Androidおすすめ

[2021年]ソフトバンクの価格が安いおすすめスマホ!コスパに優れた機種はこれ

ソフトバンクで購入できるiPhoneやAndroidなど価格が安いおすすめスマホをランキング形式で5つ紹介します。用途別おすすめスマホもまとめました。予算や利用用途に合うお気に入りの1台を見つけましょう。
docomo [2021年]ソフトバンクの価格が安いおすすめスマホ!コスパに優れた機種はこれ

ソフトバンクではiPhoneシリーズやAndroidなど、取り扱い中のスマホが豊富です。

10万円を超えるハイスペックモデルがある中で、ミドルスペックモデルや入門機と言われるエントリーモデルも取り扱っています。

この記事では、ソフトバンクで販売中の価格や安いおすすめスマホをランキング形式で紹介します。

スマホごとの特徴や魅力もたっぷりと紹介しているので、コスパに優れたスマホへの機種変更を検討している方はぜひ参考にしてください。

\新キャンペーン続々登場!/
docomo

【結論】ソフトバンクの安いスマホのおすすめはこれ

おすすめは2020年5月11日に発売されたiPhone SE(第2世代)です。

  • 価格がリーズナブル
  • コンパクトなデザイン
  • イヤホンジャックを搭載

iPhone SE(第2世代)には、iPhone 11 Proと同じ処理性能に優れたA13Bionicチップが搭載されています。

新機能「QuickTake」が搭載され、写真撮影モードからワンタッチで動画撮影モードに切り替えられます。

画面サイズはiPhone 8と同じ4.7インチで、片手でも持ちやすいコンパクトなデザインです。

また、iPhone 7以降に廃止されたイヤホンジャックが復活。有線で音声通話やビデオ通話が楽しみやすくなりました。

ソフトバンクでの通常価格は、57,600円(税込)~78,480円(税込)です。ただし、トクするサポート+を利用すれば、28,800円(税込)39,240円(税込)で購入できます。

トクするサポート+はスマホを48回払いで購入し、25ヵ月目で買い替え・回収することで最大24回分の支払いが不要になるプログラムです。

iPhoneシリーズには10万円を超えるモデルもある中で、iPhone SE(第2世代)はスペックと価格のバランスに優れたおすすめの1台です。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

ソフトバンク安いスマホの選び方

ソフトバンクで販売中の安いスマホの選び方について、画面サイズ・カメラ性能・価格帯の観点で解説しましょう。

画面サイズから選ぶ

適切な画面サイズは、利用用途に応じて異なります。

5インチまでの小型タイプはコンパクトなサイズ感で、片手操作やポケットに入れての持ち運びがしやすいことが特徴です。

ただし、ゲームをプレイしたり、動画をよく観る人は少し物足りなさを感じるかもしれません。

大きな画面で動画を観たり、ゲームをプレイしたい人には6インチ以上のモデルがおすすめです。

また、画面サイズだけでなくベゼルと言われるディスプレイの外側の幅も、端末によって異なります。

より大画面のスマホを探している人は、ディスプレイサイズと合わせて、このベゼルの幅にも注目してみてください。

カメラ性能で選ぶ

画素数は画像を構成するピクセル数を表しています。数値が大きいほど鮮明な写真や動画が撮影可能です。

F値はレンズの絞りを調整具合を表しています。数値が大きいほど背景のピントがずれにくくシャッターの速度が遅くなります。一方、数値が小さいと背景をぼかした写真が撮影可能です。

また、モデルごとに便利な機能が搭載されているケースも多く、手ぶれ補正ナイトモードなどシーンに合わせた撮影ができます。

搭載しているレンズの数もモデルごとに様々です。最近では価格が安いものでも、トリプルカメラや4眼カメラなど、高性能なカメラを搭載しているモデルが登場しています。

価格帯から選ぶ

スマホの価格帯は主に3つに分けられます。

  • ハイエンドモデル
  • ミドルレンジモデル
  • エントリーモデル

ハイエンドモデルは、シリーズの中でもハイスペックなモデルで価格は100,000円程度のケースがほとんどです。

スペックと価格のバランスに優れているのは、50,000円程度で販売されているミドルレンジモデル。

エントリーモデルはローエンドモデルとも呼ばれており、ハイエンドモデルやミドルレンジモデルに比べて性能は劣るものの20,000円~30,000円程度で安価な価格帯が魅力です。

新しいモデルが発売されたタイミングで、現行機種が値下げされることも多いので、型落ちモデルを狙って安く買うのもよいでしょう。

ソフトバンク安いスマホおすすめランキング5選

現在ソフトバンクで販売中のスマホは、iPhoneが10種類以上、Androidが20種類以上あります。

価格帯も2万円台で購入できるモデルから、20万円近くするものまで幅広いラインナップで展開中です。

今回はこの中から価格帯とスペックのバランスに優れた、おすすめの5台をランキング形式で紹介します。

こちらで紹介したランキングは、編集部が独自に調査したものです。

機種名 iPhone SE(第2世代) Redmi 9T Google Pixel 4a OPPO Reno3 5G AQUOS sense5G
価格 57,600円(税込)~ 21,600円(税込) 36,720円(税込) 55,440円(税込) 43,200円(税込)
プロセッサ(CPU) A13 Bionicチップ Mediatek Dimensity 800U(オクタコア) 2.4GHz+2.0GHz Qualcomm Snapdragon 730G Qualcomm Snapdragon 765G
オタクコア
Qualcomm Snapdragon 690 5G mobile platform
2.0GHz+1.7GHz オクタコア
メモリ(RAM) 3GB 4GB 6GB 8GB 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
128GB 128GB 64GB
バッテリー容量 非公表 5,000mAh 3,140mAh 4,025mAh 4,570mAh
アウトカメラ シングルカメラ 3眼カメラ シングルカメラ 4眼カメラ トリプルカメラ
アウトカメラ内訳 広角:1,200万画素 標準:4,800万画素
マクロ:200万画素
深度:200万画素
標準:1,200万画素 標準:4,800万画素
望遠:1,300万画素
超広角:800万画素
モノクロ:200万画素
標準:1,200万画素
広角:1,200万画素
望遠:800万画素
インカメラ 標準:700万画素 1,300万画素 標準:800万画素 3,200万画素 800万画素
おサイフケータイ
Apple Pay
顔認証 × ×
指紋認証
画面サイズ 4.7インチ 6.53インチ 5.8インチ 6.55インチ 5.8インチ

1位:iPhone SE(第2世代)

出典:Apple公式サイト

  • 価格とスペックに優れたモデル
  • 被写体を際立たせるポートレートモード

10万円を超えるiPhoneシリーズがある中で、iPhone SE(第2世代)はスペックと価格のバランスに優れています。

認証システムは指紋認証のTouch IDが復活したため、Apple Payを利用して決済する際もスムーズです。

加えて防水・防塵性能はIP67等級なので、飲み物を少しこぼしたり小雨に濡れたりしても問題ないレベル。

スペックと価格のバランスに優れたスマホが欲しい場合は、iPhone SE(第2世代)がおすすめです。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

機種名 iPhone SE(第2世代)
プロセッサ(CPU) A13 Bionicチップ
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 64GB
128GB
256GB
バッテリー容量 非公表
アウトカメラ シングルカメラ
アウトカメラ内訳 広角:1,200万画素
インカメラ 標準:700万画素
おサイフケータイ
Apple Pay
顔認証 ×
指紋認証
画面サイズ 4.7インチ

価格とスペックに優れたモデル

2019年9月20日に発売されたiPhone 11は、2年近くたった今でも価格が66,240円(税込)~です。

一方でiPhone SE(第2世代)は、iPhone 11よりも安い57,600円(税込)~で購入できます。リーズナブルな価格でありながら、広角カメラのF値やデジタルズーム機能はiPhone 11と同等の性能を誇ります。

CPUにはA13Bionicチップ搭載で処理性能にも優れています。動画の視聴やゲームをプレイする機会が多い人にも十分満足できるスペックでしょう。

被写体を際立たせるポートレートモード

iPhone SE(第2世代)のカメラは、メインカメラとアウトカメラの両方がポートレートモードに対応しています。

ポートレートモードに切り替えると背景を絶妙なバランスでぼかせるため、被写体をより一層際立たせることが可能です。

これは、A13Bionicチップの処理性能によってカメラと被写体までの距離を瞬時に計算できるからです。

iPhone SE(第2世代)のポートレートモードを駆使すれば、人物や風景などの様々なシーンをまるでプロが撮影したかのようなクオリティの高い写真が撮れるでしょう。

2位:Redmi Note 9T

  • 人間工学に基づいた指紋センサー
  • 5,000mAhの大容量バッテリー

2021年2月26日に発売されたRedmi Note 9Tです。

価格が高い傾向にある5G対応スマホが多い中、Redmi Note 9Tはミドルレンジモデルでありながらエントリーモデル並みの21,600円(税込)で購入できます。

ディスプレイはノッチを最小限に抑えた6.53インチの大画面なので、サイズの割に持ちやすい点が魅力です。

大画面で5G対応スマホを、リーズナブルな価格で探している人にRedmi Note 9Tはおすすめの1台です。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

機種名 Redmi 9T
プロセッサ(CPU) Mediatek Dimensity 800U(オクタコア) 2.4GHz+2.0GHz
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
128GB
バッテリー容量 5,000mAh
アウトカメラ 3眼カメラ
アウトカメラ内訳 標準:4,800万画素
マクロ:200万画素
深度:200万画素
インカメラ 1,300万画素
おサイフケータイ
顔認証
指紋認証
画面サイズ 6.53インチ

人間工学に基づいた指紋センサー

指紋認証センサーはスピーディなロック解除を実現するために、人間工学に基づいて設計され側面についています。

指が触れる部分には指紋付着防止テクスチャーと呼ばれる特殊加工が施されています。そのため、認識率の低下をほとんど気にする必要はないでしょう。

5,000mAhの大容量バッテリー

Redmi Note 9Tには5,000mAhの大容量バッテリーが搭載されているため、電池持ちが抜群です。動画の場合、連続で18時間程度視聴できるレベルです。

バッテリーの寿命は利用状況によっては1年~2年程度だといわれていますが、Redmi Note 9Tの場合はほとんど劣化することなく3年程度利用できます。

付属の充電器では30分33%の充電が可能なので、うっかり充電し忘れても安心です。

3位:Google Pixel 4a

  • 専用開発されたセキュリティチップ搭載
  • 撮った写真をすぐにSNS共有できる

2020年7月20日に発売されたGoogle Pixel 4aの価格は36,720円(税込)です。

Google Pixel 4aは、前モデルGoogle Pixel 4の廉価版モデルという位置づけです。

パンチホール型のベゼルレスデザインが特徴で、前モデルよりも本体サイズがコンパクトでありながらディスプレイのサイズ感は大きめになっています。

指紋認証センサーが背面に配置され、画面ロックの際にディスプレイの汚れを気にせずに済みます。

Google Pixel 4aは、価格帯以上に納得感と満足感を味わえるおすすめの1台です。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

機種名 Google Pixel 4a
プロセッサ(CPU) Qualcomm Snapdragon 730G
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 128GB
バッテリー容量 3,140mAh
アウトカメラ シングルカメラ
アウトカメラ内訳 標準:1,200万画素
インカメラ 標準:800万画素
おサイフケータイ
顔認証 ×
指紋認証
画面サイズ 5.8インチ

専用開発されたセキュリティチップ搭載

Google Pixel 4aのセキュリティシステムには、Googleが独自開発したセキュリティモジュールであるTitan Mが搭載されています。

Titan Mにより、OSやパスワードなどの機密情報に加えて、サードパーティーアプリを利用する際も保護してくれます。

サードパーティーとは「非純正品」「非正規品」という意味で使用されます。サードパーティーアプリとは第三者が作成した互換性のある非純正のアプリという意味です。

撮った写真をすぐにSNS共有できる

Google Pixel 4aでは、カメラで撮影した写真をSNSやアプリですぐに送信できるソーシャル共有機能が搭載されています。

撮影した写真は、スワイプして表示されたSNSアイコンをタップすれば送信可能です。カメラからアクセスできるSNSは3種類まで選べるため、複数のSNSを利用している人には嬉しい機能でしょう。

4位:OPPO Reno3 5G

  • 滑らかな動画体験を実現
  • 大画面なのに薄くて軽い

2020年7月31日に発売されたOPPO Reno3 5Gです。

5G対応モデルでありながら価格はミドルレンジ並みの55,440円(税込)で、国内のキャリアではソフトバンクの独占販売モデルとなっています。

本体とACアダブター、付属の充電ケーブルには、「VOOCフラッシュチャージ4.0」と呼ばれるOPPO独自開発の識別チップが埋め込まれています。

これによって充電時の電流と電圧がコントロールされるため、20分で50%、56分で100%の急速充電が可能です。

メインカメラと超広角カメラにはそれぞれ異なる手ぶれ補正機能が搭載されており、写真や動画を撮影する際のぶれを最小限に抑えられます。

普段撮影する写真や動画のぶれが気になっている場合は、OPPO Reno3 5Gを選ぶとプロ並みの仕上がりが期待できるでしょう。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

機種名 OPPO Reno3 5G
プロセッサ(CPU) Qualcomm Snapdragon 765G
オタクコア
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(ROM) 128GB
バッテリー容量 4,025mAh
アウトカメラ 4眼カメラ
アウトカメラ内訳 標準:4,800万画素
望遠:1,300万画素
超広角:800万画素
モノクロ:200万画素
インカメラ 3,200万画素
おサイフケータイ
顔認証
指紋認証
画面サイズ 6.55インチ

滑らかな動画体験を実現

滑らかな動画体験を実現するためには、リフレッシュレートの高さが重要になります。一般的なスマホのリフレッシュレートが60Hzなのに対し、OPPO Reno3 5Gは90Hzです。

リフレッシュレートが高いほど動きが滑らかで鮮明に映るため、動きの激しい動画やゲームも快適に楽しめます。

また、画面上の動きが滑らかになることにより、ちらつきを感じにくく目への負担を軽減してくれます。

大画面なのに薄くて軽い

OPPO Reno3 5Gは6.55インチの大画面でありながら、片手でも持ちやすいサイズ感です。

  • 薄さ:7.7mm
  • 重さ:171g

前モデルのOPPO Reno3 Aと比べると、OPPO Reno3 5Gは薄さが0.5mm薄く、重さが4g軽くなっています。

ディスプレイはノッチを最小限に抑えたパンチホール型のデザインなので、扱いやすいサイズ感に加えて臨場感ある動画やゲームが楽しめます。

5位:AQUOS sense5G

  • 専用アンプで快適なコミュニケーションを実現
  • よりリアルな色味を映し出すディスプレイ

2021年2月10日に発売されたAQUOS sense5Gです。

人気のAQUOSシリーズで5G対応モデルでありながら、43,200円(税込)で購入できます。

カメラは広角・超広角・望遠のトリプルレンズが搭載されており、シーンに応じて切り替えるとプロ並みの写真を撮影できます。

5G対応のAQUOSシリーズには、10万円を超えるモデルもあります。5G対応でリーズナブルな価格のAQUOSシリーズを手に入れたい場合は、AQUOS sense5Gが狙い目です。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

機種名 AQUOS sense5G
プロセッサ(CPU) Qualcomm Snapdragon 690 5G mobile platform
2.0GHz+1.7GHz オクタコア
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
バッテリー容量 4,570mAh
アウトカメラ トリプルカメラ
アウトカメラ内訳 標準:1,200万画素
広角:1,200万画素
望遠:800万画素
インカメラ 800万画素
おサイフケータイ
顔認証
指紋認証
画面サイズ 5.8インチ

専用アンプで快適なコミュニケーションを実現

AQUOS sense5Gには専用スマートアンプが搭載され、音声通話やビデオ通話の際の声が聞き取りやすくなっています。

前モデルのAQUOS sense3から構造自体が見直されているため、声の聞き取りやすさは一段とアップしています。

聞こえる声がクリアになると、静かな場所以外での通話でも快適なコミュニケーションが実現可能です。

よりリアルな色味を映し出すディスプレイ

AQUOS sense5Gのディスプレイは約5.8インチの大画面で、AQUOSシリーズでお馴染みのIGZO液晶ディスプレイ搭載モデルです。

IGZO液晶ディスプレイは写真や動画だけでなく、Webサイトに記載された文字もよりリアルに映し出せます。

利用状況に応じて消費電力を抑えつつ、画面の明るさはしっかりとキープされます。

【用途別】ソフトバンクのおすすめスマホ3選

ソフトバンクで販売中のスマホのうち、カメラ性能・価格帯・動画視聴の3つの分野でおすすめのスマホを紹介します。

本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

カメラ性能が優秀なOPPO Reno3 5G

OPPO Reno3 5Gのメインカメラと超広角カメラには、電子式とハイブリッド式の2種類の手ぶれ補正機能が搭載されています。

手ぶれ補正Proをオンに設定した場合、動きの激しい被写体でもぶれが最小限に抑えられた動画の撮影が可能です。

アウトカメラには、メイン・超広角・モノクロ・望遠の4眼が搭載されています。5G対応の4眼カメラ搭載モデルでありながら価格はリーズナブルなのが魅力です。

OPPO Reno3 5Gはトクするサポート+を利用すれば、通常55,440円(税込)が実質27,720円(税込)で購入できます。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

価格の安さならRedmi Note 9T

Redmi Note 9Tはリーズナブルな価格でありながら、5G対応や高品質なCPUを搭載したモデルです。

カメラにはポートレートモードやナイトモードなど、シーンに合わせて切り替えられるモードが複数用意されています。

5,000mAhの大容量バッテリーは劣化しにくい仕様になっているため、リーズナブルな価格のスマホを長く使いたい場合に最適です。

トクするサポート+を利用すれば、通常21,600円(税込)が実質10,800円(税込)で購入できます。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

動画をたっぷり楽しめるAQUOS sense5G

AQUOS sense5Gは最先端技術であるIGZO液晶ディスプレイで、よりリアルで色味のある高画質な映像体験の実現が可能です。

また、IGZO液晶ディスプレイの省エネ性能と4,570mAhの大容量バッテリーにより、電池持ちが抜群です。

トクするサポート+を利用すれば、通常43,200円(税込)が実質21,600円(税込)で購入できます。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

【2022年】ソフトバンクの最新キャンペーン

ソフトバンクでの機種変更・乗り換えで使える最新キャンペーンをまとめました。

掲載しているキャンペーンは予告なく終了する可能性があります。

【オンライン限定】web割

ソフトバンクオンラインショップで2020年3月12日(木)から、対象端末に他社から乗り換えると最大21,600円(税込)割引になる「web割」を開催中です!

対象端末は、新型iPhone 11シリーズや先日ソフトバンクから発表された最新5Gスマホ「razr 5G」「AQUOS sense5G」も対象です。

最新端末への乗り換えを検討している方は、ソフトバンクで開催されている「web割」を使わない手はありません!

【オンライン限定】web割

  • 開催期間:2020年3月12日(木)~在庫が無くなり次第終了
  • 適用条件:他社からの乗り換えで対象端末をソフトバンクオンラインショップで購入
    他社からののりかえ(MNP)で「基本プラン(音声)」および「データプランメリハリ」に加入
    対象端末購入時に「自宅受け取り」を選択

ソフトバンクの「web割」の対象端末の割引額は以下の通りです。

対象端末 乗り換え(MNP)
割引額
iPhone SE(第3世代) 21,600円(税込)
iPhone 13/mini/Pro/Max
iPhone 12/mini/Pro/Max
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11(64GB)
iPhone X(64GB)※
iPhone XR(128GB)※
iPhone XS(256GB)※
Google Pixel 6a
Google Pixel 6 Pro
Google Pixel 6
Google Pixel 5a(5G)
Google Pixel 4a(5G)
Google Pixel 5
Google Pixel 4a
Xperia 10 IV
AQUOS R7
Xperia 1 IV
Redmi Note 10T
シンプルスマホ6
arrows We
BALMUDA Phone
razr 5G
LEITZ PHONE 1
AQUOS zero6
AQUOS R6
AQUOS sense5G
AQUOS zero5G basic
AQUOS R5G
Xperia 5 III
Xperia 1 III
Xperia 5 II
OPPO A55s 5G
シンプルスマホ5
iPhone 8(64GB)※ 21,360円(税込)
Redmi Note 9T 16,800円(税込)

※SoftBank Certified(認定中古品)

人気の新型iPhone 13シリーズや5G対応スマホがお得に購入できるのは嬉しいですね。

他社からの乗り換え・オンラインショップまたは電話での申し込み・スマホの受け取り先を自宅に指定するなど、適用条件が複雑なので申し込み時には必ず確認をしてください。

オンラインショップは、ソフトバンクの店舗に行く必要がなく24時間申し込み可能な上、事務手数料も0円です。

普段ショップに行く時間がない人はもちろん、これまでオンラインショップの利用をしたことがない人は、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

U30 web割

  • 期間:2021年11月17日~
  • 特典:機種代金から最大21,600円(税込)割引
  • 対象者:5歳以上30歳以下で新規契約をする方

「U30 web割」は、5歳以上30歳以下の方がソフトバンクオンラインショップで新規契約をする場合に適用されるキャンペーンです。対象機種を48回払いで購入すると、機種代金から最大21,600円(税込)割引されます。

なお、こちらは商品を「自宅受け取り」にすることが条件なので、店舗受け取りサービスを利用する方は対象外です。対象機種およびそれぞれの割引額は、以下を参考にしてください。

対象機種 割引額(税込)
iPhone SE(第3世代)
iPhone 13/mini/Pro/Max
iPhone 12/mini/Pro/Max
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11[64GB]
iPhone XS[256GB]※
iPhone X[64GB]※
iPhone XR[128GB]※
21,600円割引
iPhone 8[64GB]※ 21,360円割引
Google Pixel 6a
Google Pixel 6/Pro
Google Pixel 5a(5G)
Google Pixel 4a(5G)
Google Pixel 5
Google Pixel 4a
21,600円割引
Xperia 10 IV
AQUOS R7
Xperia 1 IV
シンプルスマホ6
BALMUDA Phone
razr 5G
LEITZ PHONE 1
AQUOS zero6
AQUOS R6
AQUOS sense5G
AQUOS zero5G basic
AQUOS R5G
Xperia 5 III
Xperia 1 III
Xperia 5 II
シンプルスマホ5
Redmi Note 10T
OPPO A55s 5G
arrows We
21,600円割引
Redmi Note 9T
arrows U
16,800円割引

※SoftBank Certified(認定中古品)

最新スマホも割引の対象なので、ソフトバンクの契約を考えている30歳以下の方はぜひこの機会に機種変更を検討してみてはいかがでしょうか。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

下取りプログラム

ソフトバンクの「下取りプログラム」は、使っているスマホを下取りに出すとPayPayポイントがもらえるキャンペーンです。

ソフトバンク契約中の場合は「下取りプログラム(機種変更)」、乗り換えの場合は「下取りプログラム(のりかえ)」という名前になっています。機種変更と乗り換えでは、下取り金額が若干違うのでよく確認しましょう。

キャンペーンの適用条件

  • 下取りの査定を受ける
  • ソフトバンクが指定する端末に機種変更をする
  • 製造番号(IMEI)が確認できており、メーカー保証外の端末ではない
  • 機種変更前の端末が正常に動作し、初期化・各種ロックの解除が完了している

破損の基準は、ガラスや筐体の破損、液晶表示の異常やタッチパネルの動作不良、筐体の変形が対象です。

電源が入らなかったり、初期化されていなかったりすると、下取りの対象外になってしまいます。破損で下取り価格は1/3になってしまうので、機種変更まで大事にスマホを使ってください。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

Softbank Certified(認定中古品)

「Softbank Certified(認定中古品)」とは、ソフトバンクが厳選した認定整備済みのiPhoneのことです。いわゆる中古iPhoneですが、初期化・クリーニングなどが完了しているソフトバンク認定の良品なので安心して使えます。

新品ではないため小さな傷や汚れがある場合がありますが、バッテリー残量80%以上で基本機能および接続機能ともに検査済みの端末のみ取り扱っています。商品のラインナップと販売価格は、以下を参考にしてください。

商品ラインナップ 認定整備済み価格(税込) web割適用時価格(税込)
iPhone 8
(64GB)
21,840円 480円
iPhone XR
(128GB)
31,200円 9,600円
iPhone X
(64GB)
31,200円 9,600円
iPhone Xs
(256GB)
41,280円 19,680円

正常に動作しないなどトラブルがある場合は、商品到着後8日以内であれば本体の交換が可能。オンライン限定のサービスなので、店舗では購入できない点に注意してください。

web割も利用するとさらに割引されるため、人気のiPhoneをお得に購入したい方におすすめです。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

ワイモバイルからソフトバンク乗り換えキャンペーン

ワイモバイルユーザーがソフトバンクに乗り換える場合、月額料金の割引や契約解除料免除、機種代金の値引きなどの特典を受けられます。

  • 特典1:ギガ無制限が1年間3,080円(税込)割引
  • 特典2:メリハリ無制限への加入で機種代金最大21,600円(税込)値引き

特典1および特典2は、ワイモバイルを解約せずにソフトバンクへの番号移行を行うことが条件です。また、特典1は以下の条件を満たす必要があります。

  • メリハリ無制限に加入すること(データシェアプラス親回線を含む)
  • ワイモバイル契約日の翌年同日以降であること、またはおうち割光セット(A)割引特典適用中であること
  • 本特典または「ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム」が、これまでに同一電話番号で適用された実績がないこと

ソフトバンクの「メリハリ無制限」は、データ容量が使い放題の料金プランです。月額7,238円(税込)のプランなので、こちらのキャンペーンを利用すると12か月間4,158円(税込)から契約できます

年間で計算すると36,960円(税込)も割引されるので、データ容量をたくさん使いたいけどスマホ代は節約したいという方におすすめです。

さらに、対象機種の購入と同時にメリハリ無制限に加入すると、機種代金から最大21,600円(税込)値引きされるキャンペーンも実施しています。

iPhone 13シリーズをはじめとする人気機種が対象となっているため、最新のスマホを安く手に入れたい方はこちらのキャンペーンを活用してください。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

新トクするサポート

「新トクするサポート」は対象機種を48分割で購入した後、25ヶ月目以降に特典申し込みと端末を回収に出すと、端末の残債が不要になるキャンペーンです。

特典受付開始日以降にソフトバンク指定の機種へ買い替える「端末買い替え」条件がなくなり、機種を買い替えなくても特典を利用可能になりました。

48分割の内24回分の支払いがなくなるため、端末を実質半額で購入できるのです。

例えば96,000円のスマホを購入した場合、最大48,000円が無料になるというお得なキャンペーンになっています。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

用途やスペックをチェックしてコスパの良いスマホを手に入れよう

ソフトバンクでは、iPhoneとAndroidを合わせて30種類以上のスマホが販売されています。

  • 総合的なおすすめはiPhone SE(第2世代)
  • カメラ性能ならOPPO Reno3 5G
  • 価格の安さならRedmi Note 9T
  • 動画を楽しむならAQUOS sense5G

iPhone SEはiPhone 11シリーズと同等の高いスペックを誇り、操作性の高さが魅力です。発売から1年以上たった今でもなお人気のモデルです。

また、ソフトバンクではトクするサポート+を利用すればさらに安くスマホを購入できます。

2020年3月26日以前に発売されたモデルもトクするサポート+の対象になったため、公式サイトでチェックしてみてください。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

公開日時 : 2021年11月06日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!