スマートリモコンおすすめ5選!選び方のポイントも合わせて紹介

スマートリモコンがあれば、エアコンやテレビ、照明などといった遠赤外線リモコン付きの家電をスマホ一つでまとめて操作できます。この記事では、おすすめのスマートリモコンを5機種紹介するとともに、自分に合ったスマートリモコンの選び方についても解説します。
【公式】カシモWiMAX スマートリモコンおすすめ5選!選び方のポイントも合わせて紹介

一般的に「スマートリモコン」と呼ばれているWiFi接続学習リモコンが話題になっています。

複数のリモコンで行っていた操作がスマートリモコン1台で可能になるなど、今までにない便利さから導入を検討している人も多いのではないでしょうか。

WiFiで接続するリモコンと言われても馴染みがなく、難しいと感じるかもしれませんが、実際に使ってみると操作は非常に簡単です。

本記事では、WiFi接続学習リモコンの特徴や使い方、使用する上での注意点についても解説します。まだスマートリモコンを使ったことがないという人も、ぜひこの機会にチェックしてみて下さい。

WiFi環境で使えるスマートリモコンの魅力

では早速、WiFi環境で使えるスマートリモコンの魅力について見ていきましょう。

家にあるリモコンをひとまとめにできる

現在は、様々な電化製品が発売されています。<自宅に多数の電化製品がある人も多いのではないでしょうか。

家電製品の数に比例してリモコンの数も増えてしまい、室内がすっきり片付かないばかりか、操作も面倒くさくなってしまったという人もいるのではないでしょうか。

そのような人にこそ、スマートリモコンを使用するのがおすすめです。

スマートリモコンを使えば、今まで複数のリモコンを使って行っていた家電の操作をスマートリモコン1つでできるようになるため、家の中をすっきりさせることができます。

また、いちいちリモコンを使い分ける必要がなくなるため、操作性も向上します。

部屋中のどこからでも家電が操作できる

スマートリモコンは、WiFiが届く範囲内であれば、操作したい家電のある部屋にいなくても操作をすることが可能です。

電源を入れる/切るという基本的な操作だけではなく、タイマー設定や複数の操作を組み合わせることも可能です。

WiFi通信ができる環境であれば、2階の部屋にいながら1階のリビングにあるビデオの予約操作をしたり、エアコンのスイッチを入れたりという操作をすることも可能です。

外出中でも家電の操作ができる

無料のクラウドサーバーを使えば、外出先からでもスマートリモコンを使って、自宅の家電製品の操作をすることができます。

この機能を利用すれば、例えば、帰宅時間に合わせてエアコンをつけておくということもできます。寒い冬や、暑い夏にはぜひ活用したい機能です。

ハンズフリーで操作することもできる

音声アシスタント連携に対応している機種であれば、音声操作端末と組み合わせることによって、話しかけるだけで家電が動かせるハンズフリーでの操作が可能となります。

音声で操作するというのは、慣れるまで違和感を感じるかもしれませんが、慣れてしまうと大変便利です。

家電の操作におすすめのスマートリモコン5選

ここからは、各種家電を一斉に操作できるスマートリモコンの中から、スマホとWiFiで連携できる商品を5つ紹介します。

※スマートリモコンは商品により仕様が異なるため、購入元の注意書きをよくお読みになってお使いください。

Nature Remo 3 Remo-1W3

対応家電 赤外線リモコン付きの家電(エアコン・テレビ・照明・ロボット掃除機・オーディオなど)
対応OS iOS 12.0以降
Android 6.0以降
入力方式 スマホ(スマートスピーカーと連携させれば音声入力可)
その他機能 GPS連動、曜日・時間設定、人感・温度・湿度・照度センサー

コンパクトかつシンプルなデザインで、インテリアを選ばず使いやすいスマートリモコンです。iOSまたはAndroidのスマホアプリとWiFiを連携させて使います。

microUSBで充電できるため、電池交換の手間がありません。また、各家電の既存のリモコンをNature Remo 3に向けて操作するだけで機器を認識し、各リモコン操作の登録が完了します。

登録した操作はシーン別に分けて設定することもできます。スマホのGPSとも連動しているため、家に近づいたらエアコンと照明のスイッチを自動で入れるといった指示も可能です。

人感・温度・湿度・照度センサーも付いており、人がいるときだけ照明やエアコンのスイッチを入れたり、湿度が低いときだけ加湿器を作動させたりすることもできます。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

Cube Electric Power Miraiz ここリモ WXT-200 

対応家電 テレビ、エアコン、照明ほか学習させた赤外線対応の機器
対応OS iOS 10.0以降
Android 5.0以降
入力方式 スマホ(スマートスピーカーと連携させれば音声入力可)
その他機能 エアコンの快眠コントロール、遠隔操作、エアコンの電気代予測機能、AI機能

大手メーカーの製品を中心にデータベースが用意されており、スマホアプリから機種を選択するだけでリモコン登録できます。

寝具メーカーのエアウィーヴと共同開発した「エアコンの快眠コントロール」という独自機能を搭載しており、就寝中の部屋の温度を眠りやすいパターンに合わせてコントロールできます。

また、エアコンの電気代予測機能も搭載しています。実証実験に基いたアルゴリズムによって、住んでいる地域やエアコンの容量など登録した情報をもとに電気代を予測してくれます。

さらにAI機能を搭載しており、エアコンの利用状況を20時間ほど学習させると、好みの温度に自動でコントロールします。現時点では冷房のみ対応ですが、暖房への対応も実装予定です。

Covia ORVIBO MagicCube CT10W-B1V0

対応家電 赤外線機器(エアコン・テレビ・照明・オーディオ、ホームセキュリティセンサーなど)
対応OS iOS 9.0以降
Android 4.4以降
入力方式 スマホ(スマートスピーカーと連携させれば音声入力可)、本体のクリック
その他機能 遠隔操作

日本製品だけでなく海外の製品もふくめて、8,000種類以上の機器のリモコンが登録されています。エアコンやテレビ、オーディオの操作のほか、ホームセキュリティセンサーとの連携も可能です。

連動させるスマホアプリはカスタマイズ性に長けています。たとえば、照明を落としてモニターとスピーカーを同時に起動させるといった、ホームシアター用の設定などが作成可能です。

またスマホからの操作だけでなく、本体を直接クリックして操作することもできます。外出時は本体をダブルクリックするだけで、連携させた家電の電源を全てOFFにできます。

+Style ORIGINAL PS-IRC-W01

対応家電 赤外線リモコン付きの家電(エアコン・テレビ・照明など)
対応OS iOS 9以降
Android 4.4以降
入力方式 スマホ(スマートスピーカーと連携させれば音声入力可)
その他機能 タイマー、遠隔操作、温度・湿度・照度センサー

各種リモコンをスマホにまとめたいという人におすすめのスマートリモコンです。プリセットされている機器は500種類ほどですが、既存のリモコンを使って手動登録もできます。

テレビであればチャンネル変更やdボタンの操作もスマホでおこなえます。ただし、一部の家電については電源のON/OFF以外の操作ができないなど、操作できる機能に制限がかかる場合があります。

なおスマートスピーカーとの連携も可能です。こちらも一部機能に制限はありますが、電源のON/OFFだけであれば基本的には動作します。

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

Kingjim Egg EG10

対応家電 赤外線リモコン付きの家電(エアコン・テレビ・照明・ロボット掃除機・オーディオなど)
対応OS iOS 10以降
Android 6.0以降
入力方式 スマホ
その他機能 温度センサー、IFTTT連携

リーズナブルな価格帯で、卵型のフォルムがキュートなコンパクトサイズのスマートリモコンです。Bluetooth接続で、スマホとリモコンを簡単に接続できます。

プリセットされている家電のリモコン情報は29,000個にもおよび、プリセットにない機器でも既存のリモコンをEggに向けて操作すれば登録可能です。

また、設定した時間に登録したリモコン操作を自動的に実行させるタイマー機能も付いています。

単3形アルカリ乾電池で動作するため、ケーブルレスで使えることも大きな特徴です。6ヶ月に1度ほどの電池交換は必要ですが、コンセントの数が少ない場合は重宝するでしょう。

スマートリモコンの選び方

スマートリモコンを選ぶときは、対応家電、使用目的に合わせた機能の有無、使用できる範囲などで選びましょう。そのほかアフターサービスの内容やデザイン性も考慮するとよいです。

対応している家電で選ぶ

スマートリモコンは一般的に赤外線リモコンで操作する家電なら操作できます。ただし、プリセットされている機器以外は登録できなかったり、登録できても一部機能しか操作できなかったりすることもあります。

メーカーの公式サイトに掲載されている取扱説明書を確認するか、メーカーに問い合わせて確認しましょう。

特に電源のON/OFF以外の操作も確実におこないたい場合は、自宅の家電が対応しているか事前の確認が必要です。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX
iPhone格安SIM通信アンケート

目的に合った機能の有無で選ぶ

電源のON/OFFさえできればよいというのであればそれほど重視しなくても構いませんが、より快適な生活を目指すならセンサーの有無やカスタマイズ性など細かな機能も確認しましょう。

温度・湿度センサー

スマートリモコンに温度・湿度センサーが搭載されている場合、「湿度30%以下のときに加湿器の電源をON」といったように条件に応じた設定ができます。

また外出中も設定した温度に自動でコントロールしてくれるため、留守番中の子供やペットがいる室内の管理に役立ちます。とくに夏や冬などエアコンが手放せない季節では大いに活躍するでしょう。

機種によっては、温度・湿度の変化をスマホに通知できるものもあるので、何か異変が起きたときに気付きやすいというメリットもあります。

タイマー機能

起床時間に合わせて照明を点けたり、帰宅時間に合わせてエアコンを起動したりなど時間に合わせた設定ができる機能です。スマートリモコンによっては曜日設定もできるため、平日と休日で分けることもできます。

また、旅行や出張など数日間にわたって外出するときは、設定した時間で照明やテレビをつけることで防犯対策としても効果を発揮します。

マクロ機能

マクロ機能は、設定した条件下で家電を自動で動作させるというものです。温度・湿度センサーなどが搭載されている場合は、一定の湿度や温度を下回ったり上回ったりした場合にエアコンや加湿器を起動できます。

また、スマホのGPSを活用できるタイプのものであれば、最寄駅あたりに着いたときにエアコンや照明を起動しておくといった使い方もできます。

IFTTT

IFTTT(イフト)は「if this, then that」の略で、一定の条件下で複数のサービスを自動で動作させるというものです。これによってスマートスピーカーで音声入力するといった外部機器との連携を可能にします。

また映画を見るときだけ、ホームシアターと各種スピーカーを同時に起動させるといったカスタマイズも可能です。このような設定は他のユーザーでも使えるよう、Web上で公開されていることもあります。

音声認識機能

マイクと音声認識機能を搭載したスマートリモコンもあります。スマホでの操作が不要であるため、料理中など手が離せないときでも、テレビのチャンネルを変えたりエアコンを切ったりできます。

なお、今回紹介した機種はいずれも本体自体に音声認識機能はありませんが、スマートスピーカーと連携させられるタイプは同じような使い方ができます。

設定のしやすさやで選ぶ

既存のリモコンをスマートリモコンに向けて操作することで登録するタイプと、スマートリモコンにプリセットされているリモコン情報から選択するタイプがあります。

既存のリモコンを活用するタイプの場合、全てのリモコン操作を既存のリモコンで試さなくてはならない場合があるため、製品情報をよく確認しましょう。

一方のプリセットタイプは機種を選ぶことで各操作を網羅するのが一般的です。ただし、一部操作情報だけ登録されていない場合があります。

便利なのは両者兼用のタイプです。スマートリモコンに向けて既存のリモコンの電源を入れるだけで機種を認識してプリセットを当てはめてくれます。

使用範囲で選ぶ

使用範囲については、赤外線が届く範囲と操作する際の距離の両方を考慮しましょう。

赤外線の届く範囲

機種によって赤外線が届く範囲が10mであったり25mであったりと差があります。高い位置にあるエアコンやスマートリモコンと対角に位置する家電にも十分に赤外線が届く距離のものを選びましょう。

また、多くの機種は赤外線放射角度が360度ありますが、そうでないものは設置する場所に注意が必要です。

外出先からも操作できるか

WiFiに接続することで遠隔操作に対応できるスマートリモコンは便利です。予定よりも遅く帰るときにエアコンのタイマーを切っておいたり、旅行中に留守番しているペットのために照明をON/OFFできたりします。

なおWiFi対応機種が必ず遠隔操作に対応しているというわけではありません。商品の公式サイトまたはApp Store・Google playでスマホアプリの仕様をよく確認しましょう。

アフターサービスの内容で選ぶ

メーカー保証がついていることはもちろん、そのほかのアフターサービスの内容もポイントです。

また、メーカーによっては電話による設定のガイドや、スタッフが訪問して各種設定をおこなうサービスを実施していることもあります。

設定する家電が多い人やIFTTTなどを活用した複雑な設定を求める人には役立つでしょう。訪問の場合は別途費用がかかるケースが一般的です。

サイズ感やデザイン性も注目

まずは想定している置き場所におさまるサイズかどうか、インテリアとマッチするデザインかどうかも重要なポイントです。

充電式または電池式であればどこでも置きやすいことが特徴です。ただし、コンセントから常に給電する必要がある機種の場合はコンセント位置も確認しましょう。

スマートリモコンの使い方

ここからは、スマートリモコンの使い方について、具体的に見ていきましょう。

アプリをダウンロードする

スマートリモコンを使用するためには、まず使いたいスマートリモコンの専用アプリをダウンロードする必要があります。

多くの場合、iPhone用であればApp store、Androidスマホ用であれば、Google Playからダウンロードできます。

アプリのダウンロード完了後、画面上の指示に従って、メールアドレスや認証コードを入力していきます。そのまま指示通りに最後まで進んで、初期設定を完了させましょう。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

使いたいリモコンを登録する

メールアドレスの登録や認証コードの入力などの初期設定が完了したら、そのままアプリの説明に従いながら、使いたい家電のリモコン信号を登録していきましょう。

テレビやエアコンのリモコンは赤外線信号で家電を操作できるようになっていますが、スマートリモコンの専用アプリは、この赤外線信号を学習する機能を持っています。

スマートリモコンに向かって、家電のリモコンの赤外線信号を何回か送ることによって、アプリ経由でスマートリモコンにその家電のリモコンの赤外線信号を記憶させることができるようになっています。

ここで、スマートリモコンで操作したい家電のリモコンの赤外線信号を、1つ1つ記憶させていきましょう。

リモコンを使用する時の注意点

使用の際は、ここで紹介する注意点をしっかり確認しておきましょう。

ハッキングのリスクを理解しておく

スマートリモコンを使用する上で、ハッキングのリスクは理解しておく必要があります。

ここで言う「ハッキング」とは、悪意を持った第三者が不正にネットワークに侵入して勝手に操作をしたり、情報を抜き取ったりすることです。

例えば、玄関の鍵を開けることができるスマートリモコンがハッキングされた場合、第三者が勝手にあなたの自宅の鍵を開けることができるようになってしまいます。

そのため、玄関の鍵はスマートリモコンに繋げないようにするのが安全です。

コンロなどの火の周りの家電も同様に、音声で操作できるようにするのはリスクが高いため、止めておいた方が良いでしょう。

このように、スマートリモコンで操作できる家電は、万が一ハッキングされても多大な被害が出ないものだけにしておいた方が安全です。

電波干渉に気をつける

スマートリモコンは、WiFi環境がないと使えません。

WiFiは電波を飛ばして無線接続する仕組みのため、電波を出す製品が近くにあると、その製品の電波干渉でWiFiの通信速度が下がったり、繋がりにくくなったりすることがあります。

家電製品のなかには、電波を出している製品が数多く存在します。代表的なのが電子レンジで、動作中は強い電波が発生します。

しかも電子レンジが発する電波はWiFiと同じくらいの周波数帯のため、WiFiの電波と干渉しやすいという特徴があります。

そのため、電子レンジはできる限りWiFi機器から離れた位置に置きたいところです。

電子レンジ以外にも、家電製品の電波による干渉で通信速度が低下しないように、設置場所は考慮する必要があります。

スマートリモコンを使用するにはネット環境が重要

WiFiでスマホに接続するタイプのスマートリモコンなら、ネット環境の整備も大切です。とくにスマートスピーカーとの連携やGPS・遠隔操作の機能を利用したい人は重視しましょう。

自宅にWiFiがない場合、WiFiを自宅に設置する手順を解説した記事もありますので、ぜひご覧ください。

工事不要でネット環境整えるなら「カシモWiMAX」がおすすめ

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXなら回線工事不要で、すぐにインターネット通信を利用できます。業界最安級の価格でサービスを提供しており、申し込みから最短当日でルーターを発送します。

このルーターはWiMAXによるインターネット通信のほか、WiFi機能も標準装備しているため別途ルーターを用意する必要がありません。ホームルータータイプとモバイルルータータイプを選べるのも特徴です。

また契約者特典としてU-NEXTの動画見放題プランが初月無料になるサービスも展開しているので、スマートリモコンを活用してホームシアターを楽しみたい人にもおすすめです。

カシモWiMAX ギガ放題プラス
WiMAX +5G
5Gプラン
初月(申込月) 1,408円(税込)
1ヶ月目〜 4,455円(税込)
2ヶ月目〜 同上
3年間合計 157,333円(税込)
年間平均 52,444円(税込)
平均月額 4,252円(税込)

※初期費用などを除く月額料金の合計。(端末無料

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

スマートリモコンで生活を便利に変えよう

スマートリモコンは、WiFiさえ使える環境があれば、外出先からも自宅の家電を操作できる大変便利な機器です。

多くの機能をもっているため、使い方やアイディア次第で、あなたの生活をかなり便利に変えることも可能です。

室内にWEBカメラを設置すれば、いつでも外出先から自宅の様子を確認できるため、子供やペットがいる人にもおすすめです。

このように無線で様々な家電を操作できて大変便利なスマートリモコンですが、ハッキングにはくれぐれも注意しましょう。

まだ、スマートリモコンを使っていないようであれば、ぜひこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

スマートリモコンを上手に活用して、あなたの生活をもっと便利に変えましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年02月20日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード