ワイモバイル

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える手順!乗り換え時の注意点やメリット・デメリットをご紹介

この記事では、楽天モバイルからワイモバイルにMNP乗り換えする手順をわかりやすく解説しています。乗り換えで利用できるキャンペーンも併せて紹介しているので、楽天モバイルからワイモバイルへの乗り換えを検討している方は必見です。
ワイモバイル 楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える手順!乗り換え時の注意点やメリット・デメリットをご紹介

本記事では、楽天モバイルからワイモバイルに乗り換えする手順をわかりやすく解説していきます。

また、乗り換えで利用できるキャンペーンもあわせて紹介しているので、楽天モバイルからワイモバイルへの乗り換えを検討している方は必見です。

目次

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える手順

楽天モバイルから、ワイモバイルへ乗り換える方法を6つの手順に分けて詳しく解説していきます。

こちらがその手順の流れです。

乗り換え手順

  1. 楽天モバイルでMNP予約番号を取得する
  2. ワイモバイルを申し込む
  3. 荷物が到着したら回線切替をする
  4. 【SIMのみの場合】APN設定を行う
  5. 【端末セットの場合】回線切替を行う
  6. My Y!mobileの初期設定をする

ちなみに、楽天モバイルで使用していたお手持ちのスマホをそのままワイモバイルでも使用したい場合は、機種がそのまま使用できるかワイモバイル公式の対応端末確認のページで確認しておきましょう。

手順1:楽天モバイルでMNP予約番号を取得する

これまで使用してきた携帯番号をそのまま使用したい場合は、楽天モバイルでMNP予約番号を取得する必要があります。

MNP予約番号は、my 楽天モバイルで取得ができます。オンライン上での手続きのみで店頭では発行できないため注意しましょう。

MNP予約番号取得の流れはこちらです。

MNP予約番号取得の流れ

  1. my 楽天モバイル」にログインする
  2. 画面右上の三本線で表示されたメニューを選択する
  3. メニュー内の[契約プラン]を選択する
  4. 各種手続きの「その他のお手続き」から[手続きへ進む]を選択する
  5. [他社へのお乗り換え(MNP)]を選択する
  6. 必要事項を入力し、[MNP予約番号を発行する]を選択する

MNP予約番号が取得できたら、楽天モバイル側で行う作業は完了です。

MNP予約番号の取得方法は、公式サイトでも紹介されています。

手順2:ワイモバイルを申し込む

MNP予約番号が取得できたら、続いてはワイモバイル側で申し込みをしましょう。

申込みは、ワイモバイルショップ(店頭)とワイモバイルオンラインストアのどちらからでも可能です。

待ち時間がなく、どこでもできるためオンラインでの手続きがおすすめです。

オンラインでの手続きの場合

オンライン手続きの流れはこちらです。

オンライン手続きの流れ

  1. ワイモバイルオンラインストアを開く
  2. SIMカードタイプor購入希望の端末を選ぶ
  3. Yahoo!JAPAN IDでログインする
  4. 契約方法を選択する
  5. 料金プラン(S/M/L)を選択する
  6. メールアドレス認証を行う
  7. MNP予約番号を入力する
  8. 個人情報・支払い情報を入力する
  9. 本人確認書類を提出する
  10. 重要説明事項に同意する

オンラインでの手続きで必要になるものはこちらです。

  • 本人確認書類(免許証やマイナンバーカードなど)
  • 支払いに使用するクレジットカード(または口座情報)
  • Yahoo!JAPAN ID

手続きやキャンペーンの申込でYahoo!JAPAN IDが必要になるため、持っていない方は事前に取得しておきましょう。

ご契約者とクレジットカード/銀行口座の名義(支払名義人)が異なる場合は、同意書と支払い名義人の本人確認書類が必要になります。

また、本人確認書類が、住民基本台帳カードや健康保険証のみの場合は補助書類が別途必要になるため注意しましょう。

店頭での手続きの場合

店頭での手続きの流れ

  1. ワイモバイルショップへ行く
  2. スタッフの方と申込み手続きを進める

自分一人でオンライン手続きをする自信がない方は、ショップでの手続きがおすすめです。

しかし、オンラインとは違い店頭では事務手数料として3,300円(税込)必要になるため注意しましょう。

店頭での手続きで必要になるものはこちらです。

  • 本人確認書類(免許証やマイナンバーカードなど)
  • 支払いに使用するクレジットカード(または口座情報)
  • 口座振替をする方のみ印鑑
  • 事務手数料3,300円(税込)

手順3:荷物が到着したら回線切替をする

申込みが完了し、審査が終わればスマホ・SIMカードが届きます。

荷物を確認したら、さっそくワイモバイルの海鮮へ切り替えをしていきましょう。切り替え方法は「Web」「電話」の2通りあります。

Webで切り替えの場合

まず、Web切り替えで必要になる事前情報はこちらです。

  • 携帯の電話番号
  • Web受注番号
  • 4ケタの暗証番号

そして、手続きの流れはこちらです。

Webでの手続きの流れ

  1. 回線切替のページを開く
  2. 画面の案内の指示に従って必要事項を入力する
  3. 「回線を切り替える」のボタンを押せば完了

電話で切り替えの場合

電話での切り替えで必要になる事前情報はこちらです。

  • 携帯の電話番号
  • 4ケタの暗証番号

そして、手続きの流れはこちらです。

電話での手続きの流れ

  1. 専用窓口(0800-100-1847)に電話をかける
  2. 音声ガイダンスに従って番号を入力する

電話での受付時間は、10:00~19:00です。

手順4:【SIMのみの場合】APN設定を行う

楽天モバイルで使用していた端末や、simフリー端末をワイモバイルで使用する場合は、APN設定が必要です。

APNとは、アクセスポイントネームの略で、APN設定はスマホに接続先を認識させるとても重要な設定です。

APN設定は、ワイモバイル公式で手順が紹介されているのでそちらをご覧ください。

手順5:【端末セットの場合】回線切替を行う

回線切り替えは、電話でもWebでも簡単に行えます。

まず、Webの場合は、オンライン回線切り替え受付ページで回線切り替えが可能です。

そして、電話での手続きの場合は、ワイモバイルカスタマーセンター切替え窓口(0800-919-9809)宛に電話をかけることで切り替えができます。

それぞれ受付時間が異なるため、注意しましょう。

受付時間

  • 電話:10:00~19:00
  • Web:9:00~20:30

手順6:My Y!mobileの初期設定をする

ここまで、すべての手続が完了したらMy Y!mobileの初期設定やY!mobileサービスの初期設定を行いましょう。

初期設定のやり方は端末ごとに、公式サイトにまとめられていますのでそちらをご覧ください。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えるメリット・デメリット

続いては、楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換えるメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。

メリットとデメリットはこちらです。

  • 【メリット】ソフトバンクの回線を使用できる
  • 【メリット】データのくりこしが可能
  • 【メリット】キャリアメールが使用できる
  • 【メリット】通話が無料になるオプションサービスがある
  • 【メリット】キャンペーンや割引がある
  • 【メリット】PayPayが貯まりやすい
  • 【デメリット】月間データの最大容量が25GB
  • 【デメリット】楽天市場のポイント付与率が下がる

メリット:ソフトバンクの回線を使用できる

ワイモバイルの回線には、大手キャリアソフトバンクの自社回線が使用されているので、通信速度が高速で安定しています。

そのため、スマホの月額料金を抑えたいけれど、通信速度が心配という方も安心です。

メリット:データのくりこしが可能

ワイモバイルでは、余った月間データ容量を翌月にくりこしが可能です

そのため、データ容量の使用が少ない月の翌月は、本来のデータ容量よりも多くのデータ容量を使用できます。

メリット:キャリアメールが使用できる

格安SIMでは、キャリアメールが使用できない場合が多いですが、ワイモバイルでは独自のキャリアメール(@ymobile.ne.jp)が月額無料で利用可能です。

そしてキャリアメールの他にも、Webメールとして容量無制限で使用できるY!mobileメール(@yahoo.ne.jp)が利用できます。

メリット:通話が無料になるオプションサービスがある

ワイモバイルでは、通話料金が30秒あたり22円かかります。しかし、オプションサービスを追加することで通話料金を無料にできます

まず、オプションサービス「だれとでも定額」であれば月額料金にプラスで770円上乗せすることで、1回10分以内の国内通話が無料になるので、短い通話をよくする方におすすめです。

そしてオプションサービス「スーパーだれとでも定額(S)」であれば月額料金にプラスで1,870円上乗せすることで、だれとでも、何時間でも、何回通話をしても通話料金がかかりません。

毎月電話の使用頻度が高い方は、オプションサービスを利用するとお得です

メリット:キャンペーンや割引がある

ワイモバイルでは、スマホを安く利用できるキャンペーンや割引が実施されています。

そういったキャンペーンや割引情報については以下のワイモバイルのキャンペーンキャッシュバック最新情報まとめの記事を参考にしてください。

メリット:PayPayが貯まりやすい

ワイモバイルとPayPayの相性はよく、ワイモバイルスマホユーザーはPayPay ステップ適用で毎週日曜日は最大16.5%相当戻ってきます

またPayPay残高でワイモバイル料金の支払いもできます。

デメリット:月間データの最大容量が25GB

ワイモバイルには、シンプルS/M/Lの3つのプランがあり、一番データ容量の多いプランでも月25GBです

そのため、一般的なメールやネットサーフィンほどの使用であれば十分なデータ容量ですが、外出先でも映画やオンラインゲームを楽しみたいという方には、注意が必要です。

デメリット:楽天市場のポイント付与率が下がる

楽天モバイル契約時は、楽天市場でお買い物をすると常にポイントが+1%になり2%還元されます。

しかしワイモバイルに乗り換えをすると、これまでのポイント付与率は下がってしまうため、楽天市場での買い物頻度が高い方は注意が必要です。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える際の注意点

続いて、楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える際の注意点を紹介していきます。

乗り換える際の注意点

  • eSIM対応端末か確認しておく
  • MNP予約番号の有効期限は15日
  • 楽天モバイルの残債
  • 最新機種に対応していない

eSIM対応端末か確認しておく

eSIMは、eSIMカードを差し替える必要のない本体一体型のデジタルSIMのことです。

お手持ちのスマホをそのまま使用したい場合は、ワイモバイル公式のSIM動作確認済機種一覧であらかじめ確認をしておきましょう。

MNP予約番号の有効期限は15日

MNP予約番号の有効期限は、取得日を含めて15日間です。

そのため、有効期限を過ぎてしまうと再取得が必要になるためなるべく早く手続きを行うように気をつけましょう。

楽天モバイルの残債

楽天モバイルで、分割払いが終わっていなくてもワイモバイルに乗り換えることは可能です。

しかし、乗り換え後も支払いが完了するまで月々の分割払いは、引き続き行わなければならないため、注意しましょう。

ちなみに、残債額は一括清算することも可能です。

最新機種に対応していない

ワイモバイルは、多くの機種に対応していますが、基本的に発売されたばかりの最新機種には対応していないことが多いです。

そのため、ワイモバイルで最新機種を持ちたいと考えている方は対応端末をしっかりと確認しておきましょう。

端末選びの際には、こちらのワイモバイルおすすめ機種ランキングの記事もぜひ参考にしてください。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換え時にお得なキャンペーン

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える際に利用できるお得なキャンペーンを紹介していきます。

お得にワイモバイルを使用したい方は要チェックです。

60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン

「60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン」は、対象年齢が60歳以上のキャンペーンです。

適用されれば、国内通話がかけ放題のシンプルS/M/Lの通話定額オプション「スーパーだれとでも定額(S)」の月額料が1,100円割引になります

60歳以上で、通話を頻繁にされる方にぴったりなキャンペーンです。

キャンペーン名 60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン
対象期間 2021年2月18日(木)~
適用条件 個人契約のお客さまであること
シンプルS/M/L(以下「対象プラン」といいます。)にご加入いただくこと
スーパーだれとでも定額(S)にお申し込みいただくこと
「ケータイ・スマホに契約変更で、国内通話ずーっと割引キャンペーン」が適用されていないこと(本キャンペーンと併用はできません。)

【ワイモバイル公式】キャンペーン詳細はこちら

下取りプログラム

「下取りプログラム」はお手持ちのスマホの下取りができるキャンペーンです。

これまで使用していた端末を下取りに出すと、下取り対象機種に応じて特典が付与されます

楽天モバイルで使用していたスマホが不要な方は、下取りに出すのがおすすめです。

キャンペーン名 下取りプログラム
対象期間 2016年11月1日(火)~
適用条件 ・シンプルS/M/Lにご加入いただくこと
・指定の下取り対象端末(以下「下取り対象端末」)をワイモバイルで下取りすること
特典 PayPayポイントor購入機種代金値引き

【ワイモバイル公式】キャンペーン詳細はこちら

ソフトバンク 認定中古品 iPhone

こちらは、キャンペーンではありませんがワイモバイルでは、ソフトバンクが厳選した認定整備済みのiPhoneをお得に購入できます。

iPhoneを安く購入したいという方におすすめです。

【ワイモバイル公式】キャンペーン詳細はこちら

ワイモバイルで購入できるスマホ一覧

ワイモバイルでは、16種類の機種が取り扱われています。ご自身にぴったりなスマホを探してみましょう。

ワイモバイル機種のラインナップは以下の通りです。

機種名 価格(税込) 機種変更価格(税込) MNP価格(税込) 在庫 発売
iPhone SE3 67,680円~ 60,480円~ 46,080円~ 2022年3月
iPhone 12 95,040円~ 87,840円~ 73,440円~ 2021年2月
iPhone 12 mini 71,280円~ 64,080円~ 49,680円~ 2021年2月
iPhone SE2 57,600円~ 50,400円~ 36,000円~ 2020年7月
Android One S9 43,200円 32,400円 21,600円 2022年3月
かんたんスマホ2+ 36,720円 25,920円 15,120円 2022年3月
OPPO Reno5 A/eSIM 31,680円 18,000円 9,800円 2022年2月
AQUOS wish 31,680円 11,160円 9,800円 2022年1月
Libero 5G II 21,600円 14,760円 1円 2021年12月
Xperia 10 III 54,000円 46,800円 32,400円 2021年7月
Libero 5G 23,760円 1,980円 1,980円 × 2021年4月
Android One S8 25,920円 4,320円 4,320円 × 2020年7月
かんたんスマホ2 25,920円 15,120円 3,980円 2020年7月
Xperia 10 II 46,800円 25,200円 25,200円 × 2020年5月
Xperia 8 36,000円 14,400円 14,400円 2019年10月
Android One X5 54,000円 41,760円 10,800円 2018年12月

機種によって在庫がないものもあるので公式サイトでも確認しておきましょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える際のよくある質問

楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える際によくある質問をまとめました。

乗り換えに最適なタイミングはありますか?

乗り換えに最適なタイミングは、月末です

楽天モバイルでは、オプションサービスの料金は日割りで計算され請求されますが、解約月の料金は日割り計算されないため、月の途中で解約してもデータ利用量分の月額料金がかかります。

そして、ワイモバイルの初月料金は日割り計算となるため、月末のタイミングでの乗り換えがおすすめです。

楽天モバイルの解約に違約金はかかりますか?

楽天モバイルの解約をしても違約金や契約解除料はかかりません

そのため、いつでも解約や乗り換えが可能です。しかし、残債がある場合は解約をしても支払いが完了になるまで、料金の支払いは必要です。

楽天モバイルからすぐに乗り換えてもペナルティはありませんか?

楽天モバイルからワイモバイルへすぐに乗り換えをしても、ペナルティはありません

すぐに乗り換えをしたい場合でも安心して乗り換えができます。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

楽天モバイルからワイモバイルへお得に乗り換えよう!

今回は、楽天モバイルからワイモバイルへ乗り換える際の手順とメリット・デメリットについて紹介しました。

乗り換え時の手順はこちらです。

乗り換え手順

  1. 楽天モバイルでMNP予約番号を取得する
  2. ワイモバイルを申し込む
  3. 荷物が到着したら回線切替をする
  4. 【SIMのみの場合】APN設定を行う
  5. 【端末セットの場合】回線切替を行う
  6. My Y!mobileの初期設定をする

ご自身の使用状況によって、ワイモバイルを使用するメリットやデメリットはそれぞれ異なるため、本記事を参考に乗り換えをしてみてください。また乗り換える際は、キャンペーンを活用してお得に乗り換えをしてみましょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

公開日時 : 2022年06月15日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!