Androidおすすめ

UQモバイルからワイモバイルに乗り換える方法は?乗り換えの手順やキャンペーンを紹介

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えを検討しているものの「乗り換え方法がわからない」「使用中の端末は使えるの?」など疑問を抱えている人もいるかもしれません。ここではUQモバイルからワイモバイルに乗り換える方法や手順、乗り換えるメリットや注意点も紹介します。
docomo UQモバイルからワイモバイルに乗り換える方法は?乗り換えの手順やキャンペーンを紹介

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えると、月々かかる利用料金を安く抑えられたりキャンペーンが利用できたりするなど、いくつかのメリットがあります。

ただ「乗り換え方法がわからない」「今のスマホをそのまま使えるのか」「お得に乗り換える方法を知りたい」など、疑問を抱えている人もいるのではないでしょうか。

この記事ではUQモバイルからワイモバイルに乗り換える方法や手順をはじめ、ワイモバイルに乗り換えるメリットや注意点、また乗り換えがお得になるキャンペーンも紹介します。

\新キャンペーン続々登場!/
docomo

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えるメリット

まずはUQモバイルからワイモバイルに乗り換えることで、どのようなメリットがあるのか詳しく解説します。

家族割引適用なら料金がお得になる

家族複数人で契約するならワイモバイルがお得です。

ワイモバイルなら2台目以降、毎月最大1,188円(税込)割引になる「家族割引サービス」が利用できます。

例えば、「シンプルSプラン(2,178円/税込)」を家族4人で契約した場合、家族割引サービスを適用すると、2回線目以降の月額料金は毎月990円(税込)です。

同居していなくても親族であれば9回線まで適用可能で、家族の人数が多いほどお得に利用できるのが魅力と言えるでしょう。

最新端末が購入できる

次に紹介するのは、ワイモバイルのオンラインストアで購入可能な機種一覧です。

iPhone端末 iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE
Android端末 OPPO Reno5 A・Libero 5G
Android One S8・OPPO Reno3 A
かんたんスマホ2・Xperia10Ⅱ
Android One S7・Android One S6
Xperia 8・Android One X5
arrows J・Android One S3

現在ワイモバイルでは、Androidスマホが12機種、iPhoneシリーズはiPhone SEと、5G対応機種iPhone 12/12 miniも取り扱っています。

低価格で気軽に利用できるエントリーモデルから、高い処理能力を備えたハイエンドモデルまで幅広いラインナップです。

乗り換え時に機種変更を考えている方は、ワイモバイルのおすすめスマホを紹介した記事をご覧ください。

ソフトバンク光とセットでお得に利用できる

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドのため、ソフトバンク光のセット割が適用されます

「おうち割光セット(A)」を利用すると、スマホの月額料金が永年毎月550円(税込)から、最大1,188円(税込)割引になります。

家族が利用する端末も含めて最大10回線までが割引対象です。

「スマホベーシックプラン」は毎月550円(税込)、「スマホプランM/R」は770円(税込)「スマホプランL」は1,100円(税込)、「シンプルS/M/L」は1,188円(税込)と、割引額は契約プランによって異なります。

適用には、指定されたオプション(光BBユニット・WiFiマルチパック・光電話サービスから1つ)の加入が条件で、家族割引との併用はできません。

Yahoo!プレミアム会員でお得に買い物ができる

ワイモバイルに乗り換えると、本来508円(税込)かかる有料会員向けサービス「Yahoo!プレミアム」が無料で利用可能です。

Yahoo!プレミアム会員なら、Yahoo!ショッピングやPayPayモールなどで買い物すると、毎回対象額の最大3%相当がポイントで戻ってきます

また、雑誌やマンガが読み放題のサービス「読み放題プレミアム」も楽しめるほか、ヤフオクに出品する際の落札システム利用料もお得に利用可能です。

利用するには、ワイモバイルの各種料金プランを契約し、「Y!mobileサービス」の初期登録を済ませる必要があります。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

UQモバイルからワイモバイルに乗り換える方法は2つ

UQモバイルからワイモバイルに乗り換える方法には、UQモバイルで使用していたスマホをそのまま使う方法と、ワイモバイルでスマホを新たに購入する2つの方法があります。

\半年間実質0円!/
LINEMO

1.今のスマホのまま乗り換える場合

UQモバイルで使用していたスマホを、ワイモバイルでも使用可能です。

ワイモバイルで動作確認済みの端末や、SIMロックが解除された端末であれば、UQモバイルのスマホがそのまま利用できます。

なお、UQモバイルで購入したAndroid端末は、SIMフリーのため解除の必要はありませんが、iPhoneは全てSIMロックの解除が必要です。

2.乗り換え先でスマホを買い換える場合

ワイモバイルでスマホを買い換える方法もあります。スマホの購入は、店舗はもちろんオンラインストアでも可能です。

オンラインストアは、オンライン限定のキャンペーンや特典が豊富なのが大きな特徴と言えるでしょう。

また店舗契約で発生する事務手数料3,300円(税込)も必要ないため、初期費用を抑えたい人におすすめです。

なおスマホを買い換える場合は、必要に応じて旧機種のデータをバックアップしてから手続きを行う必要があります。

バックアップは、iPhoneならiCloud、AndroidはアプリのGoogle Driveを利用する方法が一般的です。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

UQモバイルからワイモバイルに乗り換える手順

UQモバイルからワイモバイルに乗り換える手順を紹介します。乗り換えのベストなタイミングや、乗り換えにかかる費用をあらかじめ把握しておくと手続きがスムーズです。

また、今のスマホのまま乗り換える場合は、SIMロックの解除が必要かもしれません。加えて電話番号を引き継ぐ場合にも、いくつか注意点があるので確認しておきましょう。

乗り換えるべきタイミング

UQモバイルで契約している料金プランによって、乗り換えのベストなタイミングは異なります

新プランの「くりこしプラン」「スマホプラン」は、契約期間の縛りと解約金がないため、更新月を心配する必要はありません。

一方、旧プランの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声通話プラン」などは、解約のタイミングによって10.450円(税込)の違約金が発生します。

2年契約の「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は、契約から26ヵ月目の更新月に解約するのがベストです。

また、最低利用期間が1年間の「データ高速+音声通話プラン」「無制限データ+音声プランの場合は、1年間利用すれば、いつ解約しても解約金は発生しません。

プラン名 「くりこしプラン」
「スマホプラン」

「おしゃべりプラン」
「ぴったりプラン」

「データ高速+音声通話プラン」
「無制限データ+音声プラン」
契約期間 なし

2年間

1年間

違約金 0円

更新月以外:10,450円(税込)
更新月:0円

1年以内:10,450円(税込)
1年利用後:0円

乗り換えにかかる費用

乗り換えには、UQモバイル、ワイモバイル双方に費用がかかります。

ワイモバイルに支払う契約事務手数料3,300円(税込)や、UQモバイルに端末の分割金が残っている場合は残金の支払いが必要です。

またUQモバイルを契約期間中に解約すると、違約金10,450円(税込)が発生する場合もあります。

なお、MNP転出にかかっていた手数料3,300円(税込)は、2021年4月から無料となったため現在は必要ありません。

乗り換え元
(UQモバイル)
違約金:0円~10,450円(税込)
端末の分割金の残金
※分割金が残っている場合
乗り換え先
(ワイモバイル)
契約事務手数料:3,300円(税込)
※オンラインストアは無料

手順1.SIMロック解除

UQモバイルのAndroidはSIMフリー端末のため、SIMロックの解除は必要ありません。

SIMロックの解除が必要なのは、UQモバイルで購入した全てのiPhoneです。

iPhoneをワイモバイルでそのまま使う場合は、SIMロックの解除を行いましょう。SIMロックを解除するには、iPhoneの購入日から101日間経過している必要があります。

ただし、端末を一括購入または分割払いでクレジットカード利用の場合、即日の解除も可能です。

SIMロック解除の流れ

  1. 「My UQ mobile」にアクセス
  2. 「メニュー」をタップ
  3. 「契約内容の確認・変更」をタップ
  4. 「SIMロック解除」をタップ
  5. 「ロックを解除する」をタップ
  6. 「実行する」をタップ

これでSIMロック解除は完了します。

手順2.対応バンドの確認

対応バンド(周波数帯)はキャリアによって異なるため、SIMフリー端末をワイモバイルで使用する場合は、周波数帯を必ず確認しておきましょう

周波数帯とは、電波の周波数の範囲のことで、簡単に言えばデータの通り道のようなものです。

ワイモバイルの主要周波数帯と異なる端末の場合、ネットの遅延につながる可能性もあるため、事前にバンド数やSIMフリースマホの動作環境をチェックしましょう。

対応バンドは、各メーカーの仕様書で確認する必要がありますが、SIMフリー端末の動作環境は、ワイモバイルの公式サイト「動作確認済み機種一覧」で確認できます。

手順3.MNP転出予約番号を取得

電話番号をそのまま引き継ぐためには、10桁からなるMNP転出予約番号の取得が必要です。

MNPとは、現在利用中の電話番号を乗り換え先でも使用できる仕組みで、予約番号は乗り換え元であるUQモバイルから取得します。

取得するには、電話で「UQ mobileお客さまセンター」に問い合わせるか、UQモバイル公式サイトの「my UQ mobile」から手続き可能です。

なお、MNP予約番号には15日間(予約日含む)の有効期限があり、ワイモバイルでオンライン手続きをする場合は、この期限が10日以上残っている必要があります。

9日以内の場合は期限切れ後に、再度予約番号を取得します。再予約に費用は掛かりません。

UQモバイルお客様センター

  • 電話番号:0120-929-818
  • 受付時間:9時~20時(年中無休) 

手順4.ワイモバイルでの乗り換え手続き

ワイモバイルへの乗り換えは、店頭またはオンラインストアで手続きが可能です。

店頭で手続きする場合は、混雑緩和のため、公式サイトの「かんたん来店予約」で最寄りの店舗を検索し都合のよい日時を予約します。

当日は、必要書類を忘れず持参しましょう。指示に従い手続きが完了すれば即日開通が可能です。

必要書類(店舗)

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)
  • 本人名義のクレジットカード、もしくはキャッシュカード
  • 印鑑(口座振替を希望する場合は金融機関の届け印)
  • MNP予約番号

オンラインで手続きする場合は、必要なものを準備し、料金プランや加入オプションなど必要事項を入力します。

本人確認書類をアップロードし、審査後に回線を切り替えればスマホの利用が可能です。

必要書類(オンライン)

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)
  • 本人名義のクレジットカード、もしくはキャッシュカード
  • MNP予約番号

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

UQモバイルからワイモバイル乗り換えがお得になるキャンペーン

ワイモバイルには、乗り換えがお得になるキャンペーンが豊富です。オンラインストアで契約すると、店舗にはない独自のキャンペーンを利用できます。

ここでは、「データ量を気にせず使いたい」「下取りに出したい」「ネットショッピングをお得に利用したい」という人におすすめなお得なキャンペーンを紹介します。

データ増量無料キャンペーン2

  • 2019年11月29日~終了日未定

「データ増量オプション」に新規で申し込むと、月額料金550円(税込)が1年間無料になるお得なキャンペーンです。

データ増量オプションは、元のデータ量を使い切った場合に高速データ通信量を増量するサービスで、通常なら追加料金550円(税込)がかかります。

キャンペーンを利用すると、料金プランに応じてデータが増量され、追加料金を払う必要がありません。

例えば、料金プランの「シンプルS」なら3GBが4GB、シンプルMは15GBが18GB、シンプルLが25GBが28GBにデータが増量されます。

下取りプログラム

  • 2016年11月1日~終了日未定

ワイモバイルで新たにスマホを購入するなら、「下取りプログラム」の利用がおすすめです。

新規契約や乗り換えの際、UQモバイルで使用していた端末を下取りに出すと、下取り対象機種に応じてPayPayボーナス、または購入機種代金値引きのどちらか選択できます。

利用するには、対象プラン(シンプルS/M/L)への加入と、端末を下取りに出すのが条件です。

ただし、電源が入らない端末や初期化されていない端末などは対象外となります。

ご加入特典

  • 2021年7月1日~終了日未定

新規契約や乗り換えの際、Y!mobileサービスの初期登録を完了すると、PayPayモール、Yahoo!ショッピングで使えるPayPayボーナスが300円分もらえる特典です。

さらに送料は無料で、ご加入特典の限定商品を1円から購入できます。なお限定商品の購入期限は特典を取得してから60日間です。

適用には、対象プラン(シンプルS/M/L・スマホプラン・スマホベーシックプラン・データプランS/L・データベーシックプランS/L)への加入が条件となります。

対象プラン(シンプルS/M/L・スマホプラ  ン・スマホベーシックプラン・データプランS/L・データベーシックプランS/L)

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

UQモバイルからワイモバイル乗り換え時の注意点

UQモバイルからワイモバイルに乗り換える際、確認しておきたい注意点を紹介します。

家族割引を利用したい場合は、いくつかの必要書類が必要です。またメールアドレスや、契約のキャンセルに関する注意点にも、あらかじめ目を通しておくと安心です。

家族割引を利用する場合は「家族確認書類」を準備

家族割引を利用する場合は、家族(血縁・婚姻)あるいは同住所を証明する、契約者それぞれの「家族確認書類」の原本が必要です。

家族確認書類とは、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を指します。

また主回線と副回線の契約者が別住所の場合は、戸籍謄本、住民票記載事項証明書なども準備しましょう。

なお「家族割引サービス」を利用する場合は、「家族割引サービス同意書」も必要です。

同意書は店舗で用意してくれますが、オンライン手続きの場合は、公式サイトからダウンロードして必要事項を記入しアップロードします。

メールアドレスは引継ぎ不可

UQモバイルで使用していたメールアドレスは、ワイモバイルでは利用できません。

メールアドレスはワイモバイルで新たに発行されるため、旧機種で使用していた電話帳・アドレス帳のデータは、忘れずバックアップを取っておきましょう。

ワイモバイルでは、パソコンなどでWebメールとしても使える、容量無制限のY!mobileメールや、絵文字付きのメールや写真の添付ができるキャリアメールのMMSが使えます。

加えて、電話番号で送受信できるSMSの利用も可能です。

MNP予約後8日以降はキャンセル不可

契約のキャンセルはタイミングに注意が必要です。

UQモバイルで取得したMNP予約番号は、ワイモバイルの手続き前なら15日間が経過すると自動的にキャンセルになります。

しかし、ワイモバイルの契約から8日間が過ぎると、契約のキャンセルができません。

契約のキャンセルをする場合は、契約・機種変更当日から8日以内に「8日間キャンセル」という制度を使って手続きを行いましょう。

8日間キャンセルの適用条件は、電波条件や商品説明が不十分な場合、また契約書面が交付されない場合です。

キャンセルする場合は、基本使用料など月額定額料が設定されている料金は、解除日当日までの日割り分、また通話料や通信料などの従量料金は全額支払う必要があります。

ワイモバイルへの乗り換え準備は余裕をもって行おう

ワイモバイルに乗り換えると、家族割引やiPhoneの最新端末が利用できるほか、ソフトバンク光とセットにすれば、スマホの月額料金を節約できるなど多くのメリットがあります。

UQモバイルで使用していたiPhoneを、そのままワイモバイルで使いたい場合は、SIMロックの解除が必要な端末か確認しましょう。

加えて、対応バンドの確認やMNP予約番号の取得、必要書類など、余裕をもって準備しておくと乗り換え手続きがスムーズに進みます。

また、オンラインで手続きを行うと初期費用が節約できるほか、お得なキャンペーンの利用も可能です。

公開日時 : 2021年07月07日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!