iPhoneのWiFiパスワード確認とテザリングについて

iPhoneを便利に使うには、WiFiへの接続がおすすめです。接続するにはパスワードが必要であり、すぐに入力できるよう確認が必要です。また、テザリング機能も便利なため、これらを使いこなし、iPhoneをより便利に使いましょう。
新型ihone12噂 iPhoneのWiFiパスワード確認とテザリングについて

iPhoneをより便利に使用するなら、WiFiへの接続は必須です。

WiFiに接続するには、接続先を選択し、パスワードを入力しなければなりませんが、どれが正しいパスワードなのかわからず、困っている人は多いでしょう。

WiFiに接続することでiPhoneの使い道は広がり、より便利に使用できます。

WiFiを利用したテザリングという機能もあるため、接続方法をマスターし、iPhoneを上手に使いこなしましょう。

iPhoneをWiFiに接続する方法

iPhoneを便利に使うなら、WiFiへの接続は必須です。WiFiに接続することで、データ通信量を気にすることなく使用でき、かつ高速でのネット通信も可能です。

WiFiを利用するには、まずはiPhoneでWiFiに接続しなければなりません。設定の時点でやり方がわからず困っている人は多いため、基本的な接続方法を知り、スムーズにWiFiを使いましょう。

接続したいネットワーク機器の名前を選択

iPhoneをWiFiに接続させるには、まずは接続したいネットワーク機器の名前を選択します。

設定アプリからWiFiに進むと接続可能なネットワーク名が表示されています。これはSSIDと呼ばれ、ルーター機器にも同じIDが書かれているため、それを確認して接続先を決めましょう。

WiFiは電波が飛んでおり、ルーターによっては広範囲まで電波が届くこともあります。<そのため、自宅で接続先を確認した場合でも、複数のSSIDが表示されることも少なくありません。

自身が所有するルーターではないSSIDを選択しても、接続はできないため、間違えないよう注意しましょう。マンションやアパートなど、集合住宅でWiFiが利用できる場合は、部屋ごとにSSIDが異なることが多いです。

SSIDの前半部分が同じで末尾だけ違うということもあるため、ルーター機器を見ながら確認した方が良いでしょう。また、既にパソコンに接続して使用しているなら、その接続先から利用できるSSIDを確認することも可能です。

パスワードの確認と入力

SSIDをタップすると、パスワードの入力画面に移ります。

パスワードもルーター機器に記載されていますが、機種によって表記が異なるため、注意しなければなりません。

パスワードと書かれている場合だけではなく、「PASS」「ネットワークキー」「KEY」などと書かれていることもあります。SSIDに対応するパスワードを入力すると、WiFiへの接続は完了です。

iPhoneの画面左上の電波状況を表す部分が3Gや4G、LTEではなく、WiFiのマークになっていることを確認しましょう。

パスワードは機種ごとに違いますが、英語の大文字小文字と数字がランダムになっていることが多く、間違えやすいため注意しなければなりません。

「O」と「0」や「l」と「I」など、表記が似ている文字は特に注意し、大文字小文字の違いも間違えないようにしましょう。

WiFiでテザリングをしてみよう

WiFiを使ってより便利にiPhoneを活用するなら、テザリング機能の使用がおすすめです。

テザリングを使うことで、iPhoneだけではなく、その他の機器も便利に使えるようになるため、接続方法を把握しておきましょう。

テザリングとはどういうものなのか

そもそもテザリングとはどのような機能なのか、理解できていない人も多いでしょう。

テザリングとは、簡単に言えばiPhoneからWiFiの電波を発信して、他のスマホやタブレット、パソコンなどをWiFiに接続させる機能です。

通常WiFiに接続するには、ルーターやポケットWiFiなどが必要ですが、テザリング機能を使うと、iPhone自体をルーターにして使用できます。

最近ではフリーWiFiを提供する施設やお店も増えていますが、それでもWiFiが導入されていない場所も多いです。

また、フリーWiFiとは銘打ってあるものの、使用に条件や制限があったり、通信速度が遅かったりと使い勝手が悪いこともあるでしょう。

テザリング機能ならバッテリーが持つ限り使用でき、かつ場所を選ばないため、出先で複数のiPhone以外の機器を頻繁に使用する人には、おすすめの機能です。

テザリングの種類は3つ

iPhoneを媒介にしてWiFiに接続するテザリングは、3つの種類に分けられます。

どの方法でもWiFiに接続できる点は共通していますが、接続の方法や特徴が異なります。それぞれの違いを知り、どれが最も自分に合っているかチェックしましょう。

WiFiでつなぐ

接続先の機器がWiFiに対応しているなら、WiFiの電波を使った無線接続がおすすめです。

基本的にはスマホ、タブレット、パソコンならWiFiには対応しているため、使い勝手が良く、幅広い機種で簡単に接続できるのが魅力です。

無線接続のため、接続の際に機器同士が邪魔になることもなく、それぞれを少し離して利用することもできます。

一部のゲーム機や特殊な機器だとWiFiに対応していないこともありますが、現在ではほとんどの機器がWiFi接続可能です。WiFi接続は対応機種も多く便利な反面、iPhoneのバッテリーを消費しやすいのがデメリットです。

バッテリーを一気に消耗してしまうため、外出先で長時間使うには不向きな方法と言えます。長く使いたいなら、モバイルバッテリーを常備すると良いでしょう。

USBでつなぐ

USBポートのある機器なら、USBを使用した有線接続も可能です。一部スマホやゲーム機ではUSBに対応していない場合もありますが、パソコンなら大抵の場合で接続できるでしょう。

有線接続のため、iPhoneのバッテリー消費を抑えることができ、かつ通信環境も安定しているのが魅力です。

無線接続の場合、周辺環境によって通信速度や接続状態が左右されることもありますが、USB接続の場合はほとんど影響を受けずに使用できます。

ただし、有線のためコードが邪魔になることも多く、行動の範囲が制限されるのがデメリットです。コードの長さにもよりますが、iPhoneと接続する機器を離すことができず、使用時に場所を取りやすくもあります。

Bluetoothでつなぐ

無線での接続は、WiFiだけではなく、Bluetoothでつなぐ方法もあります。

接続先の機種がBluetoothに対応しているなら接続は可能であり、WiFiに比べるとバッテリー消費が少ない点がメリットです。

コードがないため接続時にも邪魔にならず、狭い場所や外出先でも素早く接続しやすいでしょう。

ただし、BluetoothはWiFiに比べると電波が弱いため、通信可能な距離が限られています。機器を離すと接続が途切れてしまうことも多いため、注意しなければなりません。

また、他の方法に比べると通信速度も遅く、全体的に安定性も低い点もデメリットと言えます。

テザリングの方法について

iPhoneのテザリング機能はすぐに使えるわけではなく、事前に設定をしなければなりません。

また、設定はiPhone側と接続する機器の両方で必要です。

親機として設定する方法

iPhoneをテザリングの親機、つまりWiFi電波の発信元に設定するには、設定アプリからモバイル通信を開きます。

さらにインターネット共有に進み、オンにすると設定方法が表示されるため、使用したい方法を選択しましょう。

設定はBluetoothか、WiFiとUSBのどちらかに分けられます。どの方法でも接続は可能なため、電波環境や接続する機器に合わせて選ぶことが大切です。

設定方法を選ぶと、WiFiのパスワードが表示され、これで親機の準備は完了です。

他のデバイスの接続方法

iPhone側でインターネット共有をオンにした後で、接続したい機器のWiFi設定を開きます。設定からSSIDを表示させ、iPhoneの名前が記されているものを選びましょう。

パスワードの入力画面では、iPhoneに表示されているパスワードを打ち込みます。打ち込みが完了すると接続は完了し、WiFiの電波が使用できます。

キャリアとの契約プランによる料金の違い

iPhoneは多くのキャリアから発売されており、大手3社のドコモ、au、ソフトバンクのそれぞれで契約が可能です。

同じiPhoneでもキャリアごとに用意されているプランは異なり、テザリングの使い勝手も少しずつ違います。

どのキャリアでもテザリング機能を使うことは可能ですが、料金が異なることも多いため、それぞれの違いを把握しておきましょう。

ドコモの場合

ドコモの場合、テザリング昨日を使用するには、SPモードへの加入が必須です。

SPモードの加入だけでテザリングは使用できますが、より便利に使用するにはデータ容量のプランも見直さなければなりません。

テザリングではiPhoneのデータ通信量を使用するため、多用するなら大容量プランに加入した方が良いでしょう。大容量通信を行い、かつ料金を抑えたいなら、パケット定額プランへの加入がおすすめです。

auの場合

auもドコモと同じく別途テザリングオプションをつけないと、使用できません。

テザリングオプションは月額500円が基本ですが、プランの組み方によっては無料で利用できることもあります。

プランの詳細は時期によって異なることも多いため、契約時にテザリングオプションの加入の有無と料金を確認しておきましょう。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合も、基本はauと同じでテザリングオプションへの加入が必要です。料金は月額500円ですが、プランによっては無料で加入できることもあります。

データ通信量の上限が多いプランだと、加入には500円かかりますが、少ないプランなら無料で利用できます。

しかし、テザリングはかなり容量を使ってしまうため、快適に使いたいなら、上限を上げて、別途オプションで加入したほうが良いでしょう。

WiFiパスワード共有機能も活用してみよう

WiFiへの接続は、設定からSSIDを選び、パスワードの入力で完了します。

手順だけ見ると簡単ですが、ルーターのSSIDを調べたり、英単語と数字がランダムに表記されたパスワードを打ち込んだりと、接続を面倒に感じる人は多いでしょう。

接続の手間を省きたいなら、WiFiのパスワード共有機能がおすすめです。パスワード共有機能を使うことで、より簡単に複数の機器でWiFiに接続できます。

特定条件を満たせば近づけるだけで別のiPhoneとWiFi共有可能

WiFiのパスワード共有機能は、iOS11以降のiPhone、iPad、iPod touchなら利用できます。

条件を満たした機器を近づけることで、WiFiへの接続が可能であり、パスワードの入力も省略できます。最初の一台は自身で接続設定をしなければなりませんが、それ以降は近づけるだけで済むため、非常に便利でしょう。

パスワードの共有は誰でも自動で追加されるわけではなく、連絡先に共有先の相手の情報が登録されていることも条件です。

そのため、近くに知らない人がいた場合でも、勝手にパスワードを共有してしまう心配がなく、セキュリティ面の不安もありません。

共有の操作手順

WiFiのパスワードを共有するには、WiFiに接続したい機器の設定を開き、SSIDを選択し、パスワード入力画面まで進みます。

その状態で、既にWiFiに接続したiPhoneを近づけると共有の可否の画面に進むため、共有を選択しましょう。

共有へと進むことで、自動的にパスワードが入力され、WiFiへの接続が完了します。共有の可否は自身で決められるため、万が一知らない人に接続されても拒否することが可能です。

iPhoneをテザリングしてどこでもネット接続を楽しもう

iPhoneをより便利に使うには、WiFiへの接続は必須であり、テザリングも駆使することで、さらに自由度は上がるでしょう。

WiFiの接続にはSSIDとパスワードが必要なため、これらはすぐに確認できるようにしておくのがおすすめです。

WiFiを便利に活用して、iPhoneを上手に使いこなしましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2018年12月26日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード