iPadのWiFiモデルとセルラーモデルの違いや見分け方は?どっちがおすすめ?

iPadにはWiFiモデルとセルラーモデルがあり、それぞれ若干仕様が異なるものです。WiFiモデルとセルラーモデル、どちらのiPadを購入するか悩んでいる方は、参考にしてください。
ワイモバイル新プラン iPadのWiFiモデルとセルラーモデルの違いや見分け方は?どっちがおすすめ?

スマートフォンよりも大画面で利用しやすいiPad。これから購入しようと考えている人も多いでしょう。

iPadにはWiFiモデルとセルラーモデルの2種類があり、データ通信の方法に違いがあります。どちらを購入するべきか、どのような違いがあるのかわからないと悩んでいる人もいるでしょう。

ここでは、WiFiモデルとセルラーモデルの違いや、どちらがおすすめなのか紹介します。これからiPadを購入しようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

\話題のスマホをすぐ予約!/

iPadのWiFiモデル・セルラーモデルの違いは?

iPad

WiFiモデルとセルラーモデルではどのような違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

通信方式が異なる

iPadにはモバイルデータ通信を利用できるモデルとできないモデルがあります。

WiFiモデルは名前の通り、WiFiを利用して通信できます。一方のセルラーモデルは、WiFiとモバイルデータ通信のどちらも利用できます。

外見上の違い・見分け方

WiFiモデルとセルラーモデルでは、iPadの背面デザインに違いがあります。

まずはWiFiモデルのiPadを見てみましょう。

引用:Apple公式サイト

次はセルラーモデルのiPadを見ましょう。

引用:Apple公式サイト

セルラーモデルでは背面カメラの横に、黒いラインが入っていることが確認できます。

iPadがWiFiモデルかセルラーモデルか識別するときは、本体の背面カメラ横に黒いラインが入っているかどうかチェックしましょう。

GPS機能

セルラーモデルのiPadでは、GPS機能を利用できます。GPS機能は、iPadの現在位置を測定するのに必要な機能です。

たとえばGoogleマップを利用して現在地や目的地を調べたり、Pokémon GOなどの位置情報ゲームを遊ぶ場合は、GPSを搭載したセルラーモデルiPadがおすすめです。

一方でWiFiモデルのiPadも、WiFiの情報を活用して現在地を取得できます。ただしモバイルデータ通信と比較すると、制度や安定性が劣ります。

よって外出先でiPadを利用するなら、セルラーモデルの購入がおすすめです。

テザリング機能

テザリング機能は、セルラーモデルのiPadしか利用できません。テザリングとは、モバイルデータ通信回線を利用して他のデバイスとインターネット共有を行う機能のことです。

iPadでテザリングを利用すれば、たとえばパソコンをインターネットに接続したり、他のタブレットをインターネットに接続したりできます。モバイルルーターと同じことがiPadのみで実現できるため、便利な機能です。

ただしモバイルデータ通信回線を利用するため、WiFiモデルではテザリングを利用できません。またテザリングを行うと、iPadのバッテリーの減りが早くなります。テザリングを利用するときは、iPadのバッテリー残量にも注意しましょう。

通信費用が異なる

セルラーモデルのiPadはモバイルデータ通信を利用するため、毎月の通信費が発生します。

スマートフォンと同じように月々のモバイルデータ通信費用が発生するため、セルラーモデルのiPadは毎月の維持費が発生します。一方のWiFiモデルはモバイルデータ通信を利用できないため、維持費はほとんどかかりません。

なおセルラーモデルでもモバイルデータ通信契約を結ばなければ、毎月の通信料は発生しません。またWiFiモデルでも、WiFi接続するための光回線やモバイルルーターなどの通信費が発生する点に注意しましょう。

本体価格もセルラーモデルがやや高いです。「外出先で利用したい」と考えているなら、モバイルデータ通信契約を結んだセルラーモデルiPadを購入しましょう。一方で「自宅でしかiPadを利用しない」という場合は、本体価格が安いWiFiモデルiPadがおすすめです。

iPadのWiFiモデル・セルラーモデルおすすめはどっち?

セルラーモデルとWiFiモデルでどのような違いがあるか理解したうえで、次はどちらのモデルを購入するべきか、選ぶときのポイントを紹介します。

WiFiモデルがおすすめな人

「iPadは自宅でのみ利用する」「外出中にインターネットへ接続できなくても問題ない」という方は、WiFiモデルのiPadをおすすめします。

たとえばモバイルルーターをすでに所持されている方や、外出時はフリーWiFiを利用する方、自宅であらかじめダウンロードしたデータをオフラインで再生するだけで充分という方は、本体価格が安いWiFiモデルiPadで充分です。

友だち追加でお得なキャンペーン情報をゲット!
LINE友だち追加

セルラーモデルがおすすめな人

「外出先で頻繁にインターネットを利用する」「iPadでマップアプリを頻繁に利用する」という方は、セルラーモデルのiPadがおすすめです。

セルラーモデルiPadの強みは、モバイルデータ通信を利用できること。タブレットで頻繁にインターネットを閲覧したり、マップアプリを利用したりする場合は、モバイルデータ通信に対応したセルラーモデルiPadがおすすめです。

WiFiモデルとセルラーモデルの違いに関するFAQ

iPad

WiFiモデルとセルラーモデルではどのような違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

\話題のスマホをすぐ予約!/
iPhone格安SIM通信アンケート

外見上の違い・見分け方は?

セルラーモデルのiPadには、背面カメラ横に黒いラインがあります。WiFiモデルのiPadでは、黒いラインがありません。

外見からiPadのモデルを見分けるときは、本体背面に黒いラインがあるかチェックしましょう。

セルラーモデルはWiFiにつながらない?

セルラーモデルのiPadでも、WiFi接続が可能です。

WiFiモデルのiPadは、WiFi接続のみ可能。一方のセルラーモデルは、WiFi接続とモバイルデータ通信のどちらもできます。

WiFiモデルはテザリングが使えない?

WiFiモデルはモバイルデータ通信を利用できないため、テザリングを利用できません。

ただし、他の端末がテザリングを行っている場合は、その端末とWiFi接続できます。つまり、セルラーモデルiPad自身はテザリングを行えません。しかし他のデバイスがテザリングを利用している場合、そのデバイスとセルラーモデルiPadがWiFi接続することはできます。

セルラーモデルはSIMを契約しなくても使える?

セルラーモデルのiPadは、SIMを契約しなくても利用できます。

SIMを契約しない状態でセルラーモデルのiPadを利用すると、WiFiモデルのiPadと同じくWiFi接続によってインターネットと接続します。

ただしセルラーモデルはWiFiモデルと比較して本体価格が高いので、最初からSIMを契約しないつもりであれば、WiFiモデルiPadの購入をおすすめします。

iPadを安く買うおすすめの方法

iPad

ここでは、iPadを安く購入する方法について紹介します。

iPadを購入するには、大手通信キャリアの端末購入サポートを活用したり、中古品のiPadを購入したりするのがおすすめです。ただしキャリアから発売されているiPadはセルラーモデルのみです。

どれぐらい安くiPadを購入できるのか、さっそく見てみましょう。

auの場合

auからiPadを購入する場合、下取りプログラムを活用すると、お得にiPadを購入できます。さらにau online shopでは、不定期でタブレットの割引キャンペーンを実施していることもあります。

またauからiPadを購入するなら、タブレットプランライトがおすすめです。タブレットプランライトを活用すれば、月1,100円(税込)からau回線でiPadを利用可能。タブレット単体とauスマホ回線とのデータシェアのどちらにも対応しており、おすすめです。

au回線でiPadを利用するなら、タブレットプランライトとau online shopを活用してお得にiPadを利用しましょう。ただしauで販売しているiPadはすべてセルラーモデルのみです。

【au公式】詳細はこちら

ドコモの場合

ドコモからiPadを購入する場合、データプラスプランを契約し、かつドコモオンラインショップから購入するのがおすすめです。

データプラスを活用すれば、月1,100円(税込)でドコモのスマホ回線とデータ共有が可能。またオンラインショップから契約すれば、3,300円(税込)の契約手数料が無料になるのでおすすめです。

ドコモからiPadを購入するなら、オンラインショップから契約しましょう。ただしドコモから販売しているiPadはすべてセルラーモデルのみです。

【ドコモ公式】詳細はこちら

ソフトバンクの場合

ソフトバンクでiPadを購入するなら、データシェアプランおよびオンラインショップから購入しましょう。

データシェアプランを適用すれば、月々1,078円(税込)でソフトバンクのスマホ回線とデータ共有が可能。またオンラインショップから契約すれば、自宅受取を選択した場合、3,300円(税込)の契約事務手数料・機種変更手数料が無料です。

ソフトバンクでiPadを購入するなら、オンラインショップ経由でデータシェアプランを申し込みましょう。ただしソフトバンクで取り扱っているiPadは、すべてセルラーモデルのみです。

【ソフトバンク公式】詳細はこちら

中古で購入する場合

「とにかく安くiPadを購入したい」とお考えであれば、中古品を購入するのもおすすめです。

中古品のiPadは、Apple Storeや大手通信キャリアから販売されているものよりも安く、機能的にもまず問題ありません。もし購入後に不良品だった場合は、一定期間内であれば返品や交換の対象となるよう保証を設けているところもあります。

少しでも安くiPadを購入したいなら、中古iPadの購入も検討しましょう。

イオシス

イオシスは、中古のスマホやタブレットを取り扱っているお店です。最新モデルのiPadはもちろん、公式販売が終了した古いモデルも取り扱かっているのが魅力的です。

たとえば2020年のセルラーモデルiPadの場合、Apple Storeで購入すると54,780円(税込)です。一方イオシスの場合、未使用品+6ヶ月保証付きで、53,800円(税込)で購入できます。

6ヶ月保証に加えて未使用品であるのに、公式価格より安く購入できるのが魅力的です。

イオシスでスマホを購入する

ムスビー

ムスビーは、中古のスマホやタブレット、ゲーム、パソコンなどを取り扱っているお店です。さまざまなモデルのiPadだけでなく、dtabやXperiaのタブレットなども取り扱っているのが魅力的。

また画面割れや水没、故障があった場合に修理や交換を行ってくれる「クロネコケーター安心保証」を提供しているのも注目ポイントです。

中古iPadを購入するなら、ムスビーから購入してはいかがでしょうか。

ムスビーでスマホを購入する

WiFi環境がなかったら

WiFiモデルとセルラーモデルの違いは、モバイルデータ通信を利用できるか否かです。もしiPad単体を外出先でインターネットを利用するなら、セルラーモデルのiPad購入をおすすめします。

一方、自宅でのみiPadを利用したり、すでにモバイルルーターを所持している方は、本体価格の安いWiFiモデルiPadがおすすめです。

現時点でどちらのモデルのiPadを購入しようか悩んでいる方は、本体価格の安いWiFiモデルiPadを購入してはいかがでしょうか。もし外出先でiPadをインターネット接続したい場合は、モバイルルーターを活用すれば問題ありません。

最近のモバイルルーターは電池持ちも良く、月額料金も安くなっています。たとえばカシモWiMAXは、ずっと月額3,971円(税込)で利用できます。業界最安級で、おすすめのモバイルルーターです。

ポケットWiFiのおすすめを徹底比較した記事も参考にしてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年06月11日

国立 久吉 ― ライター
国立 久吉 ― ライター

関連キーワード