Apple Watch 7の価格や性能は?発売日や在庫状況なども紹介

10月15日に発売されたApple Watch 7。価格や新機能、色、ケース、バンドの最新情報をまとめました。また、キャリアやApple Storeの在庫状況についても紹介しています。Apple Watch Series 7を買うべきか迷っている方必見です。
楽天モバイルiPhone13 Apple Watch 7の価格や性能は?発売日や在庫状況なども紹介

例年9月頃にAppleから発表・発売されている「Apple Watch」。 2021年も新型「Apple Watch 7」が、10月15日(金)に発売されました。

そこで今回は、Apple Watch 7の最新情報を紹介します。

Apple Watch 7の購入を考えている方や、最新モデルの情報が気になる方はぜひ参考にしてください。

\10,000円キャッシュバック!/

Apple Watch 7の発売日

Apple Watchは、例年9月の半ばに発表・発売されています。

ここ数年は9月の第3金曜日が発売日となっていますが、2021年の新型Apple Watch 7は10月15日(金)発売となりました

ドコモ・au・ソフトバンクでも発売が決定しており、予約開始・発売日もAppleと同じです。

参考として、歴代モデルの発売スケジュールもまとめました。

モデル 発売日
初代Apple Watch 2015年4月24日(第4金曜日)
Apple Watch Series 1 2016年9月16日(第3金曜日)
Apple Watch Series 2 2016年9月16日(第3金曜日)
Apple Watch Series 3 2017年9月22日(第3金曜日)
Apple Watch Series 4 2018年9月21日(第3金曜日)
Apple Watch Series 5 2019年9月20日(第3金曜日)
Apple Watch Series 6 2020年9月18日(第3金曜日)
Apple Watch Series SE 2020年9月18日(第3金曜日)

Apple Watch 7の価格

GPS+Cellularモデル 41mm 45mm
ドコモ 60,800円(税込) 64,900円(税込)
au 60,800円(税込) 64,780円(税込)
ソフトバンク 66,720円(税込) 71,040円(税込)
Apple Store 60,800円(税込) 64,800円(税込)

Apple Watch 7の価格は上記のとおりです。

41mmに関しては、ソフトバンク以外であればどこで購入しても68,800円(税込)で入手できます。

ソフトバンクは一見高いですが、「新トクするサポート」を利用して分割払いにすれば、33,360円(税込)で購入可能です。

そのため、一括払いで購入したい方はApple Store・ドコモ・au、分割払いで購入したい人はソフトバンクがおすすめです。

Apple Watch 7のデザイン・カラー

Apple Watch 7のデザインやカラーについて紹介します。

Series 6から何が変化したのかも解説しているので、参考にしてみてください。

デザイン|ディスプレイが20%拡大

Apple Watch 7デザイン

  • 従来どおり丸みを帯びたデザイン
  • ディスプレイが20%拡大
  • ケースサイズが41mm・45mmの新サイズに

Apple Watch 7は、これまで登場したモデルと同様、丸みを帯びたデザインを採用となりました。

また、本体のベゼル幅が1.7mmと狭くなり、少しコンパクトな印象です。ベゼルとは、ディスプレイの枠の部分を指します。

さらには、本体サイズをほとんど変えずにディスプレイが20%広くなったことで、縁が40%削減された点も注目です。これにより、ケースとシームレスにつながるデザインとなりました。

Series 6・3と比較すると、いかに画面が広くなったのかわかります。表示領域が広いほど、誤タッチが減って操作しやすくなるので嬉しい進化です。

また、ケースサイズが新しくなり、41mmと45mmの2サイズ展開になりました。Apple Watch Series 6までは40mmと44mmだったので、各モデル1mmずつ大きくなっています。

カラー|新色グリーン追加

Apple Watch 7カラー

  • アルミニウムに新色グリーン追加

Apple Watch 7では、アルミニウムケースに新色「グリーン」が追加されました。

深みのあるグリーンで、落ち着いた色合いとなっています。

Apple Watch 7は、アルミニウム・ステンレスの2つの素材から選べます。

アルミニウムは、写真左からミッドナイト・スターライト・グリーン・ブルー・(PRODUC)REDの5色。ステンレスは、シルバー・グラファイト・ゴールドの3色展開です。

新色グリーンが欲しい方は、アルミニウムケースのみとなるので間違えないように注意してください。

人気色はミッドナイト

Apple Watch 7の人気色はミッドナイトです。

ミッドナイトは引き締まった黒色でかっこよく、どんなバンドとも合わせやすいため、人気があります。

また服装などとの組み合わせも気にしなくて済むので、使い勝手のよいカラーになっています。

バンド|全モデル使用可能

Apple Watch 7バンド

  • 旧モデルすべてに対応

Apple Watch 7では、旧モデルすべてのバンドに対応しています。

Apple Watchの買い替えを検討している方にとっては、嬉しい情報ではないでしょうか。

Apple Watch 7で選べるバンドは、NIKEやエルメスバンドを除くと6種類あります。

▼ソロループ

▼ブレイデッドソロループ

▼スポーツバンド

▼スポーツループ

▼レザー

▼ステンレススチール

Apple Watchおすすめバンドについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

Apple Watch 7のスペック・ 性能

次は、Apple Watch 7のスペックを紹介していきます。

年々性能が向上しているApple Watchですが、最新のApple Watch 7はどのようになるのでしょうか。

充電速度|最大33%速く

Apple Watch 7バッテリー容量

  • 18時間継続利用できるバッテリー搭載
  • 33%早く充電でき、45分で80%の充電

充電の持ち時間はApple Watch Series 6と変更はありませんでした。

フル充電から18時間使えるバッテリー持ちで、1日中使い倒せます。

Apple Watch 7で変わったのは、充電時間です。Series 6と比べて33%早く充電でき、45分で80%まで充電できるようになりました。

たった8分間の充電で、8時間の睡眠を記録できるとのことです。うっかり充電し忘れてしまっても、すぐに充電できるのは嬉しい進化ですね。

生体認証|Touch IDは非搭載

Apple Watch 7生体認証

  • Touch IDは非搭載

感染症対策のためにマスクの着用が必須となった今、Apple Watchに指紋認証機能が搭載されることを期待しているユーザーも多いでしょう。

当初、Apple Watch 7にはTouch IDが搭載されるのではと言われていましたが、今回は非搭載となりました。

指紋センサーはDigital Crownまたは画面下に埋め込む方法があり、どちらもAppleが特許を申請していますが、残念ながら今回は見送ることになったようです

耐久性|耐水・IP6X認定

Apple Watch 7防水・防塵

  • 耐水性能:50メートルまで
  • 防塵性能:IP6X認定
  • 対亀裂性能:Apple Watch史上最高

Apple Watch 7は、Apple Watch史上最も頑丈といわれています。

耐久性を全面的に作り直し、最も割れにくく水や塵に強いApple Watchとなっています。

Apple Watchをつけたまま水深50mまで泳ぐこともでき、ワークアウトやアクティビティも可能です。

Apple Watch 7注目の新機能

Apple Watch 7では、これまでになかった新たな機能が搭載されるのではと期待されていました。今回は新機能の発表はありませんでしたが、SEとの違いを紹介します

Apple Watch 7とSEとの違いを比較

series 7 SE
価格 GPS + Cellularモデル:60,800円(税込)~
GPSモデル:48,800円(税込)~
GPS + Cellularモデル:38,280円(税込)~
GPSモデル:32,780円(税込)~
サイズ 41・45mm 40・44mm
素材 アルミニウム・ステンレススチール・チタニウム アルミニウム
カラー ミッドナイト・スターライト・グリーン・ブルー・(PRODUC)RED スペースグレー・シルバー・ゴールド
ディスプレイ 常時表示Retinaディスプレイ Retinaディスプレイ
血中酸素ウェルネスアプリ
心電図アプリ

Apple Watch 7とSEの主な違いは、上記のとおりです。

価格は約16,000~22,000円、Apple Watch 7の方が高いです。

その分性能が向上しており、手首を上げたりディスプレイをタップしたりすることなく、時刻や情報を確認できます。また血中酸素ウェルネスアプリや、心電図アプリなどの健康をサポートする新機能も搭載されています。

動画では現行発売されている SEシリーズとの違いをより詳しく比較しています。どっちを買おうか迷っている方は参考にしてみてください。

Apple Watch 7は買うべき?

Apple Watch 7は6万円以上するものもあるため、購入を迷う方もいるはず。

ここでは、どんな人がApple Watch 7を「買うべき」「買うべきでない」のか解説していきます。

迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

買うべき人

  • 少しでも大きい画面がよい人
  • 新カラー「グリーン」を購入したい人

Apple Watch 7を購入すべきなのは、大画面や新色グリーンが気になる人です。

ここまで見てきた通り、Apple Watch 7の特徴はディスプレイが広くなったことや、新色グリーンが登場したことです。

操作性やデザイン性を重視するなら、過去モデルよりもSeries 7を選んだ方がよいでしょう。

買うべきでない人

  • 常時点灯がいらない人
  • 安いモデルが欲しい人

新機種に惹かれない方や、Apple Watchをなるべく安く購入したい方には過去モデルがおすすめです。

過去モデルのApple Watch SEやSeries 3は20,000〜30,000円台から購入できます。

常に画面が表示されている「常時点灯」がいらない場合は、Apple Watch SEやSeries 3でも十分です。

あらためて、Apple Watchをどういった用途で使いたいかを考えて最適なモデルを選んでみてください。

Apple Watch 7の在庫・入荷状況

Apple Watch 7の在庫・入荷状況を紹介します。

在庫ありの場合は◯、在庫はないが予約可能の場合は△、在庫も予約も不可の場合は✕で表しています。

ドコモ

Series 7
(GPS + Cellularモデル)
Nike Series
45mm
41mm

ドコモの在庫状況は、Series 7とNike Seriesどちらも在庫がなくなっている状況です。

ただし予約は可能なので、予約をして在庫が補充されるのを待ちましょう。

【ドコモ公式】詳細はこちら

au

Series 7
(GPS + Cellularモデル)
45mm
41mm

auの在庫状況はドコモと同様、Series 7とNike Seriesどちらも在庫がなくなっています。

予約は可能なので、予約をして在庫が補充されるのを待ちましょう。

またauの場合、Nike Seriesは販売されていないので注意してください。

【au公式】詳細はこちら

ソフトバンク

Series 7
(GPS + Cellularモデル)
Nike Series
45mm
41mm

ソフトバンクの在庫状況も他のキャリアと同様、在庫がない状況です。

予約はできるので、購入したい方は予約してApple Watch 7を手に入れましょう。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

Apple store

Series 7 Nike Series Hermès Series
45mm
41mm

Apple Storeは、Hermès Seriesの41mm以外であれば在庫があります

Hermès Seriesの41mmは、予約も不可能で現在注文を受け付けていない状態です。

キャリアは在庫がなく予約しかできない場合が多いので、すぐにApple Watch 7を購入したい方はApple Storeがおすすめです。

Apple Watch 7を安く買う方法

Apple Watch 7を安く買うには、以下の4つの方法があります。

  • キャリアのキャンペーンを使って購入
  • Apple Storeで購入する
  • Amazonや楽天などのネットショップで購入
  • 家電量販店で購入

ソフトバンクの「新トクするサポート」を利用して分割払いで購入すれば、33,360円(税込)と1番安くApple Watch 7が購入できます。

またドコモやauも、ポイントを使用して購入できたりポイントが貯まったりするのでお得になります。

Apple Storeでは返品された端末をAppleが再整備して、最大15%OFFで販売している整備済製品を買うことが可能です。

Amazonや楽天はポイント還元があります。普段からネットショップを使用する方はトータル的に通常よりも安く購入できる可能性が高いです。

家電量販店の場合は、店舗独自のキャンペーンを活用すると安く購入できます。

それぞれお得になる方法が異なるので、自分に合った方法を検討してみてください。

Apple Watch 7のおすすめケース

Apple Watch 7におすすめのケースは、以下のとおりです。

  • 【ケースのみ】ALUBES for Apple Watch 7
  • 【保護カバー一体型】全面保護 液晶カバー
  • 【バンド一体型】Spigen Apple Watch バンド

ケースの種類は、大きく分けて3種類あります。

本体が傷つくのを防止かつ簡単に取り外ししたい方は、ケースのみ。保護カバーがついているケースがよい方は、保護カバー一体型。

そして着脱の簡単さを求める方は、バンド一体型がおすすめです。

Apple Watchおすすめケースを紹介した記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

Apple Watch 7を購入したら保険に加入しよう

Apple Watchは日常的に身につけて使うものなので、予期せぬタイミングで何かにぶつかり破損してしまうケースがあります。

そのような事態に備えて、Apple Watch 7を購入したら修理費用を負担してくれる保険に加入しましょう。今回は、おすすめの保険として「モバイル保険」について紹介します。

おすすめは「モバイル保険」

出典:モバイル保険
  • モバイル端末全般を3端末まで補償
  • 月々保険料700円で年間最大10万円まで補償
  • 修理時の費用負担はなし

モバイル保険は、モバイル端末全般を補償してくれる保険サービスです。スマホ・タブレット・パソコンはもちろん、ゲーム機やワイヤレスイヤホン、Apple Watchなどのスマートウォッチにも対応しています。

最大の魅力は、1契約で3端末まで登録できることで、Apple Watchやスマホをまとめて保険に入れることが可能です。

加入可能な期間が長いのも特徴で、登録時に破損がなく全機能が正常に動作すれば購入してから1年までは加入できます。 しばらく様子を見て、今後落としたりして壊しそうだと感じたら加入するというのも有効です。

Apple Watch 7の修理料金は3万円~6万円以上と安くはなく、壊れてしまうとなかなかの痛手です。 何かあった時に備え、安心して利用したい方はぜひモバイル保険に加入しておきましょう。

【モバイル保険】サービス詳細はこちら

モバイル保険の評判・口コミを詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

Apple Watch 7まとめ

  • 48,800円(税込)~購入可能
  • ディスプレイが20%拡大
  • 新色グリーンが登場
  • 充電速度が最大33%高速化

ここまで、Apple Watch 7の価格やデザイン・機能などについて解説してきました。

前モデルのseries 6と比べて、そこまで大きな変化はありません。ただし、ディスプレイの大きさや新色グリーンを使用したい方は、Apple Watch 7の購入がおすすめです。

また、現在キャリアには在庫がなく予約のみ可能なため、すぐに入手したい方はApple Storeで購入しましょう。

割引やキャンペーンを活用すればより安くApple Watchが購入できるので、ぜひ検討してみてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年11月16日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード