スマホでのWiFi自動接続について|おすすめアプリも紹介

スマホのWiFi自動接続は大変便利な機能ですが、セキュリティ面でリスクがあるのをご存知でしょうか。ここでは安全なWiFi自動接続の方法や、おすすめのWiFi自動接続アプリを紹介します。快適かつ安全にWiFi自動接続を活用しましょう。
【公式】カシモWiMAX スマホでのWiFi自動接続について|おすすめアプリも紹介

最近はフリーWiFiスポットが多くの場所に設置されていて使用する機会も増えているため、スマホでWiFiを自動接続できるようにしている人も多いのではないでしょうか。

自動で接続できるのは大変便利なのですが、セキュリティのことを考慮しないと、悪意のある不正アクセスを受けて個人情報やクレジットカード情報などを盗まれる危険性があります。

WiFiに自動接続できる機能を利用するのであれば、リスクも理解した上で、セキュリティにも配慮して使用することが大切です。

本記事では、WiFi自動接続の管理方法や、フリーWiFiスポットに簡単に接続できるおすすめのアプリをご紹介します。

ぜひこの機会に、WiFi自動接続に対する理解を深めて、より安全にWiFiを使用できるようにしましょう。

WiFiを自動接続する方法

WiFiを自動接続する方法について、見ていきましょう。

まず、スマホのWiFi設定をしたうえで、WiFi自動接続アプリを導入するという流れとなります。

スマホの設定画面から手動で切り替える

まず、スマホの設定画面から手動で切り替える方法を見ていきます。

iPhoneとAndroidで操作方法が異なるため、それぞれの操作方法を確認します。

iPhoneの場合

iPhoneの場合、WiFiの設定画面を開いてネットワークの設定を削除することによって、そのiPhoneが過去に接続したことのあるWiFiアクセスポイントの情報をすべて削除することができます。

なお、ネットワークの設定を削除すると、WiFiアクセスポイントの情報だけではなく、Bluetoothの設定や、VPN/APNの設定も削除されるため、それらの情報がiPhoneに保存されている場合には注意しましょう。

Androidの場合

Androidの場合は、設定画面から「ネットワークとインターネット」をタップして、「WiFi、モバイル、Bluetoothをリセット」を選択します。

もしくは、設定画面から「システム」をタップして、「リセットオプション」を選んで、「WiFi、モバイル、Bluetoothをリセット」を選択する方法でも大丈夫です。

ここで紹介した「WiFi、モバイル、Bluetoothをリセット」は、Android6.0以降の場合に表示される項目です。Android5.0以前では、この項目はありません。

アプリを導入する

街中の公共施設やコンビニ、レストランなどに設置されていて無料で利用できるフリーWiFiスポットは、日本各地に設置されています。

旅行先でも無料でWiFiが利用できて大変ありがたいのですが、接続する際にはそれぞれ会員登録やパスワードの入力という手間がかかるという欠点があります。

そのため、便利なはずのフリーWiFiスポットが、逆にストレスになってしまうということもあります。

そのような面倒を感じている人におすすめしたいのが、手間を省いて自動でWiFi接続をしてくれるアプリの使用です。

いちいち会員登録の手続きやパスワードを入力する必要が無く、自動でフリーWiFiスポットに接続をしてくれるため、大変便利です。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

WiFi自動接続の便利さが招く落とし穴

WiFiが自動接続できる便利さが招く落とし穴について解説します。

便利さだけに目を向けるのではなく、リスクがあることもしっかり理解しておきましょう。

一度接続したことのあるWiFiが安全とは限らない

一度使用したことのあるWiFiスポットだからといって、決して安全とは限りません。

フリーWiFiスポットは無料で使用できるため大変便利ですが、実は同じSSIDとパスワードで、偽のWiFiスポットを造り出すことができてしまいます。

以前WiFi接続したことのある偽のSSIDとパスワードがあった場合、スマホは以前接続したアクセスポイントと認識して、偽のアクセスポイントと自動的にWiFi接続を確立してしまいます。

悪意のある第三者は偽のアクセスポイントを利用することによって、そのスポットに接続した端末に対して悪意のあるプログラムを送ったり、データ通信の内容を盗み見したり、データを盗んだりすることができてしまいます。

わざわざ偽のアクセスポイントを作るくらいであれば、何かしらの目的があって作っていると考えるのが妥当でしょう。そのため、偽のアクセスポイントには絶対に接続してはいけません。

しかし、SSIDとパスワードが同じであるため、この偽アクセスポイントを偽物と見抜くのは至難の業です。

それだけに引っかかる可能性も高く、スマホをWiFiに自動接続できるようにしてある場合には注意が必要です。

フリーのWiFiは危険だらけ

フリーWiFiスポットは便利な反面、不特定多数が接続するため、悪意を持ったユーザーに個人情報を盗まれるなどの危険性はあります。

フリーWiFiスポットの中には、マーケティングの参考資料とするために、そのフリーWiFiスポットに接続した人のネット参照履歴ログを取っている場合もあります。

また、万が一悪用された場合に調査できるように、利用者の履歴を取得している場合もあります。

何れにせよ、フリーWiFiスポットは、何かしらの理由でネットの閲覧履歴などを記録されている可能性はあります。

また、フリーWiFiスポットは、セキュリティ面でも不安があります。しっかりとしたセキュリティ対策を施しているフリーWiFiスポットもありますが、対策をしていないフリーWiFiスポットも存在します。

そのような場合は、不正アクセス等のリスクが高く、安心して利用することはできません。

そのフリーWiFiスポットのセキュリティを判断する方法として、WiFi設定画面に表示されるSSIDに鍵マークが付いているかいないかを見るという方法があります。

鍵マークが付いていれば、そのSSIDのアクセスポイントは、セキュリティ面での設定がなされていると判断できます。

通信速度が遅いフリーWiFiは却ってストレスにもなる

自分のキャリア回線を使わずに節約できたり、月の容量を越えてしまい制限がかかっていたりする人にとって、フリーWiFiスポットははありがたい存在です。

しかし、誰でも使える分回線を圧迫して通信速度が遅くなって、便利で快適になるどころか余計にストレスを感じる人も少なくないようです。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

WiFi自動接続をOFFにするべき場面

ここからは、WiFiの自動接続をOFFにするべき場面について、見ていきましょう。

一度接続したことのある場所のフリーWiFi

前述の通り、フリーWiFiスポットは、便利ですが危険度が高いものです。

同じSSIDとパスワードの偽アクセスポイントを作り出すことも可能で、スマホが知らず知らずのうちににその偽アクセスポイントに接続してしまい、情報が盗み出されることもあります。

セキュリティ面のことを考慮すると、フリーWiFiスポットは日常的に接続するのではなく、必要最低限の利用に留めるのが望ましいです。

暗号化されていないフリーWiFiの場所

セキュリティのことを考えると、通信が暗号化されていないフリーWiFiスポットは利用しない方が良いです。

また、通信が暗号化されていても暗号化方式が「WEP」の場合、セキュリティ的に高いとは言えないため、使用は避けた方が安全です。

暗号化レベルが低いWiFiは、悪意のあるハッカーなどから狙われやすいため、非常に危険でリスクも高いです。

WiFi通信の暗号化方式は、「WPA」もしくは「WPA2」が主流になっていて、セキュリティ面でも高いと言えます。

フリーWiFiスポットを使用する場合は、WPAかWPA2で通信が暗号化されているところを使用するようにしましょう。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

WiFi自動接続切り替えのアプリ紹介

ここからは、Wi-F自動接続切り替えのアプリのなかから、有名で評価が高いものを紹介します。

みんな使ってるWiFi自動接続アプリ

まず、多くの人が使っているWiFi自動接続切り替えアプリを紹介します。いずれもWiFi自動接続切り替えアプリとして有名なものばかりです。

タウンWiFi

タウンWiFiは、400万以上ダウンロードされていることからもわかるように、多くの人に利用されていて、メジャーかつ信頼性も高いアプリです。

コンビニやカフェなどのフリーWiFiスポットに自動接続してくれます。

現在地を元にして近くの使えるWiFiスポットを表示するマップ機能や、今月どれだけWiFiデータ通信量を節約できたかを表示する診断機能など、様々な機能を搭載しています。

WiFiプロテクト
無料
(2018.12.12時点)
posted with ポチレバ

Datally: data saving app by Google

Googleから出されているWiFi自動接続切り替えアプリです。なんと1千万ダウンロードを突破している人気アプリでもあります。

このアプリを使用することによって、平均して21%のモバイル通信データ量を節約できるという統計結果も出ているようです。

WiFiの使用容量を見ることができるうえ、近くの無料WiFiスポットを探すことができる機能も搭載しています。

Datally: data saving app by Googleをダウンロードする

自動接続も安心なセキュリティー対策アプリ

次に、自動接続でも安心なセキュリティー対策アプリを紹介します。

Avira Antivirus Security 2019

「Avira Antivirus Security 2019」は、無料でダウンロードできるアプリでありながら、動作が軽いAndroid用のWiFi自動接続切り替えアプリです。

コンピューターウイルスやマルウェアをブロックする機能や、盗難されたデータを保護する機能など、セキュリティ面の機能も充実しているのが特徴です。

さらに、バッテリーを節約する機能も搭載されています。

Avira Antivirus Security 2019をダウンロードする

Lookout: モバイルセキュリティ

「Lookout: モバイルセキュリティ」は、個人情報を保護する機能なども充実しているiPhone用のWiFi自動接続切り替えアプリです。

フィッシング詐欺の疑いがある危険なサイトへのアクセスを抑制するセーフブラウジング機能を搭載しているため、安全にWEBの閲覧をすることができます。

また、ソフトウェアのバージョンが古くなった場合に警告する機能や、端末の盗難と思われる操作がなされた場合には、その端末の位置情報をメールでお知らせする機能なども搭載されています。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

自動接続はセキュリティも含めアプリで管理しよう

WiFiの自動接続機能は便利ですが、フリーWiFiスポットに自動接続された際には、会員登録を求める画面が開いたり、パスワードを入力する必要があったりして、面倒くさい一面もあります。

このような事態を回避するためには、WiFi自動接続アプリを使用するのがおすすめです。

WiFi自動切り替えアプリを使用すると、会員登録作業やパスワードを入力する必要なく、フリーWiFiスポットに自動的に接続してくれます。

WiFiの自動接続切り替えアプリを使用する際には、便利さだけを追求するのではなく、セキュリティ面も一緒にアプリで管理するようにしましょう。

現在様々なWiFi自動接続アプリがありますが、使用しているスマホの機種や自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

公開日時 : 2018年12月13日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード