WiFiルーターと一緒に使う無線LAN子機の選び方を解説

【公式】カシモWiMAX WiFiルーターと一緒に使う無線LAN子機の選び方を解説

無線LANを活用している方は多く、会社でも自宅でも通信環境が整った時代になりました。

無線LANを活用することで、決められた範囲内であればケーブルをつながなくても通信可能になります。

そのため、範囲内の中を移動しながら通信ができるため、便利に活用できるます。

絶対に必要なのかといえば、必要ないという方もいるかもしれませんが、多くの方が必要だと感じているものです。

しかし、無線LANには種類があります。環境や条件によっては合わないタイプになる場合もあるので、自分の環境に合ったものを選ぶことが大切です。

ここでは、無線LAN子機をつなげるメリットや種類について掘り下げていきます。適切に選べるようになるためにも、チェックしていきましょう。

無線LAN子機を設置するメリットとは?

子機を設置するメリットを理解することで、通信環境をさらに改善できます。

通信環境がよくない方にもおすすめできるので、これから購入を検討している方も確認してみましょう。

古いパソコンもWiFiにつなげるようになる

古いパソコンには無線LANの子機が内蔵されていないため、外付けすることによりWiFiで通信することが可能になります。

そのため、古いパソコンでも眠らせたままにさせることなく、無駄なく活用できるようになるわけです。

最近のパソコンは、無線LAN接続に対応しているタイプなので問題ありませんが、古いパソコンも活用したいとなれば、無線LANを設置することで使用可能になるのです。

パソコンでもタブレットでも、通信さえできれば使用可能になるので長く活用できます。

パソコンを新しく買い替えたとしても、以前のパソコンを家族で共有することも可能になります。無線LANを活用することで、1つだけではなく複数の通信を1度にできるようになるのです。

通信速度がアップする

無線LAN子機内蔵型のパソコンであっても、外付けの無線LAN子機に切り替えた方が最新の規格を利用することができるため、通信速度を今までよりも早くすることができます。

無線LAN子機を設置することで、通信可能範囲が広がります。

自宅だと壁があり、WiFiルーターだけだと通信速度が遅いという場合でも、無線LANを設置することでサクサクと通信できるようになるメリットもあります。

つながりにくいと感じている方も、無線LANの設置はおすすめできます。

無線LANは、設置するだけで通信を強化することができ、通信が不安定な場所に使用すると、安定した通信へと導いてくれます。

家中の通信環境や速度をスムーズにさせたい場合にも利用が向いています。

無線LANの子機を選ぶ時のポイント

無線LANであれば何でもよいわけではありません。

設置してから対応していないタイプというケースや、範囲が狭いという失敗ケースもあります。失敗しないためにも、選ぶときのポイントを押さえましょう。

最新のセキュリティ規格であるか

無線LANで利用されているセキュリティ規格で最も安全と言われているのはWPA2-PSK(AES)のため、最新のセキュリティ規格が搭載されているものを選ぶと安心です。

無線ルーターのセキュリティ規格が古い場合、買い替えることも検討してみましょう。

そうすることで、セキュリティー面も通信速度も改善されるため、現在のルーターが古い場合などは買い替えることで対策や通信環境がよくなります。

セキュリティー対策が甘いと、ウイルスに感染してしまい使用できなくなる場合があります。安全面でも充実しているタイプを選ぶと、長く愛用できます。

使用環境に合った通信規格であるか

5Ghz帯は安定した通信速度を維持できるのが魅力ですが、障害物に弱いのがネックです。2.4Ghz帯は障害物に強いけれども、電波の干渉に弱いという特徴があります。

そのため、利用する場所に合わせて通信規格を選ぶのがポイントになります。

選び方が分からないという方は、5Ghz帯と2.4Ghz帯のどちらにも対応している無線LANを選ぶと安心です。

店頭で購入する場合は、店員の方に聞いてみるという方法もよいでしょう。自分で判断が難しい場合は、このような選び方があります。

パソコンのOSに対応しているか

パソコンにインストールされているOSに無線LANが対応していないと使えないため、無線LANを使いたいパソコンのOSに対応している製品を選ぶようにすることが大切です。

最近のパソコンには無線LANが内臓されているため、劇的に価格が安いものでなければ大丈夫でしょう。購入前には、必ず無線LAN対応しているかを確認しましょう。

古いパソコンでも、無線LANが対応していないタイプであれば、せっかく購入しても使用できない場合があります。

このような事態を防ぐためにも、必ずパソコンのOSに対応しているかを確認しましょう。

使いやすい接続インターフェースか

USBがついているパソコンならUSB接続で使用する無線LAN子機を選び、ついていない場合はカードスロットに接続できるモデルを探しましょう。

USB子機は、差し込むだけで簡単に設置できるため選ぶ方が多いです。

最近のパソコンには、有線LANポートが付いていないタイプが増えています。

高速モデルを使用する場合、USB3.0のポートが必要になるため、通信環境をさらによくしたい場合はインターフェースも考慮して選ぶことが大切です。

スペックの高いおすすめ無線LAN子機

ハイスピードな通信速度を搭載している無線LAN子機を紹介します。

通信速度をスムーズにさせたい方や、これから新しいものに買い替えたいという方はチェックしてみましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

TP-Link 無線LAN子機 ArcherT4UH

AC1200規格の無線スピード、理想的な2帯域で使用できる無線LANです。

選び方が分からない方でも、2帯域で使用できるため安心して購入できる製品です。ハイスピードの通信速度なため、通信もサクサクできストレスなく使用できます。

超高速USB3.0規格のため、USB2.0の通信速度の10倍以上の速度になり、大容量のダウンロードもスムーズに対応できます。

HDビデオストリーミングやオンラインゲームも快適に利用できるので、仕事だけではなくプライベートの時間も充実させられます。

buffalo 無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C

電波干渉に強い、強力な暗号方式に対応、挿しこむだけで設置が簡単という人気の無線LANです。

USB端子の向きに合わせ、角度を調節できるため、多少の衝撃での破損を回避できます。

電波干渉が起きると、通信速度が遅くスムーズな通信ができにくくなりますが、電波を使い分けてしっかり対応してくれる特徴があります。

対応機種が豊富であるため、仕事場でも家中でも快適な通信環境を維持できる製品です。

また、映像も滑らかに再生できる11n/a対応なので、コマ落ちしないとい強みがあります。

エレコム WDC-867DU3S

高速無線通信が可能、旧機種より89%サイズダウンした小型モデルで、無線LANという存在をあたえずコンパクトに使用できる製品です。

パソコンに装着しても、出ている部分は22㎜と小さいですが、通信は小さいのにも関わらず快適通信を維持してくれます。

セキュリティ機能も高く、環境に合わせてインストール方法を選べます。

高速な無線通信に対応しており、さらにコンパクトに使用したいという方におすすめできるタイプです。

NEC AtermWL900U USB子機 PA-WL900U

11ac対応で超高速通信を実現し、2帯域に対応している製品です。

高速でも安定した電波を維持でき、大容量データの転送もスムーズに対応できます。らくらく無線スタートで簡単に接続でき、SSIDや暗号キーを自動で設定できます。

機器が苦手な方でも安心してスタートできる内容なので、出だしから躓くことなく快適なネット環境生活を開始できます。

角度や傾きを自由に調節できるタイプなので、受信感度のよい位置で通信ができることも魅力です。

また、USBポートの間隔が狭いときにも便利に対応できることも製品の魅力です。

1度に複数のUSBを使用する際もでも、不便さを感じることなく使用できます。

IODATA WN-AC867U

Wアンテナ内臓、11ac対応の高速通信モデルです。内部に2本のアンテナが内蔵されており、従来の2倍の通信速度にあたる867Mbpsの通信が可能になりました。

11acだけではなく全てのWiFi規格3.0に対応しており、環境を移動しても柔軟に対応できるモバイルパソコンにも活用できます。

映像や音楽の再生も途切れずストレスなく利用でき、稼働アンテナを調節して電波のよい位置を感知できるため、快適な通信状態を維持しながら利用できます。

土日もサポートしているため、困ったときはいつでも問い合わせることができます。

無線LAN子機を選ぶ時の注意点

無線LAN子機の選び方の注意点を守ることで、失敗なく選ぶことができ、快適な通信環境を実現できます。

購入を検討されている方は注意ポイントを意識することで、失敗なく購入できることにつながります。

親機と子機はメーカーを合わせる

何かトラブルがあった場合、親機と子機でメーカーが別になっていると問い合わせも大変になるため、同じメーカーのものを購入するか、最初から親機と子機が一緒になっているものを購入するようにします。

また、長く使用するためにも、なるべくメーカーは統一した方がよいとされています。

別なメーカーになると受信できないというわけではありませんが、メーカーを統一することで本来の性能を発揮できると思ってよいでしょう。

親機は貰い物という場合、親機のメーカーに合わせて子機も選ぶようにしましょう。

親機と同じ通信速度のものを選ぶ

子機だけ高速通信に対応していても、親機が対応していない場合は速度が速くならないため、親機が古い場合は高速通信に対応したモデルへの買い替えを検討しましょう。

子機の通信速度を上げても、通信速度を改善することはできません。

通信環境の改善を考えている方は、親機も子機も買い替える、または通信速度が同じタイプを選んで設置することが大切です。

「買い替えたのに速度が上がらない」とイライラする方も多いのですが、実は通信速度が異なっているケースがあるので、このようなポイントも押さえて選びましょう。

無線LAN子機を繋いでネット環境を快適に

無線LAN子機をつなぐことで、通信が快適になり、ストレスなく利用できるようになります。

自宅のネット環境を改善させることで、自宅でのネットを使った仕事やプライベートの時間、家族との時間も楽しく過ごせます。

この快適なネット環境を手に入れるためには、正しく無線LANを設置することが大切です。選び方や注意点を再度確認し、ストレスのない通信を楽しみましょう。

自分が求める通信環境や、現在使用しているパソコンなども確認し、購入に必要な情報を整理しましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2018年12月10日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード