変更しても回線の速度は変わりません。というもの、光コラボは回線そのものが変わらず、事業者変更をしてもサービスは大きく変わらないからです。回線が遅いという人は独自回線に乗り換えるとよいでしょう。

また、先述の通り、光とキャリアをまとめると毎月の携帯の料金が安くなります。ドコモユーザーの人は事業者変更しないほうがよいでしょう。

ドコモ光の事業者変更をする際の注意点

ドコモ光の事業者変更をする前にいくつか注意点があります。

変更してから「これは知らなかった」「こんなはずじゃなかった」とならないように、あらかじめ注意点を確認しておきましょう。

メールアドレスを使えなくなることがある

光コラボを移行することで、メールアドレスが使えなくなってしまうこともあります。

一般的に月額100~300円程度で継続できますが、なかにはプロバイダの相性によって使えなくなる場合もあります。事業者変更の前には必ず確認しましょう。

違約金・工事費の残債が発生することがある

先述しましたが、タイミングによって、解約金がかかる場合があります。

さらに工事費の残債もあれば、解約と余計に費用がかさんでしまいます。

「気づいたら無駄に支払っていた」とならないために、事業者変更の前に工事費残債を確認しておきましょう。

プロバイダの解約が必要な場合がある

回線の契約変更をする際は、同時にプロバイダ等を解約する手間があります。

基本的に事業者変更では、解約の手間はなく事業者変更の時点で全て引き継がれます。しかし、なかにはプロバイダの都合上、解約手続きが必要な場合もあるので、注意してください。

ドコモ光セット割の適用が終了する

事業者変更をすると、ドコモ光のセット割が終了する点にも注意しましょう。

ドコモ光セット割を受けるには光回線をスマホ割を設定する必要があります。そのため、光回線を解約すればペア回線割が解除されるため、ドコモ光のセット割が適用されなくなります。

毎月の携帯代が高くなってしまうので注意しましょう。

解約月の月額料金は日割り計算されない

解消月の基本料金は日割り計算されません。月のどのタイミングでも1ヶ月まるごとの請求を受けます。

タイミングによっては二重払いが発生してしまいます。タイミングを合わせて支払い締め日に事業者変更すれば、二重払いをせずに済みます。

ドコモ光事業者変更のFAQ

ドコモ光も含めた光コラボの事業者変更について、よくある質問とその答えを紹介します。

Q.事業者変更で即日開通は可能?

事業者変更による光回線の即日開通はできません。最短でも8日程度経たないと、乗り換え先の光コラボ事業者の回線には切り替わりません。

乗り換え先の光コラボ事業者に回線が切り替わるまでは、乗り換え元の回線が使えます。インターネットが使えない期間はありませんので、この点の心配は不要です。

Q.ドコモ光の事業者変更問い合わせ先は?

ドコモショップ電話での申し込みが必要です。

ドコモショップは現在原則として来店予約が必要なので、事前にインターネットから来店予約手続きをしておきましょう。営業時間はショップによって異なります。

ドコモ光 事業者変更問い合わせ電話

  • ドコモの携帯電話・スマートフォンから:151
  • それ以外から:0120-800-000
  • 受付時間:9時~20時

ドコモ光の事業者変更は簡単!必要に応じてお得な光コラボ事業者を選ぼう

ドコモ光の事業者変更の概要、実際の事業者変更手順、おすすめの光コラボ事業者と事業者変更についてよくある質問とその答えを紹介しました。

光コラボ事業者は、新たな契約者獲得のためにサービス内容を競いあっており、乗り換えにあたっては様々な特典がつくことも多いです。

光コラボ事業者であれば、回線は同じNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光で品質に大差はありません。そのため、よりお得な月額料金や特典を求めて事業者変更をするのは決して悪いことではありません。

家計における通信コストの節約を意識するのであれば、事業者変更を検討してみましょう。

当サイトでは、様々な光コラボ事業者のお得なキャンペーン情報も定期的にお伝えしていますので、こまめにチェックして自分にぴったり合った光コラボ事業者を見つけるようにしてください。

公開日時 : 2022年10月21日

二階堂卓也 ― ライター
二階堂卓也 ― ライター