家族向けプラン・家族割があるおすすめ格安SIM!通話無料・月額割引・乗り換え方法

2018年最新の、家族向けプランがあるおすすめ格安SIMをまとめました。IIJmioやBIGLOBEモバイル等の、家族割引がある格安SIMの料金やプランをご紹介します。家族名義や夫婦で格安SIMを使いたい方や、家族4人や5人で家族通話したい方も必見です。
BIGLOBEmobile20190724_desc 家族向けプラン・家族割があるおすすめ格安SIM!通話無料・月額割引・乗り換え方法

「月々のスマホ代を節約したい」といった理由で、大手キャリアから格安SIMに乗り換える人は多くます。

家族全員で格安SIMに乗り換えるなら、家族割引が適用の通信会社を選んだ方が月々のスマホ代を大幅に抑えることができるんですよ。

大手通信会社からは、最大9回線まで毎月540円の割引適用の「UQモバイル」や、家族間の通話料金が最大で60%も安くなる「IIJmio」、最大4枚SIMカードをシェアできる「BIGLOBEモバイル」といった家族でお得に使えるプランが豊富に用意されています。

そこで本記事では、家族で使うとお得になる格安SIMをご紹介しましょう。これから家族で格安SIMへの乗り換えを考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

楽天モバイル

家族割引が適用されるおすすめの格安SIM

家族割引がある、おすすめ格安SIMをまとめました。家族で格安SIMへの乗り換えを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

BIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル

「BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)」は、ビッグローブ光やフレッツ光、WiMAXといったモバイル通信サービスを提供する「BIGLOBE」の格安SIMです。

「BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)」の格安SIMを家族でお得に使うなら、シェアSIM機能を利用するのがおすすめです。

シェアSIM機能とは、契約した1台のスマホに対し最大で4枚までのSIMを使いできるというサービス。4人家族でBIGLOBEモバイルを契約した場合は、4人でデータ容量をシェアすることができるのです。

例えば、父親が「BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)」の格安SIMに乗り換えてシェアSIMに加入したとしましょう。母親、長女・長男の3名分をあとから追加することができます。

なお、シェアSIMを追加する際は、「BIGLOBEモバイル」ご契約者のみが手続きを行うことができ、1回のも仕込みでSIMカード追加手数料3,000円(税別)+SIMカード準備料394円(税別)がかかります。シェアSIMの対象プランは下記の通りです。

  • 3ギガプラン
  • 6ギガプラン
  • 12ギガプラン
  • 20ギガプラン
  • 30ギガプラン

【限定キャンペーンあり】BIGLOBEモバイルの家族割引はこちら

UQモバイル

出典:UQモバイル

UQモバイルでは、2回線目以降月々500円の割引がずっと続くという家族割引があります。

2人なら500円/月、3人なら1,000円/月、4人なら1,500円というように、2人目以降は500円×人数分が割引されます。例えば家族4人でUQモバイルを使った場合、なら1,500円×24ヶ月で36,000円もお得になるんです。

家族内通話が無料といった内容の家族割引もありますが、UQモバイルはしっかり月額料金から割引されるのが嬉しいですね。

家族全員で同じ携帯会社に乗り換えるなら、割引が永年続くUQモバイルをおすすめします。

【限定キャンペーンあり】UQモバイルの家族割引はこちら

家族での加入が難しい場合は、UQモバイルとポケットWiFiをセット契約する方法もおすすめです。

業界最安級である「カシモWiMAX」とUQモバイルを契約すると、「ギガMAX月割」でスマホ料金が毎月500円割引されます。

UQモバイルだけだとギガが足りない方も、スマホ代を節約しながらネットが使い放題になるんです。ぜひチェックしてみてくださいね。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

IIJmio

出典:IIJmio

「IIJmio(みおふぉん)」は、家族でお得に使える「ファミリーシェアプラン」が用意されています。SIMカードを、家族間で最大10枚までシェアできるのです。

出典:IIJmio

例えば、家族4人で大手キャリアからIIJmioに乗り換えた場合は、月々のスマホ代が5,760円に! 1人あたり月額1,440円ととってもお得にスマホを利用できるんですよ。

なお、この料金で利用するためには、IIJmioの「ファミリーシェアプラン」に家族全員が加入し、月額料金2,560円+音声機能付帯料2,800円(700円×4名)+追加SIM費用1,600円(400円×4名)=6,960円(税抜き)が発生します。

この他、「みおふぉんダイヤル」という専用アプリをインストールしておけば、月額830円で家族間の通話30分がかけ放題になります。

月額600円のプランを申し込めば、家族同士の通話が10分以内であればかけ放題で、3分未満であれば友人や恋人との通話も無料に!

コミュニケーションツールでのテキストのやりとりよりも、家族とは通話が多いという場合はIIJmioに乗り換えて「みおふぉんダイヤル」を利用してみてください。

月々の浮いたお金で家族旅行に行けたり、普段はなかなか機会の少ない高級料理を食べられたり、高級ホテルに宿泊できたり、家族の娯楽に使えるお金が増えるはずです。

IIJmioの家族割引はこちら

mineo

mineo 出典:mineo

mineoは、ドコモ・au・ソフトバンクどの携帯でも使える格安SIMです。そのため、今どこのキャリアを使っていても端末そのまま乗り換えることができます。

加えて、500MBから30GBまで料金プランが豊富な点も魅力です。親はあまりネットを使わないけど子どもは使うといった場合も、家族1人1人に合わせてプランが選べます。

mineoの家族割引は、各回線の基本料金が50円割引になります。割引は最大5回線までなので、月額で250円、年間で3,000円安くなる計算です。

割引額は少ないですが、離れて暮らす家族や事実婚もOKなど家族割引の適用範囲が広いのが特徴です。家族でバラバラの携帯会社を使っている方や、一家で格安SIMに乗り換えたい方は、mineoで月額料金を安くしましょう。

mineoの家族割引はこちら

家族向け割引プランがある格安SIMの選び方

格安SIMの会社も増えてきているため、初めて格安SIMを選ぶ際にはどのように選べばよいのか迷ってしまうかもしれません。

そのため、まずここでは、家族で使う格安SIMの選び方について見ていきましょう。

基本料金の家族割引がある

多くの格安SIMが、家族単位で契約することを条件として、基本料金が安くなる家族割引サービスを提供しています。

月々の固定費削減のためにも大変役立つため、ぜひ利用するのをおすすめしたいサービスです。

家族間の通話がお得になる

格安SIMは月額使用料がリーズナブルなのに加え、家族間通話が無料になるお得なファミリー割引も充実しています。

家族間で電話をする機会が多い場合は、このようなサービスがあるかないかで利用料金が大幅に変わってきます。家族で格安SIMを使うのであれば、ぜひ利用したいサービスです。

「IIJmio」には、ファミリー通話割引で60分960円のプランや、「楽天モバイル」なら月額850円のオプションで5分以内の通話がかけ放題、「BIGLOBEモバイル」であれば、シェアSIMと月額650円のオプションで60分の通話が無料に!

LINEやMessengerといったオンラインコミュニケーションルーツよりも、電話が多い家族であれば、格安SIMに乗り換えた方が月々かかる固定の通信費を大幅に安く済ませることができるんですよ。

iPhone格安SIM通信アンケート

契約をまとめられる

家族向けの割引プランのある格安SIMへ乗り換える最大のメリットは、支払い手続きを1回で済ませられる点ではないでしょうか。

父親のスマホはau、母親と長女はdocomo、長男はSoftbankというように、家族全員がキャリアの違うスマホを使っていると、支払い日がバラバラになり家計簿を管理しづらくなってしまいます。

しかし、家族全員が同じ携帯通信会社の格安SIMを使っていれば、使用料金の支払日をまとめることが可能に。そのため、月々の支出を管理しやすくなるのです。

家族でデータをシェアできる

家族単位で格安SIMを契約する場合、家族間でデータをシェアできるプランがあるところを利用するとお得です。

契約する格安SIMによって、全てのデータをシェアできるプランが利用できるところ、前月余った分のデータのみをシェアできるところ、その両方が可能なところがあります。

多くの場合、このようなデータシェアサービスは、家族単位で契約した場合にのみ利用できるもので、個別に契約した場合は家族であってもデータシェアはできません。間違えないように注意しましょう。

フィルタリングサービスがある

ご家族に未成年の子供がいる場合は、フィルタリングサービスの利用を検討すると良いでしょう。

フィルタリングサービスとは、主に子供を対象としたサービスで、危険なサイトや見せたくないサイトにアクセスできないようにする機能や、利用時間を制限する機能を提供するものです。

家族向け割引プランがある格安SIMの注意点

とてもお得な格安SIMですが、使用するにあたって注意すべき点もあります。ここでは、家族で格安SIMを使う時の注意点について見ていきましょう。

契約にはクレジットカードが必要

基本的に格安SIMの契約をする場合には、本人名義のクレジットカードが必要となります。

家族全員が本人名義のクレジットカードを持っている場合は、一人ずつそれぞれ自分の名義で契約することもできます。

この契約方法のメリットは、家族の誰かが引っ越しをして離れた場所で生活をするようになっても、契約の管理がしやすいということです。

自分以外の家族が格安SIM利用料金の支払いをしていて、その支払いを自分でしたくなったという場合にも、この契約方法であれば、手続きが比較的スムーズです。

もし、家族の中にクレジットカードを持っていない人がいる場合は、家族の中でクレジットカードを持っている人を「代表者として名義人になる」方法で契約することによって、家族全員が格安SIMを利用することができます。

もし家族全員がクレジットカードを持っていない場合は、代表者1人の名義で複数回線を契約する必要があります。もしくは、口座振替で契約できる格安SIMと契約する方法もあります。

手続きがややこしくなるケースも発生する

家族全員が、「Softbank」「au」「docomo」といった大手キャリアから格安SIMへ乗り換えるとき、通話する頻度、インターネットの閲覧頻度など人によって千差万別。

そのため、家族ぞれぞれで契約プランが異なることも発生してしまいます。また、家族割引適用の格安SIMに乗り換える際の手続きは下記の通りです。

  • 父親→家族向け格安SIMプランを契約
  • 母親→父親名義のスマホに乗り換え→父親が加入した家族向けプランに入る
  • 長女・長男→父親名義の格安SIMへの乗り換え手続き→父親が加入している家族向けのプランに入る
  • 次女→父親名義の格安SIMへの乗り換え手続き→父親が加入している家族向けのプランに入る

このように、格安SIMの名義を世帯主(父親)で乗り換え契約を済ませてから、母親、長女・長男、次女のスマホの名義を変子しなければなりません。

店頭の混み具合にもよりますが、格安SIMに乗り換える際の契約で半日潰れてしまうことも考えられます。

他社への乗り換えが難しくなる

格安SIMを家族単位で契約した場合、契約後に「通信速度が遅い」「ネットが繋がりにくい」などの理由で不満を感じて他社に乗り換えたくなっても、家族単位の乗り換えは手続きや調整が必要で、かなり面倒で時間もかかります。

家族で契約するということは、家族割引などお得なサービスを利用できるというメリットがありますが、他社への乗り換えをする場合にはデメリットにもなります。

そのため、他社への乗り換えをしなくて済むように、格安SIMの会社と契約する際には、よく吟味した上で選ぶようにしましょう。

家族で格安SIMに乗り換えよう!

いかがでしたでしょうか?

ここでは紹介しきれませんでしたが、家族で入るとお得になる格安SIMはまだまだたくさんあります。

速さや料金を比較しておすすめ格安SIMを解説した記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

ほかにも、家族で契約するとお得になる契約方法を紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

また、子どもにiPhoneを契約することを検討しているが、少しでも安く利用したいと考えている方は、子どもにおすすめのiPhone格安機種からお得な契約方法をまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年02月18日

渡辺結 ― ライター
渡辺結 ― ライター

紙媒体の編集を経て、フリーのライターに。インフルエンサーでもなければ才能でもないですが、コツコツと地道に書いてます。年内にタイに移住する予定で、タイ語を猛勉強中。