ワイモバイル

[2023年]au回線のおすすめ格安SIM11社比較!乗り換えやキャンペーンがお得なのはどこ?

au回線の格安SIMを11社を比較!おすすめの5社を厳選して紹介します。auから格安SIMに乗り換える方法や、メリット・デメリット、条件別のおすすめ格安SIMもまとめたので、ぜひ参考にしてください。スマホ代を節約したい人やauからの乗り換えを検討している人は必見です。
ワイモバイル [2023年]au回線のおすすめ格安SIM11社比較!乗り換えやキャンペーンがお得なのはどこ?

毎月の通信費を削減しようと、キャリアから格安SIMへの乗り換えを検討している人が増えています。実際に、「auのスマホ代が高いから見直したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

格安SIM業者は大小含めると、総計190社におよぶと言われています。そのため、どの格安SIMを選べばいいのかわからないという人もいるでしょう。

結論からいうと、auから乗り換える場合におすすめなのは、現時点で契約しているau回線を使用している格安SIMです。

そこで今回は、au回線を利用しているおすすめの格安SIMを一覧で比較。特徴や条件別のおすすめもあわせて詳しく紹介します。

【おすすめランキング】au回線の格安SIM(格安スマホ)

                 o
音声通話
プラン(税込)
UQモバイル IIjmio mineo povo イオンモバイル QTモバイルnuroモバイル
バリュープラス
エキサイトモバイル(Fitプラン)donedone J:COMモバイル BIGLOBEモバイル






















月額料金 1,628円~3,828円 858円~1,980円 1,298円~2,178円 0円 803円~5,258円 880円~3,300円 792円~1,485円 495円~3,212円 2,728円 1,078円~2,728円 1,078円~1,870円
データ容量 3GB~25GB 2GB~20GB 1GB~20GB 1GB~50GB 500MB~50GB 1GB~30GB 3GB~15GB 3GB~25GB 50GB 1~20GB 1GB~30GB
通信速度
(下り平均)
37.76Mbps 23.16Mbps 6.13Mbps 96.27Mbps 21.78Mbps 72.56Mbps 38.67Mbps 50.7Mbps 2.0Mbps 50.57Mbps 7.48Mbps
主なキャンペーン SIM単体契約で
最大10,000円相当還元
他社乗り換えで
スマホが1,980円〜
半年間月額330円割引 おともだち紹介
プログラム
乗り換えで10,000WAONポイントプレゼント データ+通話コース申し込みで初期費用無料&5,000円キャッシュバック 他社からの乗り換えで契約事務手数料0円 スマホのセット購入で最大10,000円分のeギフトプレゼント 新規申し込みで
契約事務手数料0円
エンタメフリー・オプション
初回申込特典
通話料金(国内) 22円/30秒 11円/30秒 10円/30秒 22円/30秒 11円/30秒 11円/30秒 11円/30秒 11円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 9.9円/30秒
かけ放題
オプション(月額)
・10分 770円
・無制限 1,870円
・5分 500円
・10分 700円
・無制限 1,400円
・10分 550円
・無制限 1,430円
・5分 550円
・無制限 1,650円
・5分 550円
・10分 935円
無制限 1,650円
・10分 880円
無制限 1,600円
・5分 490円
・10分 913円
・3分 無料 ・5分 500円
・60分 1500円
・5分 660円
・10分 913円

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

第1位:UQモバイル

出典:UQモバイル
UQモバイルの特徴
  • 通信速度が速く安定している
  • auスマホがそのまま使える
  • 全国に実店舗がある

テレビCMで有名な「UQモバイル」は、auのサブブランドという位置付けです。そのため、格安SIMでありながらauとほぼ同等の通信速度でインターネットが使えます

「格安SIMに乗り換えて速度が遅くなったらどうしよう」と悩んでいる人も、UQモバイルなら今まで通り快適にネットが使えるはずです。

通信速度が速いだけでなく、auスマホがそのまま使えることも魅力の1つ。SIMロック解除手続きや新たに端末を購入する必要がないので、月々のスマホ代を今すぐ安くしたい人にぴったりです。

他の格安SIMに比べて実店舗が多いので、対面でのサポートを受けたい人はぜひUQモバイルを検討してみてください

【UQモバイル公式】詳細はこちら

UQモバイルの月額料金プラン

プラン名 くりこしプランS
+5G
くりこしプランM
+5G
くりこしプランL
+5G
データ容量 3GB 15GB 25GB
料金(税込) 1,628円 2,728円 3,828円
速度制限時
or
節約モード時
最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

UQモバイルの料金プランは、くりこしプランS +5G・くりこしプランM +5G・くりこしプランL +5Gの3種類から選べます。くりこしプランS/M/L +5Gは、余ったデータ容量を翌月に繰り越せることが大きな特徴です。

「節約モード」使用時とデータ容量超過時の通信速度は、くりこしプランSが最大300Kbps、くりこしプランM/Lが最大1Mbpsとなっています。

300kbpsはネット閲覧が問題なくできるレベル、1MbpsはYouTubeの標準画質が視聴できるレベルと思ってください。節約モードを使えば、少ないデータ容量でもネットを十分に利用できます。

【UQモバイル公式】詳細はこちら

【キャンペーン】最大10,000円相当還元

  • 期間:2021年9月2日~
  • 特典:最大10,000円相当のau PAY残高還元
  • 条件:UQモバイルオンラインショップでSIMのみを購入すると同時にくりこしプラン +5G(S/M/L)を契約する

UQモバイルでは、オンラインショップでSIMのみを購入すると最大10,000円分のau PAY残高が還元されるキャンペーンを実施しています。

特典の対象プランはくりこしプラン +5G(S/M/L)の3種類です。還元額は契約方法・プランによって異なります。

契約方法 還元額
新規契約 3,000円相当
MNP(※) 増量オプションII
加入の場合:10,000円相当
未加入の場合:6,000円相当
eSIM契約の場合 3,000円相当増額

(※)au/povoからの乗り換えを除く。

「増量オプション II」は、月額550円(税込)でデータ容量が最大5GB/月増量されるオプションです。今ならオプション料金が13か月間無料になるキャンペーンを実施しているので、キャッシュバックを多くもらいたい場合は加入をおすすめします。

こちらのキャンペーンは新規契約またはMNP乗り換えをする際に適用されますが、auまたはpovo1.0/2.0からの乗り換えは対象外です。

また、au PAY残高還元時点でau PAYアプリ(旧au WALLETアプリ)を登録しておく必要があります。進呈時点でau PAY残高が有効でない場合は、還元対象外なので注意しましょう。

申し込みから最短45分で利用できるeSIMを契約すると、還元されるau PAY残高が3,000円相当増額されます。UQモバイルをお得に契約できるキャンペーンなので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

【UQモバイル公式】詳細はこちら

第2位:IIJmio

出典:IIJmio
IIJmioの特徴
  • 取り扱い端末の種類が圧倒的に多い
  • eSIMを利用できる
  • 専用アプリからの発信で通話料半額

「IIJmio」の大きな特徴は、他の格安SIMに比べて取り扱い端末の種類が圧倒的に多い点です。iPhoneをはじめ、人気のAndroidやガラケー、iPad・タブレットも取り扱っています。

通常よりも、販売価格が安い未使用品・美品の中古端末を販売している点も嬉しいポイント。格安SIMへの乗り換えと同時に端末を購入したい人は、IIJmioがおすすめです。

IIJmioでは、eSIMサービスを提供しています。eSIMとはスマホ内蔵型のSIMのことで、対応端末であれば申し込み後数十分で使い始められることがメリットです。

また、IIJmioの音声SIMは専用アプリから電話をかけると通話料が半額になるので、電話をよくする人もぜひチェックしてみてください。

【IIJmio公式】詳細はこちら

IJmioの月額料金プラン

(税込) 音声SIM SMS専用SIM データSIM eSIM
(データ専用)
2GB 850円 820円 740円 440円
4GB 990円 970円 900円 660円
8GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円

IIJmioの料金プランは、音声SIM・SNS付きデータSIM・データ専用SIM・eSIMの4種類です。eSIMはドコモ回線のみ選択できて、昨日はデータ専用なので音声通話を利用したい方は注意してください。

データ容量は、いずれのSIMタイプも2GB・4GB・8GB・15GB・20GBから選択できます。他社と比較してもお得な料金となっているため、スマホ代を節約したい人にぴったりです。

【IIJmio公式】詳細はこちら

【キャンペーン】月額料金割引特典

  • 期間:2022年8月1日~2022年8月31日
  • 特典:月額料金から6か月間440円(税込)割引
  • 条件:音声SIMでギガプランに申し込むまたはプラン変更する

IIJmioでは、期間中にギガプランに申し込むと、月額料金から最大6か月間440円(税込)割引されるキャンペーンを実施しています。新規契約だけでなくIIJmioユーザーがプラン変更する場合も対象です。

月額料金の割引は、利用開始月の翌月より6か月間適用されます。各プランの割引後の料金は、以下を参考にしてください。

割引後
月額料金(税込)
2ギガプラン 4ギガプラン 8ギガプラン 15ギガプラン 20ギガプラン
音声SIM 410円 550円 1,060円 1,360円 1,560円

IIJmioのお得なプランをさらに安く利用できるチャンスなので、ぜひこの機会を見逃さないようにしてください。

【IIJmio公式】詳細はこちら

初期費用割引特典

  • 期間:2022年8月1日~2022年8月31日
  • 特典:初期費用3,300円(税込)が2,200円(税込)に割引
  • 条件:新規でIIJmioのギガプランに申し込む

対象期間中に当サイトから新規契約でIIJmioのギガプランに申し込むと、eSIMの初期費用が3,300円(税込)が550円(税込)の割引になるキャンペーンです。

音声SIM、データSIMの初期費用も通常の1,100円(税込)割引で、2,200円(税込)になります。

スマホを新たに契約するときは様々な料金が発生するので、初期費用が半額になるのは嬉しいですよね。

ただし、ギガプラン以外の料金プランや、家電量販店・ネットショップ等で購入したパッケージを利用して申し込む場合は、適用対象外なので注意してください。

【IIJmio公式】詳細はこちら

【キャンペーン】通話定額オプション割引特典

出典:IIJmio
  • 期間:2022年8月1日~2022年8月31日
  • 特典:通話定額オプションの月額料金から7ヵ月間410円(税込)割引
  • 条件:ギガプランを新規申し込み・利用中の方が通話定額オプションを申し込む

現在IIJmioでは、通話定額オプションの月額料金が7ヵ月間410円(税込)割引になるキャンペーンを実施しています。3種類のかけ放題オプションが割引対象なので、通話をお得に利用したい方におすすめです。

通話定額オプション 通話定額5分+ 通話定額10分+ かけ放題+
概要 1回5分以内の国内通話無料 1回10分以内の国内通話無料 無制限で国内通話無料
月額料金(税込) 500円 700円 1,400円
割引適用後
月額料金(税込)
90円 290円 990円
超過分通話料金(税込) 11円/30秒
(同一mioID内通話の場合:8.8円/30秒)

なお、こちらのキャンペーンは音声SIMを新規で申し込む方、またはすでに利用している方が対象です。また、ギガプランの加入が条件なので、他のプランを利用している方は注意しましょう。

IIJmioは、格安SIMの中でも珍しい無制限かけ放題オプションを提供しています。通話料金を気にせずに長電話を楽しみたい方は、ぜひIIJmioのキャンペーンを活用してみてください。

【IIJmio公式】詳細はこちら

【キャンペーン】乗り換えでスマホが110円~

出典:IIJmio
  • 2022年8月1日~2022年8月31日
  • 特典:対象端末を特別価格で販売
  • 条件:ギガプランの音声通話機能付きSIMをMNP転入かつ対象端末をセットで申し込む

人気のiPhoneやAndroidを多数取り扱うIIJmioでは、「スマホ大特価セール」でスマホをお得に購入できます。

格安SIMの中でも特にラインナップが豊富なので、乗り換えと同時に機種変更を検討している方におすすめです。

今なら音声通話機能付きSIMをMNP転入にて、かつ対象端末をセットで申し込む場合とスマホを割引価格で購入できます。

対象端末の中にはキャンペーンを利用すると110円(税込)で購入できるものがあるので、人気のスマホをお得に購入したい方は必見です。

対象端末と割引後の販売価格をAndroid・iPhoneそれぞれまとめましたので、以下の表を参考にしてください。

対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
OPPO A73 110円 5円
OPPO A55s 5G 3,480円 146円
OPPO Reno5 A 11,800円 492円
OPPO Reno7 A 19,800円 827円
Xperia 10 IV 39,800円 2,285円
対象端末をもっとみる
対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
AQUOS sense4 plus 7,980円 334円
AQUOS wish 8,980円 375円
AQUOS sense6
[4GB/64GB]
17,800円 750円
AQUOS sense5G 18,800円 794円
AQUOS sense6
[6GB/128GB]
19,800円 827円
AQUOS R6 89,980円 3,752円
Galaxy S10 SC-03L
(docomo版)
14,800円 618円
Galaxy S10 SCV41
(au版)
14,800円 618円
moto e32s 1,980円 88円
moto g31 1,980円 84円
moto g52j 5G 14,800円 618円
motorola edge
20 fusion
15,800円 662円
motorola edge
20 fusion
15,800円 662円
motorola edge 20 22,800円 954円
motorola edge 30 pro
[8GB/128GB]
51,800円 2,163円
Redmi Note 11 1,980円 84円
Redmi Note 10T 9,980円 416円
Redmi Note 11 Pro 5G 22,800円 951円
Mi 11 Lite 5G 17,800円 752円
Xiaomi 11T 27,800円 1,160円
Xiaomi 11T Pro 32,800円 1,367円

IIJmioでは人気のiPhoneもお得に購入できます。大特価セール対象のiPhoneと機種ごとの価格は以下の通りです。

対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
iPhone 8 [64GB] 1,980円 84円
iPhone SE(第2世代)
[64GB]
7,980円(美品)
19,800円(未使用品)
334円(美品)
827円(未使用品)
iPhone 11 [64GB] 32,800円 1,421円
対象端末をもっとみる
対象端末 割引適用後
販売価格(税込)
一括払い 24回払い
iPhone 11 [128GB] 37,800円 1,580円
iPhone SE(第3世代)
[64GB]
32,980円 1,381円
iPhone 12 mini [64GB] 48,800円 2,037円
iPhone 12 [64GB] 64,980円 2,710円
iPhone 12 [128GB] 72,000円 3,005円
iPhone 13 mini [128GB] 69,800円 2,909円

キャンペーンの適用は、1契約者(mioID)あたり1台までです。人気の機種は在庫切れになる可能性があるので、欲しいスマホがある方は早めに購入しましょう

【IIJmio公式】詳細はこちら

【キャンペーン】最大10,000円分ギフト券プレゼント

出典:IIJmio
  • 期間:2022年6月1日~2022年8月31日
  • 特典:最大10,000円分の”選べるe-GIFT”をプレゼント
  • 条件:対象プランをご利用中の方が、キャンペーン期間中にIIJmioサプライサービスにて対象端末を端末のみで購入する場合

IIJmioサイトから対象スマホを購入すると、最大10,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

付与されるのは”選べるe-GIFT”で、複数の電子マネーやギフト券等から自由に商品を選択できます。キャンペーン対象となるプランは以下の通りです。

  • IIJmioモバイルサービス :ギガプラン
  • IIJmioモバイルサービス:ミニマムスタート、ライトスタート、ファミリーシェア、ケータイプラン、eSIM(ベータ版)
  • IIJmioモバイルプラスサービス:従量制プラン、エコプラン

ギフト券は対象端末の購入台数分付与されますので、複数台購入したい方にもおすすめです。

キャンペーンでもらえるギフト券の金額は2,000円分〜10,000円分までで、購入する端末ごとに異なります。対象端末とギフト券額は以下の通りです。

対象端末 ギフト券額
Zenfone 8
[8GB/128GB]
5,000円分
Zenfone 8
[8GB/256GB]
10,000円分
Zenfone 8 Flip
[8GB/256GB]
10,000円分
Zenfone 8
[16GB/256GB]
10,000円分
moto g52j 5G 5,000円分
対象端末をもっとみる
対象端末 ギフト券額
motorola edge 30 pro
[8GB/128GB]
10,000円分
moto e32s 3,000円分
moto g31 3,000円分
motorola edge 20
fusion
5,000円分
motorola edge 20 5,000円分
RedMagic 6 10,000円分
OPPO A73 3,000円分
OPPO A55s 5G 3,000円分
Reno5 A 3,000円分
AQUOS wish 3,000円分
AQUOS sense4 plus 3,000円分
AQUOS sense6
[4GB/64GB]
5,000円分
AQUOS sense5G 5,000円分
AQUOS sense6
[6GB/128GB]
5,000円分
AQUOS R6 5,000円分
Redmi Note 11 3,000円分
Redmi Note 10T 5,000円分
Mi 11 Lite 5G 5,000円分
Redmi Note 11 Pro 5G 7,000円分
Xiaomi 11T 5,000円分
Xiaomi 11T Pro 10,000円分
Galaxy S10 SCV41
(au版)
5,000円分
Galaxy S10 SC-03L
(docomo版)
5,000円分
Niche Phone-S+ 2,000円分

なお、端末をSIMとセットでご購入の場合は、キャンペーン対象外となりますので、ご注意ください。

【IIJmio公式】詳細はこちら

▼IIJmioをお得に契約したい人は、IIJmioのキャンペーンを紹介している以下の記事をあわせてご一読ください。

第3位:mineo

mineo 出典:mineo
mineoの特徴
  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応
  • mineo独自のサービスが充実
  • お試しプランで格安SIMを気軽に試せる

「mineo」は、ドコモ・au・ソフトバンク回線に対応している格安SIMです。どの回線を選んでも料金は変わらないので、auからの乗り換えを考えている人にも適しています。

mineoの特徴は、ユーザー同士のコミュニティ活動や助け合いが活発な点です。例えば、コミュニティサイト「マイネ王」ではQ&Aフォームや掲示板で情報を交換し、mineoユーザー同士が問題解決をしています。

さらに、mineoユーザー同士が余ったパケットを「フリータンク」にシェアして、ギガが足りないユーザーを助ける活動もあります。フリータンクは、サービス開始から1度もパケットが枯渇したことがないそうです。

また、mineoでは200MBのお試しコースを用意しているので、格安SIMを初めて利用する人や使用感を試したい人はぜひチェックしてみてください。

【mineo公式】詳細はこちら

mineoの月額料金プラン

データ容量
(税込)
デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
1GB 1,298円 880円
5GB 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円

mineoの料金プランは、音声通話機能付きSIMの「デュアルタイプ」とデータ通信専用SIMの「シングルタイプ」の2種類。シンプルなのでわかりやすいことが特徴です。

au・ドコモ・ソフトバンク回線ごとの料金差もないので、どの回線を選んでも上記の料金となっています。

mineoのプランは、データ容量を使い切ったあとも最大200kbpsで通信可能です。一般的な速度制限が最大128kbpsなので、他社よりも通信制限がゆるいことがわかります。

200kbpsあればWebサイトの閲覧やLINE通話などの問題なくできるので、ストレスなく使えるでしょう。独自のサービスを利用しながら便利に使いたいという人は、mineoへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

【mineo公式】詳細はこちら

【キャンペーン】マイそく月額料金最大6か月割引

  • 期間:2022年6月3日~2022年8月31日
  • 特典:マイそくデュアルタイプの月額料金から6か月間330円割引
  • 条件:期間中にマイそくデュアルタイプを新規・契約変更で申し込む

mineoで提供中の「マイそく」とは、月曜日~金曜日の12時~13時の通信速度が制限される代わりに、データ使い放題でお得に利用できるサービスです。

マイそくのプランはスタンダードとプレミアムの2種類で、それぞれ最大通信速度が異なります。なお、デュアルタイプ(音声通話+データ通信)とシングルタイプ(データ通信のみ)の月額料金は同じです。

マイそくプラン 月額料金(税込) 最大通信速度
スタンダード 990円 最大1.5Mbps
プレミアム 2,200円 最大3Mbps

今なら、マイそくデュアルタイプの月額料金から最大6か月間330円(税込)割引になるキャンペーンを実施中です。こちらは、マイそくに新規・契約変更で申し込む人はもちろん、すでに利用している人も7月利用分より適用されます。

mineoのデータ容量無制限プランをお得に契約できるチャンスなので、この機会を見逃さないようにしましょう。

【mineo公式】詳細はこちら

▼mineoのサービス内容を詳しく知りたい人は、mineoの評判や口コミからわかった特徴やおすすめユーザーを解説しているこちらの記事を参考にしてください。

第4位:povo

出典:povo
povoの特徴
  • データ消費・通話がない月は0円
  • データ容量は「トッピング」として購入する

「povo」は、auのオンライン専用料金プランですが、格安SIM並みの安さでスマホが利用できるため紹介しました。利用している回線はauとほぼ同じですが、申し込みや各種手続きがすべてオンラインで完結するシステムとなっています。

通信速度の速さに差がない上に、auと比較すると月額料金が圧倒的に安いので、料金も速度も妥協したくないという人におすすめです。

厳密にいうと格安SIMではありませんが、auのスマホ代を見直したい人はぜひpovoも検討してみてはいかがでしょうか。

【povo公式】詳細はこちら

povoの料金プラン

(税込) povo2.0
基本料金 0円
データ容量 0円
国内通話料金 22円/30秒
データトッピング 1GB(7日間) 390円
3GB(30日間) 990円
20GB(30日間) 2,700円
60GB(90日間) 6,490円
150GB(180日間) 12,980円
使い放題(24時間) 330円
通話トッピング 5分かけ放題 550円
通話かけ放題 1,650円
コンテンツトッピング DAZN使い放題パック 760円
smash.使い放題パック 220円
サポートトッピング スマホ故障サポート 830円

povoは、使い方に合わせてデータ容量や通話オプションをトッピングするプランを提供しています。自分だけのプランをカスタムできるので、毎月無駄なく使えることが魅力の1つです。

DAZNやsmash.といったコンテンツのトッピングも可能なので、動画を気軽に楽しみたい人にもおすすめ。用途に合わせてトッピングを選んでみましょう。

基本料金は0円ですが、180日間以上有料トッピングの購入などがない場合は、利用停止・契約解除となることがあるので注意してください。

【povo公式】詳細はこちら

▼povoへの乗り換えを検討している人は、auからpovoに乗り換えると違約金・手数料はかかるのかについて、解説している以下の記事をあわせてご一読ください。

第5位:イオンモバイル

イオンモバイルの特徴
  • データ容量の種類が多い
  • 家族向けプランがある

「イオンモバイル」の特徴は、0.5GBから最大50GBまで幅広いデータ容量の料金プランを取り揃えていることです。

1GBから10GBまでは1GB単位でデータ容量を選択できるため、自分に適した料金プランを選びやすいでしょう。

また、家族向けのプランがあるのも1つの特徴で、毎月のデータ容量を最大5人でシェアできます。

家族でスマホ代をお得にしたいというに人おすすめの料金プランとなっています。

イオンモバイルの料金プラン

(税込) 音声プラン シェア音声プラン データプラン
500MB 803円 - -
1GB 858円 1,188円 528円
2GB 968円 1,298円 748円
3GB 1,078円 1,408円 858円
4GB 1,188円 1,518円 968円
5GB 1,298円 1,628円 1,078円
6GB 1,408円 1,738円 1,188円
7GB 1,518円 1,848円 1,298円
8GB 1,628円 1,958円 1,408円
9GB 1,738円 2,068円 1,518円
10GB 1,848円 2,178円 1,628円
20GB 1,958円 2,288円 1,738円
30GB 3,058円 3,388円 2,838円
40GB 4,158円 4,488円 3,938円
50GB 5,258円 5,588 円 5,038円

イオンモバイルには、「音声プラン」「シェアプラン」「データプラン」があります。

音声プランは通話とデータ通信が可能で、0.5GBが803円(税込)から利用できます。

データ容量20GBの料金プランでも1,958円(税込)と、格安SIM業界でも割安の料金設定になっています。

また、毎月のデータ容量の変更が何度でも無料でできるのも大きなメリットでしょう。

変更の申し込みはマイページ上から簡単に手続きできます。

イオンモバイルのお申込みはこちら

【キャンペーン】乗り換え&スマホ購入で10,000ポイントプレゼント

  • 期間:2022年7月1日~2022年8月31日
  • 特典:合計10,000WAONポイントプレゼント
  • 条件:乗り換え(MNP)で指定スマホを購入する

イオンモバイルでは、乗り換え(MNP)と同時に指定スマホを購入すると、合計10,000WAONポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

もらえるポイントは条件ごとに異なるので、以下を参考にしてください。

条件 WAONポイント
乗り換え+イオンカードで支払い 2,000ポイント
イオンモバイルに乗り換え 2,000ポイント
乗り換え+指定スマホ購入 6,000ポイント
合計 10,000ポイント

さらに、60歳以上の人を対象に、イオンモバイルへの乗り換えと「AQUOS sense4」の購入で6,000WAONポイントが増額されるキャンペーンも実施中!こちらも8月31日までのキャンペーンとなっていますので、お見逃しなく!

【イオンモバイル】詳細はこちら

au回線の格安SIM(格安スマホ)を徹底比較!

ここからは、以下の条件別で比較したときにおすすめのau回線系格安SIMを紹介します。

  • データ容量別にお得なau回線系の格安SIM
  • 通話料金がお得なau回線系の格安SIM
  • キャンペーンがお得なau回線系の格安SIM

【データ容量別】月額料金が安い格安SIM

データ容量別のおすすめau回線系格安SIMは以下の通りです。

  • ~3GBまでならpovo
  • ~10GBまでならIIJmio
  • ~20GBまでならイオンモバイル

まずは、au回線の格安SIMについて、データ容量ごとの料金プランを見ていきましょう。

  
音声SIM
(税込)
UQモバイル IIJmio mineo povo イオンモバイル QTモバイル nuro mobile エキサイトモバイル(Fitプラン) donedoneJ:COMモバイル BIGLOBEモバイル
500MB 803円
1GB 1,298円 390円(7日間) 858円 1,078円 1,078円
2GB 858円 968円 880円 1,100円
3GB 1,628円 990円(30日間) 1,078円 1,210円 1,540円 880円 1,320円
4GB 1,078円 1,188円
5GB 1,518円 1,298 1,628円
6GB 1,408円 1,650円 1,760円 1,870円
7GB 1,518円 1,430円
8GB 1,518円 1,628円
9GB 1,738円
10GB 1,958円 1,848円 1,980円 1,980円 2,178円
15GB 2,728円 1,848円 3,740円
(12GB)
20GB 3,828円
(25GB)
2,068円 2,178円 2,700円(30日間) 1,958円 2,200円 2,200円 2,750円
(17GB)
2,728円 5,720円
30GB 3,058円 3,300円 3,300円
3,245円(25GB)
8,195円
30GB以上 60GB 6,490円(90日間)
150GB 12,980円(180日間)
40GB 4,158円
50GB 5,258円
50GB 2,728円

※データトッピングのみの料金

データSIMの料金比較はこちら
データ
SIM※1(税込)
UQモバイル
(音声SIM)
IIJmio mineo povo※2
(音声SIM)
イオンモバイル QTモバイル nuro mobile エキサイトモバイル
Fitプラン
donedone
(音声SIM)
J:COMモバイル
(音声SIM)
BIGLOBEモバイル
500MB
1GB 1,298円 390円(7日間) 528円 1,078円
2GB 820円 748円 880円
3GB 1,628円 990円
(30日間)
858円 1,210円 792円 847円 1,122円
4GB 970円 968円
5GB 1,518円 1,078円 990円 1,628円
6GB 1,188円 1,650円 1,727円
7GB 1,298円 1,397円
8GB 1,470円 1,408円
9GB 1,518円
10GB 1,958円 1,628円 1,980円 1,485円 2,178円
15GB 2,728円 1,780円 1,947円
(12GB)
20GB 3,828円
(25GB)
1,980円 2,178円 2,700円(30日間) 1,738円 2,200円 2,717円
(17GB)
2,728円 3,102円
30GB 2,838円 3,300円 3,212円
(25GB)
7,557円
30GB以上 60GB 6,490円(90日間)
150GB 12,980円(180日間)
40GB 3,938円
50GB 5,038円
50GB 2,728円

※1 SMS機能付き(イオンモバイル・QTモバイルは月額154円でSMS利用可能)
※2 データトッピングのみの料金

~3GBまでならpovo

小容量の料金プランのなかでも利用料金がリーズナブルな格安SIMはpovoです。

先ほどご紹介した通り、povoは厳密に言うと格安SIMではなく、auのオンライン専用料金プランですが、格安SIM並みにスマホ代をお得にできます。

povoはデータ容量をトッピングとして購入するのが特徴で、各データトッピングには有効期限があります。3GBなら30日間の利用で990円です。

表内でも3GBが1,000円以下で購入できるのはpovoだけとなっていますので、日常的にあまりデータ通信をしないという人はスマホ代をお得にできるでしょう。

   
povo
月額額料金(税込) 0円~
通信速度
(下り平均値)
94.48Mbps
使用回線 au

【povo公式】詳細はこちら

~10GBまでならIIjmio

中容量の料金プランのなかでもお得な格安SIMは、IIJmioです。

IIJmioは、8GBのデータ容量プランが1,518円(税込)で利用できます。

株式会社MM総研の調査「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態」では、2021年12月時点の平均データ通信量は月間で8.95GBという結果が出ました。

つまりIIjmioは「ちょうどいいデータ容量をお得に使いたい!」という人にはピッタリな格安SIMといえます。

万が一、データ容量が足りなくなってしまった場合はウェブからチャージすることもできるので、安心です。

     
IIJmio
月額額料金(税込) 2GB:850円
4GB:990円
8GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
通信速度
(下り平均値)
45.7Mbps
使用回線 ドコモ・au

【IIJmio公式】詳細はこちら

~20GBまでならイオンモバイル

大容量の料金プランのなかでもリーズナブルな価格を提供している格安SIMは、イオンモバイルです。

イオンモバイルは、比較表にある20GBの料金プランで唯一2,000円を切っています。

全国のイオンでサポートが受けられるため、ウェブでの申し込みが不安という人にもおすすめです。

また、毎月のデータ容量の変更が無料で何度でもできます。毎月のスマホ代を自分でコントロールできるのはうれしいポイントですね。

   
イオンモバイル
月額料金(税込)
音声プラン
500MB:803円
1GB:858円
2GB:968円
3GB:1,078円
4GB:1,188円
5GB:1,298円
6GB:1,408円
7GB:1,518円
8GB:1,628円
9GB:1,738円
10GB:1,848円
20GB:1,958円
30GB:3,058円
40GB:4,158円
50GB:5,258円
通信速度
(下り平均値)
56.92Mbps
利用回線 ドコモ・au

イオンモバイルのお申込みはこちら

【通話料金別】かけ放題がお得な格安SIM

通話料金・かけ放題が安いドコモ回線のおすすめ格安SIMは以下の3つです。

  • 5分かけ放題ならnuroモバイル
  • 10分かけ放題ならmineo
  • 完全かけ放題ならIIJmio

以下にau回線の格安SIMの通話料金・かけ放題オプションをまとめましたのでチェックしていきましょう。

かけ放題サービス 月額料金(税込) 専用アプリ 超過分の通話料(税込)
UQモバイル 10分かけ放題 770円 なし 22円/30秒
無制限 1,870円
IIJmio 5分かけ放題 500円 みおフォンダイヤルアプリ 11円/30秒
10分かけ放題 700円
無制限 1,400円
mineo 10分かけ放題 550円 mineoでんわ 10円/30秒
無制限 1,430円
povo 5分かけ放題 550円 なし 22円/30秒
無制限 1,650円
イオンモバイル 5分かけ放題 550円 なし 11円/30秒
10分かけ放題 935円
無制限 1,650円
QTモバイル 10分かけ放題 550円 QTモバイルアプリ 11円/30秒
無制限 1,430円
nuro mobile 5分かけ放題 490円 なし 11円/30秒
10分かけ放題 880円
エキサイトモバイル 3分かけ放題 759円 エキモバでんわ 11円/30秒
donedone なし 22円/30秒
J:COMモバイル 5分かけ放題 500円 なし 22円/30秒
60分かけ放題 1,500円
BIGLOBEモバイル 3分かけ放題 660円 BIGLOBEでんわ 9.9円/30秒
10分かけ放題 913円

5分かけ放題ならnuroモバイル

5分かけ放題が安いおすすめの格安SIMはnuroモバイルです。

nuroモバイルでは国内通話5分かけ放題が490円(税込)とお手頃な価格で利用が可能です

5分を超過した場合でも11円(税込)/30秒と、キャリアの通常の通話料金22円(税込)/30秒の半分の料金で通話できます。

また、毎月オプションのつけ外しができるため、普段より通話が多くなりそうな月だけかけ放題を利用すれば余分な料金を払う必要もありません。

nuroモバイル
月額料金
(税込)
3GB:792円
5GB:990円
10GB:1,485円
通信速度
(下り平均値)
38.67Mbps
利用回線 ドコモ・au・ソフトバンク

【nuro mobile公式】詳細はこちら

10分かけ放題ならmineo

10分かけ放題が安いおすすめの格安SIMはmineoです。

表を見てわかる通り、5分のかけ放題を500円前後で提供している格安SIMが多い中、mineoでは10分かけ放題が550(税込)で利用できるため非常にお得です。

10分の超過後は通話料金が発生しますが、10円(税込)/30秒と、業界最安級の価格となっています。

また、今ならかけ放題プランがお得になるキャンペーンを実施中。ワンコイン以下でかけ放題を利用するチャンスですのでぜひチェックしてみてくださいね。

 
mineo
月額額料金(税込)
マイピタ
1GB:1,298円
5GB:1,518円
20GB:2,178円
通信速度
(下り平均値)
40.37Mbps
使用回線 ドコモ・au・ソフトバンク

【mineo公式】詳細はこちら

完全かけ放題ならIIJmio

完全かけ放題が安いおすすめの格安SIMはIIJmioです。

通信速度と料金プランのバランスがよい格安SIMでありながら、完全かけ放題のオプションを1,400円(税込)と利用しやすい価格で提供しています。

データ容量も幅広く用意されているので、無駄なくお得にスマホが使いたいという人に格安SIMです。

     
IIJmio
月額額料金(税込) 2GB:850円
4GB:990円
8GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
通信速度
(下り平均値)
45.7Mbps
使用回線 ドコモ・au

【IIJmio公式】詳細はこちら

【キャンペーン別】乗り換えがお得な格安SIM

キャンペーンがお得なau回線のおすすめ格安SIMは以下の3つです。

  • キャッシュバックならUQモバイル
  • 端末セット割引ならIIJmio
  • 月額料金割引ならmineo

キャッシュバックならUQモバイル

出典:UQモバイル

UQモバイルでは、SIMの単体購入と同時に最大13ヶ月間無料で利用できる「増量オプションⅡ」に加入をすることで、最大10,000円相当のau PAY残高が還元されるキャンペーンを実施中。

増量オプションⅡとは、月額550円(税込)を支払うことで最大5GBのデータ容量が増量されるというもの。

対象のプランは「くりこしプラン +5G」のS・M・Lで、他社からの乗り換えが条件です。

また、eSIMでの契約をする場合はチャージ金額が3,000円相当増額されますので、お得に乗り換えをしたい人は、eSIMでの契約をおすすめします。

     
UQモバイル
月額額料金(税込) 3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
通信速度
(下り平均値)
86.07Mbps
使用回線 au

【UQモバイル公式】詳細はこちら

端末セット割引ならIIJmio

出典:IIJmio

IIJmioでは、取り扱っているiPhoneやAndoidのラインアップが幅広く、iPhoneに関しては、状態のよい中古美品や未使用品がお得な価格で販売されています。

さらに今なら「ギガプラン」に音声通話機能付きSIMでMNP転入すると対象端末が割引になるため、人気のスマホがなんと110円(税込)から購入できます。

キャンペーン期間は8月31日までです。数量限定のため、乗り換えを検討している人は早めにチェックしておきましょう!

     
IIJmio
月額額料金(税込) 2GB:850円
4GB:990円
8GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
通信速度
(下り平均値)
45.7Mbps
使用回線 ドコモ・au

【IIJmio公式】詳細はこちら

月額料金割引ならmineo

mineo 出典:mineo

mineoでは、現在「マイそく」の利用料金がお得になるキャンペーンを実施中。

「マイそく」とは、平日のお昼の時間帯(12時~13時)の通信速度が低速になる代わりに、最大通信速度3.0Mbpsでデータが使い放題になるサービスです。

料金プランはスタンダードとプレミアムの2種類があり、スタンダードは最大通信速度が1.5Mbpsで月額990円(税込)、プレミアムは最大通信速度が3.0Mbpsで2,200円(税込)となっています。

1.5Mbpsの速度であればSNSの利用や動画の視聴など、普段通りのデータ通信は問題なくできるでしょう。

キャンペーンの対象は「マイそく」に新規で申し込みもしくは契約変更をした人、6月3日時点ですでに「マイそく」を利用中の人です。

 
mineo
月額額料金(税込)
マイそく
最大1.5Mbps:990円→690円
最大3.0Mbps:2,200円→1,920円
使用回線 ドコモ・au・ソフトバンク

※~8/31 キャンペーン適用時の料金です。

【mineo公式】詳細はこちら

auから格安SIMに乗り換える手順

利用する格安SIMが決まったら、実際に乗り換え手続きを行いましょう。詳しい手続き手順は格安SIMによって異なるため、ここでは大まかな流れを解説します。

auから格安SIMに乗り換える手順

  1. auでMNP予約番号を取得する
  2. 格安SIMに申し込む
  3. 初期設定・開通手続きを行う

手順1.auでMNP予約番号を取得する

現在使用している電話番号を格安SIMに引き継ぐ場合は、auでMNP予約番号を取得する必要があります。MNP予約番号は、Web・電話・店舗で取得することが可能です。

au MNP予約番号取得方法
Web My auにログインして、「スマートフォン・携帯電話」>「ご契約内容/手続き」>「お問い合わせ/お手続き」>「MNPご予約」
電話 0077-75470
(受付時間:9:00~20:00)
店舗 au Style/auショップ・トヨタ au取扱店(一部除く)
(受付時間:店舗によって異なる)

MNP予約番号は無料で取得できますが、15日間の有効期限が設けられている点に注意しましょう。有効期限の残り日数が足りないと申し込みができない場合があるので、MNP予約番号を取得したら早めに乗り換えることをおすすめします。

手順2.格安SIMに申し込む

格安SIMは実店舗を少なくして人件費を抑えることで、月額料金の安さを実現しています。近くに店舗がない場合は、Webサイトから申し込みを行いましょう。

申し込み手続きを行う際は、以下のものを用意しておくとスムーズです。

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号(電話番号を引き継ぐ場合)
  • クレジットカード・口座情報など

なお、UQモバイルは全国に店舗を構える格安SIMで、UQスポットやauショップ(一部店舗を除く)などで申し込みができます。

店舗スタッフに直接相談しながら乗り換え手続きを行いたい場合や、対面でのサポートを受けたい人は、UQモバイルへの乗り換えがおすすめです。

手順3.初期設定・開通手続きを行う

申し込み完了後SIMカードが届いたら、開通手続きを行います。開通手続きを行わないと、SIMカードを入れ替えても通信ができません。

開通手続きは、新しく契約した格安SIMのWebサイトか電話で行います。電話の場合はオペレーターが開通手続きをサポートしてくれるので、手順がわからないという人におすすめです。

ただし、Webサイトでも開通手続きも、画面に指示に従って進めるだけなので難しい操作はありません。

格安SIMへの乗り換え手順を詳しく知りたい人は、以下の記事をあわせてご一読ください。

auから格安SIM(格安スマホ)に乗り換えるメリット

auから格安SIMに乗り換えると、以下のようなメリットがあります。

  • スマホ代が安くなる
  • au回線なら同じエリアで使える
  • 端末のSIMロック解除が不要
  • 契約期間・違約金の条件がゆるい

auのスマホ代が高いと感じている人は、格安SIMへの乗り換えがおすすめです。それぞれの内容について、詳しく見ていきましょう。

スマホ代が安くなる

auから格安SIMに乗り換える最大のメリットとして、「スマホ代が安くなる」ことが挙げられます。格安SIMは、大手キャリアから回線を借りて運営しているサービスです。

基地局の整備費や店舗の運営費がかからない分、キャリアよりも料金を安く設定できます。例として、auの「ピタットプラン 5G」とUQモバイルの「くりこしプランS +5G」を比較してみました。

au
ピタットプラン 5G
UQモバイル
くりこしプランS +5G
データ容量 1GB~4GB 3GB
月額料金(税込) 5,115円 1,628円

3GB程度使う場合の月額料金を比較してみると、3,000円以上の差があることがわかりました。年間で考えると36,000円以上も節約できるので、格安SIMに乗り換えた方がお得に利用できます。

なお、上記は割引サービスやキャンペーン適用前の月額料金です。実際にどれくらい安くなるか比較するときは、割引適用後の料金を比較してみてください。

au回線なら同じエリアで使える

au回線を利用している格安SIMは、auの提供エリアと同じエリアで利用できます。そのため、これまでauを利用していた人でも快適に通信できるでしょう。

格安SIMの提供エリアは、各社公式サイトから確認できます。お住まいの地域で通信できるか不安な人は、提供エリアを確認してから申し込みをしてください。

端末のSIMロック解除が不要

auからau回線を利用している格安SIMに乗り換える場合、基本的に端末のSIMロック解除が不要です。SIMロックとは、特定のSIMカードを挿入した場合のみ通信できるように制限をかける機能のことを指します。

携帯会社を乗り換えるときに必要な手続きですが、同じ回線に乗り換える場合は手続きをしなくても乗り換えられるケースが多いです。

なお、auの一部端末はSIMロック解除が必要な場合があります。SIMロック解除が必要かどうかについては、各社公式サイトの動作確認済み端末ページに記載されているので確認してください。

契約期間・違約金の条件がゆるい

auの2年契約プランを契約している場合、契約更新月以外に解約すると10,450円(税込)~1,100円(税込)の解約違約金が発生します。

2021年3月以降に契約した場合は解約違約金がかかりませんが、旧プランを利用している場合は解約時に注意が必要です。

一方格安SIMは契約期間の縛りなしで解約違約金が発生しない場合が多く、auよりも利用しやすいことがメリットの1つ。万が一サービスに満足できなくても、いつでも簡単に解約できます。

auから格安SIM(格安スマホ)に乗り換えるデメリット

auから格安SIMに乗り換えると様々なメリットがありますが、手続きをする際にはいくつか気を付けたい注意点があります。申し込み後に後悔しないためにも、事前に確認しておきましょう。

注意点・デメリット

  • auのサービスを利用できなくなる
  • 通信速度が遅くなることがある
  • 解約金が発生する可能性がある

auのサービスを利用できなくなる

auから格安SIMに乗り換えると、auのサービスが利用できなくなる点に注意てしましょう。格安SIMで利用できない主なauのサービスは、以下の通りです。

  • キャリア決済
  • 店舗・カスタマーセンターなどのサポート
  • auスマートバリュー

なお、一部格安SIMではauのサービスを利用できる場合があります。中でもUQモバイルはauのサブブランドなので、auの一部のサービスを引き続き利用することが可能です。

また、キャリアメールは月額330円(税込)の「auメール持ち運び」を利用することで、格安SIMでも引き継いで使えます。

通信速度が遅くなることがある

格安SIMは、キャリアの回線を借りてユーザーに提供しているサービスです。あくまでもau回線の一部なので、auとまったく同じ通信品質というわけではありません

そのため、ランチタイムや通勤・通学時間帯など回線が混み合う時間帯は、auよりも通信速度が遅くなる場合があります。

なお、UQモバイルやpovoはauに劣らない通信速度を実現しているため、速度を重視したい人におすすめです。

auで解約金が発生する可能性がある

auを解約する際は、契約しているプランによって以下のような解約違約金が発生します。

au 解約違約金
2年契約プラン
(旧プラン)
10,450円(税込)
2年契約Nプラン
(新プラン)
1,100円(税込)

基本的に契約更新月以外に解約すると解約違約金が発生するので、乗り換え費用を安く抑えたい人は契約更新月に解約手続きを行いましょう

また、端末を分割で購入した場合は、支払いが完了するまで分割払いが継続します。なお、端末の残債は乗り換え時に一括清算することも可能です。

UQモバイルで新たに端末を購入する場合、端末代金の支払いが重複するため、一括清算してからのりかえることをおすすめします。

au回線の格安SIM(格安スマホ)でよくある質問

ここでは、au回線の格安SIMに関するよくある質問をまとめてみました。

契約をする前にしっかりと疑問を解消しておきましょう!

auのiPhoneはそのまま使える?

au回線を利用している以下の格安SIMであれば、SIMカードの入れ替えと初期設定のみで利用が可能です。

au回線を利用している主な格安SIM
  • UQモバイル
  • IIjmio
  • mineo
  • povo
  • イオンモバイル
  • QTモバイル
  • nuroモバイル
  • バリュープラス
  • エキサイトモバイル
  • donedone
  • J:COMモバイル
  • BIGLOBEモバイル

au以外のキャリア回線を利用している格安SIMに申し込む場合はSIMロックの解除が必要となります。

au回線の格安SIMはキャリアメールを引き継げる?

キャリアのメールアドレスは有料で引き継ぎが可能です。

引継ぎにかかる費用は月額330円(税込)です。

au回線の格安SIMでデータ専用SIMがあるのはどこ?

データ専用SIMがある格安SIMは以下の通りです。

データ専用SIMがある格安SIM
  • mineo
  • povo
  • イオンモバイル
  • QTモバイル
  • nuroモバイル
  • donedone

なお、データ通信専用SIMが利用できるおすすめ格安SIMはイオンモバイルです。

利用できるデータ容量の幅が広く、データ専用SIMなら3GBが858円(税込)、5GBが1,078円、10GBが1,628円、20GBが1,738円(税込)で利用できます。

イオンモバイルのお申込みはこちら

au回線の格安SIMはこんな人におすすめ

  • auのスマホ代を見直したい人
  • SIMロック解除などの手続きをせずに乗り換えたい人
  • auと同じエリアでスマホを使いたい人

今回は、auから格安SIMへ乗り換える方法や、au回線の格安SIMについて詳しく解説しました。auから格安SIMに乗り換えることでスマホ代を大幅に節約できるので、今のスマホ代が高いと感じている人はこの機会に見直してみましょう。

通常携帯会社を乗り換える際は端末のSIMロック解除が必要ですが、auからau回線の格安SIMに乗り換える場合は基本的に不要です。面倒な手続きをしなくても、スムーズに乗り換えられます。

また、auと同じ回線を利用しているため使えるエリアが同じという点も魅力の1つ。これまでauを利用していた人も、快適にスマホを利用できます。

公開日時 : 2023年01月03日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード